京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『空気人形』 

2009-10-30 00:00:51 | 邦画




作品オフィシャルサイト 「空気人形
□監督・脚本 是枝裕和
□原作 業田良家(「ゴーダ哲学堂 空気人形」)
□キャスト ペ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、高橋昌也、余貴美子、岩松了、星野真里
丸山智己、奈良木未羽、柄本佑、寺島進、オダギリジョー、富司純子


■鑑賞日 10月25日(日)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>


 是枝裕和脚本・監督作品
 前作の『歩いても 歩いても』では、ある家族が息子の死を中心に据え、
 家族のそれぞれの持つ内面的な苦悩と表情を、まるで当事者であるかのように
 繊細に浮き彫りにしてくれた。

 
今回はカラーを変えて心無き“空気人形”が心を持ってしまったらという
 誰もが想像し得たし、したかもしれない素材に挑戦する。 
 もちろん、この場合の男性比重は大きいと思うのだが(笑)

 実際、一人暮らし(寮生活はあるが、1室3人だった)をしたことがないから、
 この映画の主人公であるしがない中年男(板尾創路)のような暮らしの図が想像しがたいが。 
 最近、ホントお笑いの登用が多いが、彼はその中でも少し異質なキャラで、
 先に観た『
ニセ札』でも、お笑いながら味な演技を披露していた。

 要領が悪く、うだつのあがらない中年男が、精神的にも肉体的にも空気人形を
 履け口としているのはわからないでもない。
 そういう意味でいうならば、板尾をキャスティングしたのも不思議はないのだが。

 その履け口とされた空気人形にペ・ドゥナがチャレンジした。
 そもそも空気人形=ラブドールだから、=裸の絵も当たり前なのだが、
 今回、大胆に裸体を晒し出している。
 かつて『
リンダ リンダ リンダ』で純粋な女子高生を演じていて、結構印象に
 残る演技をしていたことは記憶に残っていたのだが。
 
 その空気人形が心を持ったことからレンタルビデオ店の店員純一(ARATA)に恋をする。
 何もかもが未知の世界だから、純一を通して人間社会を覗くことになる。
 そして見聞きするものと実際のギャップはあたかも心ある人間の如く、
 この人間社会に生きていることの現実問題に直面している。
 監督もそのあたりを空気人形の視線を通して炙り出している。

 それでいて、不思議に嫌味がないのは、彼女のフワフワした感じの演技が、
 功を奏したのだと思える。
 それこそが“空気人形”として捉えるに相応しいのかもしれない。

 心を持ったことで好きな純一に萎んでいく姿を見られたくなかったり、
 新しいラブドールに敵対心を持ったり・・・。
 お腹にある空気口から純一に息を吹き込んでもらっている表情はまさに恍惚で、
 それを観ているこちらにまで、高揚感と満足感が交互に去来する。

 空気人形は僅かの間に人間生活の醜い部分を垣間見てしまうのだが、
 それでも純粋な少女の心や、キラキラ光るガラス瓶を見ながら、それでも
 人間の社会にはキラキラ光る綺麗なものが存在すると納得するあたりは
 是枝監督の逆説的メッセージなのかもしれない。

 この“空気人形”、日本の女優さんなら誰もやらないだろうなぁ(笑)

 “心”ある人も居れば、“心”無い人も居る。 それが人間社会であるならば、
 “心”を持たない人形がある意味幸せなのかも・・・。



コメント (10)   トラックバック (76)   この記事についてブログを書く
« 浅イイ話 ~強い子~ | トップ | 東京タワー with ジャイ... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (hal)
2009-10-30 10:56:15
TBありがとうございました。
是枝監督は人の心のすきまを描くのがうまいですね。今回の題材も彼のカラーで美しく仕上がっていました。都会の空き地で老人と話をするシーンがとても気に入りました。
問題提起~ (cyaz)
2009-10-30 12:58:52
halさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>是枝監督は人の心のすきまを描くのがうまいですね。今回の題材も彼のカラーで美しく仕上がっていました。都会の空き地で老人と話をするシーンがとても気に入りました。
そうですね^^
さりげなく、それでいてしっかり問題提起とメッセージを織り込んでいますね!
TBどもうです。 (ひし)
2009-10-31 06:51:19
TBどうもです。

こちらからも貼らせていただきます。
おはつです~ (cyaz)
2009-10-31 09:03:37
ひしさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>こちらからも貼らせていただきます。
ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたしますm(__)m
ロケ地~。 (Ageha)
2009-11-01 09:13:37
月島や葛西臨海公園と
ダンナが東京にいた時に連れてってもらった場所が出てきてうれしくなっちゃいました。(笑)

心なんて持たなけば良かったと思う?

それは彼女に対してだけじゃなく
今自分の人生つまんない、思い通りに歩けてない、
ただ生きてるだけの人に対しても語りかけられてる気がしました。

どんなにやなことがあっても
それでも生きていくなら心動かされるような
ワクワクしたもの
キラキラしたものを探していたい。
それをラブドールの彼女に教えられた気がしました。
…なんてね。(笑)

PS:オダジョーがいいじょ~(やっぱりそこかい)

そこかいっ~ (cyaz)
2009-11-01 10:36:31
Agehaさん、コメントありがとうございますm(__)m

>月島や葛西臨海公園とダンナが東京にいた時に連れてってもらった場所が出てきてうれしくなっちゃいました。(笑)
あれ、下町だったから良かったんだろうけど(笑)

>心なんて持たなけば良かったと思う?
イエス

>それは彼女に対してだけじゃなく今自分の人生つまんない、思い通りに歩けてない、ただ生きてるだけの人に対しても語りかけられてる気がしました。
そうかもしれませんね。

>どんなにやなことがあってもそれでも生きていくなら心動かされるようなワクワクしたもの
キラキラしたものを探していたい。それをラブドールの彼女に教えられた気がしました。
…なんてね。(笑)
結局オチはそこかいっ(笑)

>PS:オダジョーがいいじょ~(やっぱりそこかい)
たびたび、そこかい(笑)

ものがなし物語 (de-nory)
2009-11-02 07:14:25
cyazさん。いつもありがとう。

>“心”ある人も居れば、“心”無い人も居る。 それが人間社会であるならば、
 “心”を持たない人形がある意味幸せなのかも・・・。

なんだか、ものがなし物語です。
心あるからこそ人間は面白い。
こういう作品がうける事自体が、空虚な社会になっている証なのでしょうか。
空虚人形~ (cyaz)
2009-11-02 08:33:59
de-noryさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>なんだか、ものがなし物語です。心あるからこそ人間は面白い。こういう作品がうける事自体が、空虚な社会になっている証なのでしょうか。
悲しいことですが、そうかもしれませんね・・・。
是枝監督のメッセージはそこなのでしょうか?
空気人形=空虚人間社会ってことでしょうか。
TBありがとうございました。 (sakurai)
2009-11-12 20:14:56
二本の女優なら、だれがやる?よりも、誰かできるだろうか?と思った次第です。
ぎりぎり、菊池凛子かなあ・・・。
でも、あの突き抜けた凄さは、出せないですよね。
結構、彼女は、お脱ぎなってると思いますです。
でも、もう30とか!!!やっぱ凄いです。
凛子チャン~ (cyaz)
2009-11-13 08:37:09
sakuraiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>日本の女優なら、だれがやる?よりも、誰かできるだろうか?と思った次第です。
たしかに(笑)

>ぎりぎり、菊池凛子かなあ・・・。
うーん、あのルックスではラブドールにはキツイ(汗)

>でも、もう30とか!!!やっぱ凄いです。
きれいですよね~ って何が(笑)?!

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

76 トラックバック

映画『空気人形』(お薦め度★★) (erabu)
監督・脚本・編集、是枝裕和。原作、業田良家『ゴーダ哲学堂 空気人形』。2009年
空気人形/ペ・ドゥナ、ARATA (カノンな日々)
ドゥナちゃんの出演作はデビュー作の韓国版『リング』から全て鑑賞してるドゥナペンです。彼女のこの最新作は山下敦弘監督の『リンダ リンダ リンダ』に続いての日本映画。山下監督もそうでしたけど是枝裕和監督もドゥナちゃんのファンで出演を熱望されたそうですね。日本...
空気人形 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。業田良家原作、是枝裕和監督、ペ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、高橋昌也、余貴美子、岩松了、星野真里、丸山智己、奈良木未羽、柄本佑、寺島進、オダギリジョー、富司純子。もし現代の「蟹工船」に相当する作品があるとしたらこの作品こそふさわしいのかもしれ...
【映画】空気人形 (芸術に恋して★Blog★)
是枝裕和監督の「空気人形 」を見てきた。今回の作品は業田良家原作の同名マンガ作品の映画化である。心をもたない空気人形が心を持つ。それによって、さまざまな苦悩や喜び、嫉妬などの感情をいだいて
空気人形 (いい加減社長の映画日記)
ポイントが溜まっていたので、土曜日の9時半の回で、「空気人形」を鑑賞。他に観たい映画の公開もなかったので、予告編でちょっと興味を惹かれただけで、あまり期待は大きくなかったんだけど。「UCとしまえん」は、普通の人出かな。「空気人形」は、中くらいのスクリー...
空気人形 (2009) (肩ログ)
監督、脚本:是枝裕和 出演:ペ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、高橋昌也、余貴美子、岩松了、星野真里、 久しぶりの劇場鑑賞www ペ・ドゥナ見たさと言っても過言ではありません・・・ 川沿いの古びたアパート。ファミレスで働く冴えない中年男、秀雄が優しく語...
映画 「空気人形」 (ようこそMr.G)
映画 「空気人形」
【映画評】<!-- くうきにんぎょう -->空気人形 (未完の映画評)
心を持ってしまった空気人形が“孤独”の息づく街・東京で繰り広げるラブ・ファンタジー。
『空気人形』 言葉なんか覚えるんじゃなかった (Days of Books, Films)
空気人形のペ・ドゥナがふわふわと不思議な抑揚で「わたしは心をもってしまいました」
「空気人形」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2009年:アスミック・エース/監督:是枝 裕和) 「幻の光」、「誰も知らない」、「歩いても 歩いても」等の秀作を作り続けている是枝裕和監督の最新作は、なんと性欲処理用人形ラブド
空気人形 (映画君の毎日)
<<ストーリー>>レトロなアパートで秀雄(板尾創路)と暮らす空気人形(ペ・ドゥナ)に、ある日思いがけずに心が宿ってしまう。人形は持ち主が仕事に出かけるといそいそと身支度を整え、一人で街歩きを楽しむようになる。やがて彼女はレンタルビデオ店で働く純一(ARAT...
空気人形 (to Heart)
私は「心」を持ってしまいました。 持ってはいけない「心」を持ってしまいました。 あなたの息で、私の カラダを 満たして… 製作年度 2009年 上映時間 116分 映倫 R15+ 原作 業田良家 『空気人形』(小学館刊『ゴーダ哲学堂 空気人形』所収) 監督/脚本 是枝裕和 ...
空気人形 ▲142 (レザボアCATs)
'09年、日本監督・脚本・編集:是枝裕和製作:川城和実、重延浩、久松猛朗、豊島雅郎プロデューサー:浦谷年良、是枝裕和原作:業田良家 『ゴーダ哲学堂 空気人形』撮影:リー・ピンビン美術:種田陽平音楽:World's end girlfriendペ・ドゥナ  空気人形ARATA  レンタ...
「空気人形」から見た世界は… (再出発日記)
君の見た世界は悲しいだけのものだった?君の目に世界は少しは美しかっただろうか?監督・プロデューサー・脚本・編集:是枝裕和原作:業田良家出演:ぺ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、オダギリジョー、高橋昌也世の人達に「私は空気人形なの」と告白すると、「実は僕も...
空気人形 (Diarydiary!)
《空気人形》 2009年 日本映画 ファミリーレストランで働く秀雄は空気人形と暮
『空気人形』 (めでぃあみっくす)
人はみんな空気人形。元々中身は空っぽ。でも「新鮮さ」という空気をもらうことで心も体も満たされていく、そんな生き物。 これまで実質的な「死」というフィルターを通して「生」を描いてきた是枝監督が少し路線変更をしたのか、「心を持たない」という精神的な死を通し...
~『空気人形』~ ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:日本映画、業田良家原作、是枝裕和監督&プロデューサー&脚本&編集、ぺ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、オダギリジョー、余貴美子、高橋昌也共演。
(映画)空気人形 (ゼロから)
何処かのblogで、オジサンが多かったと書いていましたが場所のせいなのか、若い女性同士とか男同士が多かったです。空気人形役に起用されたペ・ドゥナ。この起用は、いいところを付いていますね。
「空気人形」生んでくれてありがとう (ももたろうサブライ)
監督 是枝裕和気がついてみると7月から9月の3ヶ月間に映画館で観た映画は1本だけ。たまたま時間が合わずに観そこなったものもあるけど、今年は観たいと思わされる作品が少ないような気がする。それでも今月からは「ヴィヨンの妻」「さまよう刃」「沈まぬ太陽」と期待...
『空気人形』・・・空っぽな代用品の心を満たすのは (SOARのパストラーレ♪)
新宿バルト9での初日舞台挨拶に、昨年の『歩いても歩いても』の時と同じく是枝ファンつながりの友人と出掛けた。ちなみに原作短編コミックを読み終えての鑑賞。
空気人形 (単館系)
心を持ってしまったお人形さんが主人公のお話。 私は空気人形、性欲処理代用品。 上記のようなせりふが出てきたり。 心を持った主人公は...
空気人形 (とりあえず、コメントです)
是枝監督もペ・ドゥナも好きなので楽しみにしていた作品です。 人形になりきったペ・ドゥナの演技の素晴らしさと共に 考えにも及ばなかった展開にびっくりしながら映像を見つめていました。
透明な影~『空気人形』 (真紅のthinkingdays)
 クリスマス間近の東京。ファミレスで働く独り暮らしの秀雄(板尾創路)は、性欲 処理用のラブドール(ペ・ドゥナ)に「のぞみ」と名付け...
空気人形 (まてぃの徒然映画+雑記)
前作「歩いても 歩いても」では日常の自然な姿を描いた是枝裕和監督は、今作で心を持ってしまった人形を主人公に見事なお伽話をリリカルに紡ぎ、今を生きる人々の空虚な心を描き出す。ボロ屋の二階で、中年男性(板尾創路)に<のぞみ>と名づけられたビニール製の人形は...
空気人形・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「空気人形」って何かの比喩かと思っていたら、まさかそのまんまだったとは。 私が現代日本の映画作家でもっともハズレがないと思っているの...
空気人形 (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
空気人形・・・空気を入れて使用する、性処理用の人形。独特の雰囲気がある映画です。川沿いの街のアパート。仕事から帰ってきた男が空気人形に声をかける。物言わぬ空気人形に恋人のように話しかける男。男は空気人形と暮らしている。ある朝、男が仕事に言ったあと、空気...
空気人形 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
業田良家の短編コミック「ゴーダ哲学堂 空気人形」を映画化した作品です。 ファミリーレストランで働きながら、古びたアパートで単身生活をしている秀雄。職場ではミスが多く叱られっぱなしの秀雄が、唯一、心を慰められる相手は、"のぞみ"と名付けられた空...
映画レビュー「空気人形」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
空気人形 O.S.T.◆プチレビュー◆心を持った人形の異色ラブ・ファンタジー。ペ・ドゥナの素晴らしさはただごとではない。 【90点】 東京の下町の古いアパートで持ち主の秀雄と暮らす空気人形は、ある朝、持ってはいけない“心”を持ってしまう。秀雄が外出し...
★「空気人形」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末もナイトショウへ行ってきました。 監督や出演者が最近よくテレビでプロモーションやってるので、 ついつい観る気になった作品。
『空気人形』 (キュートなバアサンになるために)
公式サイト  人形が心を持つようになる・・・という話、なんて興味が湧きませんか? 15Rの映画、ということで ちょっと覚悟{/face_tehe/}をして 出かけてきました。  まず、夜の大都会の片隅の寂しげな雰囲気に引き込まれていきました。 そして、人形役の ペ...
【映画】空気人形 (新!やさぐれ日記)
▼動機 掘り出し物感 ▼感想 絵本のような世界 ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ レトロなアパートで秀雄(板尾創路)と暮らす空気人形(ペ・ドゥナ)に、ある日思いがけずに心が宿ってしまう。人形は持ち主が仕事に出かけるといそいそと身支度を整...
『空気人形』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
古びたアパートで持ち主である秀雄と暮らす空気人形。ある朝、本来持ってはいけない“心”を持ってしまう。秀雄が仕事に出かけると、洋服を着て、靴を履いて、街へと歩き出す。初めて見る外の世界で、いろいろな人間とすれ違い、つながっていく空気人形。ある日、レンタル
映画「空気人形」 (おそらく見聞録)
監督:是枝裕和(昔の作品も観てみようと思いました) 出演:ぺ・ドゥナ(☆)ARATA 板尾創路(◎)高橋昌也(◎)余貴美子(何気に効いていた) 出演:岩松了 星野真里 寺島進 柄本佑 オダギリジョー 丸山智己 奈良木未羽  中年の男が所持していたラヴ...
『空気人形』 ('09初鑑賞146・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (5段階評価で 3) 10月9日(金) シネ・リーブル神戸 シネマ1にて 16:40の回を鑑賞。
見えない空気で満たされている。  『空気人形』 (菱沼康介の、丸い卵も切りよで四角。)
  で、ロードショーでは、どうでしょう? 第77回。 「なんか最近面白い映画観た?」 「ああ、観た観た。ここんトコで、面白かったのは・・・」 『空気人形』     是枝さんは、現実の強烈な出来事の中にほのかなファンタジーを加える名手。 ファン...
空気人形 (映画道)
チェック:『歩いても 歩いても』などの是枝裕和監督が、業田良家原作の短編コミック「ゴーダ哲学堂 空気人形」を映画化した切ないラブストーリー。 心を持ってしまった空気人形と人間の交流を温かく見守る。 『グエムル -漢江の怪物-』のペ・ドゥナが空気人形役を熱演。 ...
空気人形 (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
   = 『空気人形』  (2009) = 古びたアパートで秀雄(板尾創路)と暮らす空気人形(ペ・ドゥナ)に、ある日思いがけずに心が宿ってしまう。 人形は、持ち主が仕事に出かけるといそいそと身支度を整え、一人で街歩きを楽しむようになる。 やがて彼女は、...
空気人形 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
09年のカンヌ国際映画祭「ある視点」部門でワールドプレミアを果たした本作は、心を持ってしまった空気人形と人間の交流を温かく見守るファンタジー。 『ワンダフルライフ』や『歩いても 歩いても』などで“生きるということ”を見つめてきた是枝監督が、業田良家の短...
空気人形 (えいがの感想文)
2009年 監督:是枝裕和 出演:ペ・ドゥナ    ARATA    板尾創路 人形は人形でも、そういう人形だとは知らなかったもので、びっくりしたよ。 心を持ってしまった空気人形は、無邪気で、無垢で、 だから、切なく悲しい思いもしてしまう。 でもそ...
空気人形 (C note)
是枝裕和監督の最新作は、持ってはいけない心を持ってしまった人形のお話。 原作は業
是枝裕和監督の「空気人形」を観た! (とんとん・にっき)
渋谷のシネマライズで、是枝裕和監督の「空気人形」を観てきました。是枝裕和監督の作品は以前、「歩いても、歩いても」を観ましたが、あくまでも「代用品」である空気人形が「心」を持ってしまうという寓話的な物語です。チラシには「哀しくて嬉しい“ファンタジック・ラ
『空気人形』(2009)/日本 (NiceOne!!)
監督・プロデューサー・脚本・編集:是枝裕和原作:業田良家出演:ぺ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、オダギリジョー、高橋昌也鑑賞劇場 : CINECITTA公式サイトはこちら。<Story>古びたアパートで持ち主の秀雄(板尾創路)と暮らす空気人形(ぺ・ドゥナ)は、....
空気人形☆独り言 (黒猫のうたた寝)
ぺ・ドゥナの映画を久しぶりに観ました。作品は是枝監督の『空気人形』ラブドールが、心を持ってしまったら・・・という物語今の世の中、実は心があるはずの人間自身が心が空虚で、その空っぽを埋めることができない。他人との距離がうまくとれない。無垢だった故に、人間...
李屏賓(リー・ピンビン)の捕らえた東京・・・空気人形 (Art- Mill)
http://www.kuuki-ningyo.com/index.html 空気人形 リー・ピンビンが東京の街をどのようにみせてくれるのでしょうか。その興味はとても押さえがたいものでした。 メイド服を着た「空気人
「空気人形」:堀割バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}学校の前を通ると、ときどき代用教員の先生を思い出すな。 {/hiyo_en2/}代用教員? {/kaeru_en4/}担任の先生が産休の間だけ子供たちを教えていた臨時教師。 {/hiyo_en2/}そんな先生がいたの? {/kaeru_en4/}是枝裕和監督の「空気人形」にだって、昔、代用教...
空気人形 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] 愛する人の息で膨らむペ・ドゥナの高揚していく表情がいいね!
空気人形(映画館) (ひるめし。)
私は、「心」を持ってしまいました。もってはいけない「心」を持ってしまいました。
「空気人形」アップデートし続けた先にみた誰の代わりもいない自分の心 (オールマイティにコメンテート)
「空気人形」(R15+指定)は空気を膨らます人形がある日突然心を持ってしまった事で動き出し、色々な経験をしていく事で心に変化をもたらしていくストーリーである。内容そのものは性的な面があるものの、それを差し引いてしまえば誰が見たとしても心を持っている事で常にア...
映画「空気人形」 (飴色色彩日記)
「空気人形」 監督 : 是枝裕和原作 : 業田良家「ゴーダ哲学堂 空気人形」 出
空気人形 (ここにあるもの)
私は「心」を持ってしまいました。もってはいけない「心」を持ってしまいました。 『空気人形』(是枝裕和監督・2009日) 何も予定のない金曜日の夜、シネマライズで観てきた。 独りで誰とも会話なんかしないで、し~~~~~~~~~~~んとした気持ちで。 東...
空気人形 (墨映画(BOKUEIGA))
「私は心を持ってしまった。空気人形」 心を持ってしまった空気人形。 窓辺でたたずむ心初心者の彼女は、人間の世界を見て何を思うのか。 【STORY】(シネマ・トゥデイ様より引用させていただきました。) 『歩いても 歩いても』などの是枝裕和監督が、業田良家原作...
空気人形 (銅版画制作の日々)
 私は空気人形。空っぽな、誰かの「代用品」。 10月5日、京都シネマにて鑑賞。是枝監督作品7作目の劇映画となります。実は私は5作を鑑賞していました。95年の「幻の光」が、監督の初めての作品とは知らず鑑賞していたんですよね。 本作は大人向けのファンタジー...
是枝裕和監督の「空気人形」を観た! (とんとん・にっき)
渋谷のシネマライズで、是枝裕和監督の「空気人形」を観てきました。是枝裕和監督の作品は以前、「歩いても、歩いても」を観ましたが、あくまでも「代用品」である空気人形が「心」を持ってしまうという寓話的な物語です。チラシには「哀しくて嬉しい“ファンタジック・ラ
空気人形 (七海見理オフィシャルブログ『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』Powered by Ameba)
私は「心」を持ってしまいました。 持ってはいけない「心」を持ってしまいました。 あなたの息で、私の カラダを 満たして… 空っぽな人形が「心」を持ってしまった──。 嬉しくて切ない愛の物語
空気人形 (シネマ大好き)
是枝監督初のファンタジー作品「空気人形」。 雨降りの中、ただいまと声をかけて家に入り、夕食のテーブルで職場のグチをしょうがなさそうに話す男(板尾創路)。だが、彼の前に座っているのは等身大の人形(ペ・ドゥナ)。その人形が目覚め、持ち主が揃えていた中から...
空気人形 (future world)
‘空気人形’・・・ このマニアックなテーマの中に 美しくて儚く、暖かくて優しいもの・・・ そして時折見せる陰鬱さとのコントラストが とても心に残るのです。。。 “代わりなんていくらでもいる代用品”、そんな空気人形が‘心’を持ち、 人の心に触れ、風...
空気人形 2009-45 (悠久の華美)
空気人形、今はラブ・ドールって言うんだっけ?ボクらの年代は、ダ○チ・ワイフって 呼び名の方がピンとくる?心を持ってしまった、空気人形...
「空気人形」渋谷シネマライズにて鑑賞 (流れ流れて八丈島)
祝日はあまり繁華街に出たくないんだけど、公開終了間近だしどうしても観ておきたいと思ってた「空気人形」を観るため、渋谷に出かけてきましたしかも、渋谷シネマライズは祝日でも火曜日がサービスデイということで1000円均一だし、「観るなら今日しかない!」って感...
空気人形 (迷宮映画館)
ペ・ドゥナに驚愕・・・
空気人形 (CASA GALARINA)
★★★★☆ 2009年/日本 監督/是枝裕和 <梅田ガーデンシネマにて観賞> (エンディングについて触れています) 「ペ・ドゥナ、人魚姫」
空気人形 (It's a Wonderful Life)
是枝監督の作品はミニシアターでかかる事が多いんで いつも惹かれながらもタイミング逸してしまうことが多く、 観た事あるのはシネコンでもやってた「花よりもなほ」 オンリーかも。 別の映画観にいってひときわ印象に残る予告編だったのと、 「リンダリンダリ...
「空気人形」 (俺の明日はどっちだ)
・ 『誰も知らない』『歩いても 歩いても』の是枝裕和監督が、業田良家のマンガを映画化し、主演に『リンダリンダリンダ』の韓国女優ペ・ドゥナを迎えたファンタジー作。 予告編を観ていた時点では、どこか『ラースと、その彼女』と共通な世界があるのかなと思っていた...
「空気人形」 (prisoner's BLOG)
文字通り「息を吹き込む」ことが命を吹き込むことにダイレクトにつながっている表現が印象的。ラストも、命の息吹きを画にしている。前者はアナログ的表現、後者のCGという違いはあっても。 ペ・ドゥナの細くて手足の長い体型が人間離れした感じによく合った。この人、韓...
空気人形 (悠雅的生活)
あなたも あるとき私のための風だったかもしれない
映画[ 空気人形 ] (アロハ坊主の日がな一日)
映画[ 空気人形 ]を渋谷シネマライズで鑑賞。 2009年第62回カンヌ国際映画祭、日本から唯一の公式出品作として「ある視点」部門に選出され、ワールドプレミアムをはたした是枝裕和監督の最新作。原作は2000年に発表された業田良家の短編集「ゴーダ哲学堂 空気人形」...
空気人形 (ルナのシネマ缶)
ファンタジーなんだけど、 思った以上に重い。 そして、いろんな意味で グロかったです。 心をもってしまった人形に 心に何らかの闇を抱えた 人間がひきつけられていく。 そして、人形は言う 心を持つと切ないと・・・。 古いアパートで秀雄(板尾創路)と暮ら...
空気人形 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
空気人形’09:日本 ◆監督・脚本・編集・製作: 是枝裕和「歩いても 歩いても」「誰も知らない」◆出演:ぺ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、オダギリジョー、高橋昌也 ◆STORY◆古びたアパートで持ち主の秀雄と暮らす空気人形は、ある朝、本来は持ってはいけない「...
『空気人形』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
空気人形 [DVD]バンダイビジュアルこのアイテムの詳細を見る  『空気人形』 2009年(日)監督:是枝裕和  生きることへの賛美、哀しさ、虚しさ、愛おしさ、滑稽さ、その全てをファンタジックな群像劇で魅せる秀作。  本作は、物だったものが者へと変わり、心を...
空気人形 (2ちゃんねる映画ブログ)
【是枝裕和最新作】空気人形【主演はペ・ドゥナ!】 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1233766796/ 1 :名無シネマ@上映中 :2009/02/05(木) 01:59:56 ID:...
「空気人形」後をひく映画 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ペ・ドゥナに去年度の主演女優賞を差し上げます!(遅いっ・・・)
mini review 10469「空気人形」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
『歩いても 歩いても』などの是枝裕和監督が、業田良家原作の短編コミック「ゴーダ哲学堂 空気人形」を映画化した切ないラブストーリー。心を持ってしまった空気人形と人間の交流を温かく見守る。『グエムル -漢江の怪物-』のペ・ドゥナが空気人形役を熱演。共演者も『蛇...
映画「空気人形」 (<花>の本と映画の感想)
空気人形 監督 是枝裕和 出演 ぺ・ドゥナ, ARATA, 板尾創路, オダギリジョー, 高橋昌也 2009年 空気人形 [DVD]/ぺ・ドゥナ,ARATA,板尾創路 ¥3,990 Amazon.co.jp
是枝裕和監督 「空気人形」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
漫画家・業田良家原作「ゴーダ哲学堂 空気人形」を元に是枝裕和監督が撮った作品 劇場公開時から気になっていた作品。 だいぶ経ち、やっと観ました。 DVDレンタルがお手軽な値段になったので(^。^:) 公式サイト⇒http://www.kuuki-ningyo.com/index.html 【...
映画評「空気人形」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・是枝裕和 ネタバレあり
空気人形 (KATHURA WEST)
《李屏賓(リー・ピンビン)の捕らえた東京・・・空気人形》 リー・ピンビンが東京の街をどのようにみせてくれるのでしょうか。その興味はとても押さえがたいものでした。 メイド服を着た「空気人形」の物語は、是枝監督がどのように言い訳を作ろうが、監督自身...
空気人形 (B-scale fan's log)
2009年 是枝裕和監督     主演 ペ・ドゥナ、ARATA、板尾創路 他 『東京で古いアパートに暮らす中年男が愛用する空気人形が、  ある朝突然に心を持つようになってしまった。  空気人形は中年男が出勤中に町へ出かけ、  レンタルビデオ屋でアルバイトをするように...