フランチャイズ開業&読書日記・・・どこまで行くの?

2010年7月からフランチャイズ店の営業開始。サラリーマンを辞めての再スタートになります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

コンサルティング能力~自己価値創造能力

2009年02月18日 00時37分14秒 | コンサルティング
コンサルティング能力の第5回目は「自己価値創造能力」です。

自己価値創造能力とは、
クライアントにプロとして価値提供するために、
自分自身の価値をつくり、向上させていく能力と
定義されています。

自己価値創造能力を構成する能力とは何なのか?

佐々木直彦著「コンサルティング能力」には
①キャリア・デザイン能力
②自己分析能力
③自己表現能力
④独立・転職能力
が構成能力とされています。

①キャリア・デザイン能力
自分にできることは何か。
自分らしい生き方はどういうものか。
自分にあった仕事は何か。
自分は何をしたいのか。
何を目標とするのか。
自己価値を創造する人は、
これらを考えてキャリアをデザインします。

自分の能力、志向を自覚し、
責任を持って将来を描くことが
自己価値創造の第1歩だとされています。


自分の価値の源泉が「仕事」にあるとすれば、
いかにキャリアを形成するのかが自己価値を
創造することにつながるという話はよく理解できます。


②自己分析能力
自己価値は、表現するたびに磨かれていくので、
自己表現の前提として、
自分のことがよく理解し把握しておくために
自己を分析する能力は大切だという話です。

③自己表現能力
仕事の実績や専門分野など自己に関する情報を、
まとめ発信することで、信用力は増すという話です。

コンサルタントは一見すると「得体のしれない」職種なので、
自分がいったい何者なのか、
表現する力は大変重要であると思います。

最後に
④独立・転職能力
要するに市場において自分の市場価値があるのか
という話です。

これらの能力を総合すると
自己の価値を創造する能力ということになるのです。
要するに、日々前向きに学び、独立した1個のプロとして
顧客にたいし何が提供できるのかを考えること、
考えるだけでなく実行に移すこと、
実行に移すだけでなく、成果に結びつけること、
自分のせいかだけでなく、組織全般の成果を生み出すこと
が大切なのだと思いました。

↓いつも読んでいただいてありがとうございます。
↓あなたのポチが大変励みになっています。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ




ジャンル:
スキル
コメント   この記事についてブログを書く
« 中川財務・金融相が即日辞任 | トップ | 小泉元首相が造反明言 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コンサルティング」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事