京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

「information or inspiration? 左脳と右脳でたのしむ日本の美」

2019-05-15 00:05:15 | 美術・芸術・写真

「information or inspiration? 左脳と右脳でたのしむ日本の美」

 【2019/5/1撮影】

 
サントリー美術館で開催されている新しいアプローチの展覧会、
information or inspiration? 左脳と右脳でたのしむ日本の美」。
nendoの佐藤オオキ氏が初めて企画・展示デザインを手がけたもの。

展示作品は今までの同館の展覧会で見たものが多かったが、
面白いかったのは、会場で入口が二手に分かれていて、
右は黒いルートで「inspiration?」、左は白いルートで「information?」。
27点の作品を、別角度から2回観賞できる変わった見せ方。
それこそが「左脳と右脳でたのしむ日本の美」そのものでした。

    

そして会場中央の吹抜空間では傘が貸し出され、
その傘をさして長さ15mの白いステージの上を歩くと、
足元の傘の影の中に日本の四季を反映した映像が流れました。 

 

   


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「キスリング展」/東京都庭園... | トップ | 『シャザム(吹替版)』 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (サッチー)
2019-05-15 09:49:02
ユニークな企画ですね。
右脳・左脳とよく言われますがこうして表現
することが面白いですね。
傘をさして歩くと日本の四季・・・何て素敵
cyazさんのお陰で発信して下さるブログに乾杯
発想の転換~ (cyaz)
2019-05-15 12:32:13
サッチーさん、コメントありがとうございますm(__)m

>右脳・左脳とよく言われますがこうして表現することが面白いですね。
両方、バランスよく使えればいいのですが(笑)

>傘をさして歩くと日本の四季・・・何て素敵
傘の裏に青空なんて、MOMAのアンブレラもありましたが、
本当はしばらく足を止めて佇んでいたいところでした(笑)
でも、ほかのお客さんが迷惑するので(汗)
写真は階段の踊り場から撮ったものです。

コメントを投稿

美術・芸術・写真」カテゴリの最新記事