京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ヒューゴの不思議な発明(2D字幕版)』

2012-03-06 | 洋画

 


□作品オフィシャルサイト 「ヒューゴの不思議な発明
□監督 マーティン・スコセッシ
□脚本 ジョン・ローガン
□原作 ブライアン・セルズニック
□キャスト エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、ジュード・ロウ、
     サシャ・バロン・コーエン、ベン・キングズレー、クリストファー・リー

■鑑賞日 3月4日(日)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>


 重厚で存在感のある過去を封印したジョルジュを演じるベン・キングスレーと、
 透明感のある瞳で、駅の時計台にひそかに住む孤児の少年ヒューゴを演じる
 エイサ・バターフィールド。 それぞれの人生に様々なストーリーが存在し、
 父(ジュード・ロウ)が残した機械人形に隠された秘密を探りつつ、その中に
 彼が触れ合う人間たちの人生の謎解きのも並行して描かれていく。

 主演を演じるエイサ・バターフィールド。 彼は『縞模様のパジャマの少年』で素朴ながら
 素晴らしい演技を見せてくれた。 当時の彼は11歳、今作品は14歳。
 少し大きくなった感はあるが、役者としての彼も僅かの間で確実な成長を見せている。

 監督のマーティン・スコセッシについては今更語るものでもないが、初めて3D作品に挑んだと
 いう意味では新鮮だっただろう。 しかもファンタジーな作品は本当に珍しい(笑)

 スコセッシ監督は近年は古典映画の修復事業にも取り組んでいるそうで、この映画の中で
 映画創成期の偉人ジョルジュ・メリエス(ベン・キングスレーが演じるのもジョルジュ)の
 業績を讃えている。 残念ながら僕はチャップリンやキートンしかわからなかったが(汗)
 本作は、今回のアカデミー賞で撮影賞、美術賞、音響編集賞、音響録音賞、視覚効果賞を受賞
 ただ主要部門の受賞は逃したし、マーティン・スコセッシ監督自身の最優秀監督賞を逃した。
 まるで自身がジョリュジュ・メリエスへのオマージュのように作られたこの作品だが、
 今回のアカデミー賞の主要部門はで、奇しくもサイレント・ムービーの『アーティスト』が獲得。
 しかも最優秀監督賞もその『アーティスト』のミシェル・アザナヴィシウス監督が取ったから、
 ちょっとスコセッシ監督には皮肉がかった受賞劇だったのかなぁ(笑)


 この手の今まで作られた冒険ファンタジーものと比較すると、特段の違いは見られなかったものの、
 少年ヒューゴの駅から飛び出すことで新たな出会いやアクシデントと遭遇するものの、
 彼が彼の殻から飛び出すことにより、彼と出会った人々までが感化され、影響されて、
 一歩前に進む姿が観ていて楽しかった。
 中心はヒューゴとパパ・ジョルジュだが、ヒューゴと少女イザベル(クロエ・グレース・モレッツ)もそう。
 他に鉄道公安官(サシャ・バロン・コーエン)と花屋のリゼット(エミリー・モーティマー)の恋も。
 ムッシュ・ラビスがクリストファー・リーだったことに気がついたのはクレジットを見てからで大失態
 イザベルを演じたクロエ・グレース・モレッツは自然な演技で良かったなぁ~
 彼女15歳というから、
 エイサ・バターフィールドとあまり変わらないのに落ち着いて見えた。

 あの鉄道公安員の義足はきっと最後に何らかの形で“落す”のだろうなぁと楽しみにしていたが、
 さすが、ヒューゴ、しっかりギアでなめらかな仕上りに
 そしてママ・ジャンヌ(ヘレン・マックロリー)が女優だったことにも感動~
 冒険ファンタジーながらハート・ウォーミングなステキな映画でした
 


コメント (20)   トラックバック (112)   この記事についてブログを書く
« 「kokeshi pop ポップでカワ... | トップ | 塩麹フィナンシェ&塩麹ドレ... »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
『冒険ファンタジー』だったんだ!? (JUNSKY)
2012-03-06 12:58:21
トラバありがとうございます。

ジョルジュ・メリエスが、実在の人物そのものであることを映画館から帰ってブログを書く段になって背景情報を調べる中で初めて知りました。

あの月の目にロケットが刺さる画像はどこかで見ていたような気がしていましたが、NET検索をしてみると、ジョルジュ・メリエスの代表作ということで、あちこちに画像や映像が引用されていました。

元は奇術師で、晩年は玩具売りに身をやつしていたと云うのも史実のようでした。

不勉強なことでした。

もう一度見たほうが良いかも。

ところで、この映画が『冒険ファンタジー』だったとは、こちらのブログで初めて知りました。

ヒューマンドラマだと思って見ていたものですから。
VFX+3D (KGR)
2012-03-06 15:16:41
VFXが多用はされてましたが、さりげなくて嫌味なく、3Dも派手ではないものの効果的でしたよ。
こんにちは (KLY)
2012-03-06 16:39:36
KLYさん、おはようございます^^
ヒューゴの冒険はもちろん楽しかったですが、
挿入される映画の数々に驚かされました!
昔観たフリッツ・ラングの『メトロポリス』を思い出しました。
モノクロをカラーにするために、フィルムにひとこまひとこま手塗りしていたというくださすがはあのジェームズ・キャメロンがこれまでで最高の3D作品だと言うだけの事はありますね。そこにある臨場感はただものじゃありません。Xpand3DなのにIMAX3D並みに見えました。
最先端の技術とそれによる発想の広がり、これってメリエスの当時と何も変わっていないんですよね。きっとこれからも。
ジョルジュ・メリエス~ (cyaz)
2012-03-06 17:28:38
JUNSKYさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>あの月の目にロケットが刺さる画像はどこかで見ていたような気がしていましたが、NET検索をしてみると、ジョルジュ・メリエスの代表作ということで、あちこちに画像や映像が引用されていました。
そうでしたね^^
そのへんの輪郭がわかっていると、
スコセッシのこの映画にかける想いがわかりますね^^

>奇術師で、晩年は玩具売りに身をやつしていたと云うのも史実のようでした。
これもまあ知り人ぞ知る事実ですね!

>ところで、この映画が『冒険ファンタジー』だったとは、こちらのブログで初めて知りました。ヒューマンドラマだと思って見ていたものですから。
なるほど^^
ま、ジャンル分けは特に構わないと思いますよ(笑)
3D~ (cyaz)
2012-03-06 17:29:54
KGRさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>VFXが多用はされてましたが、さりげなくて嫌味なく、3Dも派手ではないものの効果的でしたよ。
そうでしたか^^
最近3D離れしてるので観ても良かったですかね(笑)?
サイレント~ (cyaz)
2012-03-06 17:33:15
KLYさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>モノクロをカラーにするために、フィルムにひとこまひとこま手塗りしていたというくださすがはあのジェームズ・キャメロンがこれまでで最高の3D作品だと言うだけの事はありますね。
確かにそうですね!
どんな細かな作業なんだと思うと
想像するだけで眼も肩も指も凝りますよ(笑)

>そこにある臨場感はただものじゃありません。Xpand3DなのにIMAX3D並みに見えました。
IMAX3D並みに見えたのならそれは凄いことですね^^

>最先端の技術とそれによる発想の広がり、これってメリエスの当時と何も変わっていないんですよね。きっとこれからも。
あまりに技術が進むから、逆に『アーティスト』のような
サイレント映画に傾頭してしまうのかも(汗)
御返答ありがとうございます。 (JUNSKY)
2012-03-07 00:27:46
こちらでの御返答および当方のブログへのコメントありがとうございます。

今後ともよろしく御願い致します。
こちらこそ~ (cyaz)
2012-03-07 08:34:05
JUNSKYさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

こちらこそ、拙ブログをよろしくお願い致しますm(__)m
映画への (sakurai)
2012-03-07 19:56:32
あふれる愛と、なんだか年取って丸くなりました・・かもっていのが、伝わりましたね。
でもやっぱりあなたは、バイオレンス!だよ。。。とも思いますけどね。
あ、クリストファー・リーだと気づきませんでしたか。映像が派手だったので、役者はよっぽどあくが強くないと、押し出なかったかもです。
ムッシュ・ラビス (すぷーきー)
2012-03-07 22:52:52
TBありがとうございます。
クリストファー・リーが出てきたので、きっと何かあると思ったのに、出番が少なすぎてびっくりでした。
まさか、たったあれだけとは。(^^;)
クロエ・グレース・モレッツちゃんは、今後が楽しみです。

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

112 トラックバック

ヒューゴの不思議な発明/Hugo (LOVE Cinemas 調布)
巨匠マーティン・スコセッシが初めて3Dで送るヒューマンファンタジー。ブライアン・セルズニックの小説を原作に、父の形見の機械人形に隠された謎を探る少年の姿を描く。主演は『縞模様のパジャマの少年』のエイサ・バターフィールドと、『モールス』のクロエ・グレース...
"夢の発明" マーティン・スコセッシ監督『ヒューゴの不思議な発明』(Hugo) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。マーティン・スコセッシ監督、初の3D作品『ヒューゴの不思議な発明』原作はブライアン セルズニック。出演はエイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、ジュード・ロ
マーティン・スコセッシ監督 「ヒューゴの不思議な発明」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
残念ながらアカデミー作品賞は逃してしまいましたが、11部門でノミネートされた話題作「ヒューゴの不思議な発明」、今日3月1日、映画の日、公開ということで、早速観てきましたv(^m^)v 公式サイト⇒http://www.hugo-movie.jp/ 【あらすじ】 1930年代、...
ヒューゴの不思議な発明 (3D・字幕版)/エイサ・バターフィールド (カノンな日々)
このファンタジー映画がマーティン・スコセッシ監督作品だと知ったときはちょっと意外でした。しかも3Dです。もうすぐ70歳になられるというのに素晴らしいチャレンジ精神ですよね。 ...
ヒューゴの不思議な発明 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【HUGO】 2012/03/01公開 アメリカ 126分監督:マーティン・スコセッシ出演:ベン・キングズレー、ジュード・ロウ、エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、レイ・ウィンストン、エミリー・モーティマー、ヘレン・マックロリー、クリストファー・リー、...
『ヒューゴの不思議な発明』 (こねたみっくす)
夢は映画の中で生まれる。そして夢は今も新たな夢を映画の中で生み続けている。 第84回アカデミー賞で撮影賞を始め技術系5部門を制覇したこの作品は、娯楽映画の父:ジョルジュ・ ...
映画レビュー「ヒューゴの不思議な発明」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ヒューゴの不思議な発明 オリジナル・サウンドトラック (Howard Shore / Hugo - original soundtrack) [日本語帯付輸入盤]クチコミを見る◆プチレビュー◆巨匠スコセッシが描く大人のためのファン ...
誤解を招きそうな映画。『ヒューゴの不思議な発明』 (水曜日のシネマ日記)
1930年代のパリを舞台に父親が残した機械人形に隠された秘密を探る少年の物語です。
Hugo /ヒューゴの不思議な発明  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 世界中でベストセラーとなったブライアン・セルズニックの冒険ファンタジー小説、 「ユゴーの不思議な発明」をマーティン・スコセッシ監督が描いたファンタジー 毎日NYあちこち歩いてます☆ こっちへ来て...
ヒューゴの不思議な発明 (Akira's VOICE)
素晴らしきかな世界。  
ヒューゴの不思議な発明 (だめ男のだめブログ)
「ヒューゴの不思議な発明」 監督 マーティン・スコセッシ 原作 ブライアン・セルズニック 出演 ベン・キングズレー(パパ・ジョルジュ) ジュード・ロウ(ヒューゴのお父さん) エイサ・バターフィールド(ヒューゴ・カプレ) クロエ...
ヒューゴの不思議な発明 (佐藤秀の徒然幻視録)
機械仕掛けの夢と儚さ 公式サイト。原題:Hugo。ブライアン・セルズニック原作、マーティン・スコセッシ監督。エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、ジュード・ロ ...
『ヒューゴの不思議な発明』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
Hugoクリエーター情報なしHowe Records 『ヒューゴの不思議な発明』 2012年(米)監督マーティン・スコセッシ ●映画史を通過する愛の人間ドラマ  大恐慌の波を受けることになった1931年のパリ。おもちゃ屋を経営することになった世界初の職人映画監督ジョルジュ・...
ヒューゴの不思議な発明 (あーうぃ だにぇっと)
ヒューゴの不思議な発明@TOHOシネマズ錦糸町
『ヒューゴの不思議な発明』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
Hugoクリエーター情報なしHowe Records 『ヒューゴの不思議な発明』 2012年(米)監督マーティン・スコセッシ ●映画史を通過する愛の人間ドラマ  大恐慌の波を受けることになった1931年のパリ。おもちゃ屋を経営することになった世界初の職人映画監督ジョルジュ・...
ヒューゴの不思議な発明 (to Heart)
原題 HUGO 製作年度 2011年 上映時間 126分 原作 ブライアン・セルズニック『ユゴーの不思議な発明』(アスペクト刊) 脚本 ジョン・ローガン 監督 マーティン・スコセッシ 出演 ベン・キングズレー/ジュード・ロウ/エイサ・バターフィールド/クロエ・グレース・モレッツ...
劇場鑑賞「ヒューゴの不思議な発明」 (日々“是”精進! ver.A)
“映画ファン”、必見… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203010001/ ヒューゴの不思議な発明 公式ガイドブック ブライアン セルズニック 中島 早苗 アスペクト 2012-02-17 売り上げランキング ...
Georges Melies と 【ヒューゴの不思議な発明】 (観劇レビュー&旅行記)
2012年3月5日(月) 最新の映画  【ヒューゴの不思議な発明】 に出てきたイザベルの祖父 パパ・ジョルジュことジョルジュ・メリエスが、実在の人物そのものである ことを、ひとつ前の記事に書きま...
ヒューゴの不思議な発明 (心のままに映画の風景)
1930年代のパリ。 駅の時計台にひそかに住む少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は、亡き父が残した機械人形の修理を心の拠所にしながら毎日を送っていた。 壊れたままの人形の秘密を探る過程で、...
映画「ヒューゴの不思議な発明」3D字幕版 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2012/3/1、TOHOシネマズ錦糸町。 映画の日(ファーストデー)で誰でも千円。 TOHOシネマズは3Dは各種割引料金+400円。 さらにMasterImageの3Dメガネを持参すれば 100円引きで、一人1300円。 なお、TOHOシネマズのサイトに...
「ヒューゴの不思議な発明」ぶらぼ~!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ヒューゴの不思議な発明] ブログ村キーワード  巨匠 マーティン・スコセッシ監督が贈る、初の3D映画。「ヒューゴの不思議な発明」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。アカデミー賞では、チョット残念な結果に終わっちゃいました(それでも、“5冠”!)...
ヒューゴの不思議な発明☆ヒューゴの<夢の発明>にあなたは驚き、涙する  (☆お気楽♪電影生活☆)
   秘密の扉が        今 開く
★ヒューゴの不思議な発明★ (Cinema Collection 2)
HUGO ヒューゴの<夢の発明>にあなたは驚き、涙する 映時間 126分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(パラマウント) 初公開年月 2012/03/01 ジャンル アドベンチャー/ファンタジー 映倫 G 【解説】 ブライアン・セルズニックのベストセラー小説を「グッド...
思えば遠くへ来たもんだ (MESCALINE DRIVE)
「ヒューゴの不思議な発明」3D版を観た。 マーティン・スコセッシ監督による、映画愛に満ちた作品。 モンパルナス駅構内のオモチャ屋の店主をベン・キングズレーが演じている。その作中人物は主人公の少年の運命に大きく関わっている。その作中人物夫妻の養女に「モール...
ヒューゴの不思議な発明 (映画のメモ帳+α)
ヒューゴの不思議な発明(2011 アメリカ) 原題   HUGO 監督   マーティン・スコセッシ 原作   ブライアン・セルズニック『ユゴーの不思議な発明』 脚本   ジョン・ローガン 撮影   ロバート・リチャードソン 音楽   ハワード・ショア 出演  ...
『ヒューゴの不思議な発明』・・・映画で映画を語る (SOARのパストラーレ♪)
第84回アカデミー賞で5部門受賞に輝いたマーティン・スコセッシ監督の話題作。 時計台に隠れ住みながら父の残した機械人形をコツコツと修理する日々を送る孤独な少年ヒューゴは、玩具屋ジョルジュとその養女イザベルに出会う。イザベルが持っていたあるアイテムにより動...
「ヒューゴの不思議な発明」 (首都クロム)
 映像の良さは3D版の方が伝わりやすいかもしれない、という前情報からそちらを鑑賞。細かい立体が緻密に組まれた時計の中で、ひとつの社会のように広い駅舎内を滑空するようなカメラワークで、それが生きていたように思います。こういった現代的な映像の中に、サイレント...
ヒューゴの不思議な発明 (だらだら無気力ブログ!)
ヒューゴって発明してたっけ?
ヒューゴの不思議な発明 (2011) 126分 HUGO (極私的映画論+α)
 原作買ったのになぁ(笑)
『ヒューゴの不思議な発明』 (ラムの大通り)
(英題:Hugo) ----これ、マーティン・スコセッシ監督の新作だよね。 しかも3D。 よく「映画への愛」を描いているって、言われているけど、 それってどういうこと? 「ぼくも、どういうことかなと、 もしかしたら、原作に“映画愛”の要素を加えたのではないかと、 監督...
映画:ヒューゴの不思議な発明 Hugo スコセッシの映画愛が炸裂! だが今年は... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
某ブログで、 <なるべく予備知識を仕入れずに観ることをオススメします! とあったので、これはさっさと観ようと、NY到着日の深夜に鑑賞。 1930年代のパリ。 巨大な始発駅の構内。 で... あまり予備知識を仕入れずに観ることをオススメしたいので、これ以上は....
ヒューゴと不思議な発明 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画     死んだ父親が残した機械人形を修理することで大冒険が始まると思っていたら ちょっと違いました。邦題では、「不思議な発明」となっていますが ヒューゴやヒューゴの父親が発明し...
ヒューゴの不思議な発明 (Memoirs_of_dai)
“ジョルジュ”の不思議な発明 【Story】 1930年代のパリ。駅の時計台にひそかに住む孤児の少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は、亡き父が残した壊れたままの人形の秘密を探る過程で、彼は不思...
映画「ヒューゴの不思議な発明」 (FREE TIME)
注目の映画「ヒューゴの不思議な発明」を鑑賞しました。
「ヒューゴの不思議な発明」3Dの魔力再び (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
アカデミー賞でも美術賞・撮影賞・視覚効果賞・録音賞・音響編集賞と5冠を取った「ヒューゴの不思議な発明」。 映像も美しく、子供にも大人にも夢を与えてくれる素晴らしい作品だ。 だけど・・・あれれ?どこかで体験したような?
ヒューゴの不思議な発明(3D)       評価★★★★★100点        (パピとママ映画のblog)
「シャッターアイランド」のマーティン・スコセッシ監督による3Dファンタジー。パリを舞台に、父を亡くした少年ヒューゴが、父の形見の機械人形に隠された秘密を巡って、美少女とともに冒険を繰り広げる。 出演は「シャッター・アイランド」のベン・キングズレー、「シャ....
ヒューゴの不思議な発明 (3D吹替え) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(13) 冒頭からの奥行き感たっぷり映像に胃が浮いた(笑)
ヒューゴの不思議な発明 (風に吹かれて)
映画の歴史を知りました見るなら3Dで公式サイト http://www.hugo-movie.jp原作: ユゴーの不思議な発明(ブライアン・セルズニック著/アスペクト文庫)監督: マーティン・スコセッシ
ヒューゴの不思議な発明(映画)手作り時代のよさ (漢方薬剤師の日々)
毎日時間を調整する大時計の歯車。小さなゼンマイ仕掛けのネズミのおもちゃ。 ひとつひとつ組み立てる、修理する、そんな人の「手」を感じさせる時代のよさを感じます。 そして無声映画の撮影風景も楽しく、こうやって手作りしたのか~と興味津々。 人に喜びを与えるもの...
ヒューゴの不思議な発明/HUGO (いい加減社長の映画日記)
ファンタジー・アドベンチャー? 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 ひとりぼっちの少年ヒューゴは、時計のネジを巻きながらモンパルナス駅に隠れ住んでいた。 彼は駅の中の玩具店で玩具を盗もうとし、店主のジョルジュに見つかってしまう。 ジョルジュはヒューゴ....
「ヒューゴの不思議な発明」(3D字幕版)みた。 (たいむのひとりごと)
残念ながらアカデミー賞作品賞は逃してしまったけれど、とにかくスコセッシ監督の映画愛に溢れた秀作には違いなく、映画ファンに嬉しい作品だった。でも、ちっとも”不思議な発明”じゃないわけで、どうして邦題には
ヒューゴの不思議な発明・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
さあ、一緒に夢を観ましょう。 これは、巨匠マーティン・スコセッシ監督が、21世紀のデジタルテクノロジーを駆使し、110年前に作られた最初の“物語映画”と、偉大なる“映画の父”との時空を超えたコラボレー...
ヒューゴの不思議な発明 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://www.hugo-movie.jp/ アカデミー賞を5部門(撮影賞、美術賞、視覚効果賞、録音賞、音響編集賞)も受賞したというのを知ってから鑑賞を決めたけど、話題の作品なのに内容を全く知らずに鑑賞。 アカデミー賞の映像と音についての部門を受賞してい....
映画「ヒューゴの不思議な発明(3D版)」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ヒューゴの不思議な発明」観に行ってきました。ブライアン・ セルズニックの小説「ユゴーの不思議な発明」を原作とする、マーティン・スコセッシ監督の冒険ファンタジー作品...
ヒューゴの不思議な発明 (♪HAVE A NICE DAY♪)
舞台は1930年代のパリ。主人公はパリ駅の時計台に隠れ住む12歳の孤児ユゴー。彼は、父が遺したからくり人形に隠された秘密を探っていくうちに、不思議な少女イザベルに出会う。からくり人形には二人の運命をも変えていく秘密が隠されていたのだ。……からくり人形のぜん...
ヒューゴの不思議な発明 (迷宮映画館)
映画の持つ力、時代を映す鏡、それらが伝わる優しい映画だった。
『ヒューゴの不思議な発明』 ('12初鑑賞25・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 3月2日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 11:00の回を鑑賞。
ヒューゴの不思議な発明。 (すぷのたわごと。)
『ヒューゴの不思議な発明』を観に行ってきました。 もちろん2D字幕版で鑑賞。 「ユゴーの不思議な発明」という本が原作らしいが、そちらは未読。 パリが舞台で、敬称は“ムッシュ”&“マダム”だけど、台詞は英語。 原題は『HUGO』のみ。 アカデミー賞、5部門受...
「ヒューゴの不思議な発明」 映画讃歌 (はらやんの映画徒然草)
スコセッシがファンタジー?それも3D?なんで?と初めて予告を観たときはたいそう驚
パパ・ジョルジュ。 【映画】ヒューゴの不思議な発明 (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】ヒューゴの不思議な発明 監督にマーティン・スコセッシ。 撮影賞、美術賞、音響編集賞、録音賞、視覚効果賞 アカデミー賞で5冠を獲得。 【あらすじ】 1930年代のパリ。駅の時計台にひそかに住む孤児の少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)の唯一...
ヒューゴの不思議な発明 (CINEMA見聞録 )
 1930年代のパリ。父親を亡くし一人ぼっちになった少年ヒューゴは、駅の時計台に
[映画『ヒューゴの不思議な発明』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆かなり技巧を凝らした作品だった。  3D作品を撮るにあたって、スコセッシ監督が思い描いていたであろうイメージが惜しみなく注ぎ込まれていたと思う(残念ながら、仕事の後、歯医者に行って、それから映画館に向かったので、時間的に2D作品しか上映していなかった...
「ヒューゴの不思議な発明」 HUGO (俺の明日はどっちだ)
昔々、映画の創世記にトリックを駆使した数多くの映画で観客を驚かせ、映画史を語る上で欠かせない人物となったジョルジュ・メリエスへの深いオマージュを込めた映画マニアによる映画ファンのための映画愛に満ち満ちた快作! これまで正直言って3G映画にはいささか懐....
ヒューゴの不思議な発明(2011)☆彡HUGO (銅版画制作の日々)
 ヒューゴの<夢の発明>にあなたは驚き、涙する 評価(好き度)=70点 ブライアン・セルズニックのベストセラー小説を「ディパーテッド」のマーティン・スコセッシ監督が自身初の3Dで映画化したファンタジー・アドベンチャーということらしいが、、、、。 どうも...
ヒューゴの不思議な発明 (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Hugo監督:マーティン・スコセッシ出演:ベン・キングズレー、エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、ジュード・ロウいったい、何を発明したの?
映画 ヒューゴの不思議な発明 ☆☆☆★★ (とりあえずビボーログ)
スコセッシなんでしょ。どんな映画撮るんだろう。 学天則とか、シンギングバードとか、 歯車好きな人にはたまらないね。 ライラの冒険みたいなのを期待して行ったら、 全然違って、普通っぽい伝記ものっぽい映画だった。 その点では、アビエイターっぽいかも。 結局な...
「ヒューゴの不思議な発明」 (2D字幕版) (NAOのピアノレッスン日記)
~ヒューゴの<夢の発明>にあなたは驚き、涙する~ 2011年   アメリカ映画   (2012.03.01公開)アカデミー賞 5部門受賞作 (撮影賞、美術賞、視覚効果賞、録音賞、音響効果賞)配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン      上映時間:126分....
ヒューゴの不思議な発明 (悠雅的生活)
機械人形。夢が現実に。Phantom of  Lyon Station。
ヒューゴの不思議な発明(3D字幕版) (みすずりんりん放送局)
 『ヒューゴの不思議な発明』を観た。  【あらすじ】  1930年代のパリ。  駅の時計台にひそかに住む孤児の少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)の唯一の友達は、亡き父が残した機械人形だった。  壊れたままの人形の秘密を探る過程で、彼は不思議な少女イザベ....
ヒューゴの不思議な発明 (ダイターンクラッシュ!!)
2012年3月6日(火) 19:00~ TOHOシネマズ有楽座 料金:1600円(シネマイレージデイ+メガネ持参3D料金) パンフレット:未確認 『ヒューゴの不思議な発明』公式サイト マーティン・スコセッシらしからぬ。ファンタジーぽくて3Dでパリが舞台。暖かい温もり。 「ユ...
「ヒューゴの不思議な発明」 (或る日の出来事)
ヒューゴ、発明なんてしてないじゃん、と思ったけど、原作は「ユゴーの不思議な発明」なのでした。
ヒューゴの不思議な発明 (食はすべての源なり。)
ヒューゴの不思議な発明 ★★★★★(★満点!) ライラの冒険や、ナルニア国物語のようなファンタジーを想像していったのですが、まったくもって予習不足でした。 じ~んと来るセリフがいくつもあって、泣かされましたよ。。。 初めて映画を観た時の感動がキーになっ...
「ヒューゴの不思議な発明」鑑賞~ (映画の話でコーヒーブレイク)
本日「ヒューゴの不思議な発明」3D字幕版で鑑賞しました@TOHOシネマズ海老名 監督がマーティン・スコセッシなのは勿論知っていましたが、 プロデューサーがジョニー・デップであることをエンドロールで知りました。 マーティン・スコセッシ監督はワンシーンだけカメ....
ヒューゴの不思議な発明 HUGO (映画の話でコーヒーブレイク)
先日深夜のTV番組で「カイロ博物館」の特集を放送しておりました。 ここは行ったことがある!と見ていたら、画面が2分割で同じ画像が二つになっていました。 どこか変なボタンを押してしまったのかしら?とあれこれコントローラーのボタンを見たのですが そのような形....
ヒューゴの不思議な発明 3D (そーれりぽーと)
映画愛に満ちているとの前票を来にしながら『ヒューゴの不思議な発明』を観てきました。 ★★★★★ 映画愛に満ち満ちている。 観終わって、ただただ映画が好きでこの映画が観られて良かったと感じた。 『ニュー・シネマ・パラダイス』を観終わった時を思い出す。 登場...
「ヒューゴの不思議な発明」 (みんなシネマいいのに!)
 1930年代のフランスのパリ。 駅の時計台に隠れ住む少年が父の遺した機械人形の
ヒューゴの不思議な発明 映画愛に溢れていて映像が素晴らしくて・・・でもしかし・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=12 -0-】 3Dと吹き替えがとにかく嫌いなので2D字幕版にて金曜日に鑑賞。 あれだけアカデミー賞にノミネートされていたというのに、受賞したカテゴリーは録音賞・音響編集賞・視覚効果賞・美術賞・撮影賞の5つ、物語には関係が無くて技術的な部門ばっかだった。(作品...
ヒューゴの不思議な発明 (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★★ “映画が人々にもたらす幸せを感じます”思うことが色々あって、何から書いていいのか迷ってしまうほど素晴らしい映画でした とても思うことが色々あって、何から書いていいのか迷ってしまうほど素晴らしい映画でした。 マーティン・スコセッシ監督の映画とい...
映画という夢~『ヒューゴの不思議な発明』 【3D・字幕版】 (真紅のthinkingdays)
 HUGO  少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は、パリ駅構内の時計台裏に住み、 亡き父(ジュード・ロウ)が遺した機械人形を修理する日々。ある日彼は、イザ ベル(クロエ・グレー...
ヒューゴの不思議な発明 (B-scale fan's log)
公開中 マーティン・スコセッシ監督     出演 エイサ・バターフィールド、     クロエ・グレース・モレッツ、ベン・キングズレー、     ヘレン・マックロリー、ジュード・ロウ 他 新評価 4.0 予告CMだけを見て勝手にファンタジー映画と思って、 子供...
映画「ヒューゴの不思議な発明(3D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『ヒューゴの不思議な発明(3D・字幕版)』(公式)を先週平日のレイトショーで劇場鑑賞。キャパ221名に8名ほど。公開から一週間以内の割に少ないかも? 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100...
「ヒューゴの不思議な発明」 (てんびんthe LIFE)
「ヒューゴの不思議な発明」TOHOシネマズ有楽座で鑑賞 2012-028 ジュード・ロウ目当てに行ったわけですが、主演の子のパパ。 出番意外と少なかった、がっくり。 とにかく3D好きではないのですが、どうせならと思ってみてます。 無駄に高いし。 今年2本目かな3D...
ヒューゴの不思議な発明 (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ヒューゴの不思議な発明」監督:マーティン・スコセッシ(『シャッター アイランド』)出演:エイサ・バターフィールド(『ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ』)クロエ・グレー ...
『ヒューゴの不思議な発明』 (beatitude)
1930年代のフランスはパリ。父(ジュード・ロウ)を火事で失ったヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は、駅の時計台に隠れ住み、駅の時計のネジを巻いて毎日を過ごしていた。独りぼっちになった彼の唯一の友だちは、父が遺した壊れたままの“機械人形&rdqu...
ヒューゴの不思議な発明 (Movies 1-800)
Hugo (2011年) 監督:マーティン・スコセッシ 出演:エイサ・バターフィールド、クロエ・G・モレッツ、サシャ・B・コーエン、ベン・キングズレー 1930年代パリ、亡き父が遺した機会人形の秘密を求める少年の物語。 「ハリー・ポッター」の関係者が同作がアカデミー賞に...
ヒューゴの不思議な発明 (愛猫レオンとシネマな毎日)
巨匠マーティン・スコセッシ監督の最新作は、児童文学の映画化です。 スコセッシ監督と言えば「ディパーテッド」とか、ダークでヘビーな作品 ばかりですが、本作は12歳になる自分の娘のために、作ったそうです。 英題は「ヒューゴ」、邦題はヒューゴが何かを発明した...
ヒューゴの不思議な発明 (映画的・絵画的・音楽的)
 『ヒューゴの不思議な発明』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)この映画については、『サラの鍵』や『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を取り上げたエントリにおいて大いなる期待を表明していたところ、その期待以上の優れた出来栄えだと思います。  それ...
『ヒューゴの不思議な発明』 驚異の追体験 (Days of Books, Films )
Hugo(film review) 映画の冒頭、凱旋門を中央にしたパリの夜景が上
ヒューゴの不思議な発明  監督/マーティン・スコセッシ (西京極 紫の館)
【出演】  エイサ・バターフィールド  クロエ・グレース・モレッツ  サシャ・バロン・コーエン 【ストーリー】 ひとりぼっちの少年ヒューゴは、時計のネジを巻きながらモンパルナス駅に隠れ住んでいた。彼は駅の中の玩具店で玩具を盗もうとし、店主のジョルジュに見つ...
「ヒューゴの不思議な発明」 (大吉!)
<金曜日> (3月21日TOHOシネマズ・吹替版3D・17時55分~・126分・メガネ付き) 1930年代のパリ。駅の時計台にひそかに住む孤児の少年ヒューゴは、亡き父が残した”不思議な人形”の秘密を探る過程で、不思議な少女イザベルとジョルジュに出会う。 時代としては戦...
フィルムの音 (笑う学生の生活)
14日のことですが、映画「ヒューゴの不思議な発明」を鑑賞しました。 3Dにて見ました。 1930年代 パリ 駅の時計台の隠れて住んでいる孤児のヒューゴ 少女イザベルとの出会い、父の残した機械人形が絡み合って・・・ これがスコセッシ作品と思える感じで 万人に見やす....
ヒューゴの不思議な発明 (538ねん。)
3D字幕版で見て来ました。 最初「戦火の馬」とこっちを見るか迷ったンですけれど、 クロエ・グレース・モレッッツが出演してるってことが こっちを選択した最大の要因と言うのは 間違いない(笑 クロエ・モレッツも、もう15歳ですか 子供、特に女の子のこの時代の成長はめ...
映画 「ヒューゴの不思議な発明」 (SEA side)
 2D派だが、時間の関係で3Dで鑑賞した。が、これが正解。直接ストーリーと関係ない情景描写も、駅の雑踏もずっと見ていたくなる。  マーティン・スコセッシ監督にしては珍しく暴力とも狂気とも無縁の世界だ。代わりに映画への愛が満ちている。映画創世記の幻の監督...
ヒューゴの不思議な発明(Hugo) (KATHURA WEST)
映像、音楽が美しい、とてもファンタスティック! 《映画への情熱》を感じさせてくれます。 今回のアカデミー賞5部門(撮影賞、美術賞、視覚効果賞、録音賞、音響編集賞、)に輝いた作品として納得。制作スタッフはいろいろご褒美をもらっていい、それに値する作品で...
ヒューゴの不思議な発明 (キノ2)
★ネタバレ注意★  マーティン・スコセッシ監督初の3Dムービー。  原作はブライアン・セルズニックのベストセラー小説。  予告編の感じからファンタジック・アドベンチャーだとばかり思いこんでいたのですが、実際は、舞台設定と映像がファンタジックなだけで...
『ヒューゴの不思議な発明』、映画の可能性を信じること。 (weekly? ぱんだnoきぐるみ)
マーティン・スコセッシ監督が3D作品を撮ると聞いて、何となく違和感を覚えたのは僕だけではないでしょう。 というのも、あくまでこちらが思い描いていた勝手なスコセッシ像ですが、彼は3D作品からは最も遠い作家の一人だったように思えるからです。 もちろん作風か...
「ヒューゴの不思議な発明」(2D字幕版):不思議も発明もなく (ひねくれ者と呼んでくれ)
監督:マーティン・スコセッシ 出演:ベン・キングズレー 米国2011年 アカデミー賞授章式で司会のビリー・クリスタルから何度も「初めて暴力も流血シーンもない映画を作った」とジョークのネタにされた、スコセッシの新作(しかも3D)。技術系の賞を多数ゲットした...
「ヒューゴの不思議な発明」 HUGO (2011 パラマウント) (事務職員へのこの1冊)
この作品は絶対に3Dで観るぞ、と決めていた。現時点で最高の3D映像であるとみんな
「ヒューゴの不思議な発明」 (3D) (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2011年・米/配給:パラマウント 原題:Hugo 監督:マーティン・スコセッシ 原作:ブライアン・セルズニック 脚本:ジョン・ローガン 撮影:ロバート・リチャードソン 音楽:ハワード・ショア 製作:
ヒューゴの不思議な発明 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:HUGO) 【2011年・アメリカ】完成披露試写で鑑賞(★★★★☆) 第37回LA映画批評家協会賞、美術賞(ダンテ・フェレッティ)受賞。 第69回ゴールデングローブ賞、監督賞(マーティン・スコセッシ)受賞。 第17回放送映画批評家協会賞、美術賞(ダンテ・フェレッ...
ヒューゴの不思議な発明 (Diarydiary! )
《ヒューゴの不思議な発明》 2011年 アメリカ映画 - 原題 - HUGO 父
「ヒューゴの不思議な発明」 (ゆっくり歩こ。)
スコセッシ監督はあんまし好きじゃありません が アカデミー賞で話題になってたので観てみよ~かと 監督が「子供たちにすぐ触れられるような・・・ 3Dにした」と言ってましたが ほんと、すぐそこにヒューゴとイザベルが 1番最初の駅のホームに入り込んでくシー....
「ヒューゴの不思議な発明」:ベストof3D、ベストofスコセッシ (大江戸時夫の東京温度)
映画『ヒューゴの不思議な発明』は、その子供向きみたいなタイトルで損をしているので
『ヒューゴの不思議な発明』 (Cinema+Sweets=∞)
更新が遅くなりましたが、先週『ドラゴン・タトゥーの女』と同じ日に観てきた『ヒューゴの不思議な発明』の感想を。 とても評価の高い作品でもあるし、予告からして面白そうだったので、めちゃくちゃ期待し...
「ヒューゴの不思議な発明」 (Con Gas, Sin Hielo)
一流料理人が丁寧に作り上げた佳作。 この作品、3月1日から公開されていたにも拘らず、最終日の最終回で観ることになった。 というのも、3月は他に観たい作品があって優先度が下に置かれてしまっていたから。 何故下に置かれたかといえば、アカデミー賞の主要部門を獲...
ヒューゴの不思議な発明 (映画にする?)
【昨年12/2に書いた記事の移動です】原作はブライアン・セルズニックの冒険ファンタジー小説『ユゴーの不思議な発明』。原作を知らないのでなんとも言えないんだけど、映画はファン ...
ヒューゴの不思議な発明 (じゅり好み☆)
ヒューゴの不思議な発明 (2011) 【HUGO】 1930年代のフランス、パリ。 父を亡くした少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は、駅構内の時計台に隠れ住み、 時計の整備をしながら、孤独な毎日を送っていた。 そんな彼の心のよりどころは、父が遺した壊...
「ヒューゴの不思議な発明」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
これはやっぱり「
「ヒューゴの不思議な発明」映画ラブ (カサキケイの映画大好き!)
3D作品を何作か観たが、 今までの中で一番奥行きや立体感が見事で、 その美しい映像を観るだけでも一見の価値が有るし、 物語の内容が 映画創世を支えたジョルジョ・メリエス氏を讃える内容の映画ラブの話だけに 映画ファン必見の作品です。 物語はあるひとり...
ヒューゴの不思議な発明☆独り言 (黒猫のうたた寝)
エンドロールでジョニー・デップが製作に絡んでいること判明し、じゃぁ、あのカフェのミュージシャンのギタリストは、やっぱりジョニデのカメオ出演?なんて思ったのですが別人とサイト検索で判明しちょっとガックリ(笑)公開前にニュースでやっぱり出演できなかったってい...
映画『ヒューゴの不思議な発明 3D』を観て~アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
12-28.ヒューゴの不思議な発明 3D■原題:Hugo■製作国・年:アメリカ、2011年■上映時間:126分■観賞日:3月24日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督・製作:マーティン・スコセッシ◆ベン・キングスレー(パパ・ジョルジュ/ジョルジュ・メリエス)◆サシャ...
ヒューゴの不思議な発明 (ルナのシネマ缶)
スコセッシ監督らしくない ファンタジーものだと思ったけど、 実は、世界初の職業映画監督と言われる 実在の人物ジョルジュ・メリエスに 捧げる映画だったのね~。 映画好きには、楽しめる作品だと 思います。映像もきれいだし、 3D効果もそれなりに楽しめました。...
ヒューゴの不思議な発明 (銀幕大帝α)
HUGO/11年/米/126分/アドベンチャー・ファンタジー/劇場公開(2012/03/01) -監督- マーティン・スコセッシ 『シャッター アイランド』 -製作- *マーティン・スコセッシ *ジョニー・デップ -原作- ブライアン・セルズニック『ユゴーの不思議な発明』 ...
ヒューゴの不思議な発明 (いやいやえん)
思ってたよりは平凡でしたが、映画ってやっぱりいいよなぁ、と思える作品でしたね。(私はもっぱらDVD鑑賞ですけども~^;) 少年と機械人形とか、お店の中の雑然とした感じとか、素敵と思える部分もたくさんあって、楽しかった、というのが第一印象。 ただしか...
ヒューゴの不思議な発明 (いやいやえん)
思ってたよりは平凡でしたが、映画ってやっぱりいいよなぁ、と思える作品でしたね。(私はもっぱらDVD鑑賞ですけども~^;) 少年と機械人形とか、お店の中の雑然とした感じとか、素敵と思える部分もたくさんあっ
ヒューゴの不思議な発明 (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 1930年代のフランスはパリ。父(ジュード・ロウ)を 火事で失ったヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は、 駅の時計台に隠れ住み、駅の時計のネジを巻いて 毎日を過ごしていた。 独りぼっちになった彼の唯一の友だちは、父が遺し た壊れたままの“機械人...
映画『ヒューゴの不思議な発明』 (とらびし秘宝館)
監督 マーティン・スコセッシエイサ・バターフィールド (Hugo Cabret)クロエ・グレース・モレッツ (Isabelle)サシャ・バロン・コーエン (Station Inspector)ベン・キングズレー (Georges Melies)ジュード・ロウ (Hugo's Father)レイ・ウィンストン (Uncl...
「ヒューゴの不思議な発明」(HUGO) (シネマ・ワンダーランド)
名作「タクシードライバー」や、「レイジング・ブル」「シャッターアイランド」などの作品で知られる米映画界の鬼才、マーティン・スコセッシ監督がメガホンを執った詩情あふれるヒューマン・ファンタジー「ヒューゴの不思議な発明」(2011年、米、126分、パラマウ...
映画評「ヒューゴの不思議な発明」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2011年アメリカ映画 監督マーティン・スコセッシ ネタバレあり
「ヒューゴの不思議な発明」 DVD (Mr.Bation)
「ヒューゴの不思議な発明」 6日、7日の土日は春の嵐が襲来するので、用が無ければ外出は控えた方が良いとの予報。ならばと多くの方が考えたであろう、DVDレンタル。何かHero-Nと一緒に観れるものはないかと物色してこいつを借りてきた。一応クロエ・グレース・モレッツ....
ヒューゴの不思議な発明  (のほほん便り)
あのスコセッシ監督が「11歳の娘に見せられるような映画を作りたかった」とのことで、納得。 みなしご少年ヒューゴが、伝説の映画製作者ジョルジュ・メリエスの心を開く、感動のアドベンチャー 第84回アカデミー賞最多5部門受賞! <撮影賞、美術賞、視覚効果賞、録音...
【映画】ヒューゴの不思議な発明…ヤッツケ映画観賞記録(2) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日は早速、ヤッツケ映画観賞記録(2) ヤッツケとか書きながら、意外とやっつけて行かないかもしれないなぁという懸念はさておき… 「ヒューゴの不思議な発明」 (監督:マーティン・スコセッシ、出演:ベン・キングズレー、エイサ・バターフィールド、クロエ・グレ...