キュヴェ タカ/cuvee taka 「椿庵酔哲湘南隠居日誌」

湘南気儘な隠居暮し ー散歩に読書、映画、酒、そして時々釣り-

死の準備

2012年01月31日 | Weblog
月曜日のお決まりのコース、ちらし寿司、芳林堂巡りをいたしました。先週は火曜日から東京・名古屋・大阪・広島と周り、タリケディナーはフレンチでしたが、大阪では朝飯になだ万で朝粥をいただきましたし、広島では昼に穴子、夜には和食店で牡蠣、鰆をいただき、魚に飢えてはいませんでしたが、馴染みの関東のちらしはやっぱりいいですね。鮪、平目、平貝、帆立、ヒラマサ、海老、蟹、穴子、卵、蒲鉾、山牛蒡、絹さや、生姜、山葵、海苔というのが内容です。鮪は関東にいいものが集中しているので、美味い鮪を食べると帰ってきたなとの感が強まります。

芳林堂では高平哲郎「大弔辞」扶桑社を購入しました。昨年10月に出ていたものですが、その時に買いそびれて今まで書店で見ても購入の決断が出来ませんでした。でも、昨日はすんなり買う気になり、手にとってそのままレジまで持って行き、深夜に少し読んで、早朝に続きを読みました。通勤電車の中でも睡魔に克って三分の二ほどまで来ました。買ってから読み進める状況がやけに円滑です。高平さんの前に読んだ本は「今夜は最高な日々」でしたが、タモリがやっていた、すっかり忘れていた番組を思い出させてくれたので、ああ、俺にもそんな時代があったんだと懐かしく、この本も読む前からある種の懐かしさを感じ取っていました。

他人の死に際の本をこのごろよく読んで面白く思っていますが、これもその一冊で芸能人など名が売れた人たちのことが多く書かれていて、身につまされる部分があるものの、やっぱり興味津々であるのは、こちらの死期も迫っているからなのかもしれません。少なくとも若い頃は読む気がしなかったでしょう。


コメント

歌謡曲の終焉

2012年01月30日 | Weblog
昨日は朝のうちどんよりと曇っていて、冬に太陽が出ないと寒いものですが、昼前に顔を覗かせてくれたお陰でぽかぽか陽気に変わりました。午後からの湘南散策が愉快になりました。この日やはり一番気になった花は蝋梅で、もう終わりに近くなっていましたが、梅が遅いのでもう少し頑張って咲いていて欲しいですね。それにしても今年の梅はどうしたのでしょう。低温のせいで野菜が高騰していますが、梅も同様低温のせいで開花が遅れているのでしょうか。

散策の目的地茅ヶ崎で買い物をしましたが、先週イトーヨーカ堂に近接した酒屋で、”頑張れ東北”で売れ残った酒が、定価より3割ほど安く売られているのを見ておりました。広島で西条を中心とした産地の酒を飲み比べた勢いで、折角だから他の地域の酒も飲み比べようと思い立ち、立ち寄ったところ運良く未だ幾つかの銘柄が残っておりました。末廣山廃純米、万歳楽ひやおろし純米の二本をリュックに詰めて帰りました。

この夜、万歳楽ひやおろし純米を呑みましたが、穏やかな比較的から口の酒で、ある種の奥行きがあり、あえて言えば切れが無いかなと感じました。北陸12号という原料米の特徴がわらのようなとか、ミネラルを感じるとありましたが、実際そのような酒でした。冷で鮒の甘露煮、海鼠酢を肴にいただきましたが、燗につけたほうが味わいが引き立つだろうなと感じながら、呑み切ってしまいました。ちなみに万歳楽は北陸の酒ですが、東北の酒に混じって安く買えたのは有り難かったですね。

ほろ酔い気分でテレヴィでやっていた阿久悠の曲を聴き、石川さゆり”津軽海峡冬景色”八代亜紀”舟唄”のような曲はもう出ないだろうな、いい時代に生まれたんだなあと、いい気分で二階の書斎兼寝室へひきあげました。何時ものようにベッドで横になり、この日茅ヶ崎川上書店で買った、なかにし礼「歌謡曲から昭和を読む」NHK出版新書にざっと目を通しておこうと読み始めたら、これが面白くて結局一時過ぎまで読んでしまいました。歌謡曲が好きなんですねえ。

歌謡曲の時代は昭和の終わりと共に終焉しましたが、なかにし礼は意識的にその時に作詞活動を終わりにしたことを知りました。時代を掴んだいい詩がないなあと長い間思っていたのですが、昭和の終焉と共に優れた作詞家が歌謡曲に熱意を失っていたのです。

優れた軍歌を作ったことに対する問題はあるのでしょうが、西条八十のような優れた作詞家が今後出てこないとすれば、大人のやるせなさは何処へ発散すればいいのでしょう。





コメント

湘南散策

2012年01月29日 | Weblog
昨日は好天気でしたが風が強く朝早いうちは寒かったですね。昼近くになると風も止み気温が高くなって上着を着ていられないぐらいでした。まあ歩いていたから暑く感じたのでしょうが、散策にはうってつけの一日でした。

午前中は北に歩き、魚屋で蜜柑1キロ入りと思われるのが100円(この魚屋が毎年二宮でコンスタントに一番安く蜜柑を売っているのです)。
農協直売所でも蜜柑を買いましたが、ここは見た目の好いのが10個ほど入って130円、やっぱり1キロなのかなあ。他に三つ葉、韮、胡瓜(この胡瓜は温室栽培でしょうが素晴らしいものでした)を購入。
わくわく広場で、漬物用に白菜、ほうれん草、海老芋、蕪、煮干ラーメン、鶏がらラーメンを購入。
西友に寄って、トリコンのシャブリ・ハーフとサンクリスピーノ250mlのテトラパックの売れ行きをチェックして、お世話になっているので、和牛ロースステーキ・トレー無しパック2枚、生キハダ鮪一柵(これ色が赤くて美味そうでしたが、実際喰ったら水っぽくっていけませんでした。インド洋から運ぶには無理があったようです)とバタピーを買いました。
帰り道の広場で、おばさんたちが露店を出していて、手作りの和風キルトのような布製の小銭入れが良かったのでいただき、手作りのシホンケーキも四つ買いました。かなり高かったけど東日本大震災への寄付が含まれてたようです。

どうも食物ばかりに気が行っているようですが、葛川支流で5メートルはある見事な満開の蠟梅を観ました。距離が離れていて香りをかぐことができなかったのが残念でしたが、今までで一番の大樹、何時もの散歩コースの一つにあったのに今まできがつきませんでした。

午後は大磯から平塚へと歩きましたが、久し振りに花水川左岸から海岸へ出てみました。二宮海岸と違いまだ十分な砂浜があるのが羨ましい。海岸道路が松林の北側を走っているのが好いのです。砂浜から海生植物の丘、低木、高木と連なり、かつての二宮海岸の植生もこうだったのです。海沿いに無闇に道路を通してはいけません。

駅ビルで雛あられ、パン屋のおねえさんところで三食パンと卵パン、BOで永六輔「話す冥利 聞く冥利」知恵の森文庫、茨木のり子「うたの心に生きた人々」ちくま文庫を手に入れ、箱根の暮れ行く山際を車窓から眺めながら帰りました。




コメント

一月も終わりですねえ

2012年01月28日 | Weblog
昨日夕刻出張から帰って二宮の駅を出ましたら、雪がはらはらと舞い始めました。米原派一面の雪で、今年の日本海側の豪雪の影響がここまで来ているのかと眺めておりましたが、湘南にまで雪を降らせているとは思いもよりませんでした。今朝は一転、朝早くから強い春の日差しが差し込んでおり、好い一日になりそうです。

この旅の間に読もうと思って持参した永井弘樹「傍聞き」は、連夜のディナーパーティーやら接客やらで、新幹線は移動睡眠ベッドとなってしまい、結局昨夜、正確には今朝早朝読了いたしました。皆さんがお勧めの短編集とあって見事な出来で新たな味わいを堪能しました。トリックも良く考えられていますが、それがなくても人情小説として、半村良を思い出させる筆の冴えを感じました。「雨やどり」のような小説を書く人出てこないのかと思っておりましたが、個性は異なりますが、似たものを感じます。

この土日は一月最後の週末になります。来週は完全に春と変わりますから、今日は最後の冬の名残を味わいに散策に出ることにいたしましょう。遅い梅もいい加減に咲き始めていることでしょうし、蠟梅は最後の花を咲かせていることでしょう。山茶花に替わり椿が盛期を迎えてもおりますでしょう。





コメント

広島にて

2012年01月27日 | Weblog
大阪から広島にやってきました。ここにはトティデの世界最初の店があります。今後世界中に1,000軒の出店をする予定ですが、その1号店が日本において開店されたのはうれしいですね。内装、ワイン、食材はすべてイタリアで調達して世界中へ配送する予定ですが、この一号店ではその試験的なことをやっているので、いろいろ不具合もありますが、数年のうちには完成されたマニュアルが出来上がることでしょう。

横浜ワインコレクションでもこれからは輸入だけでなくワインバーの展開を行う予定ですが、社内にワインバー運営するノウハウがまるっきりありませんから、トティデの力を借りることになります。2015年までに15店舗を首都圏に持ちたいと思っていますが、最後は人材育成がネックになるような気がいたします。

広島は酒どころですが、8種類の酒を飲みそれぞれ特徴を記録いたしました。そのうちセレクトした酒を取り扱い、皆さんにご紹介したいと思いますが、蔵がいくつもの魅力的な酒を造っているので全容を掌握するには時間がかかりそうです。地酒バーとなるとワインバーよりさらに時間がかかりそうですが、何としても実現したいですね。
コメント

大阪にて

2012年01月26日 | Weblog
タリケディナーを北新地のクラブママ五名をお招きして行いました。お招きといっても参加費を頂戴したんですがね。皆さん着物をお召しになって、それは艶やかでした。私、着物の目利きではありませんが、一目で豪華なものと分かり、それぞれの年代と個性にあった色とりどりの妖艶さは、成人式の艶やかさとは一味も二味も違うもので圧倒されました。このような日本の美が夜の世界と特定の日にしか見られないのは大いなる損失です。会は表向き和やかに進みましたが、裏では女の戦いが激しかったのかも知れません、しかしそんなことを斟酌していたら抜き差しならぬことになりますので、現象の表面だけをなぞっているほうが幸せであることも多いものです。

高級クラブというところは、ワインにしろブランデーにしろ良いものをお使いですから、皆さん舌が肥えていらして、価格に関係なく良いものをお取りになります。私のようにビンボーに慣れておりますと、つい価格と品質のバランスなどというような詰まらない事を考えてしまいますが、タリケのテットデキュヴェ、アルマニャック15年に人気が集中しました。

夜、北新地の市場調査に出ましたが、不景気の中でも高級クラブで遊んでいらっしゃる方も多く、80年代90年代初期にこの地で遊んだ気分が蘇り、今日からは長い間不活性化していた脳の一部に電気信号が伝わり硬直した頭が少しでも働くのじゃないかと期待しております。
コメント

雪見酒

2012年01月25日 | Weblog
寒の内に河豚を喰いたいのですが、ビンボーしているので中々その機会に恵まれません。それなら何か温かいもので日本酒をキューッと行きたいもんだと思っていたら、渚亭の女将からメールが入り、おでんをやるから寄ってくれとのことで、ひょこひょこ出かけました。女将は私の好みを知っているので、関西風に牛すじが入っているのを作ってくれているはずで、ころが入っていたらそれこそ涙無しには喰えません。まっ、現物にはころが入っておりませんでしたが、これはアメリカやオーストラリアのキチガイ連中がいけないわけで、各国各地域の食文化に対する敬意を払わない独善的なやつらを憎むことはあっても、決して女将を責めるつもりなどありません。

つい怒りがこみ上げてきて話が脇道にそれましたが、この夜のすじは大変いいもので、鍋にあった大振りの串8本をいただきました。これと大根を一緒に喰う美味さは格別で、豆腐と一緒でも甲乙つけがたい美味さです。要は比較的単純でサッパリとしたものと一緒に楽しむと美味いって事のようです。酒はあさ開き純米吟醸を湯のみ茶碗に冷でいただきました。おでんのような食物には猪口でちびりちびりはいけません。おでんを頬張ったらそこへぐいっと酒を放り込むようにして飲るのが一番で、グラスだとさすがに寒々しいので湯のみ茶碗で冷が好いようです。

昆布、玉子、牛すじ、すじ、竹輪、がんもどき、焼き豆腐、蒟蒻などおおいに喰い、おおいに呑み、これ以上は入らないというところで、翌日のアルマニャック試飲会に備えて、アルマニャック、コニャック、カルバドス、シングルモルトを味見程度に少しずついただきました。しかし、これだけのものを良くぞ常備しておいてくれるものです。まあ、もともと私が持ち込んだボトルもありますが、義理堅く呑まずに置いておいてくれるのが嬉しいじゃないですか。

おでんの夜、湘南には珍しく雪が舞っておりました。







コメント

女性作家

2012年01月24日 | Weblog
探し物は本気で探すと見つかるものです。土曜日に秦野のBOで神谷美恵子著作集1を買いましたが、日曜日に茅ヶ崎のBOで3 「こころの旅」に遭遇しました。しかも1974年に日本評論社から出た単行本の「こころの旅」まであったので驚きました。この分じゃ著作集全10巻、別巻2、補巻1がそう遠くない内に大揃いになるかも知れません。買い求めたみすず書房のほうは、1982年に出た1990年の13刷、良書は長く読み継がれるものです。多少小口に紙魚が出ているものの、これが105円で読めるのですから、今のところ日本は高い文化を保持しているのは間違いありません。

駅ビルの5Fの川上書店で、中公文庫の今月の新刊から、中山義秀「芭蕉庵桃青」、森まゆみ「昭和文芸史」、岩波ジュニア新書で茨木のり子「詩の心を読む」を買いました。

中山義秀さんは名前だけは良く聞きますが、書かれたものを読んだことが無く、これが絶筆と聞いております。講談社文芸文庫でも絶版になっており、1,200円と文庫にしては高価ですがとりあえず押さえておきました。このとりあえずってのがどうもいけないようですが、愛書家というのはそういうものです。

森まゆみさんは、谷根千の町歩きのエッセイで高名なかたですが、何冊か既に持っていて、しかもそのうちの何冊かは読んでいます。山田風太郎の聞き書きもこの人だったような気がいたします。

茨木のり子さんのこの本も随分と古い本ですが、ロングセラーで未だに色々な書店で見かけます。相当いい本なのでしょう。

この日買った本4冊のうち3冊の著者が女性です。若い頃は女性の書いたものを敬遠して読まなかったのですが、現物の女性には恋焦がれていました。しかし世の中というものはままならぬもので、現物の女性との縁も薄かったですね。ここへ来てどうも女性の書いたものを好んで読んでいるような気がいたします。武田百合子、林芙美子、森茉莉、川上弘美、田中優子、杉浦日向子、秋山絲子、姫野カオルコ、森奈津子などなど、書き出したらきりがありません。でも、相変わらず現物の女性との縁は薄いまま、何がいけないんでしょうかねえ。


コメント

うま味って何だろう

2012年01月23日 | Weblog
岩波ジュニア新書「うま味って何だろう」栗原堅三著をさくら書店で求めました。町のレストランにあるレディースランチはおじさんを拒否していますが、岩波ジュニア新書はジュニアだけでなくシニアにも売ってくれるので、毎月目を見張って新刊を観ています。各界の博識が夫々お得意の分野について簡決明解に書いているので、私のような少しお頭が鈍な人間には大変ありがたいものです。

ワインを生業として、”軽くてうま味のあるワイン”を理想に掲げて降りますから、まさにこの本は私のために書かれたのではないかと、一瞬さくら書店で感激のあまり息が出来ないくらいでした。(すみません、ちょっと大げさでした)しかもジュニア新書ですから、最新の科学の成果を懇切丁寧に解説してくれているのです。加えて値が861円とは涙腺全開になるほど嬉しいやら有り難いやら、凡百の高価な値のワイン解説本よりどれほど好いか、葦編三絶活用させていただくことにいたします。でも三絶するといけないから、もう一冊買って置けば良かったかなあ。





コメント

秦野へ

2012年01月22日 | Weblog
雨のため久々に秦野じばさんずへ行ってきました。白菜を漬けなきゃいけないので好いのを欲しかったのですが、もう終わりなんですかね、あまり好いのがなく、それでも一番でかそうなやつを買いました。6等分して塩を振り(このくらいの分量が一度に食べるのに丁度好いのです)昆布と唐辛子を入れて、2リットルのペットボトルを二本乗せて置きました。寒のうちは誰でも失敗することなく漬けられますから、生野菜代わりにいかがでしょうか。好みで柚子を入れてもいいですね。この冬野菜が高いといっても白菜一個200円しませんから、一日あたり50円もあれば美味しい白菜漬けが食べられる計算で、”貧乏でも贅沢”が実感できます。

JAがやっている農家が持ち込む形態の店、最近低調に感じます。価格がそれほど魅力的でないのと、量が売れるので農家が前の日から野菜を用意するようで、鮮度の魅力も減じています。野菜や魚などの生鮮品は少量販売が基本ですから、これでは量販店が犯した過ちを繰り返すことになりかねません。考え直してもらいたいですね。

246を松田方面にちょっと行くとBOがありますから当然寄りました。文庫には見るべきものがなく残念でしたが、いつか買って置こうと思っていて最近見かけなくなっていた「神谷美恵子著作集1 生きがい」があったのでいただいておきました。秦野街道沿いのBOにも寄りましたが残念ながら空振りでした。最近秦野のBOはあまり収穫がありません。時期的なものなのか地域の特性なのかは分かりませんが、自ずと足が遠のきます。

それでも雪をいただいた丹沢山系が間近に観え、秦野盆地から望む冬景色は見事でした。

コメント