京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『天才スピヴェット』

2014-11-26 | 洋画

 

□作品オフィシャルサイト 「天才スピヴェット
□監督 ジャン=ピエール・ジュネ
□脚本 ジャン=ピエール・ジュネ、ギョーム・ローラン
□原作 ライフ・ラーセン
□キャスト カイル・キャトレット、ヘレナ・ボナム・カーター
      ジュディ・デイビス、カラム・キース・レニー、ニーアム・ウィルソン

■鑑賞日 11月16日(日)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

  『アメリ』ほど主役が強力なキャラではなかったが(最も今回は子役だし)、
  だけど、そこには子役とは思えないほど役達者なカイル君がいたし、
  まだ今年は終わっていないけど、新人賞はぜひ君にあげたい

 米モンタナに暮らす10歳の少年スピヴェット(カイル・キャトレット)は、
 天才的な頭脳の持ち主。 しかし、時代遅れなカウボーイの父・テカムセ
 (カラム・キース・レニー)と昆虫の研究に夢中な母、アイドルになりたい姉と
 いう家族に、その才能を理解してもらえない。 さらに弟が突然死んでしまった
 ことで、家族は皆、心にぽっかりと穴が開いていた。 そんなある日、
 スミソニアン学術協会から権威ある科学賞がスピヴェットに授与されることになる。
 家族に内緒で家出をし、数々の困難を乗り越えて授賞式に出席した
 スピヴェットは、受賞スピーチである重大な真実を明かそうとする。

 スローリー事態はスピヴェット少年のロードムービー仕立てになっているが、
 彼の住む田舎の環境とは全く違って、長い列車の旅の道程で、色んな人間と
 出会い、様々な経験を積んでいく。
  目線が常にスピヴェット少年の高さで進行し、彼の幼い心に大きな弟の死という
 荷物を詰め込んで、心無い彼の実力を認めない科学の先生とのやり取りを
 見ていると、何が何でもこの受賞のチャンスを逃さず、家族に迷惑をかけてしまうと
 いう後ろめたさはあるにしろ、それが逆に大きなバネとなり、何が何でも授賞式に
 出て、TVに映ることでることでみんなに認めてもらえると思うと、
 “青年は荒野を目指す”じゃないけど少年はしっかり都会を目指して旅をするのだ。
 列車で大陸横断とは、いかにもアメリカ的だが、一人旅の寂寞感を観ている方も
 感じながら、あらゆる場面で彼を温かく応援している自分が居た。
 純粋さは決して忘れてはいけないもの。

  いやいや、今回はフツーの地味なヘレナ・ボナム・カーターの姿が観れたし、
  ましてや気持ちいいほどのジュディ・デイビスへの平手打ち。
  スカっとしましたよ、ホント(笑)


コメント (4)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
« 『神さまの言うとおり』 | トップ | 「癒し屋キリコの約束」/森沢... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
親子の事 家族の事 (mayumi)
2014-11-27 12:25:04
考えるのが得意で物分かりの良い子は、
うっかり 早々と手を離して仕舞って、
ちょっと淋しい思いをさせちゃったりするのョね...
なんて、ふた昔前に思いを馳せたりして。
でも、子どもは 案外逞しい。
うちは、T.S.とは また違った形でしたが、それなりに意思表示もあったので、
勘違いしたまま過ごす事にはなりませんでしたケド(*^m^*)
仲良し~ (cyaz)
2014-11-27 14:25:39
mayumiさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>物分かりの良い子は、うっかり 早々と手を離して仕舞って、
ちょっと淋しい思いをさせちゃったりするのョね...
確かに(笑) でもまだまだ早過ぎたりして

>なんて、ふた昔前に思いを馳せたりして。
でも、子どもは 案外逞しい。
僕は途中までですけどね、子供とは(汗)

>意思表示もあったので、勘違いしたまま過ごす事にはなりませんでしたケド(*^m^*)
なるほど^^
今でも仲良さそうですもんね^^
逞しい~ (NAO)
2014-12-04 21:10:09
カイル君の演技力には参りました。
このままうまく成長していってほしいな~。

色彩豊かな映像に見惚れちゃいました。
あと、ヘレナにしてはふつーの役だったので
一瞬だれ?っと思っちゃいましたよ~(笑)
フツ~ (cyaz)
2014-12-05 08:36:43
NAOさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>カイル君の演技力には参りました。このままうまく成長していってほしいな~。
確かに。 子役はだいたい途中でダメになってしまいますからねぇ・・・。

>色彩豊かな映像に見惚れちゃいました。
でしたね^^ 田園風景あり、列車からの風景あり、都会も。

>あと、ヘレナにしてはふつーの役だったので
一瞬だれ?っと思っちゃいましたよ~(笑)
やっぱ、ジョニデ同様、フツーのイメージでは
物足りなくなってしまいますよね(笑)

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事

28 トラックバック

天才スピヴェット~やがて哀しき永久機関 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。フランス=カナダ。英題:The Young and Prodigious T.S. Spivet。ライフ・ラーセン原作、ジャン=ピエール・ジュネ監督。カイル・キャトレット、ヘレナ・ボナム=カーター、ジュ ...
天才スピヴェット (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(F) 風変わりな家族だってとても温かいんです。
天才スピヴェット/カイル・キャトレット (カノンな日々)
『アメリ』のジャン=ピエール・ジュネ監督がライフ・ラーセンの異色冒険小説「T・S・スピヴェット君 傑作集」を原作に双子の弟の死を乗り越えようとする10歳の天才科学者の少年の ...
天才スピヴェット (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】双子の弟を亡くしたスピヴェット君が名誉あ
『天才スピヴェット』 2014年10月31日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『天才スピヴェット』 を試写会で鑑賞しました。 この映画は映像が綺麗で3D見ると映えるかもしれないですね。 しかし、シネスィッチ銀座なんですよね。シャンテ向きな感じなんですけどね(笑) 【ストーリー】  天才だが、それゆえに周囲との溝を感じる10歳の少年T...
「天才スピヴェット」:見事な3D、至福の映像 (大江戸時夫の東京温度)
映画『天才スピヴェット』は、「この映画が好きだあ!」と叫びたくなるような秀作。『
『天才スピヴェット』 (こねたみっくす)
モンタナのレオナルド・ダ・ヴィンチ、ベアード賞授賞式出席のため旅に出る! これは天才子役カイル・キャトレットくんの繊細にして表情豊かな演技とジャン=ピエール・ジュネ監 ...
天才スピヴェット (だらだら無気力ブログ!)
姉役の娘、時おりクロエ・グレース・モレッツに見える。
映画・天才スピヴェット (読書と映画とガーデニング)
原題 The Young and Prodigious T.S. Spivet2013年 フランス、カナダ合作 アメリカ西部、モンタナ州の田舎に暮らすT.S.スピヴェット(カイル・キャトレット)、10歳理科系科目は大の得意しかし、10歳のレベルをはるかに超えており学校の先生やクラスメートからは...
「天才スピベット」☆不器用な愛 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
天才だけど、甘え方と泣き方だけがわからないスピベット。 予告編で泣けて、本編でも泣いて、思い出してまた泣ける、観ているこっちはずっと泣くよぉー あざとい盛り上げ方で泣かせない分、心に温かく湧き上がる愛が、目から涙となって溢れる作品。
『天才スピヴェット』 (beatitude)
アメリカ北西部のモンタナで牧場を営む父(カラム・キース・レニー)と昆虫博士の母(ヘレナ・ボナム=カーター)、アイドルを夢見る姉(ニーアム・ウィルソン)に囲まれ暮らすスピヴェット(カイル・キャトレット)は、10歳にして天才科学者だが、なかなか家族からは理解...
天才スピヴェット (3D字幕) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE YOUNG AND PRODIGIOUS T.S. SPIVET/L'EXTRAVAGANT VOYAGE DU JEUNE ET PRODIGIEUX T.S. SPIVET】2014/11/15公開 フランス/カナダ 105分監督:ジャン=ピエール・ジュネ出演:カイル・キャトレット、ヘレナ・ボナム=カーター、ジュディ・デイヴィス、カラム・...
天才スピヴェット/あの親にしてこの子あり (MOVIE BOYS)
『アメリ』や『ミックマック』のジャン=ピエール・ジュネ監督がライフ・ラーセンの小説を実写映画化。わずか10才の天才少年スピヴェットが権威ある学術賞・ベアード賞を受賞したことから、授賞式会場にたった独り旅立つ…。主人公スピヴェットを演じるのは本作で長編映画...
「天才スピヴェット」 (NAOのピアノレッスン日記)
~泣き方だけが、わからない~ 2013年 フランス/カナダ映画    (2014.11.15公開)配給:GAGA   上映時間1時間45分日本語字幕:松浦美奈監督:ジャン=ピエール・ジュネ原作:ライフ・ラーセン 『T・S・スピヴェット君 傑作集』(早川書房刊)脚本:ジ....
小さな放浪の科学者~『天才スピヴェット』 【2D・字幕版】 (真紅のthinkingdays)
 THE YOUNG AND PRODIGIOUS  T.S. SPIVET  L'EXTRAVAGANT VOYAGE DU JEUNE  ET PRODIGIEUX T.S. SPIVET  モンタナ州の分水嶺近く、広大な牧場に家族と暮らす10歳のT・S・スピヴェ ット(カイル・キャトレット)は、科学が大好きな天才少年...
「天才スピヴェット」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「El extraordinario viaje de T.S. Spivet」…aka「The Young and Prodigious T.S. Spivet」2013 フランス/オーストラリア/カナダ 少年T.S.スピヴェットは昆虫博士の母親と牧場を経営するカウボーイの父親、そしてアイドルを目指す姉グレーシーと双子の弟レイトンの...
天才スピヴェット (はるみのひとり言)
映画館で観ました。天才少年スピヴェットがいろんなもん発明して騒動を巻き起こす・・みたいなお話なのかと思ってたんですが全然違っていました。モンタナの牧場で家族と暮らす10歳のスピヴェット(以下S.T)天才なんだけど、飛びぬけ過ぎて周りからはその能力を理解して....
天才スピヴェット ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『アメリ』『ロング・エンゲージメント』などのジャン=ピエール・ジュネが、ライフ・ラーセンの小説「T・S・スピヴェット君 傑作集」を実写化したアドベンチャー。発明家を対象とした権威ある学術賞に輝いた10歳の天才少年が、授賞式出席のためにモンタナからワシントンへ...
天才スピヴェット (とりあえず、コメントです)
1週間ぶりに過去から現在に戻ってきました(^^ゞ 先週に観た作品を書きます。 ライフ・ラーセン著『T・S・スピヴェット君傑作集』を『アメリ』のジャン=ピエール・ジュネ監督が映画化した作品です。 予告編を観て、小さな少年がどんな冒険をするのだろうと気になって...
天才スピヴェット・2D (2013)**THE YOUNG AND PRODIGIOUS T.S. SPIVET (銅版画制作の日々)
 泣き方だけが、わからない。 久しぶりに京都シネマで鑑賞してきました。「アメリ」や「ミック・マック」の監督作品だったんですね。事前に調べず観て、後で気づきました。しかもこの作品3Dもあるそうです。3Dでなくても良さそうな気もしますが・・・・。 主人公T...
天才スピヴェット 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
『アメリ』や『ミックマック』などで知られる フランスの鬼才ジャン=ピエール・ジュネ監督の新作 で初の3D映画である『天才スピヴェット』が公開 されましたので3Dヴァージョンを観に行ってきました。 天才スピヴェット 原題:THE YOUNG AND PRODIGIOUS T.S. SPIVET ...
天才スピヴェット(L'extravagant voyage du jeune et prodigieux T.S. Spivet) (田舎に住んでる映画ヲタク)
 「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督が自身初の3D映画として、ラルフ・ラーセンの冒険小説「T・S・スピヴェット君 傑作集」(早川書房刊)を映画化。気持ちがバラバラになってしまった家族を元に戻そうと奮闘する、天才少年の葛藤や成長を描いた。米モンタナ...
天才少年の冒険 (笑う社会人の生活)
25日のことですが、映画「天才スピヴェット」を鑑賞しました。 3Dにて見ました 天才ゆえに周りと溝がある10歳の少年T・S・スピヴェット、事故で亡くなった弟のこともあり家族にも 理解されずに そんな彼にスミソニアン学術協会から ベアード賞受賞を知らせる電話があり....
天才スピヴェット (銀幕大帝α)
THE YOUNG AND PRODIGIOUS T.S. SPIVET/L'EXTRAVAGANT VOYAGE DU JEUNE ET PRODIGIEUX T.S. SPIVET 2013年 フランス/カナダ 105分 アドベンチャー/ドラマ 劇場公開(2014/11/15) 監督: ジャン=ピエール・ジュネ 『ミックマック』 原作: ライフ・ラ....
「天才スピヴェット」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
天才少年の孤独と冒険旅を、アメリ風に描いたら・・。3つ★半
天才スピヴェット (いやいやえん)
【概略】 由緒あるベアード賞を受賞することになった10歳の天才少年、T・S・スピヴェットが、授賞式に出るためにたったひとりでアメリカ横断の旅に出る。 ドラマ どこかふわっふわっとした部分はあるものの、少なくとも「家族の心に空いた穴を埋めるため、10歳の...
このこホンマに愛されてる?~「天才スピヴェット」~ (ペパーミントの魔術師)
主演のカイル・キャトレットはめっちゃ可愛かった。以上。 ・・・ってそれじゃ感想にならないのでもすこし。(^_^;) 天才だが、それゆえに周囲との溝を感じる10歳の少年T・S・スピヴェット(カイル・キャトレット)。 そんな彼にスミソニアン学術協会から、最も優れ....
映画評「天才スピヴェット」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2013年フランス=カナダ合作映画 監督ジャン=ピエール・ジュネ ネタバレあり