ルリの鳥見日記

万年初心者バードウォッチャー、ルリの怪しさ大爆発の鳥見とラーメン食べ歩きの記録です。

らぁ麺 貝と煮干し、時々濃厚(東京都千代田区大手町)

2024年04月11日 18時39分08秒 | ラーメン
※昨日食べた分
今回は仕事の合間に外に出る用事が発生したこともあり、大手町駅の丸ノ内線・半蔵門線改札を
出てすぐの所にある「らぁ麺 貝と煮干し、時々濃厚」で食べることにしました。 

店の前の券売機で煮干しまぜそば(1100円)をチョイス。
食券を店員さんに渡してカウンター席で待ちました。

出て来たのはタレとしっかり混ぜ合わせられた中太麺の上にチャーシュー2種(豚・鶏)、
海苔、ホウレンソウ、ネギ、紫タマネギ、メンマ、生卵が乗った一杯でした。

本当は必要がないのかもしれませんが、まぜそばスタイルであることから
まず混ぜ始めます。
個人的な意見ですが、ルリはまぜそばを大きく2つに分類してます。
丼の中だけで完結するタイプと様々な味変要素を投入してカスタマイズするタイプ。
ここのは前者に入るかと思います。混ぜることでフワッと煮干の香りが立ち上がります。
麺も太過ぎず、さりとてタレはしっかり持ち上げるので良い感じです。

チャーシューは豚も鶏も薄味で丼の中で出過ぎておらず、
紫タマネギのシャリシャリという食感がアクセントになっています。
海苔とホウレンソウが見た目的にはずいぶんと主張が強めな気がします。
混ぜるにもちと気を遣うし・・・って、既に麺とタレが馴染んでいるので
さほど問題ではありませんが・・・。

全体的には少しばかり映えに傾きつつもしっかり作り込まれた一杯だと思いました。
コメント    この記事についてブログを書く
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« あいだや(東京都台東区上野) | トップ | 蒙古タンメン中本 吉祥寺店... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ラーメン」カテゴリの最新記事