京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『パレード』

2010-02-24 08:49:28 | 邦画

 


□作品オフィシャルサイト 「パレード
□監督・脚本 行定 勲
□原作 吉田修一
□キャスト 藤原竜也、香里奈、貫地谷しほり、林 遣都、小出恵介、
       竹財輝之助、野波麻帆、中村ゆり

■鑑賞日 2月21日(日)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 不思議な感覚がこの映画にはあった。 それはおそらく原作にもあったのだろう。
 犯人像は明確でないものの、カラーは違えどもあの『キサラギ』の謎解きに
 ニュアンスが似ている。

 都内某所の2LDKマンション。 映画会社に勤め健康オタクでもある伊原直輝
 (藤原竜也)、イラストレーター志望で雑貨屋で働く大酒飲みの相馬未来(香里奈)、
 フリーターで役者の丸山友彦(竹財輝之助)と付き合いいつも連絡待ちの大河内琴美
 (貫地谷しほり)、大学生だが大学に行かずバイトばかりの杉本良介(小出恵介)が
 部屋をシェアしている。

 ルームシェアというのは経験がないが、こういう映画のような関係が成り立つか
 どうかは別にして、それぞれ、共に互いの触れられたくない領域は干渉しない。

 4人が暮らすこのマンションの近隣で発生している連続殺人。 その注意チラシが
 郵便受けに挟み込んであったことから、言葉に出さないまでも、もしかしたら犯人が
 この中にいるかもしれない的展開に。 その引き金となるのがサトル(林遣都)の
 存在だった。 それは今までのこの部屋で作られた関係とは異質の存在。
 その奇妙な行動とは別に、途中から真犯人のヒントが浮かび上がってくる。

 人間を疑ってかかるのは当然かもしれない。 観る側もいつしかその人間が
 あたかも犯人のように思えてくる。 その奇妙な行動とは別に、途中から真犯人の
 ヒントが浮かび上がってくる。 ここに集まるそれぞれの人間の過去が描かれて
 いないから、この奇妙な生活を容認して観ていくしかないないが、それでも
 節々に本当の姿が見え隠れする。

 困ったときにみんななんで僕ばかり頼るんだと言い捨てる言葉に、もしかしたら
 そこに居る全ての人間が、真犯人を知っていて黙認していたのかもしれないし、
 何かのときに利用できると思っていたのかもしれない。
 流れがつかめなかった人には最後の尾行が、実は逆に尾行を知って尾行されて
 いたのかもいしれないし、自分たちが思っているほど、実は互いを干渉しないことは、
 小さな二人称、三人称の世界で大いに干渉するキッカケを備えていると思うと、
 それは本当に恐ろしいことなのかもしれない。

 藤原竜也は『
カイジ 人生の逆転ゲーム』のときほどではなかったけど、やはり
 どこか演技が蜷川風味 香里奈はちと懐かしい『
深呼吸の必要』風味。
 貫地谷しほりちゃん、正面からはいいけれど、バックショットはNGだなぁ(笑)
 良介(小出恵介)が言ってたけど、眉毛なくなっちゃうよ(笑)

 本当の自分探しなんて難しいよねぇ・・・こんな環境の中じゃ。。。
 あのサトルの不思議な行動なんて理解しようと思っても無理だし、
 ましてや未来のあの癒しビデオもよくわからないし(笑)

 やはり他人を計る“はかり”は誰しも自分自身のメモリでしかないのかも・・・。
 そして自分探しはどこまでも自身の“はかり”でしか計れないのかも・・・。 

『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
« 梅/小石川後楽園(09早春) | トップ | 「鈴木雅之30周年記念ライブ2... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
KY~ (cyaz)
2010-10-25 08:29:27
じゅぼんさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>犯人が途中から睨んでいた通りで、嬉しい反面、細かい描写がない分、どこかポッカリ穴があいたような感覚にもなりました。
それはありましたねぇ
劇場で観たとき、ガッカリ感ありました><

>DVDだと音量が調節できますでしょ? 藤原クンが多く出てた場面では、気づいたらボリューム下げてました。 演劇効果なんですかね(笑)
入り込むのはいいのですが、それも映画の種類と雰囲気によりけりですよね~
KYですよ(笑)

>あの後、何食わぬ顔で毎日を過ごしていくんでしょうかね? 原作を読むしかなさそうですけどね。
そうですねぇ・・・。
現実に、世の中には普通の神経では測れないものがありますからねぇ~
TBさせていただきました。 (じゅぼん)
2010-10-24 22:38:30
今日DVDを観ました。

犯人が途中から睨んでいた通りで、嬉しい反面、
細かい描写がない分、どこかポッカリ穴があいたような感覚にもなりました。

DVDだと音量が調節できますでしょ?
藤原クンが多く出てた場面では、気づいたらボリューム下げてました。
演劇効果なんですかね(笑)
それ以外の人たちの時には、そんな風ではなかったので…。

あの後、何食わぬ顔で毎日を過ごしていくんでしょうかね?
原作を読むしかなさそうですけどね。
蜷川~ (cyaz)
2010-03-07 22:04:10
sakuraiさん、コメントありがとうございますm(__)m

>犯人探しとか、謎解きというより、それぞれの生き様や人間模様の描き方が、よかったと思いましたわ。
なるほど^^

>久々の行定監督の秀作!って言う感じで。
それはかなりお気に入りということなんですねぇ。

>いつになく抑え気味の藤原君が、何かありそう??というのは、匂ってました。
途中まではそうだったんですが、途中からやはり蜷川演劇になっていましたね(笑)?!
TBありがとうございました! (sakurai)
2010-03-07 15:10:35
あたしはこれ、結構面白く見れました。
犯人探しとか、謎解きというより、それぞれの生き様や人間模様の描き方が、よかったと思いましたわ。
久々の行定監督の秀作!って言う感じで。
いつになく抑え気味の藤原君が、何かありそう??というのは、匂ってました。
本が読みたくなった一本でした。
ライブ~ (cyaz)
2010-02-24 12:07:10
リオさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>今日は鈴木雅之さんのライブですね~。楽しい一時をお過ごしくださいね。
はい、楽しんできますよ~♪
Unknown (リオ)
2010-02-24 11:28:43
今日は鈴木雅之さんのライブですね~。楽しい一時をお過ごしくださいね。

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

32 トラックバック

パレード (LOVE Cinemas 調布)
吉田修一の同名小説を映画化。監督・脚本は『世界の中心で、愛をさけぶ』、『クローズド・ノート』の行定勲。出演は『カイジ 人生逆転ゲーム』の藤原竜也、ドラマ『リアル・クローズ』の香里奈、『スウィングガールズ』の貫地谷しほり、『風が強く吹いている』の小出恵...
パレード<初日舞台挨拶> (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <新宿バルト9> 監督:行定勲 原作:吉田修一『パレード』(幻冬舎刊) 脚本:行定勲 監督補:大野伸介 都内のマンションでルームシェアしている4人の男女。彼らはその居心地の良い居場所を壊さないように、それぞれの生活に深く関わらないよう...
【パレード】 (日々のつぶやき)
監督:行定勲 出演:藤原竜也、小出恵介、香里奈、貫地谷しほり、林遣都    歪みはじめる、僕らの日常 「都内のあるマンションの一室、2LDKに住む4人の男女。 映画配給会社に勤める健康オタクの直輝、先輩の彼女に想いを寄せる大学生の良介、自称イラストレ...
パレード (とりあえず、コメントです)
吉田修一著の同名小説を行定勲監督が映画化した作品です。 キャストとチラシの写真を見ただけで、すごく観たくなった作品です。 原作は未読のままチャレンジしてみました。 光と影の中に映し出される心の微妙な揺らぎに共感しながらも 若者たちの持っているダークな一面に...
パレード (花ごよみ)
  吉田修一の原作を映画化。 監督・脚本は行定勲。 本を読みました。 シェアハウスの住人達、 動く彼、彼女を見たくて 映画館に足を運びました。 映画ではどのようにして、 彼等の危うい関係を伝えるのか? とても興味がありました。 もちろん本の方が彼等の心理状...
パレード (だらだら無気力ブログ)
第15回山本周五郎賞を受賞した吉田修一の同名小説を行定勲監督が藤原竜也を 主演に迎えて映像化。 表面的な付き合いの人間関係で共同生活を送る若者たちの日常を描く。 共演に香里奈、貫地谷しほり、小出恵介、林遣都ら。都内の2LDKのマンションで健康オタクで映画...
パレード (Memoirs_of_dai)
視線 【Story】 映画会社勤務の直輝(藤原竜也)、イラストレーター志望の未来(香里奈)、フリーターの琴美(貫地谷しほり)、大学生の良...
パレード (to Heart)
歪みはじめる、僕らの日常 製作年度 2010年 上映時間 118分 原作 吉田修一 『パレード』(幻冬舎刊) 脚本・監督 行定勲 音楽 朝本浩文 出演 藤原竜也/香里奈/貫地谷しほり/林遣都/小出恵介/竹財輝之助/野波麻帆/正名僕蔵/石橋蓮司 表面的な人間関係で満足しながら、...
パレード (映画道)
「上辺だけの付き合い、それくらいが丁度いい」都内の2LDKマンションに暮らす男女四人の若者達。映画会社勤務の直輝、イラストレーターの未来、フリーターの琴美、大学生の良介。それぞれが不安や焦燥感を抱えながらも、“本当の自分”を装うことで優しく怠惰に続く共同生...
『パレード』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督・脚本:行定勲原作:吉田修一出演:藤原竜也、香里奈、貫地谷しほり、林遣都、小出恵介公式サイトはこちら。<Story>「上辺だけの付き合い、それくらいが丁度いい」都内の2LDKマンションに暮らす男女四人の若者達。映画会社勤務の直輝(藤原竜也)、イラストレ...
パレード (シネマDVD・映画情報館)
表面的な人間関係で満足しながら、都内のマンションで共同生活を送る若者たちの日々を描く青春群像ドラマ。吉田修一による第15回山本周五郎賞受賞作の原作を基に、『世界の中心で、愛をさけぶ』『遠くの空に消えた』の行定勲監督が映像化した。『DEATH NOTE デスノート』...
パレード (映画) (をとなの映画桟敷席 ~ほぼ毎日が映画館)
        © 2010 映画『パレード』製作委員会 映画「パレード」 ルームシェアする4人の若者のもとに、一人の風来坊がやってきたことで、はじめはお気楽に見えた彼らの共同生活から、じわじわとそれぞれの持つ心の闇があぶり出されていく・・・。という印象...
パレード (★ Shaberiba )
コレは今の若者の日本の 縮図!?っとは言いたくない~(涙)
「パレード」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
(2010年:ショウゲート/監督:行定 勲) 第15回山本周五郎賞を受賞した、吉田修一の同名小説を、「GO」や、先ごろ公開の「今度は愛妻家」等で知られる行定勲監督が映画化。 映画配給会社に勤める直樹(
行定勲監督 「パレード」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
今日観てきた映画「パレード」 公式サイト⇒http://www.parade-movie.com/ 自分、吉田修一氏の原作は未読です。 というより吉田氏の作品自体、まだ読んだことが無いし… そして行定監督の作品を観るのも初めて。 だってオッサンが「世界の中心で愛をさけぶ」は観れな...
パレード (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。吉田修一原作、行定勲監督、藤原竜也、香里奈、貫地谷しほり、林遣都、小出恵介。ヘリの音がする冒頭は明らかに「地獄の黙示録」の故意の引用だろう。ただし行先はジャングルの闇の奥ではなく伊豆高原。ヒューマン・ホラーとも言うべき作品。
パレード (銅版画制作の日々)
ベルリン国際映画祭で、国際批評家連盟賞受賞を受賞! 先日鑑賞した「今度は愛妻家」の行定勲監督の最新作です。賞をゲットしたということで、ちょっと気になり観に行って参りました。 原作は吉田修一の同名小説。この作品で吉田は第15回山本周五郎賞を受賞しているそう...
「パレード」:新橋バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}あれ、ここ、また新橋じゃない。 {/kaeru_en4/}いいんだ。俺たちの時間は直線に進んでいるんじゃない。ループを描いてまたもとのところに戻っているんだ。 {/hiyo_en2/}それってなんだか、「パレード」の中のセリフみたいね。 {/kaeru_en4/}藤原竜也、香里奈...
パレード (しぇんて的風来坊ブログ)
吉田修一の小説の映画化。原作は読んでいない。映画賞受賞も観に行った動機の一つだが、行定勲監督の作品の場合、シネコンでやるようなのよりミニシアター系、また群像ものとかの方が読みがあった。正直に言うと、今ひとつ来るものがなかった。もちろんそんなに悪いという...
『パレード』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
映画会社勤務の直輝、イラストレーター志望の未来、フリーターの琴美、大学生の良介たちは、2LDKマンションで共同生活を送っていた。それぞれが不安や焦燥感を抱えながら、怠惰な共同生活を続けていたが、男娼のサトルが現われたことで変化が起こり始め……。[上映時間:1...
パレード (映画的・絵画的・音楽的)
 『パレード』を渋谷シネクイントで見てきました。  予告編を見て興味をおぼえ、また監督の行定勲氏による前作『今度は愛妻家』が素晴らしかったこともあり、こちらもぜひ見てみようという気になりました。 (1)一見したところでは、今度の映画も、監督の前作と同じよう...
「パレード」 (H20)
・あらすじ   映画会社勤務の直輝(藤原竜也)、イラストレーター志望の未来(香里奈)、フリーターの琴美(貫地谷しほり)、大学生の良介(小出恵介)たちは、2LDKマンションで共同生活を送っていた。それぞれが不安や焦燥感を抱えながら、怠惰な共同生活を続けていたが...
パレード (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2010年 製作国:日本 監 督:行定勲 表面的な人
パレード (映画と本の『たんぽぽ館』)
原作を超えた恐怖・・・でもホラーじゃありません!!             * * * * * * * * さて、原作本を読んだ次の日、映画を見に行きました。 そもそもこのストーリーは、ラストの驚きに意義があるのであって、 それを知っていて見る映画なん...
10-81「パレード」(日本) (CINECHANの映画感想)
実はみんな知っている  都内のマンションをルームシェアする4人の男女。映画会社に勤める健康オタクの直輝はこの部屋に最初から住んでいる最年長。一方、イラストレーターで雑貨屋店員の未来は、おかまバーの常連。また、先輩の彼女に恋をした大学3年生の良介は告白す...
パレード parade (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
歪みはじめる、僕らの日常 現代に潜む闇を切り取った、深遠なる衝撃の問題作──。 第15回山本周五郎賞を受賞した吉田修一の同名青春...
『パレード』 『悪人』 ラストの秘密 (映画のブログ)
 『悪人』の記事に関連して、質問をいただいた。  コメント欄で回答するにはあまりにも長くなったので別の記事としたが、回答に当たっては...
パレード (じゅぼん隊がゆく)
みなさん、こんばんは。今日は休みでした、じゅぼんです。 最近、左肩~肩甲骨辺りが数日間痛くて、湿布が欠かせない状態で、お出掛けは辞めました。 まぁ、給料日前で金欠って言うのもありますけどね(笑) さて今日は、そんな中レンタルして観たDVDをご紹介♪ パ...
喪中映画評「パレード」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2010年日本映画 監督・行定勲 ネタバレあり
行定勲監督の「パレード」を観た! (とんとん・にっき)
行定勲監督の「パレード」をDVDで観ました。原作は吉田修一、この「パレード」で第15回山本周五郎賞を受賞し、同年には「パーク・ライフ」で第127回芥川賞を受賞しました。たしか「湾岸風景」もテレビドラマ化され、また映画化された「悪人」が一世を風靡したのは記憶に
映画 パレード をみた (僕のつぶやき。 ネットの窓から。)
パレード (初回限定生産) [DVD]クリエーター情報なしキングレコード この映画は都内のマンションで5人の若者達がルームシェアして共同生活をする日々を描く青春群像ドラマである。 原作は山本周五郎賞に輝く吉田修一さんの同名小説だ。 5人は映画会社に勤める伊原(藤原....
パレード (のほほん便り)
かなり賛否両論で、評価する方は、とても褒めてたので興味を覚え、観てみました。今をときめくキャスティングが魅力的。金髪の林遣都もインパクトありました。それぞれのキャラがたっていて、ルームシェアする若者達という設定。その距離感が「チャットのような場」と言っ...