京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『プール』

2009-09-20 01:23:45 | 邦画


□作品オフィシャルサイト 「プール
□監督・脚本 大森美香
□原作 桜沢エリカ
□キャスト 小林聡美、加瀬亮、伽奈、もたいまさこ、シッティチャイ・コンピラ

■鑑賞日 9月12日(土)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)


 チェンマイのプール付きのゲストハウスで働く京子(小林聡美)の周りには、不思議に人が集まってくる。 プールを中心にして、その場所が気持ちいいのか、京子やオーナーの菊子(もたいまさこ)、庭の手入れを手伝っている(加瀬亮)、そしてタイ人の少年(シッティチャイ・コンピラ)も。 そこに4年前、祖母に預けて旅立った娘のさよ(伽奈)が加わり、それぞれの事情を抱えた5人の男女の6日間が描かれる。

 脚本家としての認知度の高い大森美香が今回、漫画家の桜沢エリカが映画用に書き下ろした原作を自ら脚本・監督しているのだが、やはりそこは餅屋は餅屋で、自分が思い描いた脚本の具現化を監督として為し得たかどうかは観てのとおりだと思う。 彼女は過去『インストール』、『
デトロイト・メタル・シティ』、『ヘブンズ・ドア』と一様ではない脚本を書いているところは素晴らしいと思うのだが、敢えて言わせてもらうと「一体、何狙いなのか?」って感じ。 特に小林聡美、もたいまさこ、加瀬亮はあの『めがね』」でも共演しているし、『かもめ食堂』の空気も似ているところなので、それらとは別の斬新さが映画の良し悪しを左右することくらい、クランクインする前に、しかも脚本を書いた段階で想定できたものではないのか。

 誰しもが比較しようとは思って観ている訳ではないが、役者のイメージから当然シーンシーンで『かもめ食堂』や『めがね』のシーンが被さって来る。
 ゆったりとした時間の流れはそこにあっても、そこに集う5人の過去の背景はなんとなく宙ぶらりんな感じで、曖昧に観てる側が想像し、紐付けるのは難儀だ。

 そこにキーワードである“癒し”、それはむしろ“気だるさ”のような感覚すら感じてしまう。

 何といってもそこで登場する料理の数々が美味しいと思えない。 地元の名物や日本を離れての哀愁から来る料理など、本来は素朴さゆえにお腹の虫が思わず合唱しちゃうのだが、そういうアイテムがなかったのも寂しかった。
 
 新人の伽奈は冒頭から緊張気味だったが、それが母との過去の仲違いを表現するにはかえって効果的だったと言える。

 タイの少年役のシッティチャイ・コンピラの日本語が上手いところには伽奈より驚いたけれど(笑)

 加瀬クン、相変わらず色が薄いというか、“存在感の薄いけどどこか記憶に残る”役者カラーは健在だ(笑)

 小林聡美、もたいまさことくれば、観る側は大きな期待をしてしまうわけで、彼女たちの持つ女優としてのテイストは他の人では補えないそれだけは事実だけれど、ぼちぼち柳の下は使う方も出る方もリセットしてみてはどうだろうか。

 プールサイドで歌う「君の好きな花」は小林聡美自身の作詞作曲によるものだ。 決して歌も上手くはないし、曲自体も素人が作った域を抜けないが、それでもそういう素朴さが不思議に耳に残っているものだ。 それは別にそれを作って商業ベースに乗っけなければならないというプレッシャーがなく、ご本人も犬の散歩中に鼻歌を歌いながら作ったとか(笑) 一日の仕事を終え、プールサイドでビールを飲みながら好きな歌を弾き語る。 ちょっと憧れな風景だなぁ~。


 


コメント (4)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
« 9連休にて京都へ~ | トップ | ガンダム/miniガンプラ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (ミチ)
2009-10-21 19:03:15
どうしてこの企画がゴーになったのか理解しかねますよね~。
同じような作品ばかり短期間に三本も!
『めがね』のような強制的な癒しよりも、この映画の気だるさが好みではありましたが・・・。
あのゲストハウスだけがチェンマイの中でも異空間に見えました。
気だるさ~ (cyaz)
2009-10-21 22:51:12
ミチさん、TB&コメントありがとうございましたm(__)m

>どうしてこの企画がゴーになったのか理解しかねますよね~。同じような作品ばかり短期間に三本も!
そうでしたね(笑)
ちょっと3匹目はいませんでしたね(笑)

>『めがね』のような強制的な癒しよりも、この映画の気だるさが好みではありましたが。
ミチさんはこっちのテイストがお好みだったんですね^^

>あのゲストハウスだけがチェンマイの中でも異空間に見えました。
正直、『めがね』のときの厨房だけあそこに入れた感じで(汗)
TBありがとうございました (猫)
2009-10-27 12:30:18
私はこの映画、今年のワーストです。
(小林さんの歌は良かったけれど)
反応が~ (cyaz)
2009-10-27 17:24:33
猫さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>私はこの映画、今年のワーストです。
(小林さんの歌は良かったけれど)
やはり反応が悪いみたいですねぁ><

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

31 トラックバック

プール (だらだら無気力ブログ)
桜沢エリカが映画用に書き下ろした原作を基に『ネコナデ』の大森美香監督 が映画化した癒しドラマ。 タイのチェンマイを舞台にそれぞれ事情を抱えたワケありの男女5人の 6日間の人間模様を描く。大学卒業を控えた女子大生のさよは、卒業旅行でタイのチェンマイを訪れ...
プール (そーれりぽーと)
『かもめ食堂』、『めがね』を彷彿とするキャストとシチュエーションに期待をして、『プール』を観てきました。 ★★★★ なんだこの似て非なる違和感、それもそのはず『かもめ食堂』や『めがね』とは監督も原作者も違って、悪い言い方をすればバッタモン映画。 でもオリ...
プール (いい加減社長の映画日記)
「火天の城」「キラー・ヴァージンロード」「しんぼる」と注目作品が公開されたこの土曜日。「しんぼる」は、前作「大日本人」でガッカリさせられたので、私には合わないと思い、最初からパス。「火天の城」「キラー・ヴァージンロード」は興味あるんだけど・・・ちょっと...
プール (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。桜沢エリカ原作、大森美香監督、小林聡美、もたいまさこ、加瀬亮、伽奈、シッティチャイ・コンピラ。眠っているのは菊子(もたいまさこ)だけではない。映画そのものが睡眠薬のようで、眠気を誘い、登場人物も、風景も皆嘘っぽく、嘘の自然の中で嘘の睡眠で憩っ...
プール◇◆POOL (銅版画制作の日々)
かもめ食堂、めがね、そして今度はプール・・・・。 前回の“めがね”のメンバー、小林聡美、もたいまさこ、加瀬亮が登場。そして今回初登場のモデルの伽奈は映画初出演だそうです。そしてそしてタイの男の子も登場しちゃいます。19日の土曜日に舞台挨拶があるそうです...
映画 「プール」 ( m e r c i *)
自由気ままな母親、京子(小林聡美)に会うため、娘さや(伽奈)が大学の卒業旅行でタイにやって来るところから物語ははじまります。自分と祖母を日本に残してタイに行ってしまった母親の気持ちが理解できない、さや。京子と上手くコミュニケーションをとることができません。...
プール (悠雅的生活)
曜日占い。コムローイ。君の好きな花。
「プール」 第11位? (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 42オープニング土日動員: 2万189人オープニング土日興収
プール (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
気持ちはいいが中身がない。それって映画としてどうなのか?!と問いかけたくなる作品だ。大学生のさよは、タイの古都チェンマイのゲストハウスで働く母の京子を訪ねる。自分や家族を置いてタイに渡った母は、ゲストハウスのオーナーやタイ人の少年、ハウスを手伝う青年ら...
プール (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
漫画家の桜沢エリカが映画用に書き下ろした原作を、『ネコナデ』の大森美香監督が映画化したほのぼのとした癒し系人間ドラマ。 タイの古都、チェンマイを舞台に、それぞれの事情を抱えた5人の男女の6日間の人間模様をさらりと映し出す。 出演者も独特の空気感をまとう...
映画「プール」 (今のところではありますが…)
タイのチェンマイのゲストハウスで働く母親京子(小林聡美)の元にやってくるさよ。空港まで迎えにきた手伝い人の市尾と、途中で折り合ったゲストハウスの中に住む菊子(もたいまさこ)と、3人でゲストハウスに向かう。この車の中の会話が、さよがこれまで、周りの人のこ...
プール(映画館) (ひるめし。)
理由なんて、愛ひとつで十分だ。
「プール」:豊島区役所前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}「音楽はいいぞ」なんていいキャッチフレーズだねえ。ここの楽器屋でギターでも買うか。 {/hiyo_en2/}なんでまた急にギターなんか欲しくなったの? {/kaeru_en4/}決まってるじゃないか、大森美香監督の「プール」を観たからだ。 {/hiyo_en2/}ああ、あの映画...
『プール』(2009)/日本 (NiceOne!!)
監督・脚本:大森美香原作:桜沢エリカ出演:小林聡美、加瀬亮、伽奈、シッティチャイ・コンピラ、もたいまさこ公式サイトはこちら。<Story>大学生のさよ(伽奈)は卒業を控え、タイ北部・チェンマイのゲストハウスで働く母・京子(小林聡美)のもとを訪ねる。迎え...
『プール』 (『映画な日々』 cinema-days)
4年前に家を出た母に会いに 単身、卒業旅行でタイ・チェンマイに やって来た娘の6日間の滞在記。 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑...
【映画】プール (新!やさぐれ日記)
▼動機 かもめ食堂が面白かったから ▼感想 なんてことのない映画 ▼満足度 ★★★☆☆☆☆ あんまり ▼あらすじ さよ(伽奈)はタイ北部、チェンマイのゲストハウスで働く母(小林聡美)を訪ねる。4年前、祖母にさよを預けて旅立った母は小さなプールのある場所...
映画「プール」 (Andre's Review)
プール 2009 日本 2009年9月公開 劇場鑑賞   『かもめ食堂』も『めがね』も劇場鑑賞しているので、やっぱり気になるこのシリーズ(?)。今回は監督・脚本が違うのでちょっと不安ではあったのですが、もうすぐ公開も終了しそうな中、滑り込みで観にいってきまし...
プール (タル★タル ソース♪♪)
小林聡美さん主演の「プール」をみてきました。 監督は変わっていますが、「かもめ食堂」「めがね」と、かぶるスタッフで、他の出演者ももたいまさこさん、加瀬亮さんとおなじみのメンバーでの独特の時間感覚の癒し系映画です。
プール (Art- Mill)
http://pool-movie.com/ プール 映画館でただただボーと過ごすヒーリング映像でした。 こんなに「何もない」映画も珍しいと思いながら、時々、猫の登場に心が騒ぐ。猫のしっぽがぴーん
「プール」 サチエへの共感、京子への反発 (はらやんの映画徒然草)
小林聡美さん、もたいまさこさん、加瀬亮さんという出演者で、まったりと癒し系な予告
映画 【プール】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「プール」 漫画家の桜沢エリカが映画用に書き下ろした原作を大森美香監督が映画化。 おはなし:さよ(伽奈)はタイ北部のチェンマイのゲストハウスで働く母親・京子(小林聡美)のもとを訪れた。そこにはオーナーの菊子や手伝いの市尾、タイ人の少年ビーも暮...
『 プール 』 (映画でお喋り♪猫とひなたぼっこ)
これこそ どんな映画か全く知らずに鑑賞してしまった。 全くのノーマーク MOVIXで 『 エヴァンゲリオン 破 』 を観た直後 劇場内に貼ってあったポスターに 「 脚本 大森美香 」 という名前を見つけたのが この映画を知るきっかけだった。 大森美香・・・ 彼...
「プール」 (てんびんthe LIFE)
「プール」新宿ピカデリーで鑑賞 色々なレビューを読んでいて、「期待を裏切られる内容」というのが多かったので、どういうことなのか自分で確かめようと行ってきました。 「期待を裏切られる内容」それでも出来栄えはそれなりに良いらしく、それも鑑賞理由の一つ。 ...
プール (POCKET BASE)
桜沢エリカが原作、小林聡美、もたいまさこ、加瀬亮が出演の映画『プール』を観てきた。 舞台は、タイの古都チェンマイ。郊外にある、小さなプールのあるゲストハウス。そこに集まった、5人の6日間の物語。 小林聡美、もたいまさこが出演とくれば、大好きな映画の『かも...
「プール」みた。 (たいむのひとりごと)
私は金曜日生まれです♪・・でも、だからってどこにも答えがなかったところがやっぱりこの映画なのかなーと。『かもめ食堂』、『めがね』に続き、小林聡美&もたいまさこコンビによる、またまたまったり、でも頑固な
プール (C'est joli~ここちいい毎日を~)
プール’09:日本 ◆監督:大森美香◆出演: 小林聡美、加瀬亮、伽奈、シッティチャイ・コンピラ、もたいまさこ ◆STORY◆大学生のさよは卒業を控え、タイ北部・チェンマイのゲストハウスで働く母・京子のもとを訪ねる。迎えに現れたのは母の仕事を手伝う市尾だっ...
『プール』 (日々のつぶやき)
監督:大森美香 出演:小林聡美、もたいまさこ、加瀬亮、伽奈、シッティチャイ・コンピラ タイのチェンマイ、  キラキラ光る小さなプールのまわりに集まる5人の、   6日間の物語。 この秋、風の吹き抜ける    プールサイドに出かけてみませんか。 「
「プール」「おとうと」う~~ん・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
両方とも脇役に加瀬君が出演している家族の物語。
mini review 10489「プール」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
漫画家の桜沢エリカが映画用に書き下ろした原作を、『ネコナデ』の大森美香監督が映画化したほのぼのとした癒し系人間ドラマ。タイの古都、チェンマイを舞台に、それぞれの事情を抱えた5人の男女の6日間の人間模様をさらりと映し出す。出演者も独特の空気感をまとう小林聡...
プール (いやいやえん)
かもめ食堂の流れの作品のひとつ。 娘である自分を置いて、小さなプールがあるゲストハウスで楽しそうに暮らしている母の姿をどうしても素直に受け入れることができず、戸惑いを感じるのは当然。 チェンマイのどこかゆったりとした気質はこの世界感にあっているもの...
TV(BS・CS)で観た映画(日本)を5本 (読書と映画とガーデニング)
「ばしゃ馬さんとビッグマウス」2013年 脚本家を目指す34歳のみち代(麻生久美子)=ばしゃ馬さん学生時代からコンクールにオリジナル作品を応募するも落選ばかり口癖は「私......