京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『僕のワンダフル・ライフ』

2017-10-05 | 洋画


□作品オフィシャルサイト 「僕のワンダフル・ライフ

□監督 ラッセ・ハルストレム
□キャスト  ブリット・ロバートソン、K.J.アパ、ジョン・オーティス、デニス・クエイド

■鑑賞日 9月30日(土)
■劇 場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 誰しも自身の経験の中で、犬(ペット)を飼ったことがあり、
 自分よりも先にその犬(ペット)を先に見送ったことがあるだろう。
 「輪廻転生」・・・強い想いはもしかしたら、
 この映画のような形で存在するのかもしれない。

  ブログ仲間がインスタにこの映画を観たことをアップしていたので、
  「ハルストレムにしてはストレートな描き方だったね?」とコメントしたら、
  「犬目線だからね!」と返された(笑)


 実際にはその通りかもしれない。
 犬の目線(視界)を通じて、人間社会に関わるそんな想像できうる世界を、
 面白おかしく、しかもハルストレム独自の人間愛・家族愛を交えて描き出している。
 そういう意味では、大人もそうだが、これは犬のみならず、ペットを飼っている
 全ての人たち(特に吹替えにして子供たちにも)に観せて欲しい

 「人生」があるように、「犬生」もあってしかり。
 自分にも小さい頃、犬や鳥を飼っていた経験があるが、
 今、できるならばもう一度犬を飼ってみたいと、
 なんかその魅力に惹かれてこの映画が引き鉄になるかもしれないなぁ(笑)

 気持ちのいい涙を流せる映画でした

 それにしてもデニス・クエイド・・・老けてしまったなぁ(笑)


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 「グリーンアクアリウム展」/... | トップ | 「大好き!モンチッチ展」/横... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
涙腺崩壊 (NAO)
2017-10-09 00:03:24
犬を飼い、死を見届けた私には、最初から最後まで
号泣の映画でした。

犬が死を迎えるシーンが何度かありましたが
自分のワンコの時を思い出して、涙ぐちょぐちょでした。

犬から目線のナレーションも好感もてました。
「モモもこんなこと思ってたのかな?思ってたらいいな?」なんて。

この映画を観て、新たに迎えたワンコを大事にしようと
改めて思いましたね♪
大切に~ (cyaz)
2017-10-09 07:57:28
NAOさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>最初から最後まで号泣の映画でした
時期が時期だけだったから、そうでしょうね・・・。

>自分のワンコの時を思い出して、涙ぐちょぐちょでした
うちの犬は雑種でしたが、ある朝、固くなっていた時のことを思い出しました・・・。

>「モモもこんなこと思ってたのかな?思ってたらいいな?」なんて
もし、言葉が話せたら、もっと人の世も変わっていたかも(笑)

>新たに迎えたワンコを大事にしようと改めて思いましたね♪
はなちゃん、家族の一員として大切に育ててあげて下さいネ!
こんばんは🌟 (kira)
2017-10-17 19:55:42
鑑賞から随分経ってしまいましたが
やっとアップしました(笑)
でも、先月観た大作とかよりも結構細部まで
まだ覚えていたりします。
やっぱりこういう真っ直ぐなお話が好きなのね

実家ではワンコもニャンコも飼っていましたが、
コレはその時の願いを(想いを)満たしてくれるものでしたわん
真っ直ぐな~ (cyaz)
2017-10-17 23:16:45
kiraさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>やっとアップしました(笑)
僕も時々ありますよ(笑)

>先月観た大作とかよりも結構細部まで
まだ覚えていたりします
やっぱし心に残りますよね~♪

>やっぱりこういう真っ直ぐなお話が好きなのね
ですね^^

>コレはその時の願いを(想いを)満たしてくれるものでしたわん
誰しもがわかるリアルなストーリーですもんね!

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事