京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『RED/レッド』

2011-02-07 | 洋画

 

□作品オフィシャルサイト 「RED/レッド
□監督 ロベルト・シュヴェンケ
□脚本 ジョン・ホーバー、エリック・ホーバー□キャスト ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマン、ジョン・マルコヴィッチ、ヘレン・ミレン、メアリー=ルイーズ・パーカー

■鑑賞日 1月29日(土)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>


    またgooに記事を飛ばされてしまった
    ベータバージョンで自動バックアップは取れるらしいけど、慣れないと使い辛い・・・。


 ロートルと言っては失礼ながら(笑)、でも設定自体がリタイアした凄腕元CIAとなってるので。
 同じロートルと言えば、前に観た『
エクスペンダブルズ』もそうだったが(笑)

 冒頭、フランク演じるブルース・ウィリスは、相変わらずクリスマス・シーズンに余程運がないとみえる(笑)
 (ダイハードではいつもクリスマス・イヴにアクシデントが起こっていたから)

 マーヴィン役のジョン・マルコヴィッチは対戦しているときの彼の脳の中を『マルコヴィッチの穴』よろしく覗いてみたいものだった。
 やっぱあの目は“イッてる~”

 ヴィクトリア演じるヘレン・ミレンはこの手の映画って初めてに近いかも。
 彼女、もちろんオスカーを獲っているが、さらにデイムという敬称がついている。
 動じずに飄々としている様がいままでと違っていい味を出していた。

 久しぶりにスクリーンで観たリチャード・ドレイファス。
 昔は結構彼のコメディタッチの演技で笑わせてもらったものだ。
 しかしながら今回は、モーガン・フリーマンにビンタを食らう役どころ。
 もっといい役あげてくださいよ(笑)

 それにしてもモーガン・フリーマンはあれで本当に死んだのかなぁ・・・
 最後に顔を出してくるような気もしていたのだが(笑)

 ロベルト・シュヴェンケは『
フライトプラン』や『きみがぼくを見つけた日』を撮った監督、
 今回はコミカルなエッセンスを効かせてなかなかいい仕上りでした 

 「“昔取った杵柄”で、若いおめーらには簡単には負けらんねぇぜ~」って感じの単純明快な映画だった
 無理せず、分(歳)相応のアクション、ご苦労様でした


   でもなぁ、一回書いた記事を飛ばされると、なんだか気合いが入らないなぁ、まったく~



コメント (26)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 『グリーン・ホーネット(3... | トップ | ヴィーナスフォート・イルミ... »
最新の画像もっと見る

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ほし★ママ)
2011-02-07 08:03:45
マルコビッチがいつの間にか後方支援に回っちゃってるところが笑えました。
トラバを、お願いします。
もっとキレて~ (cyaz)
2011-02-07 08:36:02
ほし★ママさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>マルコビッチがいつの間にか後方支援に回っちゃってるところが笑えました。
確かに(笑)
もっと随所でキレて欲しかったなぁ(笑)
あの目、ヤバイです(汗)
TBありがとうございました (風子)
2011-02-07 10:11:43
続編製作も考えているらしいので、モーガン・フリーマンも復活するかもしれませんねえ。

マルコヴィッチ、最高です!
続編~ (cyaz)
2011-02-07 12:48:18
風子さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>続編製作も考えているらしいので、モーガン・フリーマンも復活するかもしれませんねえ。
へぇ~、続編あるんですかねぇ^^
それは楽しみです!
フリーマンのあのシーン、ちょっと消化不良ですよね(笑)?

>マルコヴィッチ、最高です!
続編があればもっとキレて欲しいです!
こんばんは~ (NAO)
2011-02-07 19:39:31
gooの記事、よく飛びますよね~--;
こういう映画の記事で、私もよく飛ばされますが
ほんま、怒り狂ってしまいます。
これなんとかならないんでしょうかねぇ~。
話は、B級内容ですが、キャストでもった映画でしたね。
マルコヴィッチ、相変わらず冴えてます。
もっとキレて欲しかった~^^
個人的には、ヘレン・ミレンが良かったです。
ずいぶん後半に出てきたのが、ちょっと残念でしたが。。
Unknown (リバー)
2011-02-07 20:09:18
TB ありがとうございます

良く出来た エンターテイメント作品でした
マルコヴィッチには笑ったなぁ

モーガンさんはたしかに・・・
もう少し活躍してほしかったなぁと
今晩は~ (小米花)
2011-02-07 21:37:02
記事を飛ばされるとテンション落ちますよね。。。

ベータにやっと変えましたが、やっと慣れました。。。

私もモーガンは死んでない派です(笑)。
もっとキレて~ (cyaz)
2011-02-08 08:40:09
NAOさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>gooの記事、よく飛びますよね~--;
こういう映画の記事で、私もよく飛ばされますがほんま、怒り狂ってしまいます。これなんとかならないんでしょうかねぇ~。
β版は自動バックアップ機能がありますが、まだ使い慣れていないので><
でももうすぐβ版に変わっちゃいますよね?!

>話は、B級内容ですが、キャストでもった映画でしたね。 マルコヴィッチ、相変わらず冴えてます。
そうですね(笑)
マルコがいるかいないかで随分映画の印象が変わると思います!

>もっとキレて欲しかった~^^
同感!!

>個人的には、ヘレン・ミレンが良かったです。
あんな大御所にいいんですかねぇ(笑)
楽勝~ (cyaz)
2011-02-08 08:50:38
リバーさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>良く出来た エンターテイメント作品でした
マルコヴィッチには笑ったなぁ
そうでしたね^^

>モーガンさんはたしかに・・・もう少し活躍してほしかったなぁと
このメンツだと彼は力出さなくても、きっと楽勝ですね
ですよね~ (cyaz)
2011-02-08 08:52:04
小米花さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>記事を飛ばされるとテンション落ちますよね。。。
そうなんですよね~まったく(笑)

>ベータにやっと変えましたが、やっと慣れました。。。
そうですか。
僕はまだなれないですねぇ(汗)

>私もモーガンは死んでない派です(笑)。
ですよね~、やっぱし^^

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事