ルリの鳥見日記

万年初心者バードウォッチャー、ルリの怪しさ大爆発の鳥見とラーメン食べ歩きの記録です。

蒙古タンメン中本 船橋店(千葉県船橋市浜町)

2018年06月10日 18時19分15秒 | ラーメン
今日は鳥見を終えた帰りに京成線を使ったので、船橋競馬場駅で降りてそこからビビット南船橋の1階に
入っている「蒙古タンメン中本」を目指しました・・・というか、ここで食べるために鳥見の
ポイントからの移動で京成線を使ったようなものです(爆)。

日曜日でも雨の予報が出ていると客足が鈍るのか、店の前の行列は大した長さにはなっていませんでしたが、
それでも自分の目の前で列の中での場所取りをやられるのは気分が悪いです。
とりあえずその家族連れを注意して後ろに並び直させましたが、後ろでグチグチ言ってます。
それも聞こえるように・・・。そもそも列の中での場所取り・合流は明確なマナー違反です。
そして店の前にはそれを禁止する旨の貼り紙があり、問題の家族連れがいたのはまさにその貼り紙の真ん前。
実は今回に限った話ではないのですが、船橋店は郊外型大型商業施設という立地だからなのか、
あるいは千葉県の民度の問題なのか、ほぼ毎回のように行列内での場所取り・合流行為が横行しています。
同じ「蒙古タンメン中本」でもルリが比較的よく行く新宿店、吉祥寺店、高田馬場店では
列の中での場所取りは一度も見たことがありません。まあ、強いて言うなら立川店と品川店で
1度ずつ遭遇したことはありますが・・・。こういう状況を見ていると、千葉県民には
「蒙古タンメン中本」は早かったのか?と考えさせられます。ルリも千葉県民ですが・・・。

とりあえず順番で店内に案内されて券売機で食券を購入して店員さんに渡して待ちました。
今回は直前まで冷し肉醤麺を食べるつもりだったのですが、やっぱり思い切り辛いのをとうことで
北極やさい(930円)、チャーシュー2枚(210円)、半ライス(120円)、コーラ(210円)
をチョイス。コーラは食後の辛味消し用です。

カウンター席に案内されて少し経って出て来たのは見た目通りに真っ赤な激辛味噌スープに中太ストレート麺が入り、
豚バラ肉、キャベツ、モヤシ、ニンジン、ネギ、キクラゲ、ゆで玉子、追加トッピングのチャーシューが
乗った一杯と半ライス、コーラでした。チャーシューが野菜の下に入り込んで上から見えないのは、
実は最初北極やさいではなく北極ラーメンで出て来たもので、作り直してもらった関係で
チャーシューが埋没してしまっただけです(苦笑)。
あと、ゆで玉子が1個多いのはLINEクーポンでお願いした分です。

スープは突き抜けるような辛さの奥に旨味を感じさせ、食べ応えのある麺によく絡みます。
各種野菜はクタッとなるまで煮込まれていて、スープに馴染みつつも野菜の旨味も出ていて良い感じです。
チャーシューは相変わらず肉厚で食べ応えもしっかりあります。

全体的には辛さと旨さと食べ応えで楽しませてくれる一杯だと思いました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何とか撮れた♪ | トップ | 蒙古タンメン中本 西池袋店... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ラーメン」カテゴリの最新記事