京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『今夜、ロマンス劇場で』

2018-02-17 00:02:17 | 邦画

 


□作品オフィシャルサイト 「今夜、ロマンス劇場で
□監督 武内英樹
□脚本 宇山佳佑
□キャスト 綾瀬はるか、坂口健太郎、本田翼、北村一輝、中尾明慶

■鑑賞日 2月17日(土)
■劇 場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

予告編ではラブコメディかなと思っていたけど、
なんのなんの、しっかり泣かされてしまいましたが(笑)

愛する人に触れることができない・・・。
そんなことが我慢できるかというと、とても出来ない。
愛した人が、違う世界に住む人で、触れると消えてしまうとしたら、
触れずにプラトニックを貫くのは辛いけど、
会えなくなってしまうより我慢できるだろう。

未完成の映画の脚本が、愛する人のために、
やっと完成させることができたとき、それは永遠の別れが近いとき。
最後の最後に触れることで、二人は別の世界で晴れて
本当の幸せをつかむことができるのだろう。

特にヒネりもない物語だけど、最後のオチは涙なしでは観られない。
そんなちょっとハートウォーミングなラブロマンスだった。

綾瀬はるかのとぼけた感と、坂口健太郎の誠実感が、
さわやかな仕上がりになっていた。

ちなみに現在の加藤 剛さんが観られて良かった。
後にも先にも、僕の中では加藤 剛さんが一番の「二枚目」だと思ってるから。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 「菜の花と梅」/浜離宮 | トップ | 「三井家のおひなさま」/三井... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (yukarin)
2018-02-20 13:59:12
愛する人に触れることができない悲しさが伝わってきて私もすっかり泣かされましたー
このお二人だから良かったのかなと思いますね。
私も加藤剛さんが見られて嬉しかったです。
思わず~ (cyaz)
2018-02-20 18:44:10
yukarinさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>愛する人に触れることができない悲しさが伝わってきて私もすっかり泣かされました
ですよねぇ^^ 思わず抱きしめてしまいそうで・・・。

>このお二人だから良かったのかなと思いますね
確かにそうですね!

>私も加藤剛さんが見られて嬉しかったです
加藤剛さん、僕の憧れの顔なんですよ(笑)
衣装 (NAO)
2018-03-05 15:14:20
この役は、綾瀬はるかさんにしか出来ない役でしたね。

60年代の衣装をとっかえひっかえでの登場に
2人のほのぼのした関係。女性が好む仕上がりでした^^

加藤剛さん、もうけっこうな高齢ですが
相変わらず凛々しいお顔で☆
そうです~cyazさんのあこがれの顔なんですね^^
抜け感~ (cyaz)
2018-03-05 23:19:37
NAOさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>この役は、綾瀬はるかさんにしか出来ない役でしたね
軽い「抜け感」が彼女の持ち前で、この映画に実にフィットしていましたね!

>60年代の衣装をとっかえひっかえでの登場に2人のほのぼのした関係。女性が好む仕上がりでした^^
なんとなくヘプバーンほ彷彿と(笑)?

>加藤剛さん、もうけっこうな高齢ですが
相変わらず凛々しいお顔で☆
そうです~cyazさんのあこがれの顔なんですね^^
ホント、老いても“男前”な人です!!

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事