京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』

2017-11-18 00:11:18 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~
□監督 滝田洋二郎
□脚本 林 民夫
□原作 田中経一
□キャスト 二宮和也、西島秀俊、綾野 剛、宮崎あおい、竹野内 豊、西畑大吾

■鑑賞日 11月11日(土)
■劇 場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

いやいや思っていたよりなかなか出来のいい映画だった

自分探しの旅・・・ならぬ、自分自身を探させる旅と言った方がいいのかな。
よく練られた脚本と、久しぶりに滝田監督の手腕発揮と言ったところ。
135分の長尺物にしては、まったく無駄がないストーリー展開だったように思う。
長さを感じない映画は本当の意味で秀作だと言えるだろう

絶対音感を持っている人の話はよく耳にするが、
一度口にしたら、その味を二度と忘れない人ってあまり聞かない。
最近、TVのバラエティ番組によく登場するサイゲン大介ぐらいかな(笑)

凡人にはよくわからない範疇の事柄だけど、それを一人の天才料理人の
生い立ちから、一人では生きてはこれなかった過去の自分探しを、
父を敬愛し、同じ時を過ごした人たちや、苦労を共にした仲間と、
愛情あふれる思いやりの上に、遅ればせながら本当の自分自身に気付く旅。
父のこと、母のこと、父代わりに引き取って面倒をみてくれた。

人は決して一人では生きられない・・・。
それを見事に“料理(人)”というフィルターを通して、深く人間愛に気付かせる。
まさかの、涙を流せずには観られない、ハートウォーミングないい映画だった

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« 「中禅寺湖周遊」/日光(2017... | トップ | 『氷菓』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

6 トラックバック

ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~ (ネタバレ映画館)
帰ってきたウルトラマンの最期のレシピはオムレツ
ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(F) ストーリーの設定が巧みでピースを一つずつ組み立てて行ったら
ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~★★★★ (パピとママ映画のblog)
「料理の鉄人」をはじめ数々の人気テレビ番組の演出を手がけた田中経一の小説家デビュー作を「おくりびと」の滝田洋二郎監督、「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化した歴史ヒュ......
映画「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」 (FREE TIME)
映画「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」を鑑賞しました。
ショートレビュー「ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜・・・・・評価額1600円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
そのレシピに、何が託されたのか。 なかなかに良く出来た娯楽映画だ。
 二宮和也が好演する主人公の佐々木満は、一度食べた味を決して忘れず、どんな料理でも再現してしまう“......
「ラスト・レシピ 麒麟の舌の記憶」:おいしそうな娯楽作 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ラスト・レシピ 麒麟の舌の記憶』は、とても良くできた娯楽作。なんだかネット