京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ブラック・スワン』

2011-06-05 | 洋画

 

 

□作品オフィシャルサイト 「ブラック・スワン
□監督 ダーレン・アロノフスキー
□脚本 マーク・ヘイマン、アンドレス・ハインツ、ジョン・マクローリン
□キャスト ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、
       バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー、バンジャマン・ミルピエ

■鑑賞日 5月28日(土)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 アカデミー賞主演女優賞に輝いたナタリー・ポートマンの演技に期待感満々だったが、
 その期待を決して裏切らない、主演女優賞に相応しい演技だったと思う。

 映画の内容については想像していたのとは少し違うものだったとは言え、
 ニナ(ナタリー・ポートマン)がプリマに選ばれるまでの自身の葛藤や、母への想い、
 そして
芸術監督のトーマス(ヴァンサン・カッセル)との鬼気とした関係。

 様々に交錯する過去と現実と未来の姿。 それはまさしくニナのそれまでの人生遍歴を
 あからさまに描き出すかのような演出には驚いた。

 そしてもちろん「白鳥の湖」だからバレリーナとしての演技も必然的なのだが、
 まるでプロのように、さも当たり前のように踊っている彼女はこのニナを演じるに当たり、
 相当なハード・トレーニングを積んだんだろうことは容易に想像できた。
 あとで聞いた話だと、毎日5時間、10ヵ月間バレエのトレーニングを続けたとか。
 合わせてスイミングも続けていたとか(実際には『レオン』に出る前はバレーを習っていたそうだ)。
 このニナを演じきるために、ナタリー・ポートマンも辛いトレーニングをしながら、
 少しでもバレリーナ・ニアに近いところでその心境を演技に活かしたのだろう。
 
 「白鳥の湖」・・・ それは清純な白鳥と、魔性の黒鳥の一人二役を演じ分けなければ
 いけないが、彼女はそれを立派に演じ分けていたことは素晴らしい演技力だった。
 特に最後の白鳥が黒鳥に変化していくさまには思わず鳥肌が立ったほど。

 ふと思った・・・。
 ナタリー・ポートマンが『レオン』で鮮烈な映画デビューし、
 あの名優ジャン・レノを食ってしまうような演技を見せたとき、彼女はまだ13歳だった。
 そしてその後、様々な作品で女優としての経験を積み、今年は彼女の主演作品が、
 この作品を含めて続けさまに4本もあるようだ。
 今、彼女は29歳 (おっと6月9日で30歳。 お~僕らの結婚記念日と同じだ)。
 
 僕にとっては、あの『レオン』のマチルダがあのまま成長して、このニナのような人生を
 送って来た様な錯覚に陥った作品だった。
 先日、DVDで観直したばかりなので特に強くそう思った感じで・・・。

 余談だが白鳥の踊りのシーンで踊っているナタリー・ポートマンの顔が、
 ふとオードリー・ヘプバーンに似ていると感じたのは僕だけだろうか(笑)

 ウィノナ・ライダーは少し可哀想な役回りだったけど、
 女優としての実人生も被っていたような・・・。


コメント (16)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« シャクヤク/神代植物公園③(2... | トップ | 『岳 -ガク-』 »
最新の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ウィノナ (ふじき78)
2011-06-05 22:45:29
個人的には、あんな役を宛てられてしまったウィノナ・ライダーに同情しながらも、ちゃんと演じたしたたかさにブラボーを送りたい。
Unknown (misachi68)
2011-06-06 00:08:00
初コメいたします(^_^)よくばりアンテナのmisachi68です。

私も、オードリー・ヘプバーンに似てる~!って思ってました。
友人には共感してもらえなかったので、
同じ感想で嬉しいです(^O^☆♪
Unknown (Roko)
2011-06-06 08:05:34
おはようございます。
バレリーナのストイックさをとても感じる映画でしたね。
わたしもオードリーに似てるなって思ってたから、同じ意見の方がいて嬉しいです。(#^.^#)
効果~ (cyaz)
2011-06-06 08:07:37
ふじき78さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>個人的には、あんな役を宛てられてしまったウィノナ・ライダーに同情しながらも、ちゃんと演じたしたたかさにブラボーを送りたい。
そうですね^^
腐らずに演じてくれたところが良かったですが、
もしや彼女の鬱憤を晴らすことが出来たことによる効果かも(笑)
印象~ (cyaz)
2011-06-06 08:09:26
misachi68さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>よくばりアンテナのmisachi68です。
いつもTB貼り逃げばかりですみません(汗)

>私も、オードリー・ヘプバーンに似てる~!って思ってました。友人には共感してもらえなかったので、同じ感想で嬉しいです(^O^☆♪
この映画では特にそう感じました^^
同じ印象を持たれたことはとても嬉しいです!
ストイックさ~ (cyaz)
2011-06-06 08:12:04
Rokoさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>バレリーナのストイックさをとても感じる映画でしたね。
そうですね^^
実際にバレエの公演って見たことがないですが(汗)、
時々TVなどでやっているのを見ると感動しますね!

>わたしもオードリーに似てるなって思ってたから、同じ意見の方がいて嬉しいです。(#^.^#)
そうですかー^^
やっぱり似てますよね~♪
特にこの映画ではそれを強く感じました!
Unknown (cochi1228)
2011-06-06 10:20:03
ヘップバーンに似ている、ええ、そんな見方もあるかと思いました。ナタリー・ポートマンの渾身の演技でしょうね。体脂肪を極限まで絞る彼女の情熱と根性には敬服いたします。

リンクさせてください。いや、してしまいました。よろしくお願いします。
情熱とガッツ~ (cyaz)
2011-06-06 12:48:00
cochi1228さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>ヘップバーンに似ている、ええ、そんな見方もあるかと思いました。
顔と体格がとても^^

>ナタリー・ポートマンの渾身の演技でしょうね。体脂肪を極限まで絞る彼女の情熱と根性には敬服いたします。
そもそも彼女は子供の頃にバレエをやっていたそうですからね!

>リンクさせてください。いや、してしまいました。よろしくお願いします。
ありがとうございます(笑)
こちらこそ、今後ともよろしくお願い致します。
TBありがとうございました☆ (tomoco)
2011-06-06 21:44:52
cyazさん、はじめまして。

最後は迫力で鳥肌が立ち、観終わったあとは脱力でした。
ウィノナはここ最近はああいう役が多いとか、、
でも二人ともハマってましたよね♪

どうぞよろしくお願いします。
TBいただき (sakurai)
2011-06-07 08:03:00
ありがとうございます。
なのですが、私の記事は書いたはずなのに、いつの間にか消えてまして。。
謎です。
あまりよく書かなかったから、白鳥の呪いかななどと思ってます。コメントだけで失礼ますね。
バレエと言うより、母娘の確執、葛藤物語と言う風に見えました。

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事