京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

「ガレとジャポニスム」/サントリー美術館

2008-05-01 | 美術・芸術・写真

「ガレとジャポニスム」 



 4月25日(金)   HP  「ガレとジャポニスム



 ガレは結構昔から好きだ。 もう十数年前に幕張にある北澤美術館に行ったこときっかけだったが。 昔からガラスそのものが好きだったと言うこともあるのだが、特に彼のガラスの特性を知りつつも、ピカソの絵のように独自的思考で作り上げる作品には独特のテイストがある。 彼の作品のレプリカも結構あるみたいだが、レプリカでありながらなかなか手が出ない値段である(出そうともしていないが)。

 昨年はBunkamura ザ・ミュージアムで「エミール・ガレとドーム兄弟」を見た。 昨年暮れにはたまたま別な所用で行った東京駅大丸でガレの展示販売が行われていた。 いつも分厚い防犯ガラス越しにしか見たことのない作品が、フリーで見られたのはいいが、そこの担当者が手袋もしないで直接作品(商品)に触っていたのには驚いた およそ安くて2~300万円の商品なのに。 思わずニセモノかと思ってしまったほど(笑)

 今回の展示はそのタイトルから想像がつくように、海外に流出した日本の美術品が、“ジャポニスム”というブームを起こし、影響を及ぼした。 それに影響を受けた一人ガレがガラスと陶器の創作活動を始め、彼の様々な形での日本美術との関わりを、約140点の作品で紹介しています。

 特にガラスや陶器、家具には、日本美術の影響がガレの作品にどう結びついているかがはっきりと理解できる展示になっています。
 美しいものは美しいと素直に受け入れた日本美術の良さを、彼は彼なりの解釈と独自性で、彼なりの作品に仕上げていたのです。

 この日は金曜日の夜でしたが、比較的空いていてゆったりと作品を楽しむことが出来ました

 先日も「
ロートレック展」を見たわけですが、年間に何度か足を運ぶこともあると、サントリー美術館のメンバーズ・クラブのレギュラー会員になりました。

 色々特典があるのですが、会員証の提示で本人と同伴者1人が何度でも入館できること、そしてイヤホンガイド(1台のみ)がタダで利用できることです。 普通、入館料が1,300円、イヤホンガイドが500円ですから、仮に1人で行くと1,800円、レギュラー会員が年会費7,000円ですから4度利用すればペーします。 かみさんと一緒に行けば2度行けば元は取れる(笑) サントリー美術館はミッドタウン(六本木)にあり、水~土曜日は夜20:00(入館は30分前)まで。 会社の帰りに十分楽しむことが出来、これから僕自身、入館頻度がきっと高くなりますね

 同伴者はタダなので、時間の合う方は一緒に入場すればタダですので、美術展によく行かれる方はご一緒にいかがですか(笑) 入場すればあとは好きなようにご覧下さい(笑)

 会期は5月11日までですね~、会期中にもう一度観たいなぁ~



コメント (8)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 目玉おやじの棒付き飴 | トップ | とろけるシブースト/ガトー・... »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (一村雨)
2008-05-03 06:07:29
TBありがとうございます。
北沢美術館、懐かしいですね。
あのまま、幕張に残っていればよかった
のにと思います。
Unknown (美雨(aquamarine lab))
2008-05-03 07:25:37
TBありがとうございました。
サントリー美術館お好きなんですね~。ここもミッドタウンに移転してからぐっとお洒落な雰囲気になりましたね。
最近の記事も読ませていただきましたが、目玉親父の棒付き飴が思いっきりツボにはまりました(笑)。
新春の京都もうらやましいです・・・
Unknown (Tak)
2008-05-05 23:33:12
こんばんは。

しばらくTB上手く送れませんでしたが
今日はちゃんと飛んで行ってくれたようです。

ガレと聞くと、もう見飽きたと
ついつい思ってしまいますが
この展覧会は違いましたね。
TB、ありがとうございました♪ (華宵)
2008-05-07 08:54:39
サントリー美術館は、赤坂にあった時に何回か行っていたのですが…
六本木に移転してから初めて行ったんです。

私も平日の夜に行ってきましたが、人が少なくて見やすかったです。
美術館は、ゆったりと見たいですからね(笑)
今はない~ (cyaz)
2008-05-08 08:28:05
一村雨さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>北沢美術館、懐かしいですね。 あのまま、幕張に残っていればよかったのにと思います。
そうですか、ということは今は無くなってしまったんですねぇ・・・。
お得~ (cyaz)
2008-05-08 08:30:01
美雨さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>サントリー美術館お好きなんですね~。ここもミッドタウンに移転してからぐっとお洒落な雰囲気になりましたね。
そうですね^^ 会員になった方がお得なようだったので(笑)

>最近の記事も読ませていただきましたが、目玉親父の棒付き飴が思いっきりツボにはまりました(笑)。
あれは怖くてアップできません(汗)

>新春の京都もうらやましいです・・・
しっかり楽しんで来ました^^
日本とのつながり~ (cyaz)
2008-05-08 08:31:37
Takさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>今日はちゃんと飛んで行ってくれたようです。
すいません、お手数おかけしてm(__)m

>ガレと聞くと、もう見飽きたとついつい思ってしまいますがこの展覧会は違いましたね。
特に彼と日本との深いつながりを感じる展覧会でしたね!
平日は~ (cyaz)
2008-05-08 08:42:35
華宵さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>サントリー美術館は、赤坂にあった時に何回か行っていたのですが… 六本木に移転してから初めて行ったんです。
そうでしたか^^

>私も平日の夜に行ってきましたが、人が少なくて見やすかったです。 美術館は、ゆったりと見たいですからね(笑)
本当にそのとおりですね^^
休日はとても楽しめないですからね(笑)

コメントを投稿

美術・芸術・写真」カテゴリの最新記事