京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『サヨナライツカ』

2010-01-25 12:45:46 | 邦画

 


□作品オフィシャルサイト 「サヨナライツカ
□監督 イ・ジェハン
□脚本 イ・ジェハン、イ・シンホ、イ・マニ 
□原作 辻 仁成
□キャスト 中山美穂、西島秀俊、石田ゆり子、加藤雅也、マギー

■鑑賞日 1月23日(土)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 男と女が出逢うこと、そこには様々な形がある。
 それはたとえば一夜の戯れであったり、延長線上に幸福な生活があるのかもしれない。

 ひとことで“運命の出会い”と言えるものがあるとしたら、 それは当事者同士しかわからないもの。
 ましてや幸福な光が当たる愛もあれば、苦悩に満ちた愛もあるだろう。
 この映画はおそらく後者の愛だと思える。

 誰しもが羨む関係なんて誰がどう説明できるのだろう。
 婚約者が居て、魔性の女に出会い、二人の間を揺れ動く男は、老いてもその一瞬に激しく燃えた愛の炎を一生消さずに居る。
 そして強がって見せていた女も、病に伏して死ぬ間際まで、一瞬にして灯った愛の炎を消さずにいる。

 妻を裏切り、友人を裏切り、それでも束の間の激高した愛を冷ますこともなく、
 時に自身の成功の道までも引き換えに、その愛の炎を大きく揺らしていく。

 小説の世界でなくても、実際の生活の中でも似たような関係が大なり小なりあると思う。
 男と女の恋愛の形が、原作の持つ味わいを適切に描いているかどうかは未読なのでわからない。
 しかしながら、この映画の主役である
沓子演じる中山美穂の魅力がなければ、
 内容の云々を悠々と語れるものではないし、特別の感情を持つものでもない。

 男の立場からすれば、豊を演じる西島秀俊が中山美穂と石田ゆり子二人を相手に出来ることに羨望の目で見るしかないだろう。
 ただ老いてからの姿にもう少し映画的老け方が施せなかったものだろうか?
 特に加藤雅也の老け方には笑いさえ出てしまった。

 監督のイ・ジェハン。 『
私の頭の中の消しゴム』ではその手腕を買っていたけれど、この映画ではその片鱗は見られなかった。

 原作の辻 仁成。 もちろん今はミポリンの旦那さんですが、以前前妻の南果歩(現渡辺謙夫人)と
 同棲していたときのマンションに友人が住んでいて、その友人曰く、どこかで見たことのある
 綺麗な人が住んでいるとのことでしたが、マスコミに嗅ぎ付けられるやいなや、すぐに引っ越して行ったそうです(笑)
 原作は2001年の作品だから、ミポリンと結婚する前(2002年)。
 そもそもミポリン主演で行定監督がメガホン、相手役の豊には大沢たかおが決まっていたのに、監督が降りた為、延期となっていた作品だ。


  
「あなたは死ぬ前に愛したことを思い出しますか? それとも愛されたことを思い出しますか?」

  僕の想像では・・・多分愛したことを思い出すと思います。 深く愛した人のことを。
 

 

公開初日に観たので初日プレゼントがありました~
オイルキャンドルにはまだ火はつけてないですが、このままでもいい香りがします
ただこの映画で抱くイメージではないような(笑)






『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (22)   トラックバック (43)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かに道楽/誕生日前々々々夜祭 | トップ | パステル »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
不倫。 (rose_chocolat)
2010-01-25 13:04:27
したい人はすればいいんじゃない? というのが基本的に持論です。
誰がどう言ったって、止められないものは止められないですし。
(↑ 決してほめてるわけじゃないですよ。 笑)

なのですがー。
こういうのはあくまで私小説というか、そっとしまっておいた方がいいんじゃないかな? ってことです。
更にこれって、いかにも原作者さんの実体験が限りなくあるような感じじゃないでしょうか。
人物の描き方として、ポリシーが感じられないので、余計に観ていて「見てられない」雰囲気になっちゃいました。
去年試写で観たんですが、今のところ、これがぶっちぎりで今年のワーストになりそうな感じです。
ほの字~ (cyaz)
2010-01-25 17:38:00
rose_chocolatさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>したい人はすればいいんじゃない? というのが基本的に持論です。誰がどう言ったって、止められないものは止められないですし。
たしかに(笑)
男にも女にも言えることかもしれませんね(笑)

>更にこれって、いかにも原作者さんの実体験が限りなくあるような感じじゃないでしょうか。人物の描き方として、ポリシーが感じられないので、余計に観ていて「見てられない」雰囲気になっちゃいました。
ま、作家のエゴというか、あの顔で結構モテる彼としては、
それもおまんまの食いっぷちでしょうからね~
仰るように私小説としてしまっておいた方がいいかもしれません。

>去年試写で観たんですが、今のところ、これがぶっちぎりで今年のワーストになりそうな感じです。
お~、手厳しい(笑)
僕は内容なんて二の次で久々のミポリンに“ほの字”でした^^
Unknown (シウ)
2010-01-25 21:47:02
これがワーストになりそうな感じ・・・

シウもまったく同感。

タイ・バンコク、オリエンタルホテル、そして中山美穂という逸材・・・
さまざまな良き材料を使いながら
料理がまったくうまくない。

終始感じていたのは違和感だけでした。

行定監督と大沢たかおさんという組み合わせで
ぜひ見たかったです。
シウは韓国映画は嫌いではないですが
これは韓国映画の悪いところばかり出てしまった感が強くて。
ダラダラとした印象で焦点が完全にボケてしまってましたよね。

↑すみませn。 (シウ)
2010-01-25 21:54:03
前にコメントされた方のご意見にコメント付けてしまった感じになってました。

>>僕は内容なんて二の次で久々のミポリンに“ほの字”でした^^

男性にとってはまさにこれかもしれないですよね。
ファッションがおかしいとかっていう感想は女子のものですものね。
ミポリンを~ (cyaz)
2010-01-25 22:09:47
シウさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>これがワーストになりそうな感じ・・・シウもまったく同感。
rose_chocolatさんと同意見でしたんね(笑)

>さまざまな良き材料を使いながら料理がまったくうまくない。
味付けが薄かったですね^^

>行定監督と大沢たかおさんという組み合わせでぜひ見たかったです。
僕もそう思います。

>シウは韓国映画は嫌いではないですがこれは韓国映画の悪いところばかり出てしまった感が強くて。ダラダラとした印象で焦点が完全にボケてしまってましたよね。
途中で内容は諦め、ミポリンをひたすら追っていました(笑)
露出が多くて~ (cyaz)
2010-01-25 22:11:31
シウさん、コメントありがとうございますm(__)m

>前にコメントされた方のご意見にコメント付けてしまった感じになってました。
いえいえ、ノープロブレムですよ^^

>>僕は内容なんて二の次で久々のミポリンに“ほの字”でした^^

>男性にとってはまさにこれかもしれないですよね。ファッションがおかしいとかっていう感想は女子のものですものね。
露出が多いからそのへんはファジーで結構です(笑)
内容的には^_^; (sacchimoni)
2010-01-26 01:22:01
cyazさん、こんばんは。
コメント&TBありがとうございました。

映画的にはう~んという感じでしたけど。
いろいろと思うことはありましたね~。
人を愛することって奥が深いんですよ。

ひとりでみにいって正解でした。
ボスと一緒に行っていたら・・・・すっごい毒舌はいてたと思いますね
ミポリンは本当にキレイでしたぁ。

行定さん監督作品で。
大沢たかおさんで。
見てみたかったですね。
大沢たかおで~ (cyaz)
2010-01-26 08:45:39
sacchimoniさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>映画的にはう~んという感じでしたけど。いろいろと思うことはありましたね~。人を愛することって奥が深いんですよ。
そうですね~
人を愛する形も様々ですけどね^^

>ひとりでみにいって正解でした。ボスと一緒に行っていたら・・・・すっごい毒舌はいてたと思いますね
そうなんですか(笑)?
僕らは相変わらず二人で見に行きましたけど(汗)

>ミポリンは本当にキレイでしたぁ。
そこでしたよね~♪

>大沢たかおさんで。見てみたかったですね。
彼のとまどう顔が見てみたいですよ(笑)
Unknown (Nakaji)
2010-01-27 15:48:45
こんにちは。
おくれながら新年のご挨拶をしてなかったような。。。
今年も宜しくお願い致します。


行定さん監督作品でこの作品をみたかったかな~っておもいます。
なんか。。これだと好き嫌いがはっきりわかれそうですね!!
こちらこそ~ (cyaz)
2010-01-28 12:11:29
Nakajiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>おくれながら新年のご挨拶をしてなかったような。。。今年も宜しくお願い致します。
こちらこそ、よろしくお願い致します^^

>行定さん監督作品でこの作品をみたかったかな~っておもいます。
なるほど、それもアリですかね(笑)

>なんか。。これだと好き嫌いがはっきりわかれそうですね!!
そうですね(笑)
作品としてはなかなか満足は行かないところなのでは・・・。
特に原作を読んだ人にとっては。

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

43 トラックバック

『サヨナライツカ』(2009)/日本 (NiceOne!!)
監督:イ・ジェハン原作:辻仁成出演:中山美穂、西島秀俊、石田ゆり子、平岳大、加藤雅也試写会場 : 新都市ホール公式サイトはこちら。<Story>1975年、灼熱のバンコク。チャオプラヤー川ほとりに立つ最高級ホテル、オリエンタル・バンコクの“サマーセット・モ...
サヨナライツカ / Sayonara Itsuka  (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「私の頭の中の消しゴム」観てません。辻仁成の小説、読んでません。 タイ、バンコクが舞台、中山美穂主演ってことで観て来ました~{/m_0151/} 23日から公開...
試写会「サヨナライツカ」 (流れ流れて八丈島)
今日は仕事帰りに、なかのZEROホールへ中山美穂のなんと12年ぶりの主演映画「サヨナライツカ」の試写会に行ってきました隠れ中山美穂ファンとしては、超期待作ですとにかく、いまだ健在の美しさでしたとてもアラフォー(39歳)とは思えませんでしたとは言っても、映...
サヨナライツカ (シネマDVD・映画情報館)
愛されることがすべてと思っていた女性が、運命的な出会いを経て、愛することが本当の愛だと気付くラブストーリー。『私の頭の中の消しゴム』イ・ジェハン監督がメガホンを取り、監督から熱烈なラブコールを受けた中山美穂が、『東京日和』以来12年ぶりの映画主演作で愛に...
映画「サヨナライツカ」 (Serendipity !)
 楽しみにしてた映画「サヨナライツカ」を公開初日に観に行った。  辻 仁成の原作小説を韓国のイ・ジェハンが監督し、西島秀俊演じる航空会社のエリート社員・豊が中山美穂演じるバンコクで出会った沓子と石田ゆり子演じる豊の婚約者・光子との関係に揺れる大人のラブ・...
○『サヨナライツカ』○ ※映画と原作のネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:韓国映画、イ・ジェハン監督、辻仁成原作、中山美穂、西島秀俊、石田ゆり子、加藤雅也、マギー出演。
サヨナライツカ (Diarydiary! )
《サヨナライツカ》 2009年 韓国映画 結婚を控えるエリートサラリーマンの東垣
「サヨナライツカ」愛し愛された先にみた夢に惹かれた2人の女性の愛の深さ (オールマイティにコメンテート)
「サヨナライツカ」(R15+指定)は辻仁成原作の「サヨナライツカ」を映画化した作品で、バンコクに転勤してきた航空会社の青年が婚約者がいる身ながら現地で出会った女性と密会を繰り返して恋に落ち、それが愛となるが、別れて25年後に再び再会するストーリーである。叶わ...
サヨナライツカ (あーうぃ だにぇっと)
クリスマスの夜はよみうりホールで「サヨナライツカ」を観た。 有楽町に早く着き、TOHOシネマズ日劇に、「アバター」の予約をしに寄った。 元旦の予約を取ろうと思ったのだが、予約は二日前からだそうだ。 しかたないなあと、今度はヒューマントラストシネマ有楽町...
サヨナライツカ(試写会) (まてぃの徒然映画+雑記)
うーむ、わけがわからない。1975年のバンコク。婚約者の光子(石田ゆり子)が3ヶ月後に来ることが決まっているのに、同僚の木下(マギー)が呼び出した沓子(中山美穂)と、狂おしいほどの愛に溺れる豊(西島秀俊)。いやもう、突っ込みどころは山のようにあるわけで。都....
『サヨナライツカ』 (★we were on a break★)
ちょっと予感はあったんだけど・・・
『サヨナライツカ』 (四つ葉のクローバーを探して)
中山美穂12年ぶりの主演作。 ってことでかなり話題になってましたね。 原作はご主人。 原作の評価があまり高くなかったみたいで。 昔、一度、映画化の話があったけど、結局、至らず・・だったという経緯もあるようで。 原作・・・今回は読んでません。 映画先行でいき...
【サヨナライツカ】 (日々のつぶやき)
監督:イ・ジェハン 出演:中山美穂、西島秀俊、石田ゆり子、加藤雅也      かなわない恋だとわかってた 「1975年バンコク、婚約者のいる豊と出会った沓子、二人は運命の恋をするが長くは続かなかった。」 昔から中山美穂ちゃんが好き。 夫の辻仁成さんの原
サヨナライツカ (単館系)
主演、中山美穂。 原作は夫の辻仁成さん。 監督が何故か私の頭の中の消しゴムのイ・ジェハン 韓流じゃなくて良かったのでは? 伝えたい...
「サヨナライツカ」 (みんなシネマいいのに!)
 辻仁成の同名小説を私の頭の中の消しゴム」のイ・ジェハン監督が映画化。 話題は何
サヨナライツカ (B-scale fan's log)
公開中 イ・ジェハン監督     出演 中山美穂、西島秀俊、     石田ゆり子、マギー 他 新評価 4.0 90年代の往年のトレンディドラマを見るような、 すこし劣化した昼メロ路線とも言えそうだけど、 21世紀にまだこんな新作映画が見れるなんて!! かなりグ...
★★「サヨナライツカ」を観てきました★★ (♪♪かずくんままのマネー&映画日記 ♪♪)
今年1本目の映画は「サヨナライツカ」を観にいってきました。 本当は別の作品を観たかったのですが間に合わず変更 中山美穂さんが本格的にカムバックの作品ですね。 ここのところ宣伝であちらこちらに出ていて「素敵だわ~」と思ったこともありチョイスです。 ただ、
サヨナライツカ (C'est joli~ここちいい毎日を~)
サヨナライツカ’09:韓国 ◆ 監督: イ・ジェハン「私の頭の中の消しゴム」◆出演:中山美穂、西島秀俊、石田ゆり子、加藤雅也、マギー ◆STORY◆1975年、タイ・バンコク。航空会社のエリート社員・豊は婚約者の光子を東京に残し、バンコク支社に赴任。そこで艶やか...
★サヨナライツカ(2009)★ (CinemaCollection)
かなわない恋だとわかってたメディア映画上映時間134分製作国韓国公開情報劇場公開(アスミック・エース)初公開年月2010/01/23ジャンルロマンス映倫R15+【解説とストーリー】辻仁成の同名小説を「私の頭の中の消しゴム」のイ・ジェハン監督が映画化した切ないラブストーリ....
「サヨナライツカ」 (NAOのピアノレッスン日記)
~かなわない恋だとわかってた~2009年  韓国   (アスミック・エース配給)  R15作品 10.1.23公開監督:イ・ジェハン   製作:シム・ジェソプ、ファン・ヨンサン原作:辻仁成  『サヨナライツカ』 音楽:ソ・ジェヒョク          上映時...
サヨナライツカ/中山美穂、西島秀俊 (カノンな日々)
中山美穂さんの久しぶりの女優復帰作としてTVでも話題にとりあげられることが多かったですね。中山美穂さんも宣伝がてらにいろんな番組でインタビューに答えてましたけど、「スマスマ」に出演していたのもしっかり見ちゃいました。思い出深い彼女の映画といえばそれはやっ...
サヨナライツカ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
スルーかどうしようかものすごい葛藤があった『サヨナライツカ』観てきました。だって『冷静と情熱のあいだ』観た時に、すでに唸ってたもの、、、たぶん、それと同じかなって危惧感ありあり(爆)でもね、観たいのだわ中山美穂を。ってことで鑑賞決定(決まると早いっ)タ...
映画『サヨナライツカ』(お薦め度★★) (erabu)
監督、イ=ジェハン。脚本、イ=ジェハン、イ=シンホ、イ=マニ。原作、辻仁成『サヨ
サヨナライツカ (LOVE Cinemas 調布)
『私の頭の中の消しゴム』のイ・ジェハン監督作品。辻仁成の同名小説の映画化だ。主演は原作者・辻仁成の妻でこれが12年ぶりの映画復帰作となる中山美穂。共演に『蟹工船』や『ゼロの焦点』の西島秀俊、『MW-ムウ-』の石田ゆり子、『新宿インシデント』の加藤雅也が...
「サヨナライツカ」 (てんびんthe LIFE)
「サヨナライツカ」ユナイテッドンネマ豊洲で観賞 中山美穂がTVに出まくって力の入ったプロモーション活動をしていたので、気にはなっていましたが、見に行くかどうかは迷っていました。 ただ、イ・ジェハン監督作品ということで「私の頭の中の消しゴム」主演をしたウ...
サヨナライツカ (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
かなわない恋だとわかってた 「私の頭の中の消しゴム」のイ・ジェハン監督が、辻仁成の同名恋愛小説を映画化したラブストーリー。主演は辻仁成の奥方・中山美穂で12年ぶりのスクリーンだ。 1975年、...
サヨナライツカ (cinemaholic な毎日☆★)
今日はレディースデーそして節分(関係ない) やっと『サヨナライツカ』を観てきました 一人で観に行こうかと思ったけど、私と同じく西島さん好きな母と一緒に行きました。もう公開が始まってしばらく経つからそんなに混んでいないかと思ったら結構混んでいました…女の...
サヨナライツカ (すたほ~映画・本の部屋~)
解説: 愛されることがすべてと思っていた女性が、運命的な出会いを経て、愛することが本当の愛だと気付くラブストーリー。『私の頭の中の消しゴム』イ・ジェハン監督がメガホンを取り、監督から熱烈なラブコールを受けた中山美穂が、『東京日和』以来12年ぶりの映画主演...
サヨナライツカ (じゅぼん隊がゆく)
みなさん、こんばんは。今日は休みでした、じゅぼんです。 父が緊急手術だったようで…。そんな中、娘は映画を2本観てました。父よ、ごめん。 そのうちの1本をご紹介します。 映画サヨナライツカHP←クリック♪ この映画は2010.1.23~全国公開されている映画で...
10-28「サヨナライツカ」(韓国) (CINECHANの映画感想)
孤独は唯一裏切らない友  1975年、バンコク。高級ホテルのスイートルームに暮らし、お金に不自由することなく、欲望のままに奔放に生きる女性、沓子。  ある日、バンコクに赴任してきた若きエリートビジネスマンの豊と出会う。結婚を目前に控え、日本に貞淑な婚約者・...
サヨナライツカ (★The long night moon★)
1975年、タイ・バンコク。航空会社のエリート社員・豊は婚約者の光子を東京に残し
サヨナライツカ(感想) (ラジオ映画館)
サヨナライツカ 2009年フジテレビ アスミック・エース配給 01月23日公開 http://sayo-itsu.com/ R15+ ★0.5 監督:イ・ジェハン「私の頭の中の消しゴム [DVD]」 原作:辻仁成『サヨナライツカ (幻冬舎文庫)』 脚本:イ・ジェハン    イ・シンホ    イ...
No.205 サヨナライツカ (気ままな映画生活)
誰にでも忘れられない恋がある。 25年間の男女のそこまで人を愛することができるのかと 見ている側に問いかける作品でした。 メインの登場人物は3人
映画<サヨナライツカ> (美味-BIMI-)
いつも人はサヨナラを用意して生きなければならない 孤独はもっとも裏切ることのない 友人の一人だと思うほうがよい 愛に怯える前に傘を買っておく必要がある・・・   こんな詩で始まる<サヨナライツカ>の映画。 ”愛されるコト”が全てと思っていた女性が...
『サヨナライツカ』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
1975年、バンコクの高級ホテルに暮らしている沓子は、お金に不自由なく、男性から愛される満された日々を送っていた。ある日、沓子はバンコクに赴任してきたエリートビジネスマンの豊と出会い、二人はたちまち惹かれ合うが、実は豊には東京に残してきた光子という婚約者が...
観ました、「サヨナライツカ」 (オヨメ千感ヤマト)
イ・ジェハンワールドと辻仁成ワールドのめくるめく融合。 よく映画を、「1800円
サヨナライツカ (菫色映画)
サヨナライツカ [DVD]2009年 日本 監督:イ・ジェハン 原作:辻仁成 出演:中山美穂    西島秀俊    石田ゆり子    加藤雅也    マギーby G-Tools 今年のマイワースト1候補作。 ネタバレ有りです。 1975年、バンコク。 航空会社のエリート...
mini review 10476「サヨナライツカ」★★★☆☆☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
愛されることがすべてと思っていた女性が、運命的な出会いを経て、愛することが本当の愛だと気付くラブストーリー。『私の頭の中の消しゴム』イ・ジェハン監督がメガホンを取り、監督から熱烈なラブコールを受けた中山美穂が、『東京日和』以来12年ぶりの映画主演作で愛に...
[movie]サヨナライツカ (日々のたわごと)
サヨナライツカ [DVD]出演:中山美穂アミューズソフトエンタテインメント(2010-06-25)おすすめ度:販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る かなわない恋だとわかってた ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆...
サヨナライツカ (2ちゃんねる映画ブログ)
【中山美穂】サヨナライツカ【12年ぶりの映画主演】 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1264367901/ 1 名前:名無シネマ@上映中 [2010/01/25(月) 06:18:21 ID:90Bm9rfD] 公開されてるのにないんで立てた http://sa...
『サヨナライツカ』 (『映画な日々』 cinema-days)
サヨナライツカ 航空会社の青年が結婚を目前に 出張先のバンコクで運命的な出会いをする... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 原作:辻仁成
映画評「サヨナライツカ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年韓国映画 監督イ・ジェハン ネタバレあり
サヨナライツカ (映画と本の『たんぽぽ館』)
あの女は、会えば会うほどまた会いたくなる             * * * * * * * * * 中山美穂の12年ぶりの映画出演。 しかも原作はご主人の辻仁成。 そして日本作品ではなく韓国作品、ということで結構異色作でした。 えーと、今作は原作を読....