京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『テッド(字幕版)』

2013-01-26 | 洋画

 


□作品オフィシャルサイト 「テッド
□監督 セス・マクファーレン
□脚本 セス・マクファーレン、アレック・サルキン、ウェルスリー・ワイルド
□キャスト マーク・ウォールバーグ、ミラ・クニス、セス・マクファーレン、
       ジョエル・マクヘイル、ジョバンニ・リビシ

■鑑賞日 1月20日(日)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 
いやいや、これは手放しで大爆笑
 ま、予告でも面白いだろうと期待はしていたが、それを上回る面白さ
 それにしてもこのテッドの設定、ちょっと古いけど、その昔のCMにあった
 あの「目の付け所が違うでしょ」的で、今までもぬいぐるみ(人形)ネタ映画は多々あったが、
 これほど人間的(感情的)でホンネ満載のぬいぐるみは久しぶり。 あのチャッキー以来かな(笑)
 誰もそのままぬいぐるみが成長していくなんて思わないから。

 で、「R+15指定」はダテじゃない(笑)
 これだけ下ネタ、はっぱ、ゲロ、ウ○コ等々、ちょっと格が違う(笑)
 マシンガントーク(字幕だけど)も絶好調。 その字幕もなかなかイケてるし。
 日本でも「くまモン」や「バリィさん」を始めとする“ゆるキャラ”は大人気。
 僕とて「ひこにゃん」に会いに姫路城まで行きましたから
 ま、人間が中に入っている着ぐるみなのは当たり前だけど、もしかしたら無難にお国自慢を
 したあとは、夜な夜な変なことしてたりって・・・設定もあってもいいかもね(笑)
 この映画、ディズニー関係のお方に観せたらなんて言うのだろうかなぁ・・・。

 主人公のジョン(マーク・ウォルバーグ)とともに年を重ね、立派なぬいぐるみ中年に(笑) 
 そして、彼は毒舌で愚痴っぽい女好きな35歳の中年男なのだ。

 本作、テッド、監督、脚本、原案、製作と一人5役を務めたセス・マクファーレン。
 劇場映画は初監督だけど、テレビアニメ「ファミリー・ガイ」など数多くのテレビ番組を
 手がけるクリエイターだそうな。 なんと弱冠24歳にして、テレビ業界最年少の
 エグゼクティブ・プロデューサーになったという経歴の持ち主。
 テッドはマクファーレン監督の声と体の動きを使って作り出された。 当のマクファーレン、
 演出の際もモーション・キャプチャー・スーツを着たままやっていたとか(笑)
  
 ダメ男ジョン役のマーク・ウォルバーグはこの監督、こんなことやって大丈夫なのかと
 心配してたそうな(笑) ジョンの彼女でロリー役を演じたミラ・クロスは米Esquire誌の
 “2012年最もセクシーな女性”に選出されたそうだ。 確かにイロッポイ
 彼女「ファミリー・ガイ」でメグ・グリフィンの声を約13年間担当していて、15歳の頃から
 マクファーレン監督を知っていて、気心の知れた監督との仕事だったとか。

 この映画、劇中で色んな映画をパロッてるのも面白さの一つ。 映画好きにはたまらない。
 『チャイルド・プレイ』、『サタディ・ナイト・フィーバー』、『エイリアン』等々の映画も俎板の上に。
 また音楽ファンにも嬉しいノラ・ジョーンズが本人役で出演しているし。
 なんと『フラッシュ・ゴードン』では本人役で主演のサム・ジョーンズも出演してビックリ(笑)
 ウ○コネタや懐かしい顔面発射等々エロくてグロい(笑)
 字幕もなかなか冴えていた。 スーザン・ボイルには大爆笑
 またラストのオチではトム・スケリットも本人が出演。 

 ま、とにかくテッド、観るべし。 わからないけど『テッド2』は全然ですぞ
 これ吹替えはあの有吉だから、吹替版も観てみようかなぁ(笑) 


コメント (14)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« Bâton D'or(バトンドール)/阪急うめだ店 | トップ | マイ・バースディ »
最新の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは! (タケヤ)
2013-01-26 20:17:18
僕も大笑いした一人です(笑)
映画館では周りは引いてたと思います。

アメリカンジョークは半分も
分かっていたのかなあと思うのですが・・・
それがすごくくやしい~~。

吹き替え版もアリ!ですね。
もちろん『Ted2』も!
吹替版アリ、『Ted2』も~ (cyaz)
2013-01-27 08:51:02
タケヤさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>僕も大笑いした一人です(笑) 映画館では周りは引いてたと思います。
ですよね(笑) ジョーKジュを超えていたかも^^

>アメリカンジョークは半分も分かっていたのかなあと思うのですが・・・
日本語に変換できないものもあったでしょうね(笑)?

>吹き替え版もアリ!ですね。もちろん『Ted2』も!
ですね!吹替、観に行こうと思っています^^
こんにちは♪ (yukarin)
2013-01-28 12:53:16
うちのほうのゆるキャラは“さのまる”と“とちまるくん”です♪って関係ないか。
一部引いてしまいそうな下ネタもありましたが、大笑いして観てました。
映画好きにはうれしいネタも多くて楽しめましたね。
続編も楽しみですね。
パロディーは~ (cyaz)
2013-01-28 22:02:48
yukarinさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>うちのほうのゆるキャラは“さのまる”と“とちまるくん”です♪って関係ないか。
そっか、そなんですね^^

>一部引いてしまいそうな下ネタもありましたが、大笑いして観てました。
確かにそんな部分もありましたね(笑)

>映画好きにはうれしいネタも多くて楽しめましたね。
続編も楽しみですね。
パロディは映画そのものがわかってないと笑えませんからね(笑)?!
こんにちは。 (みぃみ)
2013-01-29 14:05:17
ほんと、目の付け所、良い!な映画でした~。

テディベアって夢見る子供達のお友達というイメージですが、テッドのお友達具合は最強!。
交友関係広くてちょっとアブナイ遊びも知ってて、でもって優しい。
こういうぬいぐるみの(←ここ重要)お友達いてくれたらいいな~(捕まらない程度に遊ぶつもり)。

エログロも緩急が抜群で、楽しく見ることができました。

こういう映画、好きです~。
緩急が抜群~ (cyaz)
2013-01-29 17:22:10
みぃみさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>ほんと、目の付け所、良い!な映画でした~。
ですよね^^

>テッドのお友達具合は最強! 交友関係広くてちょっとアブナイ遊びも知ってて、でもって優しい。
あぶない男友達って感じですね(笑)
だからこそ下ネタも満載で^^

>こういうぬいぐるみの(←ここ重要)お友達いてくれたらいいな~(捕まらない程度に遊ぶつもり)。
でも一緒に動いてはくれないでしょうね(笑)?

>エログロも緩急が抜群で、楽しく見ることができました。
他の映画のパロディも楽しかったですね^^
爆笑 (NAO)
2013-01-29 21:57:26
こんばんは~cyazさん♪

これ爆笑ものでしたね。
映画ファンにはたまらんネタもあり、楽しむことが出来ました。
洋楽ファンなので、ノラ・ジョーンズがステファニーのあたりも
かなり笑えました^^

Rなところも大人だけど、こういうジョークを楽しめるあたり
やはり大人の映画だなと思いました。

こういうセンスは、日本映画ではなかなかできないですね。
イタイ部分も~ (cyaz)
2013-01-30 08:30:57
NAOさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>映画ファンにはたまらんネタもあり、楽しむことが出来ました。
ですよね^^ 久々の“大笑い”でしたよ!

>洋楽ファンなので、ノラ・ジョーンズがステファニーのあたりもかなり笑えました^^
僕はノラが好きで、コンサートにも行ったことがあります。

>Rなところも大人だけど、こういうジョークを楽しめるあたり
やはり大人の映画だなと思いました。
ですよね~ なんかホンネつかれちゃって、ちょっと男性としてイタイ部分も(笑)

>こういうセンスは、日本映画ではなかなかできないですね。
そうそうジョークがわからない日本人ですから(笑)
言語がわかればもっと楽しめたのになぁ(汗)
こういうのは (sakurai)
2013-01-31 08:37:09
アメリカじゃなきゃ作れないですよね。
日本でこんなの作ったら、アホ見たいな抗議がいっぱい来るのが目に見えてる。
アホだけど度量の大きさも感じられて、楽しみました。
続編は、Hネタはいいけど、下ネタの方にあまり走らないでほしいです。下ネタで笑わせるのだけは、ちょっといただけないです。
同意見~ (cyaz)
2013-01-31 12:28:16
sakuraiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>日本でこんなの作ったら、アホ見たいな抗議がいっぱい来るのが目に見えてる。
ですよねぇ(笑)
どんだけ映画館にポップコーンがばら撒かれているか、
目に見えるようです(笑)

>アホだけど度量の大きさも感じられて、楽しみました。
続編は、Hネタはいいけど、下ネタの方にあまり走らないでほしいです。下ネタで笑わせるのだけは、ちょっといただけないです。
それは同意見ですね^^
下ネタで笑わせるのは本当の笑いではないですからね(笑)

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事