京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『パラサイト 半地下の家族』

2020-01-16 | 洋画

 

□作品オフィシャルサイト 「パラサイト 半地下の家族
□監督 ポン・ジュノ
□脚本 ポン・ジュノ ハン・ジヌォン 
□キャスト ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク

■鑑賞日 1月12日(日)
■劇 場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

話題作だけに(3連休というのも手伝って)場内はほぼ満席。
なるほど、ネタバレしたくなる映画をポン・ジュノ監督は作ったなぁ。
発想の面白さ・ユニークさ、そしてソン・ガンホの見事なボケ加減(笑)
これから観ようと思っている方は、あまり予備知識を入れずに観た方が、
先読みしないでより楽しめると思いますよ(念のため)!

超下層階級と上流階級との格差をうまく利用して展開するこの映画は、
ちょっとしたジェットコースター・ムービー的に楽しめる。
半地下生活の主人公たちが、棚ボタで金持ちの娘の家庭教師ができるチャンスに
めぐり合い、そこからゴキブリのようにその家族が金持ち家族の家庭内に
侵入(繁殖)し始め
るようになっていく。それらの状況を、面白可笑しく
観ているうちに、やはり韓国映画独特の「匂(臭)い」が充満し始める。

後味がいいかと問われると、「ちょっとあれは・・・。」
って答えてしまいそうで、言いたいけれど言えない苦しみ(笑)
吐いてしまえば楽になるぞ、きっと(笑)

とにかく面白いから観てみて!


コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 『フォードvsフェラーリ』 | トップ | 「日枝神社」/2020 »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
先ほど友人から~ (hanura)
2020-01-16 12:25:07
こんにちは。

「見に行こう!と誘いメールがありました。
時間など調べて乗せて行くのは私なんですけど(笑)

以前ほど韓国映画は見なくなりましたが…
私には「こんなシーンは必要?」と思うことが多い韓国映画です。
なんでも「突っ込みを入れながら…」
友人達との感じ方の違いを楽しんでます。

私はサスペンス(小説・映画・ドラマ)は好きな方ですが。
過激な凶悪なは苦手です~どちらかと言えば、
きれいな~犯罪にキレイもありませんが(笑)
乞うご期待~ (cyaz)
2020-01-16 16:45:48
hanuraさん、コメントありがとうございますm(__)m

>「見に行こう!と誘いメールがありました。
そうなんですね^^ 楽しんできて下さい。

>私には「こんなシーンは必要?」と思うことが多い韓国映画です
確かに国民性の違いはあると思いますが(笑)

>なんでも「突っ込みを入れながら…」友人達との感じ方の違いを楽しんでます。
感じ方はそれぞれ違いますからね(笑)

>私はサスペンス(小説・映画・ドラマ)は好きな方ですが。
サスペンスではないですね,7、」この映画は。

>過激な凶悪なは苦手です~どちらかと言えば、
きれいな~犯罪にキレイもありませんが(笑)
ま、乞うご期待! 感想待ってま-す^^
気になっています (mayumi)
2020-01-16 18:58:49
いま一番気になる映画です。
多分、明日の晩観に行きます。
楽しみ♪
楽しんで来て~ (cyaz)
2020-01-16 22:56:19
mayumiさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>いま一番気になる映画です。
多分、明日の晩観に行きます。楽しみ♪
色々取り方・感じ方は違うでしょうから、
楽しんで来て下さいね~♪
Unknown (hanura)
2020-01-23 08:11:43
おはようございます。

見てきました。
 ゴキブリのようにその家族が金持ち家族の家庭内に侵入しいく。
 そこかしこに韓国映画独特な描き方…キーワードが「臭い」だったような

思わず目をつぶる~私的には後味の悪い映画でした
三人三様な感じ方で、終わってからのタイムが盛り上がりました(笑)
友人の好きなジャンル…私は血なまぐさいのは苦手。

独特の~ (cyaz)
2020-01-23 09:33:23
hanuraさん、コメントありがとうございますm(__)m

>そこかしこに韓国映画独特な描き方…キーワードが「臭い」だったような
一貫してある映画における映画の「臭い」ですね!

>思わず目をつぶる~私的には後味の悪い映画でした
三人三様な感じ方で、終わってからのタイムが盛り上がりました(笑)
逆にまだ韓国映画では柔らかい方でした(笑)

>友人の好きなジャンル…私は血なまぐさいのは苦手。
そこの演出は日本とは一線を画している韓国映画独特ですね(笑)

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事