ルリの鳥見日記

万年初心者バードウォッチャー、ルリの怪しさ大爆発の鳥見とラーメン食べ歩きの記録です。

蒙古タンメン中本 新宿店(東京都新宿区西新宿)

2017年11月09日 21時32分53秒 | ラーメン
今日は、そういえば通常の北極ラーメンを久しく食べてなかったっけ・・・と思い出したこともあり、
仕事帰りに西新宿方面に足を伸ばし、「蒙古タンメン中本」に向かいました。

店の外には並びの列が出来ていませんでしたが、店内にはやっぱり並びの列が出来ていました。
とりあえず券売機で北極ラーメン(830円)、固ゆで北極玉子(120円)、湯豆腐(120円)、
半ライス(120円)、コーラ(210円)をチョイスし、食券を部長さんに渡す際にLINEクーポンで
ゆで玉子もお願いしてカウンター席に案内されるのを待ちました。

カウンター席に案内されてから程なくして出て来たのは真っ赤な激辛味噌スープに中太ストレート麺が入り、
豚肉、モヤシ、固ゆでの味玉、ゆで玉子が乗った一杯と半丁分の湯豆腐、半ライスでした。

スープはまず見た目が普段の北極に比べて赤くないです。そして激辛ながらもマイルドな味わいになっています。
おかげで食べ進めやすいかというと実はそうでもなくて、食べ応えのある麺に余計に絡むので
体感的な辛さはトータルで大差なしといったところでしょうか。

豚肉のボリューム感とモヤシのシャキシャキした食感もこの激辛スープにベストマッチです。
固ゆでの味玉は北極の名を冠するだけあってしっかり辛いです。個人的にはやはり北極玉子は半熟より固ゆでが好きです。
でも、固ゆでって新宿店でしかやってないみたいなんですよね(汗)。

全体的には相変わらず飽きの来ない、辛さと旨さを楽しめる一杯だと思いました。

で、今回は麺を食べ終わった後のスープを湯豆腐にかけて草加店や目黒店でやっている
辛やっこに近いものを味わえないかと試してみたのですが、さすがに辛やっこにはなれませんでした。
冷し味噌ラーメンのスープでは上手く出来たのですが、やはりスープが別物だと合わないようです。
という訳で、辛やっこを食べたい時は目黒店に行こうと思いました。草加店はさすがに遠い・・・(笑)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【在庫より】偶然の産物 ~... | トップ | キチガイ半島 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ラーメン」カテゴリの最新記事