京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『グッバイ・クルエル・ワールド』

2022-09-23 | 邦画



□作品オフィシャルサイト 「グッバイ・クルエル・ワールド
□監督 大森立嗣
□脚本 高田亮
□キャスト 西島秀俊、斎藤工、宮沢氷魚、玉城ティナ、
      大森南朋、宮川大輔、三浦友和、鶴見臣吾


■鑑賞日 9月15日(木)
■劇 場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

クルエル・ワールド=残酷な世界

まあまあ面白い映画だったが、何となく北野武&タランティーノの映画を、

ミックスシェイクしたような映画だった。ただ残念ながら斬新さはない。

キャスティングはなかなか個性豊かでハマっていたんじゃないのかなぁ。
斎藤工、大森南朋、三浦友和、鶴見臣吾あたりは良しとして、
西島秀俊はこういう映画には全くフィットしない。裏表がないからダメ(笑)


まあ退屈しないで観れたのだけど、なんかスクリーンは大きいけど、
かつてのVシネマを観ている感じが否めなかった(笑)
エンドロールを観て思ったんだけど、
製作に名を連ねる小西クンや甲斐クンあたりは
まさにVシネ世代じゃないのかな(笑)
おつかれさん。

そうそう、ボビー・ウーマックの挿入歌は良かったなぁ


コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 『百花』 | トップ | 「森ヶ崎緑華園」/大森南 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
納得 (NAO)
2022-09-25 01:16:50
>何となく北野武&タランティーノの映画を、
ミックスシェイクしたような映画だった

そうそう!まさにそう!
なんだろう?この見覚えのある感覚、と思いながら見てたので
cyazさんの言葉に納得です。Vシネマの激しく同意(笑)
ほとんど皆殺しのあたりは、まさに北野&タランティーノですねぇ。
変化球を~ (cyaz)
2022-09-25 09:24:55
NAOさん、コメントありがとうございますm(__)m

>そうそう!まさにそう!
なんだろう?この見覚えのある感覚、と思いながら見てたのでcyazさんの言葉に納得です。
NAOさんも同じ印象をうけたんですね。

>Vシネマの激しく同意(笑)
懐かしいテイストでした(笑)

>ほとんど皆殺しのあたりは、まさに北野&タランティーノですねぇ。
このカラーは嫌いではないですが、ちょっと変化球投げて欲しかった(笑)

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事