京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『騙し絵の牙』

2021-04-05 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「騙し絵の牙
□監督 吉田大八

□脚本 楠野一郎、吉田大八
□原作 塩田武士
□キャスト 
大泉洋、松岡茉優、宮沢氷魚、池田エライザ、斎藤工、中村倫也

      佐藤浩市、佐野史郎、國村隼、小林聡美、木村佳乃

■鑑賞日 3月28日(日)
■劇 場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

作家の塩田武士が大泉洋をイメージして主人公を「あてがき」した小説の映画化。
ま、それがハマっているかどうかは観て頂ければと思いますが、彼の特徴は
消されずにいたとおもっていいでしょう(笑)

ジリ貧の出版業界が舞台のこの映画。しかもKADOKAWA映画(笑)
この業界のことはカジったことがあるだけに、結構ハマったが、
まあ、内容は大きな緊迫感もなく、無難な話に終始していた。
つまり、業界が変われども、半沢を超える展開を求めるのは
なかなか難しいのじゃないかなぁ(笑)
変化球で大泉洋の器用だったと思うのだが、ちょっとした
お笑い封じで逆にそれがこの映画をダメにしていたのでは・・・。
彼のキャラのままに、普段ふざけているのに、決定打を打ち続ける姿が
何よりも観る側に求められていたのでは?

僕的には、脇が多かった松岡茉優だが、この映画ではサブ主役で
いい味を出して
いたように思うし、久しぶりの小林林聡美の起用は
なかなか面白くて効果的だったと思う。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「噴水広場」/港の見える丘公園 | トップ | 「ヨコハマヒザクラ&チュー... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感 (NAO)
2021-04-11 01:32:46
私も、松岡茉優さんがダブル主演級の演技を
やってくれたという印象を持ちました^^

久しぶりに小林聡美さんをスクリーンで観れたのも良かったです。
ただ、予告編のふれこみは、少々誇張しすぎ?と思いました(笑)
頑張ってた~ (cyaz)
2021-04-11 08:14:28
NAOさん、コメントありがとうございますm(__)m

>私も、松岡茉優さんがダブル主演級の演技を
やってくれたという印象を持ちました^^
そうですよね^^
特に大泉洋相手ですから、頑張ってました(笑)

>久しぶりに小林聡美さんをスクリーンで観れたのも良かったです。
力と個性がある女優さんなので、またスクリーンでたくさん観たいです!

>ただ、予告編のふれこみは、少々誇張しすぎ?と思いました(笑)
ま、大泉で引っ張らないとしゃーないでしょ(笑)

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事