京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『はい、泳げません』

2022-06-20 | 邦画



□作品オフィシャルサイト 「はい、泳げません
□監督・脚本 渡辺謙作
□原作 高橋秀実  
□キャスト 長谷川博己、綾瀬はるか、麻生久美子、伊佐山ひろ子、
      広岡由里子、小林 薫

■鑑賞日 6月12日(日)
■劇 場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

原作は未読。


予告編では長谷川博己vs綾瀬はるかのコメディータッチのお笑い劇かなと思っていたけど、
実際に「はい、泳げません」の原因はもっと深い心の傷にあった。

思い出せないほど辛いことはありつつも、この元夫婦の在り方や、
新しい恋の行方もやや厚みのない描き方で、原作はどうなのか知りたいと思ったほど。
結論から言うと、特筆するところもなかったし、特に感動を呼ぶ映画でもなかった。

唯一勉強になったのは主人公・大学教授の名前「小鳥遊雄司」の名字の読み方。

「小鳥遊」=「たかなし」。その由来は、小鳥が遊ぶ→天敵(鷹)がいない→タカナシ。
ま、あとは綾瀬はるかの水着姿かな(笑)

      

 余談ながら、先日国立映画アーガイブに「日本の映画館」を見に行った時、
 今一番利用する川崎のチネチッタのオープン当時(1987/7/25)の新聞広告が
 展示されていた。今年で35周年。かれこれボクも30年位利用しているな(笑)


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「岩合光昭 写真展」/東京都... | トップ | 「あじさいロード」/養源寺 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事