京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

「メメント・モリと写真」/東京都写真美術館

2022-08-31 | 美術・芸術・写真

【2022/8/19撮影】


写美で開催されている「メメント・モリと写真」を鑑賞して来ました
撮影はだったので詳細はHPでご覧下さい。

入口壁面にあったこの写真は「死の像(ハンス・ホルバイン)」。
中央が貴婦人で右下が老婆だそうです。

「メメント・モリ」とは、ラテン語で「死を想え」を意味していて、
キリスト教世界では人々の日常がつねに死と隣り合わせであることを示す警句。
なので作品の中にはかなりシビアな写真もありました。
会場内には17人の写真作品を展示。
特に興味があって観たかったのは、W.ユージン・スミスとロバート・キャパ、
そしてマリオ・ジャコメッリ。
驚いたのはハンス・ホルバイン(子)の木版画連作の数々でした。

写美には先々月に観た「岩合光昭 写真展」以来でしたが、
動物の自然界での生死とある意味合致する部分も感じました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「美術館はおもちゃ箱・道具箱」/目黒美術館

2022-08-31 | イベント

【2022/8/19撮影】

目黒区美術館は開館して今秋35周年を迎えるそうです
ここは企画が変わるたびに訪れている美術館です
目黒川の近くなので桜の時季は2倍楽しめる場所です

今は夏休み中なので、子供たち対象の企画と思いきや、
むしろ大人たちが自分たちの子供の頃を回顧するノスタルジー感たっぷり(笑)
本来は子供たちが手で触って遊ぶブースもあるのですが、
コロナ禍のため、それも少なくて親からは不満も出ているそうですよ。

撮影については一部屋だけがでした

Naef セ ラ アングーラ

  

ふらく・たたむ・うごかす

チ タ いもむし(ひもとおし) エリプソ

  

幌付きカー スポーツワーゲン サイドカー

  

トライアングル

銀杏びな2段飾り 動物パズル(汽船)ビルディング ブロックス

  

積む・組む

4つの箱のキューブ 陶器のパズル/円錐 立方体

  

展示は「トイコレクション」、「画家の画材・道具」、
「画材と素材の引き出し博物館」で構成されていて、
出展作家・展示作品は、伊原宇三郎、川村清雄、岡田謙三、藤田嗣治、福田繁雄、中川久嗣、
クルト・ネフ、ペア・クラーセン、フレドン・シャプール、ブルーノ・ムナーリ、
中でも藤田嗣治が使用していたテーブルや、
他の画家に譲った画材トランクの展示が嬉しかったです~

   

目黒区民センター公園のサルスベリと、目黒新橋の上から見た目黒川。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする