茶陶遊人の部屋

日々の日記と、お茶と地元の歴史等を発信していきます。最近はk-popにはまっている韓国好遊人です。

古希を迎え、故郷京都で活躍のシャンソン歌手に拍手です。!!

2019年09月20日 | Weblog

日本のシャンソン歌手にこのような素晴らしい人がいるとは知りませんでした。特に男性シャンソン歌手と言えば、古いかも知れませんが、高英男、芦野宏、くらいでしたが、ここに、20日に70歳の誕生日を迎えた現役シャンソン歌手『和サブロウ』を知り感動しました。その生い立ちも京都花街の上七軒生まれ、祖母はお茶屋を営み、母は日本舞踊のお師匠さん、子供の頃から遊び相手が舞妓さんとは羨ましい・・・ その少年時代にラジオで聞いたフランスの国民的歌手エデットピアフの唄に衝撃を受け、パリ・ソルボンヌ大学に留学傍らシャンソンの勉強をし、パリでの活躍が認められフランス政府より、芸術文化勲章シュバリヱ章を授与され、本場でも認められたシャンソン歌手です。 平成24年に帰国、京都を拠点に活躍を続けています。ソフトで甘い歌声は同じシャンソンでも京都西陣織の味がしますね。素晴らしい
コメント   この記事についてブログを書く
« 令和の「小野小町」が誕生!... | トップ | やったぜ日本!!ラグビーワ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事