京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『皇帝ペンギン ただいま』

2018-09-07 00:09:07 | 洋画


□作品オフィシャルサイト 「皇帝ペンギン ただいま

□監督 リュック・ジャケ
□撮影 ジェローム・ブビエ

■鑑賞日 9月2日(日)
■劇 場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

前作、『皇帝ペンギン』を観たのは2005年だから、
もうずいぶん経っているのだけれど、
なぜか、その時間の経過を感じないぐらい、
この映画のこと、鮮明に覚えていました。

ドローンやをデジタル4Kカメラを使って本当にリアルに、
まだまだその生態の解明が出来ていない皇帝ペンギンの
生き様をリアルに捉えていることに感動しかり

南極の厳しい自然の中で、親子の愛情や、
子供の成長過程をありのままに捉えていく映像は、
過酷な条件下でのスタッフの熱意が感じられた。
今回、南極海では史上初となる水深70mの水中撮影を
成功させ、ペンギンたちの生き生きとした姿を捉えている。

子供のために遠く離れた海まで餌を捕りに何度も何度も往復し、
しっかり餌を与えて子孫を残そうとする父親・母親たちに感動し、
海を見たこともなかった子ペンギンたちが、本能の赴くままに
危険を身を呈し、海を目指す姿は感動以外の何物でもない

ただ、厳しい南極に生きる皇帝ペンギンを観ているだけで涼しくなるのに、
何でシネコンはこれでもかとエアコンの温度を下げるのか。
極寒の南極の厳しさの一端を感じさせるのが目的なのかなぁ(笑)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ☆☆☆ 祝☆ブログ開設満14周年... | トップ | 『SUNNY 強い気持ち・強い愛』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事