京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

「聖女の救済」/東野圭吾

2008-12-19 | Book

「聖女の救済」/東野圭吾(文芸春秋刊)



 映画『容疑者Xの献身』の余韻がまだ少し残っているのだが、かみさんがブックオフでこの本を買って来たので便乗して読んでみた。

 東野圭吾は今年の年間ベストセラーランキングで「容疑者Xの献身」、「聖女の救済」、「流星の絆」が必ずベスト10に入っている。
 ガリレオは彼が阪大工学部にいた自分に対するオマージュなのか。 彼の本を読んだのは「あの頃僕らはアホでした」だっただけに、
 最近の作品はいいカウンターをもらったような気がする。

 「聖女の救済」については、これから読む方のためにネタバレは厳禁なので、詳細については書けないのだが、 
 「容疑者Xの献身」では男の悲哀というか、一途な“男の想い”を強く感じたものだが、
 「聖女の救済」では女の本性というか、一途な“女の執念”に寒心した。

 今回も限られた登場人物の中で話は展開していくのだが、「容疑者Xの献身」と同様に主人公の心象を
 とことん掘り下げていく形の作品になっている。

 “虚数解”、これは理論上はあり得ても、現実にはありえないもの。 ここにこの犯人が仕掛けたトリックが
 明かされなければ完全犯罪となりうるの要素を秘めている。
 
 相変わらず、湯川教授や内海薫、草薙俊平の絡み合いが面白い。
 特に今回は草薙が容疑者に心惹かれる部分が盛り込まれており、そちらの心情も面白い。
 「容疑者Xの献身」同様楽しめる作品だが、個人的にはやはり「容疑者Xの献身」の石神の心情に
 のめり込んだ度合いは高かった。
 
 ドラマや映画で湯川=福山雅治のイメージなので、この本の中で、
 内海薫がIPodで歌手福山雅治のアルバムを聞く場面があって面白い。

 映画化されるかどうかわからないが、もしされるとしてあなたがキャスティングをするとするならば、
 ここに登場する真柴綾音、真柴義孝、若山宏美、猪飼達彦あたりに役者をはめてみたらいかがだろうか。



コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『レッドクリフ PartⅠ』 | トップ | マジック クリスマスツリー »
最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
映画化 (hito)
2008-12-19 16:52:27
「容疑者~」ほどのパンチや感動はなかったですがとても面白かったです。

映画化しそうですよね~
「容疑者X~」も大成功だったようですし、福山×柴咲ペアは変わらずでしょうね。

ドラマは未見でしたが「容疑者~」は見たので読みながらすっかり頭の中はこの二人でした。
以前よりも湯川が変人じゃなく普通っぽくなってきたように感じるのはやっぱり福山くん効果でしょうか。
うーん~ (cyaz)
2008-12-22 08:15:58
hitoさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>「容疑者~」ほどのパンチや感動はなかったですがとても面白かったです。
そうですね^^

>映画化しそうですよね~ 「容疑者X~」も大成功だったようですし、福山×柴咲ペアは変わらずでしょうね。
いいコンビですよね(笑)

>ドラマは未見でしたが「容疑者~」は見たので読みながらすっかり頭の中はこの二人でした。
TV、映画を観た後で原作を読むとやはり二人のイメージは固定化しちゃいますよね(笑)

>以前よりも湯川が変人じゃなく普通っぽくなってきたように感じるのはやっぱり福山くん効果でしょうか。
うーん、どうでしょうか(笑)?
mahirose cafe (mahirose)
2009-05-25 07:33:32
たくさんのTBありがとうございました^^
容疑者Xの献身と比べると若干おちますが、それでも十分楽しめる作品でした。私も湯川=福山さんというイメージがぬぐえず、いつも福山さんを想像していますw
イメージ~ (cyaz)
2009-05-25 08:24:01
mahiroseさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>容疑者Xの献身と比べると若干おちますが、それでも十分楽しめる作品でした。私も湯川=福山さんというイメージがぬぐえず、いつも福山さんを想像していますw
そうですよねぇ(笑)
映画・TV化されてしまうとどうしてもイメージが付いてしまって、後から原作を読むとややマイナスとなってしまいますね・・・。
こんにちは~♪ (ミチ)
2009-07-06 22:47:11
私もテレビドラマを見てました!
小説の方の内海は、柴崎コウちゃんが演じていた内海よりももうちょっと硬い感じがしました。
「容疑者~」の映画はスルーしてしまったのです(汗)
ガリレオシリーズは人気ですからまた映画化されるかもしれませんね。
スルー~ (cyaz)
2009-07-07 08:18:25
ミチさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>小説の方の内海は、柴崎コウちゃんが演じていた内海よりももうちょっと硬い感じがしました。
そうかもしれませんね^^

>「容疑者~」の映画はスルーしてしまったのです(汗)
あら、ミチさんとしては珍しい(笑)?
オダジョー出さなきゃ(爆)

>ガリレオシリーズは人気ですからまた映画化されるかもしれませんね。
そうですね^^
製作者側が放っておかないかもしれませんが、マシャはどうなんでしょうかねぇ(笑)
ありがとうございました。 (hori109)
2010-08-24 19:04:49
TBありがとうございました。
ということでガリレオキャスティングバトルに参加するということで。
椎名林檎ってのにはけっこう自信あります(笑)
椎名林檎~ (cyaz)
2010-08-24 22:05:32
hori109さん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>椎名林檎ってのにはけっこう自信あります(笑)
なるほど^^
かなりのインパクトですが、演技が伴うかどうかが疑問ですね(笑)
Unknown ()
2012-08-19 17:10:00
コメントとトラックバックありがとうございます♪

この作品もいつものように楽しめた(表現は間違っているかもしれませんが。笑)作品でした。
東野さんの作品は、人物の描写がとても繊細に描かれていて好きです☆
琴線を描くのがとても上手で私好みです。

この作品、映像化されているんですね!
知りませんでした;
また機会があったら借りてみたいと思います!

まだまだ、暑い日が続きますがお身体大切にしてください☆
これからも、ブログ楽しみに拝見いたします!!
ぜひ~ (cyaz)
2012-08-20 08:11:27
恵さん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>この作品もいつものように楽しめた(表現は間違っているかもしれませんが。笑)
なるほど^^

>東野さんの作品は、人物の描写がとても繊細に描かれていて好きです☆琴線を描くのがとても上手で私好みです。
僕はあんまり東野作品を読んではいないのですが、
でも仰ることはわかるような気がします。

>この作品、映像化されているんですね!知りませんでした;また機会があったら借りてみたいと思います!
ぜひぜひ^^

>まだまだ、暑い日が続きますがお身体大切にしてください☆これからも、ブログ楽しみに拝見いたします!!
ありがとうございますm(__)m
恵さんも残暑が厳しいので、どうぞご自愛下さい。

コメントを投稿

Book」カテゴリの最新記事