茶陶遊人の部屋

日々の日記と、お茶と地元の歴史等を発信していきます。最近はk-popにはまっている韓国好遊人です。

日本の四季を演出する「茶の湯」の楽しみ・・・

2017年04月27日 | Weblog
東京国立博物館「特別展 茶の湯」

現在、東京国立博物館にて開催されてる「特別展 茶の湯」は日本伝統文化を知る上でも必見の価値がある展示会だと思います。
日本には、春、夏、秋、冬という四季があり、古来よりこの四季を通じての、おもてなしが伝承されています。
茶の湯の世界でも、もてなしの心や季節のしつらい、使ってよし、見てよし、という「用の美」が溢れています。
  春は霞 夏は青葉がくれの郭公 秋はいとど寂しさまさる夕べの空 冬は雪の暁 いずれも茶の湯の風情ぞかし・・・という言葉があります。四季折々の風情を楽しむのは、日本の優れた美意識。茶の湯に関心のない方でも、この「茶の湯展」にご来場頂ければ
必ずや日本の伝統美意識を理解されることでしょう。




コメント   この記事についてブログを書く
« 我が街、川越から「川越サム... | トップ | 皆さん明日から楽しい「ゴー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事