京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』

2021-11-21 | 洋画

 

□作品オフィシャルサイト 「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ
□監督・脚本 キャリー・フクナガ
□脚本 ニール・パービス、ロバート・ウェイド、スコット・バーンズ、
    フィービー・ウォーラー=ブリッジ
□キャスト ダニエル・クレイグ、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、      
      ラミ・マレック、レア・セドゥー、ベン・ウィショー

■鑑賞日 10月31日(日)
■劇 場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

ダニエル・クレイグ(5度目のボンド)で観るジェームズ・ボンドは
これが最後。
ちょっと残念かなぁ・・・。
最初はボンドにフィットしないのではなんて思っていたけど、
意外にハマっていたことを感じました。

見どころはやはりアクションシーンなのですが、
もっとボンドカーの「仕込み」がたくさん観たかったかな(笑)
そしてもう一つの見どころは、記憶にまだまだ新しい
あの『ボヘミアン・ラプソディ』で、フレディ・マーキュリー役を
演じたラミ・マレックとの競演。
ダニエルに気後れしないようにと演じていたラミ・マレック。
十分にそのプレッシャーは跳ね飛ばしていた演技だった。

スケールは回を追うごとに大きくなっていくが、
やはり連続する、息をする暇もないアクションを期待してしまう。
かなり長尺ものになったが、長さは全く感じなかったものの、
もう少しテンポアップして、アクション中心で
攻め込んでも良かったのじゃないのかなぁと感じた。

あのラストシーンはやはり感動もの。
うーん、『アルマゲドン』を彷彿とさせたなぁ。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 『老後の資金がありません!』 | トップ |  「草木の灯り展 川村忠晴」... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ダニエル~ (NAO)
2021-11-21 15:37:02
私も最初、ボンド役にはフィットしていないように
思っていたのですが、振り返ってみたら
ダニエルのボンドが一番ハマってしっかり観ていました^^

Amazonプライムで過去の007を観ていますが
ダニエル版のボンド映画が見ごたえあるように感じました。
ラストは、ジーンと来てしまいましたね(涙)
ボンド像~ (cyaz)
2021-11-22 17:43:46
NAOさん、コメントありがとうございますm(__)m

>私も最初、ボンド役にはフィットしていないように思っていたのですが、
振り返ってみたらダニエルのボンドが一番ハマってしっかり観ていました^^
ロシア人のイギリス人やアメリカ人にない独特の魅力が、
彼の違ったボンド像を作り上げましたね!

>Amazonプライムで過去の007を観ていますが
ダニエル版のボンド映画が見ごたえあるように感じました。
もう少したっぱと女性と絡むシーンが欲しかったりして(笑)
ラストは、ジーンと来てしまいましたね(涙)

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事