京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

「大鳳凰図転生物語」/NTTインターコミュニケーション・センター

2022-07-06 | 美術・芸術・写真

【2022/6/23撮影】


長野県・小布施町にある岩松院本堂天井絵「鳳凰図」。
通称は「八方睨み鳳凰図」で、北斎の生涯最大規模の作品。
「大鳳凰図転生物語」と題し、
この間口6.3m、奥行5.5mの「鳳凰図」を
最新のデジタル技術を駆使し、300億画素の実物大で再現した。

   

調査の様子やスキャンのプロセス等は映像で鑑賞出来た。
そのプロセスは緻密・繊細以外の何物でもない。

   

そのうえで、天井絵の周囲の背景部分は下塗りに近い状態で仕上り、
おそらくこの天井絵は、その部分に金箔を塗る予定であり、
実は未完成だったことが推測されるようだ。

  

もし完成していたら、さらに豪華な天井画として完成していただろう。

  

  

以前、そごう美術館で開催された「ゴッホと文化財」でも話したが、
経年劣化していく貴重な文化財等が、最新の技術を使って再現していくことは、
ある意味国家的プロジェクトであっていいはず。
莫大な予算をドブに捨てるような金があるなら、
文化財保護を少しは優先してもらいたいと真剣に感じた次第。


コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「アジサイ」/高幡不動尊 | トップ | 「蜷川実花 瞬く光の庭」/東... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
小布施 (サッチー)
2022-07-07 09:41:51
岩松院の天井画を300億画素で・・見る事が出来る。すごいですね。
小布施は北斎館・中島千波美術館は印象的なのに・・
忘れているのかな?素敵な町でした。
お隣の方が先日別荘(長野県)に行き小布施のお土産
を頂きました 。栗の落雁、有名店のコーヒー
栗で有名で何度行っても嬉しい場所ですね。(^^♪
東京で大鳳凰図を煮る事が出来るなんて素晴らしいですね。
素晴らしい~ (cyaz)
2022-07-07 09:46:07
サッチーさん、コメントありがとうございますm(__)m

>岩松院の天井画を300億画素で・・見る事が出来る。すごいですね。
本当に凄くて素晴らしい企画でした!

>小布施は北斎館・中島千波美術館は印象的なのに・・ 忘れているのかな?素敵な町でした。
良かったです^^

>お隣の方が先日別荘(長野県)に行き小布施のお土産を頂きました 。
栗の落雁、有名店のコーヒー栗で有名で何度行っても嬉しい場所ですね。(^^♪
ほうほう、そうなんですね。栗が有名なんですね。

>東京で大鳳凰図を見る事が出来るなんて素晴らしいですね。
隠された秘密や発見できなかった史実も知れたりして、良いイベントでしたよ^^

コメントを投稿

美術・芸術・写真」カテゴリの最新記事