京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ホノカアボーイ』

2009-03-19 08:14:35 | 邦画


□作品オフィシャルサイト 「ホノカアボーイ
□監督 真田 敦
□脚本 高崎卓馬
□原作 吉田玲雄(「ホノカアボーイ)幻冬舎文庫)
□キャスト 岡田将生、倍賞千恵子、松坂慶子、長谷川 潤、喜味こいし、正司照枝、深津絵里、蒼井 優

■鑑賞日 3月15日(日)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 原作は読んでいないけど、ゆったりとしたハワイ独特の時の流れと空気感が体の中になんともいえない“温かさ”を運んでくる。 多少の温度差は許せてしまえるのがこの映画の持ち味なのだろうか。

 ハワイ島の北にあるホノカアは日系人年寄りの多い町。 この町では「ムーンボウ」と言って、“月に虹がかかるとき、願いが叶う”という言い伝えがある。

 レオ(岡田将生)は文句ばっかりの口うるさい恋人カオル(蒼井優)にフラれ、ひょんなことからこの町にある小さな映画館で働くことになる。 そのロビーの売り物であったマラサダを食べてその美味しさに感動。 誰が作っているのかエデリ(松坂慶子)聞くとビー(倍賞千恵子)さんという女性が作っていると言う。

 重い荷物を頼まれてビーさんの家に出向き、煮つけを黙ってつまみ食いしてビーさん自作のゴム鉄砲で逆襲に合う。 それはレオとビーさんとの出会いだった。
 荷物を運んだ御礼に食事をご馳走になるうちに、いつのまにか毎日ビーさん手作りの美味しい料理を食べれることになる。
 年齢こそ離れてはいるけれど、ほのかに昔は持っていたほのかな恋心がビーさんの心に去来する。 まるで娘のようにウインドウに飾ってある黄色いワンピースを迷いながら買う。 料理を食べるレオは一向にそのスカートに気が付かない。 賠償さん=気丈で気が付くさくらさんを思い出してしまうのだが、なんとも可愛いシーンだった 

 映画を観てお腹がグーグーいったのは、同様なテイストを持つ『
かもめ食堂』のようで、青い海や青い空は、ハワイではないけれど沖縄が舞台の『めがね』や最近観たばかりの『カフーを待ちわびて』にも似ていた。

 それとビーさんの家にあったポイントポイントで出てくるクマの青いかき氷器も、昔家にあったようで懐かしい。 その他掃除機じゃなく箒で掃くシーンも良かったなぁ(笑)

 コイチ(喜味こいし)さんやみずえ(正司照枝)さんも元気いっぱいで、流石二人とも上方漫才の大御所。 いとしこいしやかしまし娘の漫才は子供の頃よくTVで見ていた。 日本のソレがいいとレオに頼む80歳過ぎても元気なコイチさんや、鼾をかきながら眠るみずえさんの何気ない演技もどこか滑稽で笑える。

 コイチさんがペネロペ・クルス主演の『ウーマン・オブ・トップ(2000年)』のポスターを観て憧れているのもわかるような気がした。

 束の間レオが淡い恋心を抱くマライア役の長谷川潤ちゃん、流石にハワイ出身でよくこの映画に溶け込んでいたし、目も楽しませてもらった。 やはり目にはブルーベリーがいいのだ(笑)
 ちゃっかりマライアの恋人役で吉田玲雄さんご自身も登場していたし(笑) 結構日本人離れした顔でケツ顎だったりして。 しかも以前はコムサのパリコレモデルをやったこともあるとか・・・なるほど(納得)。
 
 だけど・・・あんな年寄りばかりの町に、あのヤングなウクレレマン(笑)は一体誰???

 ここで暮らしたフツーのようでフツーでない生活の全てが、レオが優しい男に成長するための栄養になったに違いない。 少なくとも糸電話で会話していたビーさんとの出会いは彼の人生を大きく左右したかもしれないし、生きる糧になっているのだと思いたい。

  How to 「
マラサダ」 (このネタは「ペパーミントの漫才師」・・・もとい「ペパーミントの魔術師」のAgehaさんちから黙ってもらってきました

 そうそう深っチャンのああいう出来事って実際にあったのかなぁ(笑)  玲雄さんにぜひ聞いてみたい。 ビーさんが横にして観ていたTVのその女優さんは誰なのかを(笑)

 で、冒頭のカオルは何も蒼井 優チャンでなくても、玲雄さんご本人には大事な人かもしれないけど、観てる方はあの役に優チャンを使うことはないと思う。 もっと彼女にはいいポジションがあるはず。 どういう流れでカオル役になったのか監督に聞いてみたいものだ

 岡田将生クン、先日観た『
ハルフウェイ』といい、なかなかここのところ若手の成長株かもしれないが、どこかダルビッシュ・テイストじゃないですかねぇ(笑)

 最近歌手活動を再開したキョンキョンの、この映画のテーマソングである「虹が消えるまで」も心地いいなぁ~ 


 

月の虹


 僕の好きな写真家のひとり、石川賢治さんの写真集、「月光浴」の中に一枚ムーンボウの写真がありました。 ちょうど真ん中のページだったので、わかりにくいかもしれませんが、石川氏自身の写真説明によると次のとおりです。

 「マウイ島ハレアカラ火山で撮影した月の虹。 アメリカの天然記念物に指定されている植物、シルバースウォードを撮りに登っている途中、虹に出会った。 夜に虹は殆ど白く、端が少し紫がかっていた。 ハワイに住む友人に聞いてはいたが、初めて見た。 現地の人でもなかなか見ることのできない夜の虹が見られたのは、満月の光を追いかけたからだろう。」



コメント (14)   トラックバック (47)   この記事についてブログを書く
« グーグーワールド | トップ | 元祖!血液型診断 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ダル似 (ituka)
2009-03-19 13:01:29
こんにちは お邪魔します。

実は私も、劇中に何度も思っていました。
むしろ昨日のWBCで岡田君の方を思い出しましたよ(笑)

>『ウーマン・オブ・トップ(2000年)』

あ~!これだったんですね。
スッキリしました。
ダル君~ (cyaz)
2009-03-19 17:32:43
itukaさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>実は私も、劇中に何度も思っていました。 むしろ昨日のWBCで岡田君の方を思い出しましたよ(笑)
やっぱ、似てますよね(笑)?!
昨日のダル君は球が上ずっていましたねぇ><

>あ~!これだったんですね。 スッキリしました。
『ウーマン・オブ・トップ』、実は観ていないような(汗)
誰が漫才師やねん(笑) (Ageha)
2009-03-19 18:41:07
う~やっぱり1回しばいたる~~。

レオがほわんとしてて
じーちゃんばーちゃんの方が元気な気がした。

生ケツ2回も見てドキドキ。(笑)
スカートめくりはあるしおいおい、、、。

ハワイハワイ~~と
って歌もキョンキョンの歌もいい感じでした。

映画ならではの演出はいいとして
もちっと映画の話
してほしかったな。
ブルーベリー~ (cyaz)
2009-03-19 21:58:36
Agehaさん、コメントありがとうございますm(__)m

>う~やっぱり1回しばいたる~~。
まあまあ、そういわんと(笑)

>生ケツ2回も見てドキドキ。(笑)
ほんまやねぇ(笑)

>スカートめくりはあるしおいおい、、、。
そこそこブルーベリー~♪

>映画ならではの演出はいいとしてもちっと映画の話
してほしかったな。
ま、こんなもんでしょ(笑)
いい映画でした~♪
TBありがとうございました (ぐりみゃ)
2009-03-19 23:08:55
同じ日にご覧になっていたようですね
「カフーを待ちわびて」観ようか悩んでるところです。
「かもめ食堂」も「めがね」も大好きです

ムーンボウは観れませんでしたが・・
ハレアカラで夕日待ちで休憩していた時、シルバースォード(銀針草、でしたか)の生えてるところでポンヤリした虹を観ました。
やっぱり月の光、がいいようですね。
「月光浴」観てみます。
また遊びに来ますね。
ハワイ~、ハワイと・・・ (talofa)
2009-03-19 23:47:59
 私好みのとっても良い映画でした。
映画館から戻って以来「ハワイ、ハワイと~」の歌が耳から離れず いまだに歌っています。(笑)
ぜひ~ (cyaz)
2009-03-20 09:38:11
ぐりみゃさん、コメントありがとうございますm(__)m

>同じ日にご覧になっていたようですね
おっと、そうでしたか^^

>「カフーを待ちわびて」観ようか悩んでるところです。
舞台が沖縄ですが、チョットこの映画とテイストは違いますね~

>「かもめ食堂」も「めがね」も大好きです
僕も好きですよ^^

>ムーンボウは観れませんでしたが・・ハレアカラで夕日待ちで休憩していた時、シルバースォード(銀針草、でしたか)の生えてるところでポンヤリした虹を観ました。 
へぇ~、それは凄いですね!

>やっぱり月の光、がいいようですね。
なかなか現地の方でも見れないようですね><

>「月光浴」観てみます。
はい、ぜひぜひ^^

>また遊びに来ますね。
こちらもまたお邪魔しますね^^
ワイハ~ (cyaz)
2009-03-20 09:40:22
talofaさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>映画館から戻って以来「ハワイ、ハワイと~」の歌が耳から離れず いまだに歌っています。(笑)
いいですよね~、ワイハ^^
アロハ~アロハ~って老後のtalofaさんはハワイで悠々自適ですか(笑)?
Unknown (poti)
2009-03-20 12:46:04
「ホノアカボーイ」、『かもめ』や『めがね』系だったのですね 
 ひとしきり違う時間の流れに浸るのもいいですね!(・・見に行けるかなあ。このごろちょっと慌しくて)

 「月の虹」、素敵ですね。この写真集も素敵そう。探してみます。  
おひさです~ (cyaz)
2009-03-20 21:05:14
potiさん、コメントありがとうございますm(__)m

>「ホノアカボーイ」、『かもめ』や『めがね』系だったのですね ひとしきり違う時間の流れに浸るのもいいですね!(・・見に行けるかなあ。このごろちょっと慌しくて)
ぜひ時間を作って見て下さい!
派手さはないですが、ほのぼの温まります^^

>「月の虹」、素敵ですね。この写真集も素敵そう。探してみます。
月光の光だけで写真を撮っていますのでぜひこちらも^^

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

47 トラックバック

ホノカアボーイ (LOVE Cinemas 調布)
主演は今『ハルフウェイ』が公開中の岡田将生。共演に倍賞千恵子、松坂慶子といったベテラン女優に若手の長谷川潤という一風変わったキャスティングの作品です。監督の真田淳はこの作品が2作目。予告編で流れた「ハ~ワ~イハ~ワ~イ~♪」の歌声と小泉今日子の主題歌か...
ホノカアボーイ (とりあえず、コメントです)
吉田玲雄著の同名エッセイを映画化した作品です。 爽やかな風と美しい空が印象的な、ちょっと切ない青春物語でした。 大学を休学してハワイ島にやって来たレオ(岡田将生)は 小さな村ホノカアの映画館で映写技師見習いとして住み込みで働き始めた。 ある日、店番をして...
ホノカアボーイ (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。ハワイのホノカアのサイト。真田敦監督、岡田将生、倍賞千恵子、長谷川潤、喜味こいし、正司照枝、蒼井優、深津絵里、松坂慶子。思わず「ホンワカボーイ」と読み違えそうな映画。けれど、そこには無邪気に生きる日本人観光客ともう生きていないような地元日系...
ホノカアボーイ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] ビーの切ない胸の内が痛いほど伝わってくる
ホノカアボーイ ★★★★ ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
公式サイト プラデラレビュー ハワイを舞台とした癒し系映画、との体裁から、寝くなりそうな予感がしていたが、むしろ一切退屈させない出来にビックリ。緩やかなムードながら興味は持続させる作りは、近作『カフーを待ちわびて』とは真逆の完成度。『天然コケッコー』...
映画 【ホノカアボーイ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ホノカアボーイ」 吉田玲雄の同名原作の映画化。 おはなし:大学を休学したレオ(岡田将生)は、ひょんなことからハワイ島にあるホノカアの映画館で映写技師としてはたらくことになる。ホノカアは、レオが半年前に“伝説の虹”を探し求め、恋人と道に迷った...
虹と風のまち~『ホノカアボーイ』 (真紅のthinkingdays)
 HONOKAA BOY  ハワイ島にある日系移民の町、ホノカア。日本人青年のレオ(岡田将生)は、料理 上手でいたずら好きのおばあさん、ビー(...
ホノカアボーイ (いとしこいし ーいとしいこいしいものごとのおぼえがきー)
ホノカアボーイ 3/14(土)TOHOシネマズ すごーく良かった。 そして、すごーく美味しそうだった。 パッチワークカーテンの配色や、ホーロー鍋、クマの氷かき、調味料のビンも全部かわいらしくって手入れが行き届いたビーさんのキッチンから生まれたお料
ホノカアボーイ (いい加減社長の映画日記)
ほんとは、金曜のレイトショーを観たので、昨日はパスしようかと思ってたんだけど。 金曜に観た「DRAGON BALL EVOLUTION」が、あんまりで。 ちょっと、欲求不満が溜まっていたので、癒し系のような「ホノカアボーイ」でも観ておこうかと。 「UCとしまえん」は、人は少...
ホノカアボーイ/岡田将生、倍賞千恵子 (カノンな日々)
予告編の印象からは『かもめ食堂』や『めがね』のような雰囲気の作品を想像しちゃうんですけど、とにかく私好みの映画っぽい予感はムンムン漂ってきました。しかも監督したのが、これまた私の好きな『http://blog.livedoor.jp/baron_na8c/archives/50039512.htmlいぬのえ...
『ホノカアボーイ』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
2008年/東宝/111分 【オフィシャルサイト】 監督:真田敦 出演:岡田将生、倍賞千恵子、長谷川潤、喜味こいし、正司照枝、蒼井優、深津絵里、松坂慶子
【レビュー】「ホノカアボーイ」 (映画の部屋☆とらとら分室(^^;)
なるほどなるほど「かもめ食堂」系の 叙情的な映画らしい   特に筋書きはないし のんびり暮らす人々が 実は心の奥に秘めているもの それらをアトランダムに 映像に登場させた感じ   よって 後味はいい 知らぬ間に 冒頭の蒼井優は 忘れてしまってスクリーンに見入る  ...
『honokaa boy』 (キュートなバアサンになるために)
 公式サイト  ウチのツレアイはリタイアしたらニュージーランドに住みたい、なんて言ってます。  私は海外なんて面倒臭そうでパス、です。{/face_ase1/} でも、唯一ハワイなら外国でも、私の苦手な暑い国でも 住んでもいいかな、いや、住みたいな、と思います。 ...
「ホノカアボーイ」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
            「ホノカアボーイ」 ハワイ島北部の街、ホノカア。 まるで時が止まったような不思議な空気が流れている・・。 この地方で、月に虹がかかる(ムーンボー)と、願いが叶うという言い伝えがある・・。 その...
「ホノカアボーイ」 (映画大好き♪)
{/kaeru_fine/} 今日はポカポカ陽気ですね。こんな日はどこか外でウロウロすればいいのに、映画観に行って しまいました。 「ホノカアボーイ」に関しては、私はほとんどなんの情報も持ってませんでした。ただ、ハワイ島 オールロケと聞いていたので、当分海外旅行など出...
「ホノカアボーイ」みた。 (たいむのひとりごと)
美味しいごはんを作るシーンが盛り込まれた作品にハズレなし、ってなんとなく思っているのだけど、この作品もそんな感じ。マグロバーガーに、企業秘密がぎゅっと詰まったロールキャベツ、なによりサクッと歯触りのよ
映画『ホノカアボーイ』 (健康への長い道)
1週間のご無沙汰でした秊。『読書狂日記』はこの間も更新してたんですけどね。 6日連勤明けの今日は、TOHOシネマズ梅田にて『ホノカアボーイ』 Story ハワイ島の北、ホノカア。ここでは月に虹がかかるとき、願いが叶うという・・・。レオ(岡田将生)が初...
ホノカアボーイ (悠雅的生活)
ハワイハワイと来てみたけれど あなた恋しや 月の虹
ホノカアボーイ (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2009年3月14日 公開 ★★★★☆ 世知辛い世の中でこういうのってほ~んわかします 星4っつ! 「チャック開いてますよ・・・嘘ですよ。」 気になっていた作品だったので初日に観てきました。 いいネェ~なんだかまった...
ホノカアボーイ を観ました。 (My Favorite Things)
久々に初日鑑賞を決行!
映画『ホノカアボーイ』 (いつか どこかで)
映画『ホノカアボーイ』を観てきました。
マラサダのような『ホノカアボーイ』 (Alii Drive Breeze)
♪ハワ~イ、ハワイ~と、きてみたけれど、おさ~と恋し~や、つき~のにじ・・・3月14日、公開初日に『ホノカアボーイ』を観て来ました。ハワイ島にある小さな町を舞台にした映画。ラスト10分、ぼくは
「ホノカアボーイ」 第12位 (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 100オープニング土日興収: 3630万円■男女比 40:6
ホノカアボーイ (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2008年 製作国:日本 監 督:真田敦 まず驚いた
ホノカアボーイ ★★★★ (えいがのはこ。)
柚木「教訓として、じじい相手に嘘ついちゃイケナイんですよ。」 楠本「給付金振り込むのに、5万円手数料がかかります。」 柚木「なんというタイムリーな詐欺!!ちなみにその嘘とは外人のじじいに、同性愛という漢字の意味を聞かれ…」 楠本「人の名前です。」...
ホノカアボーイ (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ホノカアボーイ ’08:日本 ◆監督:真田敦「いぬのえいが」 ◆出演:岡田将生 、 倍賞千恵子、長谷川潤、喜味こいし、正司照枝...
【映画】ホノカアボーイ (新!やさぐれ日記)
▼動機 雰囲気・・・かな? ▼感想 おー、なんだか色々とおもしろい ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 恋人にフラれ、大学を休学したレオ(岡田将生)は、ひょんなことからハワイ島にあるホノカアの映画館で映写技師として働くことに。ホノカアは、...
ホノカアボーイ (mignonne)
監督:真田敦 撮影:市橋織江 原作:吉田玲雄 出演:岡田将生 / 倍賞千恵子 / 長谷川潤 / 喜味こいし / 正司照枝 /     蒼井優 / 深津絵里 / 松坂慶子 [STORY] いレオは、彼女に言われるままにハワイ島に旅行にくる。夜かかる月の虹"ムーンボー"が見たい!...
『ホノカアボーイ』@ユナイテッドシネマとしまえん (映画な日々。読書な日々。)
ハワイ島の北、ホノカア。ここでは月に虹がかかるとき、願いが叶うという…。恋人に振られ、大学を休学したレオは、とにかく日本を離れ、ただ違う風景の中にいたかった。そして、ひょんなことからホノカアの映画館で映写技師として働くことに。レオが初めてこの町にやって
ホノカアボーイ (映画通信みるみる)
ハワイ島の北にある小さな町ホノカア。 この町で、僕は、ビーさんと出会った。 まったりとした午後に、パラパラと写真集を眺めるよう...
[映画]ホノカアボーイ (オレメデア)
映画「ホノカアボーイ」を見てきました。 伝説の「月の虹」を見るためにハワイ島のホ...
スパイシーな「かもめ食堂」。『ホノカアボーイ』 (水曜日のシネマ日記)
ハワイ島にある町ホノカアを舞台に描かれた作品。町の映画館で映写技師として働くことになったひとりの日本人の青年と、そこで暮らす人々の物語です。
コムサデモード (コムサデモード)
コムサデモードの通販・店舗・ホームページ情報です。コムサデモード大好きな方へ。
ホノカアボーイ (愛猫レオンとシネマな毎日)
ハワイ島に実在するホノカアの町。 この町では、人は死ぬと風になるらしい・・・ 吉田玲雄原作による同名小説の映画化です。 一人の青年が、ホノカアの町の映画館で働きながら、 恋をして、美味しいごはんを食べて、風を感じて・・・ そして、風変わりで優しい住...
09-93「ホノカアボーイ」(日本) (CINECHANの映画感想)
ハワイに来たは、いいけれど   ハワイ島の北部にあるホノカア村。のんびりした時間が流れるこの村唯一の映画館で映写技師の助手として働き始めた青年レオ。彼はある日、イタズラ好きの風変わりな日系人女性ビーさんと出会う。  以来、レオはビーさんのつくるおいしい...
ホノカアボーイ (ここにあるもの)
予習~~!予習~~~! そんなに意気込んでいるわけでもないけど、今年の夏の終わりにハワイへ行くので 予習~~!予習~~~! 前売りの消費も忘れないでおかなきゃ~~。 『ホノカアボーイ』(真田敦監督・2008日) ハワイ島の北、ホノカアの町のほんのり、のん...
『ホノカアボーイ』 (2008)/日本 (NiceOne!!)
監督:真田敦原作:吉田玲雄出演:岡田将生、倍賞千恵子、長谷川潤、喜味こいし、正司照枝、蒼井優、深津絵里、松坂慶子鑑賞劇場 : ヒューマントラストシネマ渋谷公式サイトはこちら。<Story>ハワイ島の北、ホノカア。ここでは月に虹がかかるとき、願いが叶うと...
「ホノカアボーイ」を観た (ヱェテルノヲト。)
映画「ホノカアボーイ」を観てきました。 ゆるりとした映画らしい、と聞いて気になっていたのですが そのとおりでした。 「かもめ食堂」や「めがね」のような、 田舎での日常。 美味しいごはんとともに。 敬語で、料理を作り、ちょっとお茶目。 そんなビー...
ホノカアボーイ (映画君の毎日)
ホノカアボーイ ¥3,651 ハワイ島の小さな日系移民の町を舞台に繰り広げる心温まるヒューマンドラマ。他人との距離がうまくとれないレオは、彼女に言われるままにハワイ島に旅行にくる。半年後、レオはその旅の途中で出会ったホノカアで、映画館の映写技師の助手をし...
「ホノカアボーイ」 恋せよ乙女 (はらやんの映画徒然草)
昨日観た「プール」もそうでしたが、「かもめ食堂」以来癒し系ムービーとも言えるジャ
「ホノカアボーイ」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
「かもめ食堂」っぽい映画ですね~!雰囲気とかお料理が出て来る処とかはほぼ同じ感じなんだけれど、ホノカアボーイの方が、「老年」という...
「ホノカアボーイ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
忙しい時期に見たので、余計にこの“のんびり”な感じが身に沁みて良かった
≪ホノカアボーイ≫ (日々のつぶやき)
監督:真田敦 出演:岡田将生、倍賞千恵子、松坂慶子、長谷川潤、蒼井優   どうして僕たちは何かを失って、大人になるんだろう。 「人との関わることが苦手なレオは、彼女とハワイ島に旅行にきた。 半年後、その旅行で通った場所ホノカアの映画館の技師の助手
ホノカアボーイ (ひめの映画おぼえがき)
ホノカアボーイ [DVD] 監督:真田敦 出演:岡田将生、倍賞千恵子、長谷川潤、喜味こいし、正司照枝、蒼井優、深津絵里、吉田玲雄、松坂慶子... ...
映画評「ホノカアボーイ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・真田敦 ネタバレあり
『ホノカアボーイ』 (『映画な日々』 cinema-days)
ホノカアボーイ 失恋した青年が大学を休学し、 ハワイ島北部の町ホノカアで 映画館の映写助手として過ごす1シーズン。 【個人評価:★★...
ホノカアボーイ (2009) (voy's room)
  ハワイ島の北に忘れられた町、ホノカア。ここでは、月に虹がかかるとき、願いが叶うと言われている。恋人にフラれ、大学を休学したレオ(岡田将生)は日本を離れ、この町にやってくる。ひょんなことからホノカアの映画館で映写技師として働くことになったレ...