京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『望み』

2020-10-22 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「望み
□監督 堤 幸彦
□脚本 奥寺佐渡子 
□原作 雫井脩介
□キャスト 堤 真一、石田ゆり子、岡田健史、清原果耶
      松田翔太、加藤雅也、市毛良枝、竜 雷太

■鑑賞日 10月10日(土)
■劇 場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

息子が犯罪に関わったかどうか・・・。
加害者なのか、被害者なのか・・・。
息子が人を殺めてしまったのか・・・。

父親の考え、母親の考え、家族の考え、友人の考え等々、
それぞれの立場で何通りの考え方があって、
堤監督にしてはやや控えめの表現j方法だったが、
いや、その方が家族の感情描写が浮きだったのかも。

実際に家族に疑いのある事件が起こったとしたら、
殺めても生きていてさえいてくれればいいと願う母親や、
まさか自分の息子が人を殺めるなんて考えられないと思う父親や、
冷めた目で兄の父母の愛と自分への愛を比較する娘だとか、
そのあたりが「ありかな」って感じさせられた。

どちらかと言うと、もう少し細かく相関関係や成り行きを細かく、
たとえばTVの連ドラでもう一度観てみたい気がする。

取材記者役の松田翔太が効いていたかも。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『浅田家』 | トップ | 「TOKYO MIDTOWN AWARD 2020」 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ああ・・・ (kira)
2020-10-22 09:26:45
公開して直ぐに観たのに、、まだ記事書いてないわ
これ、考えさせられるテーマでしたが、私も
少し物足りなかったです。
キャストは良かったですよね👌
物足りなさ〜 (cyaz)
2020-10-22 10:22:05
kiraさん、コメントありがとうございますm(__)m

>公開して直ぐに観たのに、、まだ記事書いてないわ
あらら(笑)

>これ、考えさせられるテーマでしたが、私も少し物足りなかったです
確かに。もう少し泥臭い感じでもよかったのかも。

>キャストは良かったですよね👌
そうですね^^

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事