京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ラ・ラ・ランド』

2017-03-05 | 洋画


□作品オフィシャルサイト 「ラ・ラ・ランド

□監督・脚本 デイミアン・チャゼル
□キャスト ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、キャリー・ヘルナンデス、
       ジェシカ・ローゼンバーグ、ソノヤ・ミズノ

■鑑賞日 2月26日(日)
■劇 場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

観たのはアカデミー賞発表前。
アカデミー賞作品賞の発表では、何と恥ずかしいくらいの凡ミス(笑)
でも、主人公ミアを演じたエマ・ストーンは下馬評通り主演女優賞を受賞
これは納得のいく結果だったかな
もっとも、発表前に観ることが出来たのはこの映画くらいだけど

お互いの夢を叶えるために、互いに惜しみなく愛を注ぐ二人。
様々なプロセスのあとで、実は傍目に悲しい現実にもぶつかった。
互いに自分の夢を叶えるために、互いが犠牲にした部分も大きく、
ただ、互いの夢が叶った時には、残念なことに二人の愛の距離は遠くなっていた。
二人の愛は夢を求めていく中で、知らず知らず、皮肉なことに
別々の道を歩いて行くことになってしまう。
決してハッピーエンドの結末ではないけれど、

遠目で、再会した見つめあう二人の目には、互いが互いを敬う姿が映っていた。
こういう恋愛の形もあるのだろうか・・・。
数々の映画の中で、様々な涙のシーンを観て来たが、
ミアの今にも流れん落ちんばかりのその瞳は、

優しい涙を誘ってくれた。

セバスチャンを演じるとライアン・ゴズリングも素晴らしかった。
決して巧みな俳優ではないけれど、独自のカラーを醸し出す。

ただ、『セッション』で見事な演技を魅せてくれたJ・K・シモンズの
使い方にはもうひと工夫ほしかったものだ・・・。

アカデミー賞作品賞、やっぱ地味な方に流れたなぁ(笑)


コメント (10)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「梅宮大社」/京都(2017早春) | トップ | 「北野天満宮」/京都(2017早... »
最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (しずく)
2017-03-05 20:37:53
すべての夢を叶える、というのは難しいのかもしれませんね。

吹き替えなしでピアノ演奏をしていたというライアン、お見事でした。
夢を叶える~ (cyaz)
2017-03-05 22:43:55
しずくさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>すべての夢を叶える、というのは難しいのかもしれませんね
そうですね^^ 犠牲にするものもあるんですね。

>吹き替えなしでピアノ演奏をしていたというライアン、お見事でした
結構、短期間集中でトレーニングしたようですね^^
Unknown (Ageha)
2017-03-06 22:34:57
あのピアノ演奏吹き替えなしですか。
そりゃすごい。

二兎は追えないもんなんですね~。
ちょっと切ないラストでしたね。
一瞬、ダンナと別れたのかとおもいましたわな。
シルエットでそういうシーンあったんで
あれ、これ妄想じゃなくてこうなったの?って
思いましたよぅ。
先走りは~ (cyaz)
2017-03-07 12:38:04
Agehaさん、コメントありがとうございます^^

>あのピアノ演奏吹き替えなしですか。そりゃすごい。
見事でした!

>二兎は追えないもんなんですね~。
ちょっと切ないラストでしたね。
そうでしたねぇ^^

>一瞬、ダンナと別れたのかとおもいましたわな。
そういう節もありましたなぁ(笑)

>あれ、これ妄想じゃなくてこうなったの?って
思いましたよぅ
時に妄想も必要かも。 先走りは禁物でんな(笑)
TBありがとうございました(*''▽'') (かこ)
2017-03-11 14:33:18
あの終盤の二人の出会いから真逆な展開がバーッと繰り広げられているシーンからの
見つめ合う表情にジーンともきました。
お互いの夢は叶えても、二人の関係はそれぞれってところが現実的なハッピーエンドで
良かったと思います。

J.K.シモンズさんの出演を知らなかったので、「セッション」の鬼っぷりは払拭の
あの笑顔にはビックリしちゃいました。。(;'∀')
残念~ (cyaz)
2017-03-11 20:39:59
かこさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>見つめ合う表情にジーンともきました
あそこはポイントでしたね^^

>お互いの夢は叶えても、二人の関係はそれぞれってところが現実的なハッピーエンドで
良かったと思います
やはりなかなか上手くはいかないものだと思います。

>「セッション」の鬼っぷりは払拭のあの笑顔にはビックリしちゃいました。。(;'∀')
そうでしたか^^
でも、もう少し使い方があったのかと残念に思います・・・。
こんばんは (NAO)
2017-03-13 23:12:10
吹き替えなしのピアノ演奏は、確かにお見事でした。
相当練習されたんだろうな。。。というのがうかがえます。

もしあの時こうだったら、、、のシーンは、誰もがそう思う
ことでもあるので、ちょっとジーンときちゃいました。

ラストの見つめるシーンは、大人にしかわからない間ですね。

シモンズさんの使い方は、私ももったいない・・・と思いました^^;
音楽的センスも~ (cyaz)
2017-03-14 12:22:31
NAOさん、TB&コメント、ありがとうございます。

>相当練習されたんだろうな。。。というのがうかがえます
音楽的センスも持ち合わせていたんでしょうね~♪

>もしあの時こうだったら、、、のシーンは、誰もがそう思うことでもあるので、ちょっとジーンときちゃいました
未だにありますけどね(笑)

>ラストの見つめるシーンは、大人にしかわからない間ですね
そうそう、あそこ大好きなシーンでした!

>シモンズさんの使い方は、私ももったいない・・・と思いました^^;
ですよねぇ・・・。
エマ・ストーン (iina)
2017-03-21 10:46:58
> エマ・ストーンは下馬評通り主演女優賞を受賞
エマ・ストーンが馬に似ていたわけではありませんが、冒頭は顔の表情が目まぐるしく豊かに変わりました。

あのシーンだけで、スパイダーマンの恋人役だけではない演技力だと思いしりました。

成長の跡~ (cyaz)
2017-03-21 12:31:46
iinaさん、TB&コメント、ありがとうございます^^

>冒頭は顔の表情が目まぐるしく豊かに変わりました。
そうですね^^ 最後のアイコンタクトもなかなかでした!

>あのシーンだけで、スパイダーマンの恋人役だけではない演技力だと思いしりました
女優として、成長したあとが見えましたね^^

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事