京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『THE LAST MESSAGE 海猿』

2010-09-30 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「THE LAST MESSAGE 海猿」  
□監督 羽住英一郎  
□脚本 福田 靖
□キャスト 伊藤英明、加藤あい、佐藤隆太、加藤雅也、吹石一恵、三浦翔平、濱田 岳、勝村政信、鶴見辰吾、石黒 賢、時任三郎、香里奈

■鑑賞日 9月20日(月)
■劇場 109CINEMAS川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>


  この映画、3D効果を期待したけど、2Dで十分だった~

 よくよく考えてみると、1は観たけど2を観ていない。
 どうせ地上派でやるなら、公開前に1と2を放映してほしかった(笑)

 戦う男たちの姿はおそらく今までの流れを汲んでいるのだろう。
 究極の状態で、日頃の訓練の結果を活かし、人命救助に当たる。
 それは死と背中合わせの危険な任務。 更に今回は日韓共同の施設である巨大天然ガスプラント「レガリア」での事故。
 更に台風のコースはまさにレガリアを直撃する。 取り残された人命救出と1500億円もの予算がつぎ込まれた国家規模の重要プロジェクト。

 人命か、国益か・・・。
 友情と愛情、信頼と葛藤。 様々な立場で、それぞれに折り重なる人間模様が描いている。
 
 相変わらずの仙崎(伊藤英明)と吉岡(佐藤隆太)の漫才コンビの友情と信頼を伝えつつ、残された家族や生れたばかりの息子・大洋への愛情を追う。

 好きでなったわけでない服部(三浦翔平)も極限状態で、人命救出を達成し、新人でありながら短く、それでいて貴重な現場での事故体験が
 人間としての成長を見せているところも落せない。

 浪花節ではないが、やはり愛妻・環菜(加藤あい)と生後10ヵ月の息子・大洋の写真をヘルメットの裏に貼り付けるなんてズルい(笑)
 どんな気の効いた演出が無くても、それだけで泣けてしまうやろ~

 反面、あんな巨大建造物で主導でバルブを開けるなんて、なんかちんけ過ぎないか(笑)

 仙崎と吉岡の絆の深さは、結局その後の地上波『LIMIT OF LOVE海猿』で
確認したけれど(笑)
 うーん、男には訓練訓練でしごかれている風景の方がいいかなぁ(笑)
  

 


コメント (10)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 『食べて、祈って、恋をして』 | トップ | 「高島屋百華展」/京都(2010... »
最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (kira)
2010-09-30 12:08:27
同じく、私もTV録画で「LIMIT OF LOVE海猿」をみました。
で、なんかコッチ(前作)の方が感動しちゃった♪
ただ、今回はオリジナルだというし、
いつまでも成長させない訳にはいかないから、今回は申し分ないアニキ、
優しく逞しい成長をとげた姿をみせるラストでしたね^^

あ、でも伊藤君はこの「ラスト」は信じてない口ぶりでしたね(笑)
こんにちは (たいむ)
2010-09-30 17:37:55
どちらかと言えば、1は見ていなくとも2を見ていたら大輔くんの成長っぷりが如実にわかって面白かったかもしれません。

事故が派手そうに見えて、実は海猿って人間模様中心ですから、こういうのは2Dですよ、やっぱり。
なのに3Dの劇場のほうが圧倒的に多いって困りますね。

それ、あり~ (cyaz)
2010-10-01 08:02:48
kiraさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>同じく、私もTV録画で「LIMIT OF LOVE海猿」をみました。
で、なんかコッチ(前作)の方が感動しちゃった♪
それ、ありでしたね(笑)

>ただ、今回はオリジナルだというし、いつまでも成長させない訳にはいかないから、今回は申し分ないアニキ、優しく逞しい成長をとげた姿をみせるラストでしたね^^
彼らの成長の表現は、「服部」クンで十分表現させていましたね!

>あ、でも伊藤君はこの「ラスト」は信じてない口ぶりでしたね(笑)
チョット彼、変人ですからねっ^^
「さんまのまんま」にも出ててイメージ違っちゃいました(笑)
人間中心に~ (cyaz)
2010-10-01 08:04:49
たいむさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>どちらかと言えば、1は見ていなくとも2を見ていたら大輔くんの成長っぷりが如実にわかって面白かったかもしれません。
僕もそう思いました^^
ま、服部の存在が彼らの成長を表現していましたけどね!

>事故が派手そうに見えて、実は海猿って人間模様中心ですから、こういうのは2Dですよ、やっぱり。
ですよね~
もっと人間中心で脚本も仕上げて欲しかったです。

>なのに3Dの劇場のほうが圧倒的に多いって困りますね。
ま、単純に客単価のことだけでしょうが(笑)
Unknown (cry)
2010-10-04 08:57:05
2Dで十分かも
しれませんけど
やっぱり3Dも方が
おくゆきや迫力が
違いますよ~^^

あんまり海猿について
変なことかかないほうが
いいとおもいます・・

ヘルメットに写真って
いいですよね(^0^)
3D~ (cyaz)
2010-10-04 12:16:21
cryさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>2Dで十分かもしれませんけどやっぱり3Dも方がおくゆきや迫力が違いますよ~^^
たしかに^^

>あんまり海猿について変なことかかないほうがいいとおもいます・・
変なことは書いていません。 正直な感想です^^

>ヘルメットに写真っていいですよね(^0^)
狙いとしてはありがちですが(笑)
熱いヤローも良い (q 熱いヤロー達)
2010-10-04 20:00:03
熱き男達の作品でしたね
相変わらず「大輔くんっ 環菜っっっ」の2人の下手な演技もここまで来ればキャラ化の一体化で馴染んでしまう
「海猿」シリーズの中で最大迫力
一気に緊張感max展開も良かったし
キタ━━。゜+.(・c_,・´。)。゜+.━━!!キタ━━。゜+.(・c_,・´。)。゜+.━━!!
加藤雅也氏  ヤ×ザ映画以外で大声を張り上げる場面が多いのが珍しい
全員デカいやろーばかりだから画面栄えの良い事ったらありゃしない
熱い男の友情や絆は変わらずの臭さ。
この臭さもウリの1つ
エンドロールはジーン
男臭さ~ (cyaz)
2010-10-05 08:16:09
qさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>熱き男達の作品でしたね
そうですね^^

>相変わらず「大輔くんっ 環菜っっっ」の2人の下手な演技もここまで来ればキャラ化の一体化で馴染んでしまう
お約束っしょ(笑)、やっぱ。

>「海猿」シリーズの中で最大迫力 一気に緊張感max展開も良かったし キタ━━。゜+.(・c_,・´。)。゜+.━━!!キタ━━。゜+.(・c_,・´。)。゜+.━━!!
ふむ、電車男も入ってる(笑)?

>加藤雅也氏  ヤ×ザ映画以外で大声を張り上げる場面が多いのが珍しい
いつも物静かな役が多かったですからねぇ^^

>全員デカいやろーばかりだから画面栄えの良い事ったらありゃしない 熱い男の友情や絆は変わらずの臭さ。 この臭さもウリの1つ
やっぱ、男臭いのお好きですか~(笑)?

>エンドロールはジーン
ですねぇ^^
微妙な3D (メビウス)
2010-10-17 02:38:46
cyazさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

3D作品が増え続けているせいか、自分の地元のホームグラウンドも今じゃ3D上映がメインというか優先されつつあり、本作も2D上映なしだったんですよねぇ・・。その結果やむなくの3D鑑賞になっちゃいましたけど、後処理の3D映像だからあんまり迫力が無かったのが痛かったですねぇ・・--;こういうのだと追加料金が勿体無く感じちゃいます(汗

海猿は確かに本格的な海難シーンが見所の1つですし、3Dにする意図も分からなくはないですが、仙崎を取り巻く人間模様や仲間との熱い絆で男泣きする自分としてはちょっと余計だったかな?とも思っちゃいました。
3D弊害~ (cyaz)
2010-10-17 08:24:45
メビウスさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>3D作品が増え続けているせいか、自分の地元のホームグラウンドも今じゃ3D上映がメインというか優先されつつあり、本作も2D上映なしだったんですよねぇ・・。
それはまた選択肢がなかったんですねぇ・・・。
洋アニメ映画を吹替えだけしかやらない場合は東京でもあるのですが。

>その結果やむなくの3D鑑賞になっちゃいましたけど、後処理の3D映像だからあんまり迫力が無かったのが痛かったですねぇ・・--;こういうのだと追加料金が勿体無く感じちゃいます(汗
配給側と劇場側に温度差もあるようです。
今の映画人口の構成がどの年齢層か、良く把握できていない実情を表している結果だと思いますよ(笑)

>本格的な海難シーンが見所の1つですし、3Dにする意図も分からなくはないですが、仙崎を取り巻く人間模様や仲間との熱い絆で男泣きする自分としてはちょっと余計だったかな?とも思っちゃいました。
この映画はおそらく若いコア層ターゲットだったので、後処理だったんでしょうね(笑)

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事