京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『スパイダーマン ホームカミング』

2017-08-19 | 洋画

 

□作品オフィシャルサイト 「スパイダーマン ホームカミング
□監督 ジョン・ワッツ
□脚本・原案 ジョナサン・ゴールドスタイン、ジョン・フランシス・デイリー
□キャスト トム・ホランド、マイケル・キートン、ゼンデイヤ、マリサ・トメイ
       ロバート・ダウニー・Jr.、グウィネス・パルトロウ

■鑑賞日 8月11日(金)
■劇 場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

おっと、バットマンまで出ていたんだ(笑)
マイケル・キートン、顔変わった???

ま、ストーリーはともかく、愉快な映画だったぁ~
アメコミ特有の匂いは払拭され、
 星飛雄馬にトム・ホランド演じるスパイダーマン見習い(笑)、
 星一徹にロバート・ダウニー・Jr.演じるトニー・スターク(アイアンマン)。
 星明子にマリサ・トメイ演じるめいおばさんって感じ。
たとえが古くてすいません
ついでに、
スパイダーマン養成ギブスはあのスーツ・・・かな(笑)

独特の糸芸はあまり使われていなかったし、
都会の中でのアクションシーンが使われていなかったので、
高層ビル群がなければ、スパイダーマンは速く移動できないことも発覚(笑)
車の運転なんてボテボテで、今どきの若者がオートマ運転できないなんて・・・。

ブラット・パック時代を過ごしたをロバート・ダウニー・Jr.が
自らの経験を活かし、この映画ではトム・ホランドを鍛える父親役のようだった(笑)

ま、ある意味これからの本格的なスパイダーマンに成長していく過程を描きつつ、
コミカルに、ワールドワイドな活躍をするだろうことに期待感大

ちなみに「キャプテン・アメリカ」挿入ビデオ(笑)


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「しながわ水族館」 | トップ | 「ニードルフェルト人形展」/... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
cyaz さん へ  (もののはじめのiina)
2017-08-30 09:06:05
> バットマンまで出ていたんだ(笑)   マイケル・キートン、顔変わった???
巧い掴みでした。マイケル・キートンは、初代バットマンだったのですね。

> ある意味これからの本格的なスパイダーマンに成長していく過程を描きつつ、コミカルに、ワールドワイドな活躍をするだろうことに・・・

cyazさんは、・・・に「期待感大」とつなげたのですが、("^ω^)・・・ ?

甘んじて~ (cyaz)
2017-08-30 12:36:35
iinaさん、TB&コメントありがとうございましたm(__)m

>巧い掴みでした。マイケル・キートンは、初代バットマンだったのですね。
そうなんですよね(笑)
もう、あれからずいぶん経っていますが・・・。

>・・・に「期待感大」とつなげたのですが、("^ω^)・・・ ?
だいたい続編は前作を超えないといいますが、
とりあえずは甘んじて期待しちゃってます(笑)

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事