京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『アメリカン・ギャングスター』

2008-02-06 23:03:15 | 洋画


□作品オフィシャルサイト 「アメリカン・ギャングスター
□監督 リドリー・スコット
□脚本 スティーヴン・ザイリアン
□キャスト デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、キューバ・グッディング・Jr、ジョシュ・ブローリン、キウェテル・イジョフォー、
       アーマンド・アサンテ、テッド・レヴィン、RZA、ジョン・オーティス、ライマリ・ナダル、ルビー・ディー

■鑑賞日 2月3日(日)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 またひとつ骨太な映画に出会えた。

 決して派手さはない。 最近の洋画にありがちな実在の人物を描いた作品だ。
 しかしながら、この映画は二人の個性的な役者によって、もしかしたら本当のフランク・ルーカスが
 デンゼル・ワシントンに乗り移っていたのかもしれない。
 
それはあたかもジェイミー・フォックスが演じた
 『
Ray/レイ』のレイ・チャールズの如く。


 
1970年代のNY実在のフランク・ルーカスの半生を描いた作品。 そのフランク役をデンゼル・ワシントン、
 お相手は『グラディエーター』でオスカーを手中にした麻薬捜査チームのリーダー、リッチー・ロバーツを
 演じるラッセル・クロウ。 監督は同じく『グラディエーター』でアカデミー作品賞を獲ったリドリー・スコット。
 もちろんフランク・ルーカスの半生も興味あるところだったが、老練リドリー・スコット監督が
 二人のオスカー俳優をどう使うのか、その手腕も楽しみの一つだった。

 こういうギャングものというと概してその登場人物の相関関係が難しくて、そちらに気を取られがちなのだが、
 これは意外に整理されその周辺とそれに関わる人間たちの関係がわかりやすかった。

 フランク・ルーカスは1970年代初頭のニューヨークで、ハーレムを牛耳っていたるギャングのボスの死後、
 東南アジアの麻薬を密輸する計画を決行し、独自の麻薬ビジネスを展開する。 やがて大物マフィアをも
 出し抜く成功を手にするが、目立たないことを信条にする彼の素顔はベールに包まれたままだったする。
 時に横暴ともいえる強引なやり方で財力をつけたフランクは、マフィアにも一目置かれる麻薬王として街に君臨する。

 自分たちのポリシーやスタイルを最後まで貫き通す二人の一挙手一投足に目が離せない。
 上映時間が156分もあることを感じなくらいの展開は十分楽しめた。 普通ならこの尺の長さなら、
 多少削いでしまってもいいところがあるのだが、そこは老いてますます元気なリドリー・スコット、
 なかなか飽きさせない映像で観てる側にすきを与えない。

 二人のオスカー俳優、デンゼル・ワシントンもラッセル・クロウもさすがに上手かった。
 残念だったのは、キウェテル・イジョフォーやキューバ・グッディング・Jrの演技がイマイチ光らなかったことだ。
 イジョフォー、ここでも『
キンキーブーツ』のローラでいれば良かったかも(笑)

 アメリカが麻薬に侵される発端はこの映画にも描かれているベトナム戦争。 ここにはアメリカの
 栄光と没落の歴史が描かれている。 純度100%の麻薬は、ベトナム戦争へ導入された若い兵士の尻を叩き、
 引き上げた後も別な戦争をアメリカに持ち込んだ。 それと並行して既に準備されようとしていた麻薬社会へ、
 まるで預言者のようにサクセス・ロードをひた走るフランク・ルーカスがいた。 彼が居たことで美味しい汁を
 吸ったNYの警察官と引き換えに刑期を短縮したものの、彼の残した戦争は未だ終わっていない。
 おそらく終息のない戦争だろうが・・・。

 ラストでメイン・イベントのフランク・ルーカスとリッチー・ロバーツの直接対決が。 僕は英語はわからないけれど、
 ここの二人の会話はかなりそのやり取りが面白く、かつ重要なところだと思う。 字幕を読んでいたのだが
 なんかもっと男同士しか出来ない表現の会話があったように思う。 意訳でもいいから、もう少し
 男臭い言葉のキャッチボールが欲しかったなぁ。


 ところで、
 エンドロールが終わった後の
フランク・ルーカスのワン・ショット
、あれって意味があると思います(笑)?



コメント (39)   トラックバック (113)   この記事についてブログを書く
« 『俺たちフィギュアスケーター』 | トップ | 「まほろ駅前多田便利軒」/三... »
最近の画像もっと見る

39 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あのワン・ショットは (KGR)
2008-02-07 14:20:23
私もよくわかりませんでした。
なぜあそこに入れるのかもよくわからなかった。

予告編のために撮ったんだけど、
出来が良く、もったいないんで使った?
 (AKIRA)
2008-02-07 15:14:12
リドリー・スコットは,「男」を撮るのが巧い!

脇にもけっこう個性的な俳優がいるのに,
光っていなくて,そこだけ残念。

イジョフォー,ローラのキャラでも良かったですね。
異彩を放って印象に残ったでしょうに,きっと。。
骨太でしたね~ (mmeirin)
2008-02-07 16:05:03
お久しぶりでーす。
TBありがとうございま~す!
待ちわびて公開初日の1回目で観てしまいました。
渋い!あまりに渋い1本でしたね~。
デンゼル・ワシントンのファンとしては最高♪
ラストは・・うーん、なんとも言えませんね~。
元の木阿弥ってことかな・・・。
ラストカット (たいむ)
2008-02-07 16:57:39
cyazさん、こんにちは。
>エンドロールが終わった後
どこでも話題に残ってますよね。
もしかしたら、それこそが狙いなのかも~と思ったりするこの頃ですw
意味~ (cyaz)
2008-02-07 22:24:05
KGRさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>私もよくわかりませんでした。なぜあそこに入れるのかもよくわからなかった。
意味がよくわからなかったですよね(笑)?

>予告編のために撮ったんだけど、出来が良く、もったいないんで使った?
それもアリかな(笑)
事実~ (cyaz)
2008-02-07 22:25:39
AKIRAさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>リドリー・スコットは,「男」を撮るのが巧い!
それは言えてますね!

>脇にもけっこう個性的な俳優がいるのに,光っていなくて,そこだけ残念。
確かにそこは問題アリでした(笑)

>イジョフォー,ローラのキャラでも良かったですね。 異彩を放って印象に残ったでしょうに,きっと。。
事実をゆがめてしまうかもしれませんが(笑)
渋い~ (cyaz)
2008-02-07 22:27:43
mmeirinさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>渋い!あまりに渋い1本でしたね~。 デンゼル・ワシントンのファンとしては最高♪
僕もデンゼル好きなので満足でした^^

>ラストは・・うーん、なんとも言えませんね~。
元の木阿弥ってことかな・・・。
何か意味を持たせてれば面白かったんですが^^
最後~ (cyaz)
2008-02-07 22:30:36
たいむさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>もしかしたら、それこそが狙いなのかも~と思ったりするこの頃ですw
長い尺だから、最後の最後まで観なさいってことですかね(笑)
こんばんは (bobby101)
2008-02-07 22:40:55
 TBありがとうございます。エンドロール後のワンショット、話題になっていますね。実話に基づいている映画ですからこれも事実なのでしょうが。D・ワシントンはこの役を演じるためにフランク・ルーカス本人にも会ったと公式サイトに書いてありました。最後のショットの理由を知りたいですね。
ラスト~ (cyaz)
2008-02-07 22:48:09
bobby101さん、コメントありがとうございますm(__)m

>実話に基づいている映画ですからこれも事実なのでしょうが。D・ワシントンはこの役を演じるためにフランク・ルーカス本人にも会ったと公式サイトに書いてありました。最後のショットの理由を知りたいですね。
そうですよねぇ。 ラストと本編の因果関係はとても知りたいところです^^

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事

113 トラックバック

アメリカン・ギャングスター 63点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
『ギャング・スター』にあこがれるようになったのだッ! 公式サイト 60年代末から70年代にかけて、NYハーレムにおける麻薬密売市場に君臨していたフランク・ルーカスと、密売ルートを追う捜査官リッチー・ロバーツ刑事の、実在人物による実話を元に描かれた、リドリー...
アメリカン・ギャングスター (C note)
巨匠リドリー・スコットが監督として手掛ける最新作は・・・デンゼル・ワシントンV
デンゼル・ワシントンがカッコよすぎる件について~『アメリカン・ギャングスター』 (真紅のthinkingdays)
 AMERICAN GANGSTER  60年代後半から70年代、ベトナム戦争が泥沼化するアメリカ、ニューヨーク。 黒人ギャングのボスの運転手から、その才...
「アメリカン・ギャングスター」 2大スターの競演 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 リドリー・スコット監督 ラッセル・クロウ&デンゼル・ワシントンの競演 楽しみにしていました。 期待を裏切らない、見応えありの秀作でした。 物語の序盤に、二人の人物像を徹底的に描き、 中盤以降は手に汗握る展開で、二人が対面するク...
アメリカン・ギャングスター (バビロン21)
渋い!これぞハードボイルドだ! 麻薬王に成り上がったハーレム街の首領(ドン)。そして人一倍正義感が強い 野獣刑事(デカ)。それぞれに異なる「修羅の道」を歩み続ける二人の男の生 き様を軸に描いた犯罪サスペンス。この映画、なんと実話がベースになっ...
アメリカン・ギャングスター (Trend Researcherのネタのるつぼ)
そしてアッサリ捕まった 「アメリカン・ギャングスター」2007年 米 リドリー・スコット監督前評判がやたらに高かったので、霙降る中、「アメリカン・ギャングスター」を観てきた。 1970年代のニューヨークを主な舞台に、独自の麻薬ビジネスで暗黒街に台頭していく男と、警...
★アメリカンギャングスター(2007)★ (CinemaCollection)
AMERICANGANGSTER暗黒外のカリスマと、正義を貫く刑事。その道を進むなら、俺を倒してから行け。メディア映画上映時間157分製作国アメリカ公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2008/02/01ジャンルサスペンス/犯罪/ドラマ映倫R-15【解説】2大オスカー俳優デンゼル・ワ....
アメリカン・ギャングスター (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
リドリー・スコット監督、ラッセル・クロウ、デンゼル・ワシントン主演。時代はブラックパワー旋風が吹き荒れていたアメリカ。裏社会でもこのパワーが吹き荒れていたことが分かる。
映画レビュー「アメリカン・ギャングスター」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
◆プチレビュー◆実在の麻薬王と熱血刑事を描いた実録犯罪劇。ワシントンとクロウの骨太の演技は見応えたっぷりだ。 【75点】  70年代のNYハーレム。フランクはベトナム戦争を利用して麻薬ビジネスを拡大、暗黒街の陰のボスとして君臨する。目立たず行動し、決して...
アメリカン・ギャングスター (★YUKAの気ままな有閑日記★)
デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウの競演だから楽しみにしていた―【story】1970年代の初頭のニューヨーク。誰かに使われる人生から抜け出そうと誓い、麻薬の新しいビジネス・モデルを築きあげることで暗黒街のアメリカン・ドリームを達成していくフランク(デンゼ...
アメリカン・ギャングスター、試写会  (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
1/17、よみうりホールでの開催。 結構混んでました。 予告は、「エリザベス:ゴールデン・エイジ」「つぐない」 ***   デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウの対決。 そのほか、キエテル・イジョホー、キューバ・グッディングJr、 カーラ・グギーノ(ナイト・...
2008-06『アメリカン・ギャングスター』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-06『アメリカン・ギャングスター』(更新:2008/02/02) 評価:★★★★☆ 信念を貫いた2人の男が出会うとき 原題は「AMERICAN GANGSTER」です。 渋谷で『人のセックスを笑うな』を観ようとした...
アメリカンギャングスター(映画館) (ひるめし。)
暗黒街のカリスマと、正義をつらぬく刑事 その道を進むのなら、俺を倒してから行け
『アメリカン・ギャングスター』 (Sweet*Days**)
監督:リドリー・スコット CAST:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ 他 1970年代初頭、ハーレムを仕切っていたボスの運転手を...
アメリカン・ギャングスター (Akira's VOICE)
悪い事をすると必ず捕まります。
アメリカン・ギャングスター (小部屋日記)
American Gangster(2007/アメリカ)【劇場公開】 監督:リドリー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン/ラッセル・クロウ/キウェテル・イジョフォー/ キューバ・グッディングJr/ジョシュ・ブローリン けもの道を行く実在の男たちの 容赦なき闘いの人生! 70年...
【アメリカン・ギャングスター】 (日々のつぶやき)
監督:リドリー・スコット 出演:ラッセル・クロウ、デンゼル・ワシントン 「1970年代のニューヨークは麻薬が蔓延っていた。ハーレムを仕切るボスの運転手として15年間使え尊敬していたフランクは、ボスの死後彼に教わったことを活かし後を継ぐことを決意する。直接現
「アメリカン・ギャングスター」観ました!! (笑う生活は紫色)
2月1本目は楽しみにしていた公開初日の「アメリカン・ギャングスター」を観ました!! 出演は好きなデンゼル・ワシントンとラッセル・クロウ。リドリー・スコット監督作品。 1970年代のニューヨークを舞台に実在した伝説のギャング、フランク・ルーカスの半生を描く。...
「アメリカン・ギャングスター」みた。 (たいむのひとりごと)
冒頭、まさに「R-15」だと思ったけれど、その後はさほど残酷なこともなく、しっかり最後の最後まで観続けることが出来た。どちらもヒーローが似合う2大オスカー俳優なのに真っ向対決?・・と割り切れない想いを
アメリカン・ギャングスター (eclipse的な独り言)
 今日から死ぬほど映画見まくります。(馬鹿)さて、この映画、どちらが主演なのでし
アメリカン・ギャングスター (miko's blog)
今年の9本目 あらすじ 1968年、フランク・ルーカスは長年仕えたハーレムの黒人ギャングのボスの死後、独自の麻薬ビジネスを展開する。や...
*アメリカン・ギャングスター* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 1968年、フランク・ルーカスは長年仕えたハーレムの黒人ギャングのボスの死後、独自の麻薬ビジネスを展開する。やがて大物マフィアをも出し抜く成功を手にするが、目立たないことを信条にする彼の素顔はベールに包まれたままだった。一...
アメリカン・ギャングスター (BLACK&WHITE)
【AMERICAN GANGSTER】2000年/アメリカ 監督:リドリー・スコット  出演:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、キウェテル・イジョフォー...
アメリカン・ギャングスター (まぁず、なにやってんだか)
長い上映時間ですが、人物説明をきっちりやってくれるので、置いていかれることなく、最後まで楽しく観られました。 フランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)が青年実業家のようなピシッとした身なりで、独自のアイデアでのし上がっていくところは、とてもカッコイ...
『アメリカン・ギャングスター』 (待ち合わせは本屋さんで)
実在の麻薬王と刑事の容赦なき闘いの物語。
アメリカン・ギャングスター (映画のメモ帳+α)
アメリカン・ギャングスター(2007 アメリカ) 原題   AMERICAN GANGSTER   監督   リドリー・スコット    脚色   スティーヴン・ザイリアン       撮影   ハリス・サヴィデス                   音楽   マルク・ストラ...
「アメリカン・ギャングスター』 (ラムの大通り)
(原題:American Gangster) ----この映画評判いいよね。 リドリー・スコットとしては『ブレードランナー』以来の傑作と 評している人もいるんでしょ? 「そう。そこがスゴいよね。 比較がオスカー受賞の『グラディエーター』ではなく、 あの『ブレードランナー』」 ----...
アメリカン・ギャングスター (えいがの感想文)
2007年/アメリカ 監督:リドリー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン    ラッセル・クロウ    ルビー・ディー 麻薬ビジネス界に君臨する男フランクと、正義漢の麻薬捜査刑事リッチー。 どちらも二面性があります。 フランクは、紳士的な姿で...
やっぱり、こうでなくちゃ!『アメリカン・ギャングスター』 (水曜日のシネマ日記)
実在した伝説のギャング、フランク・ルーカスと、それを追う正義感溢れる刑事の物語です。
『アメリカン・ギャングスター』(原題:American Gangster) (潮風のささやき)
1970年代のニューヨーク。ハーレムを牛耳っているギャングボスの亡き後を受け継
映画 【アメリカン・ギャングスター】 (ミチの雑記帳)
試写会にて「アメリカン・ギャングスター」 1970年代のニューヨークを舞台に実在した伝説のギャング、フランク・ルーカスの半生を描く犯罪サスペンス。 おはなし: 1970年代初頭のNY。ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手をしていたフランク・ルーカス(デンゼ...
アメリカン・ギャングスター(2007年) (勝手に映画評)
1960年代末期から1970年代前半に掛けて、ニューヨークの麻薬ビジネスを仕切った一人の黒人マフィアに関する話。実話である。 デンゼル・ワシントンの”悪役”姿が珍しいです。”悪役”と言っても、大物ギャングなので、”やり手の実業家”と言う見た目ですが、人殺しも躊...
感想/アメリカン・ギャングスター(試写) (EDITOREAL)
成り上がりギャングスタvsはぐれ刑事潔癖派にシビれました。『アメリカン・ギャングスター』2月1日公開。大物ギャングに15年仕えてきた男。ボスの死を機に独立した彼は、独自の麻薬ルートを開拓。ベトナムからの直接買い付けで低価格ドラッグのマーケットを形成し、一躍ギ...
アメリカン・ギャングスター (2007) AMERICAN GANGSTER 157分 (極私的映画論+α)
 二人とも「クソ真面目」でした(笑)
「アメリカン・ギャングスター」腐敗した国を救うのは (ももたろうサブライ)
監督 リドリー・スコット少しあらすじ 1970年代の初頭のニューヨークで、ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手をしていたフランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)は、ボス亡き後、ベトナムに駐留する米軍を使って東南アジアの麻薬を密輸する計画を決行する。...
「アメリカン・ギャングスター」 American Gangster (俺の明日はどっちだ)
Get in line. That one stretches around the block. 片やハーレムを牛耳っていた黒人ボスの死とともに跡目を継ぎ、ヘロインの産直という新たなるシステムを考え付き実行し成功の階段を駆け上り、ひとつの「アメリカンドリーム」を成し遂げるギャングスター、フランク...
アメリカン・ギャングスター (B級パラダイス)
平日公開作品を観に行くのは久々かも。映画の日ということもあって客席にはたくさんの人がおりました。
アメリカン・ギャングスター (ネタバレ映画館)
デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウの2大スターがガチンコ対決!
アメリカンギャングスター/AMERICAN GANGSTER (我想一個人映画美的女人blog)
最近、一人で十分に主役をはれる二大スターの共演が多い気がするけど、 カリスマギャングのボス{/v/}刑事って聞いて何となく逆かな?とも思ってた。 ま、ラッセル・クロウはカリスマなギャングには見えないんだけど。 デンゼル・ワシントンも初の悪役? 元々優しそう...
アメリカン・ギャングスター (めでぃあみっくす)
やっぱりリドリー・スコット監督は凄い!こんな重厚なドラマを撮れるのはこの監督しかいないのではないかと思わせるくらいに、肉厚で全くのだれるところのない映画でした。アカデミーでは助演女優賞と美術賞の2部門のノミネートしかありませんが、ゴールデングローブ賞で...
「アメリカン・ギャングスター」(ネタバレあり) (固ゆで卵で行こう!)
リドリー・スコット監督、デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ主演の「アメリカン・ギャングスター」観てきました。 以下、ネタバレ含む部分があるので、これから観ようと思ってる人はスルーして下さい。 他の同僚のように賄賂などいっさい受け取らないラ...
アメリカン・ギャングスター (You got a movie)
監督   リドリー・スコット キャスト ラッセル・クロウ      デンゼル・ワシントン      キウエテル・イジョフォ ほか 1960年代から1970年全半にかけてニューヨークで麻薬ビジネスの頂点に立った黒人マフィアをデンゼル・ワシントンが、またそれ...
「アメリカン・ギャングスター」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「American Gangster」2007 USA 実話を元に、ブラック(アフリカ系)のギャングスターとユダヤ系の刑事が対決する犯罪サスペンス・ドラマ。 主演の二人は「インサイドマン/2006」「デジャヴ/2006」 のデンゼル・ワシントン&「プロヴァンスの贈りもの/2006」のラッ...
アメリカン・ギャングスター (Yuhiの読書日記+α)
リドリー・スコット監督の実話を元にしたというこの作品、前評判が高かったので早速見てきました。お客さんの層は割りと高めで客席もほぼ埋まっていましたね。50~60歳くらいの人が多いのはちょっと意外な気がしましたが・・・。 <あらすじ> 1968年、フランク・ル...
「アメリカン・ギャングスター」 僕の好きなリドリー (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
この映画、評判も上々やのに、なんか、もひとつやった。 リドリー・スコット監督好きやねんけど、「好きやった」と過去形になるということが自分の中で確定しました。 『エイリアン』『ブレードランナー』『テルマ&ルイーズ』大好きやったな~。 あの頃の、リドリー・ス...
アメリカン・ギャングスター(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】リドリー・スコット 【出演】デンゼル・ワシントン/ラッセル・クロウ/キューバ・グッディングJr/カーラ・グギーノ/ジョン・オーテ...
アメリカン・ギャングスター (cococo)
観よう! これは!劇場で観ずして、語るなかれ。 これほどの映画には、本当に久しぶ
映画 『アメリカン・ギャングスター』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆『グラディエーター』の名匠、リドリー・スコット監督がメガホンを取り、しがない運転手から麻薬王にまで上りつめた男の一代記を骨太に描く。1970年代の初頭のニューヨークで、ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手をしていたフランク・ルーカ...
アメリカン・ギャングスター/ほんとうに悪いのは誰だ。 (よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
麻薬の売人、麻薬中毒、麻薬の製造人、汚職警官。でもそんな世界を作ったのは誰なのか。俺のやってることは本当に悪いことか?───娯楽作のフリをしていろんな疑問を投げかける傑作登場。
アメリカン・ギャングスター (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
原題 AMERICAN GANGSTER 上映時間 157分 製作国 アメリカ 製作年度 2007年 初公開年月 2008/02/01 監督 リドリー・スコット 製作総指揮 スティーヴン・ザイリアン、マイケル・コスティガン、ブランコ・ラスティグ 脚本 スティーヴン・ザイリアン 音楽 マルク・...
アメリカン・ギャングスター (とりあえず、コメントです)
1970年代にニューヨークで暗躍した実在のギャング、フランク・ルーカスと 麻薬を追う過程でフランクを追い詰める警察官リッチー・ロバーツの生き様を描いた物語です。 デンゼル・ワシントンの存在感は圧倒的でした。 ニューヨークを仕切っていたマフィアのボスに15年仕...
アメリカン・ギャングスター AMERICAN GANGSTER (JUNeK-CINEMA in the JUNeK-YARD)
頑固で真面目な男が、孤独に耐えながらこつこつと悪を追い詰めていく・・・ よくあるパターンでありながら、実話ベースのリアルさと脚本の巧妙さ、そして演技達者な役者さんたちのおかげで、飽きさせないエンタティメントに仕上がっておりました♪ ☆☆☆☆- でござい...
アメリカン・ギャングスター (映画鑑賞★日記・・・)
【AMERICAN GANGSTER】R-152008/02/01年公開(02/02鑑賞)製作国:アメリカ 監督:リドリー・スコット出演:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、キウェテル・イジョフォー、キューバ・グッディング・Jr、ジョシュ・ブローリン 腐りきったニューヨーク警察に、喝...
アメリカン・ギャングスター (迷宮映画館)
デンゼル・ワシントンvsラッセル・クロウのガチンコのシーンは、とっても少ないです。
アメリカン・ギャングスター American Gangster (映画!That' s Entertainment)
●「アメリカン・ギャングスター American Gangster」 2007 アメリカ Universal Pictures,Imagine Entertainment 157min. 監督:リドリー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、ルビー・ディー他 この映画は、スタッフロールが出終わって会...
「アメリカン・ギャングスター」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「アメリカン・ギャングスター」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、キウェテル・イジョフォー、キューバ・グッディング・Jr、ジョシュ・ブローリン、テッド・レヴィン、アーマンド・アサンテ、ジ...
己の信念を愛した2人の男●アメリカン・ギャングスター (Prism Viewpoints)
“自分”を捨て、“家族”を愛したギャングスター。 “家族”を捨て、“自分”を愛したポリススター。 『American Gangster』 アメリカン・ギ...
アメリカン・ギャングスター(2007) (かこぶろ。)
リドリー・スコット監督で好きなのは、「ブラックホーク・ダウン」「グラディエーター」「エイリアン」 そして先週テレ東でやっていた「ブラックレイン」 89年のだというのに今も面白さは変わらない {/good/}{/kirakira/}    ・DVD 「ブラック・レイン デジタルリマス...
男と男のガチンコ勝負!【アメリカン・ギャングスター】 (犬も歩けばBohにあたる!)
男と男のガチンコ勝負! 熱い映画を久しぶりに見ました。 オスカー俳優デンゼル・ワ
アメリカン・ギャングスター (映画を観たよ)
苦手克服ならず。
アメリカン・ギャングスター (利用価値のない日々の雑学)
1970年代、麻薬生産地帯といえば、ゴールデントライアングルといわれる、タイ、ラオス、ミャンマー国境地帯である。当時生産した麻薬はすべて米国政府が買い取った。そもそもがアヘン戦争で儲けた連中が支配層を形成し、その麻薬業者がCIA設立に関与したのが、アメリカと...
アメリカン・ギャングスター (5125年映画の旅)
1960年代。ニューヨーク・ハーレムの実力者パンピーの死後、彼の後釜ルーカスは独自の麻薬密輸入ルートを確立し、家族を率いて裏社会の実力者にのし上がる。一方、腐敗した警察機構の中で実直な正義を貫く捜査官ロバーツは、新設された麻薬捜査班を率いて麻薬密売...
映画『アメリカン・ギャングスター』 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
自分がまだこの世に生をうけていないぎりぎりの年代、NYでの物語。時代の空気が読
【劇場映画】 アメリカン・ギャングスター (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 1968年、フランク・ルーカスは長年仕えたハーレムの黒人ギャングのボスの死後、独自の麻薬ビジネスを展開する。やがて大物マフィアをも出し抜く成功を手にするが、目立たないことを信条にする彼の素顔はベールに包まれたままだった。一方、汚職がはびこる...
アメリカン・ギャングスター (メルブロ)
アメリカン・ギャングスター 198本目 2008-4 上映時間 2時間37分 監督 リドリー・スコット 出演 デンゼル・ワシントン ラッセル・クロウ キウェテル・イジョフォー キューバ・グッディング・ジュニア 評価 8点(10点満点) 会場 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ...
[映画]アメリカン・ギャングスター (お父さん、すいませんしてるかねえ)
ギャングスターは暴力的な犯罪集団のことだそうです。 やくざを英語で「ジャパニーズ・マフィア」と呼んだりしますが、基本的に構成員はギャングスター。 てっきり「チンピラ」とか「愚連隊」のことかと思っていました。 あらすじを簡単に 「ハーレムのロビンフッド」と...
『アメリカン・ギャングスター』2008・2・3に観ました (映画と秋葉原と日記)
『アメリカン・ギャングスター』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 1968年、ニューヨーク。黒人ギャングのボス、バンピーが急死。右腕として仕えてきたフランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン?)は彼の亡き後、ボスの座を引き継ぎ、独自の価値観と能力
アメリカン・ギャングスター (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『けもの道を行く実在の男たちの、容赦なき闘いの人生!』  コチラの「アメリカン・ギャングスター」は、デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ主演、リドリー・スコット監督の2/1公開となったR-15指定のノンフィクション・クライム・ムービーなのですが、早速観...
アメリカン・ギャングスター (心のままに映画の風景)
1970年代、ニューヨーク。 ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手をしていたフランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)は、ボスの亡...
●アメリカン・ギャングスター(16) (映画とワンピースのこでまり日記)
ラッセル・クロウってこんなに恰幅よかったっけ??
アメリカン・ギャングスター (Good job M)
公開日 2008/2/1監督:リドリー・スコット 「グラディエーター」出演:デンゼル・ワシントン/ラッセル・クロウ/ジョシュ・ブローリン/アーマンド・アサンテ 他【あらすじ】1970年代の初頭、ニューヨークのハーレムを仕切るギャングのボスに仕えてきた運転手・フランク....
アメリカン・ギャングスター (さくらの映画スイッチ)
ビジネス、秩序、ファミリー、人種格差、戦争、そして正義、友情。・・・・・今にも通じる寓意。最高にドキドキして面白かった。そして、エンドロールが終わった後には、謎のワンショットがあった(笑)・・・
『アメリカン・ギャングスター』 (『座敷牢からなんかニョロ~っとトビ出したようなカンジの.......』)
(2007/米/リドリー・スコット)   【期待度】★★★・・ 【満足度】☆☆☆☆・   【ラッセル・クロウの油断した下腹肉になんだか哀愁感じる度】★★★★★   
アメリカン・ギャングスター  AMERICANGANGSTER (映画に恋してる)
「時代は変わった」そう呟いて伝説のギャングバンピー・ジョンソンは逝った。つねにかたわらに身を置き続けボスの最期を看取ったフランク・ルーカスにとって彼はまさしく人生の師だった。彼はいつも正しかった。15年以上の長きに渡り彼のためなら人には言えない仕事もこ...
アメリカン・ギャングスター (腹黒い白猫は見た!!)
2008年46本目映画「アメリカン・ギャングスター」暗黒街のカリスマと、正義をつらぬく刑事。その道を進むのなら、俺を倒してから行け。ストーリー誰かに使われる人生から抜け出そうと誓い、麻薬の新しいビジネス・モデルを気付き上げることで、暗黒街のアメリカンドリーム...
アメリカン・ギャングスター・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
白黒を足して二で割れば、そこにあるのは灰色のアメリカ。 「アメリカン・ギャングスター」は、リドリー・スコット監督とラッセル・クロウ主...
映画「アメリカン・ギャングスター」を試写室にて鑑賞。 (masalaの辛口映画館)
 「アメリカン・ギャングスター」@東宝東和試写室 映画の話 1970年代の初頭のニューヨークで、ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手をしていたフランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)は、ボスの亡き後、東南アジアの麻薬を密輸する計画を決行する。時に横...
映画を観た~アメリカン・ギャングスター~ (垂直落下式どうでもいい話)
『アメリカン・ギャングスター』を観ました。 けもの道を行く実在の男たちの 容赦なき闘いの人生! ストーリー&解説:1968年、フランク・ルーカスは長年仕えたハーレムの黒人ギャングのボスの死後、独自の麻薬ビジネスを展開する。やがて大物マフィアをも出し抜く...
『アメリカン・ギャングスター』 (purebreath★マリーの映画館)
            暗黒街のカリスマ VS 正義をつらぬく刑事  『アメリカン・ギャングスター』監督・・・リドリー・スコット出演・・・デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、キューバ・グッディング・Jr、ジョシュ・ブローリン、キウェテル・イ...
「アメリカン・ギャングスター」 「アメリカン」である意味 (はらやんの映画徒然草)
タイトルに何故「アメリカン」とついているのでしょうか? イタリアン・マフィアから
【映画】American Gangster/アメリカン・ギャングスター (higeruの大活字読書録)
 「汚れた手で美しき人生をつかんだ麻薬王」フランク・ルーカスと「人生を賭けて美しき正義をつかんだ刑事」リッチー・ロバーツ。冒頭に "Based on a true story" と出るのだが、二人はともに実在の人物であり、ほぼ "true story" であるらしい。  舞台は1970年代初...
映画鑑賞記「アメリカン・ギャングスター」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
 鑑賞日:08.02.15 鑑賞場所:シネマイクスピアリ 成功して、敵を作るか 失敗して、友を作るか これは、事実に基づいた犯罪ストーリー <ストーリー> (公式HPより引用)  1970年代初期のニューヨーク。ハーレムを仕切るギャングのボスに15年...
アメリカン・ギャングスター (夫婦でシネマ)
期待を裏切らない大興奮のアクション・ドラマ!麻薬王のデンゼル・ワシントンとそれを追いつめる刑事のラッセル・クロウ、二人の男の物語に魅了されました。
「アメリカン・ギャングスター」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「アメリカン・ギャングスター」 監督:リドリー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、キューバ・グッディング・Jr、ジョシュ・ブローリン、キウェテル・イジョフォー、カーラ・グギーノ、RZA、ジョン・オーティス 1968年、ニューヨーク。...
アメリカン・ギャングスター (knockin' on heaven's door)
American Gangstar 1960~70年代のNY・ハーレムに台頭した麻薬王、フランク・ルーカス。一方で汚職が横行する警察では正義を貫く捜査官が麻薬組織の黒幕を追っていた。 フランクと捜査官・リッチーの物語を交互に描きながら、やがて訪れる最後の対決へと導く硬派な犯...
【アメリカン・ギャングスター】 (+++ Candy Cinema +++)
【AMERICAN GANGSTER】 ※映倫 R-15   公式サイト 監督/リドリー・スコット   脚本/スティーヴン・ザイリアン    製作年度/2007年  ...
映画「アメリカン・ギャングスター」 (FREE TIME)
映画「アメリカン・ギャングスター」を鑑賞しました。
アメリカン ギャングスター (M's daily life)
「アメリカン ギャングスター」 原題 : American Gangstar (2007年 米 157分) 監督 : リドリー・スコット 出演 : デンゼル...
真・映画日記『アメリカン・ギャングスター』 (          )
JUGEMテーマ:映画 2月8日(金)◆709日目◆ 午後7時に終業。 この時間では金券屋も閉まっている。 手持ちのチケットでは…『アメリカン・ギャングスター』がある。 これなら8時半からレイトショーがある。 有楽町マリオン9階の「日劇Plexe2」へ。 客は50...
アメリカン・ギャングスター (ビール片手に)
麻薬王と捜査官の息詰まる実話を、デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウの名優共演で贈る犯罪サスペンス映画。「グラディエーター」でクロウと組んだリドリー・スコット監督作。ストーリー1970年代のNY。ギャングの運転手だったフランクは、忠誠を尽くし仕えたボスの死...
『アメリカン・ギャングスター』 (風模様Days)
長い映画です。でも退屈しません。 大人の映画っていう印象の『アメリカン・ギャングスター』出演者の顔ぶれなのか、時代背景なのか、はたまた実話に基づく独特の緊張感なのか、「ギャングスター」というイメージから想像する内容のわりにエンターテイメントさには欠け...
アメリカン・ギャングスター 2007年米 (Movie heart beat)
2008年02月07日 20時00分 発行  リドリー・スコット監督。デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ出演。実在した伝説のギャング、フランク・ルーカスの物語。NYで黒人から絶大の支持を得ていた裏世界のボスが亡くなり、そのボスの運転手をしていたフランクは、新しい...
「アメリカン・ギャングスター」 (雑板屋)
リドリー・スコット監督作にしては、少々期待を裏切られた感が・・・。 今この時代に何故?あえてこのギャング映画を製作したのか・・・。やや疑問。 実在したハーレムの黒人ボス、‘バンピー’・ジョンソンの専属運転手だったフランク・ルーカスと、彼を追う麻薬特別...
アメリカン・ギャングスター を観ました。 (My Favorite Things)
ずっと観たかったのですが…抜け駆けすると相方の怒りをかうのでガマンしていました。
アメリカン・ギャングスター (things4u)
☆FC2ブログランキング☆ & ☆人気blogランキング☆ ↑今日も1クリックで応援ありがとう~☆↑ 今日の1本は「AMERICAN GANGSTER」(邦題:アメリカン・ギャングスター)から。 1970年代の初頭のニューヨークで、ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手...
アメリカン・ギャングスター (toe@cinematiclife)
★1月はほとんど(1本だけしか)映画を見れませんでした[E:crying] ★まぁ、月に1本って、普通の人からしたら十分かもしれませんが、私にはかなり不満でした。そんな訳で、週に一回は映画館に行きたいっつーことで、「時間があれば映画を見ろ!」を心がけ、月曜日のレイト...
アメリカン・ギャングスター★リドリー・スコット監督作品 (銅版画制作の日々)
 ラッセル・クロウデンゼル・ワシントン   2月12日、東宝シネマズ二条にて鑑賞濃いお二人が熱く共演?結構面白い作品でしたね。   暗黒街のカリスマ、フランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)と正義をつらぬく刑事、リッチー・ロバーツ(ラッセル・...
映画『アメリカン・ギャングスター (AMERICAN GANGSTER)』 (うっかりはんぞう)
おはようさん! 今日は、2作品観る予定だったのだけど、寝坊してしまって計画が台無
アメリカン・ギャングスター / American Gangster (MOVIS)
● アメリカン・ギャングスター / American Gangster [アメリカ / 2008年 / R-15] 過去の"ギャング映画"には類を見ない個性を持っており、リドリー・スコットの新たな側面を見せてくれる作品であった。デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウの対立が色鮮やかであるだ...
「 アメリカン・ギャングスター  / American Gangster (2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【アメリカン・ギャングスター(2008) 】2008年2月1日(土)公開 ...
映画『アメリカン・ギャングスター』を観て (KINTYRE’SDIARY)
18.アメリカン・ギャングスター■原題:AmericanGangster■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:157分■日本語字幕:松浦美奈■鑑賞日:2月10日、渋東シネタワー(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・製作:リドリー・スコット□脚本・製....
アメリカン・ギャングスター(2007年・米) (SCARECROW'SROOM)
★男二人の熱演が、心地よい暑苦しさ(?)を感じさせてくれます★俳優さんが大根なのにストーリーの面白さや監督の力量で楽しめる映画もあれば、ストーリーは特にどうって事がないのに俳優陣の演技に釘付けになってしまう映画もある…全てを満たしていれば一番いいんですけ...
「アメリカン・ギャングスター」 (It's a wonderful cinema)
 2007年/アメリカ  監督/リドリー・スコット  出演/デンゼル・ワシントン      ラッセル・クロウ  大好きなリドリー・スコットとラッセル・クロウのコンビ。今作にはそこにオスカー俳優デンゼル・ワシントンも加わり、なんとも豪華な顔合わせとなりまし...
「アメリカン・ギャングスター」 (the borderland )
数年前までは、同じお金を払うなら、映画は長い方が良いと単純に思っていた時期もありました。でも実際は、2時間を越えると、詰め込みすぎて表面的な部分をなぞるだけだったり、逆に中だるみがあったりと、長ければ良いもんじゃないんですよね。だから、評判が良いのは知...
「アメリカン・ギャングスター」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
1968年、NY。ギャングのボス、バンピーの右腕として仕えてきたフランク・ルーカス(デンゼル・ ワシントン)。ボス亡き後、その座を引き継ぎ、自らの帝国を築き上げようと、東南アジアから 純度100%のヘロインを直接仕入れる独自ルートを開拓し、“ブルー・マジック”の...
『アメリカン・ギャングスター』 (pesucaのシネマ日記)
(C) 2007 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED. これも今年の頭に試写会で観た作品なのですが、もう既に レンタルが開始されてるんですね~。 実際に映画を観るまで、実話を基にしているストーリーとは 知りませんでした。 内容の方は 麻薬...
「アメリカン・ギャングスター」 (シネマ・ワンダーランド)
「エイリアン」や「ブレードランナー」などの作品で知られる英国出身の米監督、リドリー・スコットが2007年、実話をもとに映画化したクライム・サスペンス「アメリカン・ギャングスター」(米、157分)。卓越したビジネス・センスを武器に麻薬王に這い上がった黒人...
【映画】アメリカン・ギャングスター…それなりの大作だと俳優は若づくりになる?罠 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
毎月20日前後に長時間残業を発生させつつ苦戦している某出版物の仕事があるのですが、今月は何故か比較的スムーズに進行させることができました。…ということでここ数日も忙しかったわけでは無いのですが、PCゲームに明け暮れていた私なので、ブログは疎かだわ、寝不足だ...
ミニ・レビュー:「アイアンマン」 「アメリカンギャングスター」「イーグルアイ」 (ひょうたんからこまッ・Part2)
「2008年鑑賞作品・ミニレビュー追記?」 ここ数ヶ月の間に鑑賞作品のレビューが大分溜まってきたので、 今まで鑑賞した作品の中でまだ感想を書いていな...
アメリカン・ギャングスター (いとしこいし ~いとしいこいしいものごとのおぼえがき~)
AMERICAN GANGSTER 自分の家ではなく、よそん家でたまたまあったDVDをそこで鑑賞。 女ぐせ悪いけど正義感の強い刑事と 家族思いだけど裏切り者には容赦ないマフィア 対極の位置にあるよな二人の闘いは おそらくこうなるであろうと思ってはいたけど やっぱ...
『アメリカン・ギャングスター』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1968年、フランク・ルーカスは長年仕えたハーレムの黒人ギャングのボスの死後、独自の麻薬ビジネスを展開する。やがて大物マフィアをも出し抜く成功を手にするが目立たないことを信条にする彼の素顔はベールに包まれたままだった。一方、汚職がはびこる警察組...
「アメリカン・ギャングスター」 (悠久の華美)
この話、実話らしいです・・・フランクもリッチーもまだ健在だそうです。 実話に基づいた話を、二人の名優がグイグイ引っ張ってくれる!? ...
映画 『アメリカン・ギャングスター』 (向う岸)
アメリカン・ギャングスター [Blu-ray]デンゼル・ワシントン,ラッセル・クロウ,キウェテル・イジョフォー,キューバ・グッディング・Jr,ルビー・ディージェネオン・ユニバーサル allcinema 『アメリカン・ギャングスター』 東南アジアから直接買い付け、純度の高いヘ....