京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」公開記念パネル展

2007-04-16 23:19:47 | 映画関連

映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
公開記念パネル展

 

 映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』はもちろん公開初日に観て、たまたま東京タワーで「福山雅治+東京タワー」という企画が催されていたので行ってみたのですが、タワーの中ではこのパネル展も開催されていて、一粒で二度美味しいとはこのことですね~ 楽しんで来ちゃいました やはりHPはちゃんとチェックしておくべきですね~

 

 

 

 

 映画の中で描かれていた印象深い写真がたくさん飾ってありました。 もちろん、オカンやその他の登場人物の印象的な写真もありましたが、僕はいくつかの写真の中で印象的だったのはこの2枚です。 

 

 

  

ショーケースの中には映画の撮影で使用された小道具が展示されていました。

 

 オトンがタバコを吸うシーンで使われた数々のマッチ


 

 

マーくんのために初めてオトンらしいことをした塗りが途中の船

 

なんでヘルメットなん

 

オカンが手伝いをしていた妹の“ブーブおばさん”の小料理屋、「かっぱ」の暖簾

 

 

原作者リリー・フランキーさんのサイン

 

 映画の影響なのか、TVドラマの影響なのか、この日の東京タワーは凄い人でした 中には修学旅行の学生たちの展望台へ上がるためのエレベーター待ちの長い列もありました。 そんな彼らの姿を見ながら、初めて東京タワーに上がったのは、そんな中学の卒業旅行だったことを思い出しました



  
映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」公開記念パネル展

    開催日時 4月14日(土)~5月6日(日) 9:00~22:00
    開催場所 東京タワーフットタウン1階 小ホール
    入場料金 無料

 

 
ゴールデンウィークまで開催されていますので、映画の感動をもう一度楽しまれてはいかがですか~



 

ジャンル:
その他
コメント (12)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
« 『東京タワー オカンとボク... | トップ | 「福山雅治×東京タワー コラ... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんな企画が! (latifa)
2007-04-17 09:09:01
cyazさん、こんにちは!東京タワーで、こんな企画をしていたんですね。
私、外側からは見てるのに、まだ一度も登ったことが無いんです。

色々なお写真、楽しく拝見させて頂けました!ありがとうございます。
特に、おっ!と思ったのは、マッチです。
こんなに色々用意されていたなんて・・・。
気がつかない(私だけかもしれませんが)部分でも、すごくこだわって作られた映画なんだな~って事が、この沢山のマッチでも解るというものですね^^
こんにちは♪ (ミチ)
2007-04-17 09:50:03
cyazさん、わざわざお知らせに来て下さってありがとうございました。
東京タワーは子供の頃はじめて東京に行った時にはとバスツアーで上りました。
そして、何年か前には子供たちと一緒に再び上りました。
その時は韓国語や中国語が飛び交っていて、東京タワーはもう外国人メインの観光地になっているんだなと感じました。
映画『東京タワー』と連動した企画、なかなかいいですね~。
ボクが着ていた衣装の数々は・・・・展示されていなかったでしょうね(爆)
私も行こう♪ (アンナ)
2007-04-17 12:28:43
お知らせありがとうございました。
東京タワーに久しぶりに行ってみようかな~って
気分になっていたところなんです。
こんな展示会されてるんですね~
期間がGWまでっていうのが嬉しいです♪
是非行ってきたいと思います。
きっと余韻に浸っちゃいますよ。
そして夜の東京タワーを遠目に見たら
気持ちもMAXになりそう(笑)
今でも~ (cyaz)
2007-04-17 12:35:29
latifaさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>私、外側からは見てるのに、まだ一度も登ったことが無いんです。
あらら、一度上ってみてくださいね^^
天下を取った気分になりますから(笑)

>特に、おっ!と思ったのは、マッチです。こんなに色々用意されていたなんて・・・。気がつかない(私だけかもしれませんが)部分でも、すごくこだわって作られた映画なんだな~って事が、この沢山のマッチでも解るというものですね
殆ど僕も気が付いていませんが、もう少し盛り上げるグッズとして映画の中で印象付けても良かったと思います。
昔はお店に入るたびに色んなマッチを集めたものですが、今は???
残念ながら~ (cyaz)
2007-04-17 12:37:33
ミチさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>その時は韓国語や中国語が飛び交っていて、東京タワーはもう外国人メインの観光地になっているんだなと感じました。
先日、僕の誕生日記念(笑)に上がったときも多かったですよ^^ 6割方、他国の方でした(笑)

>映画『東京タワー』と連動した企画、なかなかいいですね~。ボクが着ていた衣装の数々は・・・・展示されていなかったでしょうね(爆)
へへへ、やはりオダジョーは抜けないようですね(笑)? 残念ながら衣装はなかったです。
ぜひ~ (cyaz)
2007-04-17 12:39:24
アンナさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>東京タワーに久しぶりに行ってみようかな~って
気分になっていたところなんです。
お~、それは是非に^^

>こんな展示会されてるんですね~ 期間がGWまでっていうのが嬉しいです♪
恥ずかしいことに僕も知りませんでした(汗)

>そして夜の東京タワーを遠目に見たら気持ちもMAXになりそう(笑)
首都高、パワー全開、ターボも入りますね(謎)?!
まだ・・・ (シャーロット)
2007-04-19 14:22:05
こんにちは。
おお、こんなのが開催されていたのですか!
お恥ずかしいながらまだ私は展望台まで登った事がありませーん。恥
死ぬまでには必ずや登ると誓うわ
ところで、実際に使われた小道具の展示も興味深いです。
おひさです~ (cyaz)
2007-04-20 00:21:36
シャーロットさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>お恥ずかしいながらまだ私は展望台まで登った事がありませーん。恥
あらら、それはまた何故(笑)?

>ところで、実際に使われた小道具の展示も興味深いです。
ぜひこの機会に見て、そして展望台にも上って下さい^^
ありがとうございます~。 (hyoutan2005)
2007-04-20 01:41:24
cyazさん。
情報ありがとうございます。このような企画があったのですね。
東京タワーはまたいつか友人と昇ってみたいねと言いながら、果せないでいます。
蝋人形館とか興味があるのですが・・・。
行くチャンスがあったら、ぜひ行って見たいです。
行けるかなあ。
ぜひぜひ~ (cyaz)
2007-04-20 08:14:02
hyoutan2005さん、コメントありがとうございますm(__)m

>東京タワーはまたいつか友人と昇ってみたいねと言いながら、果せないでいます。
今は比較的高層ビルも増えていて、それぞれに東京を見渡せるスポットもありますが、やはり“元祖”ですよ^^

>蝋人形館とか興味があるのですが・・・。
ここはしばらく入っていないですが、人形も入れ変わっているみたいなので機会があれば入ってみようと思います(笑)

>行くチャンスがあったら、ぜひ行って見たいです。
行けるかなあ。
気合いを入れて、行って下さい(笑)

コメントを投稿

映画関連」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

23 トラックバック

映画「東京タワー」感想と、舞台挨拶☆ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
「東京タワー」初日舞台挨拶に行って来ました(^_^)/ 目の前に、オダギリ・ジョー、松たかこ、小林薫、樹木希林親子という豪華メンバーが!!みなさん全員素敵でした~~!。
映画 【東京タワー オカンとボクと、時々、オトン】 (ミチの雑記帳)
試写会にて「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」 リリー・フランキーの大ベストセラーとなった同名小説の映画化。 この映画を「泣ける」と思って見に来る人はある意味肩透かしを食うかもしれない。ここが泣きどころですよ~というポイントは明確ではない。丁寧...
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 (Sweet* Days)
原作:リリー・フランキー 脚本:松尾スズキ CAST:オダギリジョー、樹木希林、内田也哉子、小林薫 他 STORY:1960年代、小倉に暮らすボクは、オカン(内田也哉子)と共に、オトン(小林薫)と暮らした家を出る。その後高校になったボクは、大分の美術学校に入学す...
「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:オダギリジョー、樹木希林、内田也哉子、松たか子、小林薫、他 *監督:松岡錠司 *原作:リリー・フランキー 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブ...
「東京タワー オカンとボクと,時々,オトン」 (てんびんthe LIFE)
「東京タワー オカンとボクと,時々,オトン」イイノホールで鑑賞 読んだら誰でも泣くといわれた超ベストセラーを半年かけて読んだせいか、ちっとも泣けなくて、まさか映画をみて涙を流してしまうとは思ってもいませんでした。トシのせい?当然会場内は涙涙…。 何が泣...
「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」試写会レビュー おかんと映画を観た。 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
エンドロールが流れ、涙で目が痛い。でも安心しきっている。 手をひいて歩くなんて恥ずかしくてできない世界に生きている僕だが、母を誘って、試写会でともに、東京タワーを観た。
【2007-52】東京タワー オカンとボクと、時々、オトン (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
いつも笑っていた みんなが好きになった ずっと一緒だと思っていた これは、 ありふれた物語 けれど、 すべての人の物語 ボクの一番大切な人 たった一人の家族 ボクのために、自分の人生を生きてくれた人 ボクのオカン オカン、ありがとうね...
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン (シャーロットの涙)
ぶどうとパン・・・
映画~東京タワー オカンとボクと、時々、オトン (きららのきらきら生活)
「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」公式サイト リリー・フランキーが亡き母への思いをつづって、200万部を超える大ベストセラーとなった同名の自伝小説の映画化。東京に弾き飛ばされ、故郷に戻っていったオトンと、同じようにやってきて帰るところを失ってしま...
「 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2007) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : 松岡錠司 出演 : オダギリジョー  /樹木希林 /内田也哉子
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン = 日本 (a day on the planet)
   オカン、ありがとうね。 東京にもあったんだ。
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』鑑賞レビュー! オカン、ありがとうね。 200万部を超える大ベストセラー、ついに映画化 『ボクの一番大切な人。 ボクのために自分の人生を生きてくれた人── ボクのオカン。』 母と子、父と子...
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 (アンディの日記シネマ版)
<注意> gooブログなど本館からTBできないブログにはこちらから送っています。 TB&コメントはお手数ですが本館の記事にお願いします{/hiyo_please/} →『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(本館) 【監督】松岡錠司 【脚本】 松尾スズキ 【原作】リリー...
オカンの映画でオカンの日♪ (たーくん'sシネマカフェ)
先日、「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」を鑑賞。実は素敵な企画がありました♪Movix(松竹系)、シネプレックス(角川系)、Tジョイ(東映系)の劇場で鑑賞の半券を添付して応募すると抽選で50名様のオカンに日比谷花壇のカーネーションが届くそうです【東...
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
私は元々リリー・フランキーのイラストや文章はそれほど好きではないので、200万部の大ベストセラーとなった本作の原作も読んでいないし、テレビドラマも観逃している。 さすがにこれだけ話題になると、本を読んでいなく
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン☆独り言 (黒猫のうたた寝)
セブンイレブンでいまだに・・・というか4月30日までらしいのですが前売券売ってます(笑)『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』観てきました。昨日のレディースディに行けばいいのに・・・すっごく眠かったので・・・今日になりました^^;まぁ1300円で観られ...
『 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 』 (やっぱり邦画好き…)
【松岡錠司監督作品集(No.8)】 映画 『  東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 』 [試写会鑑賞] 2007年:日本 【2007年4月14日公開】[ 上映劇場  ] 監督:松岡錠司 脚本:松尾スズキ 原作:リリー・フランキー 「東京タワー オカ...
この時代背景ならではの親子の物語。『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 (水曜日のシネマ日記)
ベストセラーとなったリリー・フランキーの自伝小説を映画化した作品です。
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン せつなくて(T_T) (銅版画制作の日々)
リリー・フランキーの国民的ベスト&ロングセラー小説「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」がついに映画化。多くの熱い思いが集まって、立ち上がったという。 5月9日(水)のレディスディーにMOVX京都にて鑑賞しました。何と200万部を超えたということで・・・...
映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」 (日々のつぶやき)
監督:松岡錠司、出演:オダギリジョー、樹木希林、松たか子、内田也哉子、小林薫 リリー・フランキーさんの原作は勿論読みました。 大泉洋さんのスペシャルドラマも、月9のドラマも見てなかったのですが、オダギリジョーさんのボクはとても似合っているようで映画は
[ 東京タワー  オカンとボクと、時々、オトン ]東京にもあったんだ (アロハ坊主の日がな一日)
[ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン ]を歌舞伎町で鑑賞。 しっかりと作りこまれたパンフレット。邦画のパンフレット(時代劇を除く)としては、[ 空中庭園 ]以来じゃなかろうか。装丁も美しい。 このパンフレットを読むと、キャストやスタッフそれぞれに、そ...
映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」 試写会にて (渋谷でママ気mama徒然日記)
監督:松岡錠司 原作:リリー・フランキー 脚本:松尾スズキ 出演:オダギリジョー、樹木希林 、 内田也哉子、松たか子、小林薫 公式サイト ママの評価:☆☆☆☆★ もう最近は一人オダギリジョー祭りなのです~(そう私は、何を隠そう大のオダギリ好き)映画...
『東京タワー オカンとボクと、時々オトン』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1960年代。3歳のボク(オダギリジョー)は真夜中に玄関の戸を蹴破って帰ってきた酔っぱらいのオトン(小林薫)にいきなり焼き鳥の串を食べさせられてしまう。オトンに手を焼いたオカン(樹木希林)はボクを筑豊の実家に連れ帰り妹の“ブーブおばさん”の小料...