ルリの鳥見日記

万年初心者バードウォッチャー、ルリの怪しさ大爆発の鳥見とラーメン食べ歩きの記録です。

麺屋真星(千葉県浦安市北栄)

2021年08月22日 19時16分25秒 | ラーメン
今日は少し前に滅多に歩かない道を歩いて気がついた店に食べに行こうということで
行徳バイパス沿いに一昨年オープンしたらしい、「麺屋真星」に足を運びました。

店内に入り、券売機でおそらくはデフォルトであろう+味玉ということで
味玉濃厚鶏白湯らーめん(1030円)をチョイス。味玉なしと150円の
価格差から味玉がどの程度のものなのかが気になった次第です。
店員さんに食券を渡す際にタレの味を塩か醤油のどちらにするか聞かれたので、
塩でお願いしてカウンター席で待ちました。

出て来たのは表面が泡だった鶏白湯スープに中太麺が入り、チャーシュー2種(豚・鶏)、
ミツバ、ネギ、メンマ、味玉、黒トリュフペーストが乗った一杯でした。

スープは鶏の旨味がしっかり出ながらもサラリとしていてしつこくないのがグッドです。
自家製という麺はコシがしっかりあって食べ応えも十分、スープとの相性もバッチリです。

チャーシューは肉の旨味がギュッと詰まった感のある豚チャーシューと
鶏ムネ肉のさっぱり感が楽しめる鶏チャーシューですが、
鶏の方がやや旨味が抜けてしまった感じで惜しい所です。
ミツバはほぼ見た目の賑やかしで、きれいに盛り付けられたネギが
水っぽかったのが残念なところです。ただ、メンマは程良く薄切りで
主張し過ぎないのが良かったと思います。で、150円分の味玉ですが、
半熟より固ゆで気味なのは全然良いのですが、味付けがスープに対して
濃すぎる気がします。醤油とか別のスープなら大丈夫かとは思いますが・・・。
汎用性を持たせるならもうちょっと薄めの味付けの方が良さそうです。
あと、気になったのは黒トリュフペーストです。最近は黒トリュフを
様々な形で取り入れたラーメンも出て来てますが、この店のは味付けが強すぎて
黒トリュフ自体の香りが正直言ってあまり感じられません。これはもったいないところです。

味とは直接関係ないのですが、丼の形が高めの切立丼 なので開口部の面積に
余裕がなく、特製トッピングにすると丼からトッピングがこぼれそうです(笑)。

全体的にはあちこち気になる部分はあれど、技術と意識の高さをビンビンに感じさせる一杯だと思いました。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ワクチン≠免罪符 | トップ | 久しぶりな子 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ラーメン」カテゴリの最新記事