京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『エンディングノート』

2011-11-27 00:11:27 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「エンディングノート
□監督 砂田麻美
□キャスト 砂田知昭

■鑑賞日 11月19日(土)
■劇場 109CINEMAS川崎
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

  映画は所詮作られたものだ。
  こういう映像を見せられると、やはり役者は業としての演じ手に過ぎない。
  実話は実話でも、こうあからさまに人の死に様に向き合うことはなかなかないだろうし、
  あからさまにそれは演技ではないまさに“実”の世界なのだ。

 人間誰しも一度は“死”を経験する。
 それよりもまず順序としては、自分の祖父や祖母、そして一番近しいのは自分の両親のそれ。
 この主人公・砂田知昭氏は永らく勤め上げた会社を退職し、
 まさにこれから第二の人生をスタートさせようとしたとき、
 これが運命なのか宿命なのか、健康診断で癌が発見された。

 それを知る前も、その後も娘・砂田麻美はずっと知昭氏の映像と捉えていった
 この映画は一人の癌患者の死までのレクイエムではない。
 むしろ、タイトルどおり「エンディングノート」という、

 余名いくばくかの自らの命の炎がともされている間に、
 自身の希望と、残される家族への死後の対応記した指示書のようなものだ。
 知昭氏の映像で観て取れるユニークで快活な生活と、その家族の愛が、
 最初から最後まで息抜く暇もなく、また癌患者の暗い死への過程でもなく、
 淡々と流れる映像の一つ一つが活きたメッセージとして伝わってくる。
 死を前に洗礼を受けるとか、その理由が教会で旅立ちたいとか、
 知昭氏の最後の願いを形にしていく。
 また、家族もその希望を叶えてやるべく同じ方向を向いて進む。

 自分にはまだよくわからないが、やはり最期は孫の顔を見たいのだろうか。
 夫婦には夫婦しかわからない重ね合わせた膨大な時間がある。
 それは家族として、父として、母として、子供として、共有する時間が大きいほど、
 別れは比例して辛さが増すものなのか。

 映画を観ながら、これはこれから年老いた両親のいつかを見送らねばならないときのための
 テキストブックのようなものだと感じ入った。
 エンディングノートは先に逝く者が準備するのがふさわしい。
 たとえ夫婦だとしても知らないことは多いのだ。
 老いて出来ないのであれば、それは残された子供たちがやるべきものなのかもわからない。
 この映画のように、数年前にきちっと両親のエンディングノートを作るように促したものの、
 結局のところ、何一つ出来ていないわけで、まだ大丈夫が急遽なことにもなりかねない。
 一度、膝を詰めて話をするしかないと痛感した。
 僕にとってこの『エンディングノート』はまさに自分への洗礼だったのかもしれない。

  死の直前、妻が二人きりにしてと言い、
  夫は妻に初めて「愛してるよ」と言い、
  妻は「一緒に逝きたい」という夫婦の会話を捉えている。
  できるならば、自分の最期も妻にそんな言葉をかけてほしい・・・。


コメント (6)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
« 『指輪をはめたい』 | トップ | 六義園(2011秋) »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
辛い内容です (こに)
2011-11-27 10:37:48
自分の経験を思い出すと、とてもじゃないけれど映画館では観られない内容で、cyazさんの記事を読んだだけでもこみ上げるものがあります
その日を前に、本人や家族、友人など、準備が出来る人がどれだけいるんでしょうね
エンデングノート (koyuko)
2011-11-27 13:48:53
映画が封切られる前にNHKで話題になりました。
プロ友のページでも拝見して、インターネットで「エンダングノート」を注文しました。
今、私の手元にありますが、1ページも記入してません。
いつか、徐々にと思ってますが・・・健康なうちに書いた方が良いと思います。
対峙~ (cyaz)
2011-11-29 12:51:27
こにさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>自分の経験を思い出すと、とてもじゃないけれど映画館では観られない内容で、cyazさんの記事を読んだだけでもこみ上げるものがあります
誰しもが辿る苦しい“想い”があります。
しかしながら本人家族を含め、死と対峙する現実を
真正面から受け止めるこの映画は素晴らしいと思います。

>その日を前に、本人や家族、友人など、準備が出来る人がどれだけいるんでしょうね
そうですね。
京都に帰った折に両親にもそれを伝えましたが、
わかっているのかいないのか(笑)
記入すること~ (cyaz)
2011-11-29 12:52:52
koyukoさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>プロ友のページでも拝見して、インターネットで「エンダングノート」を注文しました。
今、私の手元にありますが、1ページも記入してません。
そうなんですか?

>いつか、徐々にと思ってますが・・・健康なうちに書いた方が良いと思います。
確かにそうですね!
うちの両親にも買って贈ろうかな?!
まだまだ (sakurai)
2012-03-09 09:17:00
覚悟がないです。
こうあるべきだろうし、自分の始末くらい、自分でけじめつけて行きたいもんだと思うんですが、やっぱねえ。
凡人ですから、なかなかそこまで悟れない。。
と書いたら、覚悟って、悟りのことなんすね。
一応順番で、両親と夫の両親を見送ってから自分のことを考える流れになって欲しい・・と思った次第。
去年、父がガンの手術をしたので、一層思いました。今はぴんぴんしてますよ。
タイミング~ (cyaz)
2012-03-09 12:36:41
sakuraiさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>自分の始末くらい、自分でけじめつけて行きたいもんだと思うんですが、やっぱねえ。
なかなかタイミングが難しいですが、
1年のうちのどこかでそんなタイミングを見つけ、
更新すべきところは更新していかないとと思います。

>一応順番で、両親と夫の両親を見送ってから自分のことを考える流れになって欲しい・・と思った次第。
未来は予測のつかないものですから、
ある日順序が入れ替わることも・・・。

>去年、父がガンの手術をしたので、一層思いました。今はぴんぴんしてますよ。
そうでしたか^^
うちのオヤジは未だに酒もタバコもやめてません><

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

18 トラックバック

エンディングノート (LOVE Cinemas 調布)
是枝裕和監督の弟子である砂田麻美監督が、ガン宣告を受けた自身の父と遺される家族との最期の日々をカメラに収めたドキュメンタリーだ。熱血営業マンとしてならした砂田知昭さんは、自らの死までの段取りをエンディングノートの形で書き記そうと決めるのだった…。死を...
エンディングノート (あーうぃ だにぇっと)
『エンディングノート(映画)』9月7日@シネマート六本木。 東京新聞の試写で長女を除く4人で鑑賞。 応募はがきに“3人の娘の父親です”と書いたら電話がかかってきた。 取材依頼だったのでいいですよと答え4人で行くことになった。 取材といっても、映画みてア...
エンディングノート/砂田知昭 (カノンな日々)
無事に定年を迎えて第二の人生を歩み始めた矢先に医者からガン宣告を受け、病と向き合い最期の締め括りとして人生を総括しようとする父・砂田知昭さんの姿をそれを見守る家族たち ...
天国への段取り~『エンディングノート』 (真紅のthinkingdays)
 日本の高度成長期を支え、「会社大好き」 「段取り命」 の熱血サラリーマン だった父・砂田知昭。67歳で退職した直後、進行性の胃ガンを宣告される。余命 半年。彼は自分の「死」 さえも段取ろうと、...
エンディングノート・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
娘の声で綴られる、亡き父の最期の旅立ち。 「エンディングノート」とは、遺言状ほど肩肘張らない、自らの死を如何に迎えるかに関する覚書の様な物。 戦後日本を支え、世界有数の豊かな国に育て上げた、所謂...
エンディングノート~営業マンの死 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。是枝裕和製作、砂田麻美監督。砂田監督の父、砂田知昭氏とその家族のドキュメンタリー。 砂田知昭氏死去 元関東電化工業専務(47NEWS)砂田 知昭氏(すなだ・ともあき= ...
エンディングノート (とりあえず、コメントです)
ガンで余命を宣告された父の姿を最後まで映し続けたドキュメンタリーです。 娘である監督さんが撮り続けた作品とはどんなものになっているのだろうかと気になっていました。 主人公の明るさと強さが印象的で、予想よりも軽快に綴られている作品でした。
「監督」と「娘」が同居する映画って・・・~「エンディング・ノート」~ (ペパーミントの魔術師)
http://www.1101.com/ending-note/index.html ↑これは、ほぼ日刊イトイ新聞のリンク。 この映画をサポートしたプロデューサー是枝監督と糸井重里の 対談がはじまったばかりなんで、しばらく追いかけようと思います。 映画『エンディングノート』予告篇 この予告編だけ...
エンディングノート☆独り言 (黒猫のうたた寝)
観に行こうと思ったのは、たまたま朝のワイドショーで取り上げられていたのに心魅かれたせい。ただし、途中でTVは消してしまいました(笑)だって、情報はなるべく少なめで臨みたいと思ったから。いつか迎える死・・・ここまで腹をくくることはできるのか自分自身のことと...
エンディングノート(2011-107) (単館系)
わたくし終活に大忙し いきなり関係ないけど Google日本語入力、しゅうかつが変換できるんですね・・・・ がんの宣告を受けた監督の父を追ったドキュメンタリーだそうです。 公開時期ではエンディングノ...
エンディングノート (la Casa del Lapiz:鉛筆庵)
             2011年/日本/89分 監督:砂田麻美 出演:砂田知昭 わたくし、 終活に大忙し。 父が遺した”エンディングノート”が開かれる、その時まで。 人間味あふれる父とその姿を見守る家族を「娘」が描いた、 感動のエンターテインメント・ドキュメン...
家族よ、もっと死生観を語れ『エンディング ノート』 (Healing )
エンディングノート 新宿ピカデリーほか、全国ロードショー ★★★★★ 自分のため、家族のためのエンディング。 見事に終活、完了です 観て、本当によかったと思えるドキュメンタリーでした。 実の娘が末期がんの父親との闘病生活を追うのではなく、 がんを抱えながら、 ...
エンディングノート (悠雅的生活)
自分らしく自分を完結するための‘段取り’。
エンディングノート (★tip of the iceberg★)
67歳まで働いてリタイアしてから2年目の元サラリーマンに、5月に癌の宣告が…。 病状はステージ4。 つまり治療は手遅れ状態。 実際に彼の命の炎が消えた12月までの歳月を中心に、彼の次女である砂田麻美監督が撮り続けた膨大な家族の記録が感動のエンターテインメン...
エンディングノート (A Day In The Life)
遅れながらも劇場で観ることができた作品 この映画はブログやツイッターでもかなり評判になった映画 解説 熱血営業マンとして働き続け67歳で退職したサラリーマンが、 第二の人生を歩み始めた矢先にガン宣告を受け、残された家族 と自分の人生を総括するた...
エンディングノート (まてぃの徒然映画+雑記)
監督の父がステージIVの末期癌を宣告されてから、亡くなるまでの様子を記録したドキュメント。 自分も父を末期癌で亡くしているところが似た境遇で、映画の中の砂田さんの言葉や考えを通して、自分の父はどんなことを思っていたんだろう、と改めて考えてしまいました。....
「エンディングノート」 (2011 ビターズエンド) (事務職員へのこの1冊)
砂田知昭。 医者の息子として愛知県の田舎に生まれ、化学関係の会社に就職。営業マン
「エンディングノート」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
うますぎない? 映画が? 映画が。 砂田麻美監督は初めての作品だけど、プロデュースを是枝裕和監督がしているからね。いいアドバイスを受けているんでしょうね。 これまでに撮り貯めてきた家族ビデオも活用しながら、末期ガンの告知をされた、監督自身の父親の最期の日....