魚のためならどこへでも

ノベウキくそガチ勢。ヘチとかフカセとか。周りに影響されやすい人です笑。仲間とわいわい釣りするのが好き!

洗礼

2018年03月31日 21時54分17秒 | 横浜


そういえば、一昨年の今頃、みなとみらいのヘチ釣りにハマってたな〜と、急に思い出し、出撃。



3月30日(土)みなとみらい


みなとみらいに行く前にふれ〜ゆアジ調査とかいう名目でサビキをぶん投げていたのだが、薄着で行ったため、寒すぎて即帰宅。そのまま戦闘態勢を整えてみなとみらいへ。



ヘチ師2人、なんか置き竿にしてる人1人。



みなとみらいにしては賑わっているが、どうやら魚は賑わってないみたいだ。



程なくして私を残してみんな帰った。全く釣れないと言っていたので、おそらくみんなボウズだろう。


みなとみらいが年中無休で渋いのは分かってるので気にしない。


まあ、わいのテクトロテンションフォール釣法ならメバルの1匹や2匹ちょいちょいっと!!



→釣れない。



これはやばいと本気で焦り始める。


今まで、爆釣こそ一度たりとも無いものの、みなとみらいでボウズを食らったことは無いのだ。



とはいえ釣れないものは釣れない。



私は釣れない釣りが苦手なので、ヘチで2時間近くアタリがないとふざけ始める。



「シェイクシェイク ブギーな胸騒ぎ♪」と、歌いながら竿を振っていると、まさかのヒット!!

後で分かることだけど、竿振り回してたらたまたま引っかかった。



だがクソ小さい。もしくはカニか?という引き。引きというか僅かに抵抗がある程度。



ところが上げてびっくり。




良い型のマハゼじゃないの!!


こんな時期にいるんですね。


これいっぱい釣って天ぷらにしよ〜っと!


→釣れない。



まあそんなもんだ。疲れた。納竿。



釣果 マハゼ 1匹



ここのところ、「まあ、とりあえずこれが釣れれば良いでしょう」程度の魚が1匹という釣果が続いている。


宝クジに連続当選してると見るべきなのか否か。。


0と1の差は大きいので、釣れないより遥かに良いんですけどね〜



最近釣れてないので、どんどん記事が雑になっていきますね。すみません。今後もどんどん雑になっていくと思います笑













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大島

2018年03月29日 20時49分49秒 | 伊豆七島


今回は伊豆大島に行ってきたのですが、あまりにもショボすぎて書くことがない。


というわけでかっ飛ばして記録だけ残します。




3月25日(日)〜3月26日(火)伊豆大島


25日の13時の便で大島へ。


色々あって釣りをしたのは夜の泉津港。


コマセを持ってくる余裕は無かったので、エビ撒き釣り的なことをやるが、釣れたのはハタンポ2匹のみ。



翌、26日は朝からヒラスズキ狙いでルアーを投げてランガン。





だけど案の定、何も釣れない。



そんな中、千波崎にて、40センチは軽く超えているであろう湧きグレ……



フカセやりてえ→課金→夜フカセ開始



という流れがありまして、オオツクロという磯にて、夜釣り。




私の唯一のまともな釣果は、、





クチブト30センチ。


大島に来てまで、いつも通りの可もなく不可もなくみたいな釣果か…



同行者は40まではいかないけど良型の尾長とか、デッカサゴさんとか。ブッコミで可愛いサイズのウツボとか…クソ臭かったけどw



27日は釣りはせず、たまたま大島に来られていたukiukiさんにご挨拶。


この後、良型の尾長含む好釣果を残されてました…


凄い…羨ましい。。


というわけで、大島にしてはショボすぎる釣果に終わったけども、あんなにデカイメジナを目視したのは初めてだし、貴重な体験は出来たかなぁと。



あとは宿泊させていただいた宿の兄貴(と、呼ばせていただきます)がとても良い方でしたので、また大島に行くときには、間違いなく宿泊させていただくでしょう笑



↑ここです。




釣果(2日まとめて)

メジナ 1匹 30センチ

ハタンポ 3匹

フィフィー 2匹




リベンジ必須ですな。











コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

延長

2018年03月28日 23時05分40秒 | 扇島


前回述べた通り、扇島での延長戦の記事を書きます。



3月18日(日)東扇島西公園



到着して車から降りると、川崎新堤にいる頃から分かってたけど爆風。



それでもやるから関係ないのですが、士気は下がりますね。



釣りバカパパさんから磯竿と電気ウキをお借りしました。

逆によく磯竿と電気ウキ以外持ってたな笑


場所は違えど、電気ウキはお家芸みたいなもの。
何とか1匹は仕留めたい!



だけどこれ、雰囲気で分かる、渋いやつやん…


それでも渋い時は渋いなりにやりようがあるもんで、正確にタナ取りします。



エサが底から50センチ前後を漂うようにきちんと設定。


数十メートル沖がポイントとのことで、頑張って投げますが爆風で届かない…



釣れないし爆風だし士気が下がりきったので、釣りバカパパさんのデカイソメをくっ付けて近くを流す。



根があると言われているポイントからはだいぶ離れているがどうか…


浮力を微調整したのもあって、多少の波で浮き沈みするが、明らかに波とは違う沈み方!


アタリっぽいな〜と思いながらも、こんな渋い時にアタリがある訳ねえwと完全に無視。


ところがウキが流れと逆方向に走り出したので、これは間違いなくアタリだと確信し、竿を立てる。


何かが掛かったが、対して引かないのでそのまま引き抜く。





木っ端メジナかと思ったら、23センチの良型メバル!!


きちんとタナ取りしといて良かった!!


この後も頑張ってウキを流すが、ウミタナゴっぽいアタリがあっただけで追加は無し。


翌日はバイトだったので納竿しました。



釣果 メバル 1匹 23センチ



厳しい状況だったけど、大好きなメバルが釣れて大満足!!



釣りバカパパさん、釣竿をお借りしたり、川崎まで送っていただいたり、色々とありがとうございました!


またよろしくお願いします🤲





























コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

鮎並

2018年03月22日 23時26分03秒 | 川崎新堤

3月18日(日)川崎新堤


この日は釣りバカパパさんにお誘い頂き、川崎新堤へ!



朝一の船に乗る予定で、川崎駅で待ち合わせたが、数分間に合わず…

すみません。見立てが甘かったです。
地元のくせに最短ルートを間違え、遠回りさせてしまった…



そんなわけで8時船に乗り込み川崎新堤へ。



エサはカサゴもクロダイも釣れるということで、モエビ50gを持ってきました。



到着してまずはカサゴ釣り。



結果としてカサゴ2、ムラソイ1でした。





川崎新堤だとムラソイはレアキャラですね。




この後、何をやってたか覚えてないが、適当に時間を潰し、沖堤とは思えない豪華な食事をとった。


五番会の皆様、チャーハン等、ご馳走様でしたm(_ _)m


昼食をとった後、カサゴはこの間たくさん釣ったので、今度はクロダイやらフッコやら釣れないかと、モエビを引っさげて6番インコースへ。



しばらく探っていると、1ヒロ半くらいのところで仕掛けが落ちなくなります。



根掛かりだと思ってグイグイ引っ張ると動き出しました。



ゴンゴン下に潜ります。。



小さめのクロダイかフッコか?



正体を見て大喜び。



愛魚女やんけ。



まさか釣れると思っておらず、タモを持ってなかったので隣の方に発射して頂き、、





33センチの鮎並(←タイトルきた。)


鮎並でもアイナメと読むらしい。





タイトル二文字縛りなので、無理やり「鮎並」使った感じですね。

Wikipediaですので、どこまで正しいかは分かりませんが…



そんなアイナメを血抜きしてクーラーへ直行。


格別美味い魚は待遇が良いのだ笑



私の魚の評価基準は美味いかどうかですので、ニヤつきが止まりません笑



近くにもう一匹いるかと思い、落とすが反応無し。


そんなに上手くはいかないか。



この後も追加目指して奔走するが、残念ながら結果は出ず、16:00、船の時間なので納竿しました。




釣果 愛魚女 1匹 33センチ

カサゴ 2匹

ムラソイ 1匹



いやーアイナメも釣れて大満足!!


釣りバカパパさんからカサゴを2匹いただいて、お土産も充実!!





釣りバカパパさん、御誘い頂きありがとうございました。また、川崎駅〜長八への送迎も大変有り難かったですm(_ _)m
また次回、よろしくお願いいたします。












と、なる予定が!!



釣りバカパパさんの「今から扇島いかない?」


この一言で延長が決定。



流石釣りバカパパさんです笑


川崎新堤の後に延長戦だなんて、正直言って前代未聞ですが、私も釣り大好きなので笑


もちろん喜んで参戦してきましたよ!



というわけで、次回!「延長」(タイトルそのままかい。)楽しみにしててくれよな!!

何かのアニメ風w






まあ記事を分けるのは釣果が良く、内容が濃いからとかそういうわけではなく、、私のブログは場所でタグ付けしてるので、東扇島と川崎新堤のタグを分けたかったためです笑


川崎で一括りにしても良いかなとは思ったのですが、私の個人的なこだわりみたいなものですね笑





















コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

浪漫

2018年03月21日 16時05分17秒 | 初島


某SNSを見ていると、どうやら初島のメジナが復調してきているらしい。行きたい。



ただ、朝早く行くのは面倒という事で、それならゆっくり家を出て、オールナイトすることにしました。


ロマン(←タイトルきた)を夢見た男の話であります。



それでは釣行記です。少し長めになるかも。



3月14日(水)17:00〜翌3月15日(木)11:30 初島



昼頃に家を出て、まずは真鶴へ。釣りじゃ無いですよ。海苔を採取するためです。


いつもの港で海苔を採取したら、そのまま熱海へGo!



いつもはタクシーで渡船場へ向かいますが、今回はケチったので16時のフェリーギリギリの時間に…


最終便で行くという手もありましたが、コマセを受け取り、急いで乗り込みました。


タクシー使えば釣具屋でコマセ作れましたねぇ。



でもまあとりあえず無事に到着し、17時頃に開始。



余所見しているとウキが消えてて、回収するとタカベがくっついていました。



しっかしこの後は全く反応なし。



19時頃、慣れてるし、釣れるパターンも何となく分かっている第二堤に移動することにしました。


ここでとんでもないミスを犯したことに気付く。



ヘッドライト忘れた。
家で持ち物確認した時に、どっかやっちまったみたいだ。


電気ウキの一部を取って、ガムテープで帽子にくっ付けるという奇策を思い付いたので、即実践。



まあこんな感じ。




自宅で撮影




これで手元はカバーできます。



何とか仕掛けを組むが、こちらも反応なし。釣れる気がしない。



というわけで、21時頃、第一堤に舞い戻ることに。



どうでも良いけど、こういう時に食べるカレー味のカップラーメンて最高すぎるね。




移動してきたは良いけど、全く反応なし。堤防際を攻めるが、エサ取りもいない。



いやお前いつになったら魚の顔見れるんだよって感じですよね。すみません笑



23時頃、そろそろ眠くなってきたので、少し寝ることにしました。



釣りをしていると暖かいのですが、寝るととても冷えますね。寒くて1時頃に起きてしまいました。



少しランニングをして、体を温めてから再開。



すると2時頃、ようやくウキがシモります。



しばらく待つと、ジワジワ沈んでいったのでアワセ!



大島が根元から曲がる強い引き!



だけどこれは取れる魚!!と確信…したが、魚が突っ込んだ瞬間にライン切れ。



おい。まじか。ハリスが切れたならまだ諦めがつくが、切れたのは道糸。



ケチって1年くらい取り替えてないからなぁ。。



引きからして間違いなく40オーバーのメジナでしょう。



これでパッチリ目が覚め、めちゃくちゃ集中してウキを見ます。


しかし、私の電気ウキが沈むことは永遠にありませんでした。



あ、でもね、魚は5時頃釣れましたよ。



仕掛けを回収すると、何か重いな〜と思っていたら、メバルがくっついていました。


最低な釣れ方ですが、これがめちゃくちゃ良型。




26センチの黄金に光り輝くメバル。


みなとみらいで釣った、25センチの記録を更新しました。



これで少しテンションが上がり、日の出まで頑張るが、この後は本当に反応が得られず、7時頃、始発のフェリーが来る前に第二堤に移動しました。



夜は居もしなかったエサ取りがうじゃうじゃ湧いてます。



まあ良い。通常運転だ。



しばらく沖と足元にコマセを打ち分けていると、ようやく糸が走る気持ちの良いアタリ!



待ってました!



だが引きはそんなに強くない。







30欠くくらいの尾長さん。来てくれてありがとう!


おかげで初島でサイズを問わず、とりあえずメジナの顔を見るという連続記録は伸ばされました笑



この後すぐにコマセが切れたので、第一堤に帰還。



海苔餌でメジナを狙いますが、あまりの眠さに竿を持ったまま爆睡。



危うく竿を落とすところでした。



これはいかんということで、11時半に納竿。




かなりの貧果ですが、来てくれた魚に感謝ですね。




釣果 タカベ 1匹

メバル 1匹 26センチ

オナガ 1匹 30欠くくらい

塩焼き 1匹









コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加