京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『エール!』

2015-11-17 00:11:17 | 洋画

 

□作品オフィシャルサイト 「エール!
□監督 エリック・ラルティゴ
□脚本・原作 ビクトリア・ベドス
□キャスト ルアンヌ・エメラ、カリン・ビアール、フランソワ・ダミアン、
       エリック・エルモスニーノ、ロクサーヌ・デュラン

■鑑賞日 11月3日(火)
■劇場  チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 フランスの田舎町に暮らすベリエ家は、高校生の長女ポーラ(ルアンヌ・エメラ)以外の
 全員が聴覚障害者だったが、「家族はひとつ」 を合い言葉に明るく幸せな毎日を送っていた。
 ある日、ポーラは音楽教師からパリの音楽学校への進学を勧められる。 しかしポーラの
 歌声を聴くことのできない家族は、彼女の才能を信じることができない。 家族から猛反対を
 受けたポーラは、進学を諦めようとするが。

 夢を実現させるためには家族の助けが必要となる。
 だけど、その家族を支えているのが唯一彼女一人だとしたら。
 そう、家族は彼女以外聴覚障害者。 だから、家族以外の手話のできない
 人たちとは、彼女だけがコミュニケーション・ツールとなっている生活。
 そんな平凡な毎日を暮らしていた彼女が、ある夢に向かって歩き出す。
 先生や友人たちに協力してもらいながら、それまで眠っていた彼女の才能が
 開花し始める。 それは彼女の歌声。
 素朴な田舎の生活日々の中で、家族も大切ながら、これからの長い彼女の
 人生において、何が大切なのかを葛藤しながら、それでも夢に向かって
 一歩足を踏み出していく姿は美しい。 最後はやはりウルウルしてしまったのである。
 先日観た『ボーイ・ソプラノ』と対比して観れたなぁ

  思えば、チネチッタで映画を観た人は気付いていたかもしれないが、
  随分前から幕間に流れていたのがこの映画の挿入歌。
  そうか、この歌だったんだと今更ながら感じた次第。
  この映画が終わってからも流れ続けるのだろうか・・・。


コメント   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
« 「上野動物園」/2015秋 | トップ | 「高台寺」ライトアップ/京都... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事

25 トラックバック

エール! (風に吹かれて)
青春の翼 公式サイト http://air-cinema.net 監督: エリック・ラルティゴ  「プレイヤー」 フランスの田舎町で酪農を営むベリエ家は、高校生のポーラ(ルアンヌ・エメラ)以外、両親も
エール! (映画好きパパの鑑賞日記)
 フランスで大ヒットした音楽タップリのハートフルコメディ。非常に分かりやすい説明と、主演のルアンヌ・エメラの歌唱力で、難しいこと考えずにすむのが本国でヒットした理由なのでしょう。日本人にとっても分かりやすい作品でした。  作品情報 2014年フランス映画 ...
「エール!」、聾唖一家に育った健常者の娘、魅惑の歌声でデビュー (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆☆ フランス、片田舎の酪農一家。父、母、弟、彼女以外は聾唖者。 一家は、皆、音が聞こえないので、家庭はかまびすしい。 彼女は、高校生、思春期真っ盛り。聾唖者の一家の通訳でもある。 お蔭で一日は忙しい。 そんな一家を描いたハートフルコメ...
エール!/ルアンヌ・エメラ (カノンな日々)
歌の才能に溢れる少女が聴覚障がいの家族たち音楽への道へ進む夢を理解してもらおうと奮闘する姿を描き本国フランスで大ヒットしたというハートフルなヒューマンドラマ。試写会観 ...
『エール!』 2015年9月18日 京橋テアトル試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『エール!』 を試写会で鑑賞しました。 初潮が高校生とはずいぶん遅い・・・そんな映画ではないですよ(笑) 【ストーリー】  フランスの片田舎の農家であるベリエ家は、高校生の長女ポーラ(ルアンヌ・エメラ)以外、全員が聴覚障害者。ある日音楽教師トマソン(エリ...
エール! ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
歌の才能を認められパリの音楽学校のオーディションを勧められた少女と、聴覚障害のある家族との絆を描いた感動作。最愛の家族を支える役目と自らの夢の間で揺れ動くヒロインを、新人ルアンヌ・エメラが好演し、セザール賞最優秀新人女優賞に輝いた。『プレイヤー』などの...
エール! / La famille Bélier (勝手に映画評)
ネタバレあり。 フランス映画祭2015(日本)観客賞<最高賞>、2015年セザール賞最優秀新人女優賞(ルアンヌ・エメラ)、2015年リュミエール賞最優秀新人女優賞(ルアンヌ・エメラ)・最優秀主演女優賞(カリン・ビアール)をそれぞれ受賞。 父も母も弟も耳が聞こえない...
エール! (心のままに映画の風景)
フランスの田舎町で酪農を営むベリエ家は、高校生の長女ポーラ(ルアンヌ・エメラ)以外全員が聴覚障害者。 ポーラが通訳をすることで、特段の不便も感じることなく、明るく楽しい家庭を築いていた。 そんな中、音楽教師トマソン(エリック・エルモスニーノ)に歌の才...
『エール!』 (こねたみっくす)
飛び立つ親離れ、見守る子離れ。 聴覚障碍者の両親や弟にどうすれば自分の歌を届けることが出来るだろうか。どうすれば自分の夢を、想いを伝えることが出来るだろうか。 フランス ...
エール! (だらだら無気力ブログ!)
素敵な作品やった。
『エール!』 (観・読・聴・験 備忘録)
『エール!』 ハロウィンで大混雑のハチ公口前を通り抜けて、静かに映画を楽しんできました(笑)。 予告編を見たときから気になっていたフランス映画『エール!』です。 たまたま公開初日でした。 両親+弟が聾唖者の一家に生まれた主人公。 普段は両親が営む牧...
「エール!」☆察することの大切さ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
実は予告編以上のお話は無い。 というよりも、予告編のほうが上手に言葉をつなげて、お話を分かりやすくしているくらいだ。 必要以上に盛った部分がないのに、なぜにこんなに泣けるのだろう?
エール! (そーれりぽーと)
なんかフランスで大ヒットした感動作と言うことだけを頼りに『エール!』を観てきました。 ★★★★ 両親と弟の自分以外の家族が全員聴覚障がい者と言う女子高生が主人公。 家は農家で、商売上で言葉が必要になることは全部彼女が引き受けていて、特にそれを苦と思う事は...
「エール!」みた。 (たいむのひとりごと)
聴覚障害の家族の中の唯一健聴者としての育ってきた少女が、歌手になりたいという夢に向かって進みだすまでの物語。現実的なのか非現実的なのかやや微妙なお話ではあったけれど、ハンディは個性とマイペースながらも
『エール!』 (ラムの大通り)
(原題:La famille Belier) たとえば観てから何十年も後にある映画のタイトルを耳にして 「あっ、それぼくも観たよ。よかったなあ」と 記憶の底から手繰り寄せてくることがある。 そしてぼくの場合、いまそれが #1日1本オススメ映画 に。 昨日試写で観た『エール!』は...
「エール!」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2014年・フランス/Jerico, Mars Films配給:クロックワークス、アルバトロス・フィルム 原題:La famille Belier 監督:エリック・ラルティゴ原作:ビクトリア・ベドス脚
エール!~生きる喜びを叫ぶ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。フランス映画。原題:La famille Belier。エリック・ラルティゴ監督。ルアンヌ・エメラ 、カリン・ヴィアール、フランソワ・ダミアン、エリック・エルモスニーノ。フランス期 ...
映画「エール!」 (FREE TIME)
映画「エール!」を鑑賞しました。
『エール!』 (sweetmagicのブログ)
あまり上映している映画館がなかったので錦糸町で見ました。 ストリーは・・・ フランスの片田舎の農家であるベリエ家は、高校生の長女ポーラ(ルアンヌ・エメラ)以外、 全員が聴覚障害者。コーラス部に入ったポーラは音楽教師トマソン(エリック・エルモスニーノ)に ...
歌が聴こえる/ベリエ家の人々~『エール!』 (真紅のthinkingdays)
 LA FAMILLE BELIER  フランスの小さな村で酪農を営むベリエ家は、娘のポーラ(ルアンヌ・エメラ) 以外、両親と弟は耳が聞こえない。家族に手話通訳をするポーラは、音楽教 師に歌の才能を見い出され、国営ラジオのオーディションを受けることに...
エール! 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
大手シネコン「TOHOシネマズ」が発行するポイント カード「シネマイレージカード」、映画を観ると マイレージが貯まり、各種景品と交換することが 出来ますが、その中でも最上位に位置するのが 「1ヶ月フリーパスポート」、その名のとおり1ヶ月 映画観放題という太っ腹な...
エール! (C’est joli ここちいい毎日を♪)
エール! '14:フランス ◆原題:LA FAMILLE BELIER ◆監督:エリック・ラルティゴー ◆主演:ルアンヌ・エメラ、カリン・ヴィアール、フランソワ・ダミアン、エリック・エルモスニーノ ◆STORY◆フランスの田舎町に住むベリエ一家は、仲睦まじく暮らしている。両...
エール! (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:洋画 「エール!」 原題:La famile Belier 監督:エリック・ラルティゴ 2014年 フランス映画 105分 キャスト:ルアンヌ・エメラ カリン・ヴィアール フランソワ・ダミアン エリック・エルモスニーノ ロクサーヌ・デュラン フラ...
映画評「エール!」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年フランス映画 監督エリック・ラルティゴー ネタバレあり
「エール!」 (或る日の出来事)
最後の歌に、盛り上がりを集めて持ってきたよね~!