茶陶遊人の部屋

日々の日記と、お茶と地元の歴史等を発信していきます。最近はk-popにはまっている韓国好遊人です。

これぞ本場のシャンソンを歌う男だ!!感動した!!ガレージシャンソン!!

2019年08月21日 | Weblog

 

ネットを見てΣ(・□・;)・・「ガレージシャンソン歌手」と自称し、ライブで人気の歌手がいました。その名は山田晃士(やまだこうし)

1994年に佐藤浩市主演ドラマ「横浜心中」=日本テレビの主題歌を歌いヒットを飛ばしたシンガーだ。その彼が今は当時の芸風とは全く異なる独特の音楽世界で再デビューを見事に果たしています。それも本場フランスで磨きをかけてきたシャンソン歌手としてでした。

(?_?)ガレージシャンソンと自ら名乗るのか それはロックなシャンソン、B級なシャンソンという捉えかたをしていると自ら言っています。たしかに、彼の唄を聴いてみると、ヤンGも昔パリに行ったときノートルダム寺院の近くの下町の汚い?酒場で聞いたシャンソンを聴いて感動した想い出がありました。名も無き歌手が歌う歌には人生の侘しさがあふれていました。これぞ本場のシャンソンだ~ その後パリに行くたびにその酒場でのシャンソンを聴くのが楽しみでした。 今、そのシャンソンを見事に歌う日本人歌手、が、この山田晃士でしょう ヤンGはすっかり惚れ込んでしまいました。また、伴奏のアコーデオンを弾く佐藤さんとの掛け合いも息が合い、素晴らしいですね。

ひとりでしか出来ない表現こそシャンソンなんです。ブラボー

 

コメント   この記事についてブログを書く
« しゃべくり007に出演のI... | トップ | 流浪の朝謡 (ガレージシャン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事