キュヴェ タカ/cuvee taka 椿庵酔哲「湘南隠居日誌」

-湘南散歩に読書、映画、酒、そして時々釣り-

怪しげな鰻蒲焼と肉饅頭

2007-07-31 | Weblog
スーパーやデパートへ行って魚売り場を見ますと、つい先日まで中国産であった鰻の蒲焼がどこへ行っても国産に換わっています。いわく静岡産、愛知産、鹿児島産、こんなに急に国産鰻が増産できるんでしょうか。中国産鰻を生きたまま日本に持ってきて静岡あたりの池でニ三日泳がせておいたら静岡産になるのでしょうから、中国で加工していた鰻が日本で加工されるようになったというのが常識的な判断でしょう。あまりの変わり身の早さ、そして胡散臭さ。いっそ今年は人に自慢するために中国産鰻と表示されたのを探しだして喰ってやろうかと思っています。

国産天然魚を食べようとしたら、高級魚は養殖の可能性があるので止めて、鰯鯵鯖鰹秋刀魚鰊穴子などを買い求めるのが良いようです。肉についてはいくらお金をはたいても、お店で販売されているものは神戸ビーフであれ松坂牛であれ、薩摩黒豚であれ、名古屋コーチン、比内鶏であれ全て養殖ですから、天然肉を食べるには狩猟が趣味の友人知人の所に盆暮れの付け届けを欠かさず、猪鹿兎鴨雉などが手に入ったときにお裾分けしてもらう以外に手がありません。

魚については天然魚にこだわる美食家といわれる方も、肉についてはあまりこだわらないのが不思議だなあといつも思っておりました。それこそ中国へ行くと野生の動物や鳥が市場で売られており、籠の中でいかにも美味そうに騒いでおります。美味いものは自国で食べて、儲かるやつは養殖して薬漬けにして日本へ出荷するということなんでしょうか。美食大国ならではの考え方なんでしょうか、あるいは悪徳日本人業者の知恵なんでしょうか。

ダンボール肉饅頭は紆余曲折あるようですが、ダンボールを饅頭にして喰っているというほうが流石中国と喝采したくなります。実際にやってみますとダンボールが噛み切れず口に残り喰えたものではありません、アルカリに漬けて溶かした所に創意工夫が感じられて好感が持てるんですがね。

眠れぬ夏の夜に

2007-07-30 | Weblog
昨日までの夏の天気から一変して今日の横浜は雨もよいの蒸し暑い陰気な天気です。気象庁が梅雨明けを中々発表しないのはこの事が予想されたからですが、昨日の選挙の予想といい天気予報といい科学と統計学の進歩は目覚しいですね。

消費税のときといい今回の社会保険といい、有権者は自分のみに降りかかる金銭的な不利益に対しては一刀両断でが、政治家や役人の拝金主義を批判するばかりでなく我々も深くこの主義に犯されていることを感じます。他の重要な懸案についてはほぼ話題にされなかったし、人事のまま置き去りにされているのが実情のような気がいたします。

週末にかけて今から58年前の7月に起きた下山事件について書かれた、柴田哲孝さんの「下山事件 最後の証言」を読んでおりましたが、これも当時の国鉄の利権に絡んだ事件で政治家、企業それを取り巻く政商、GHQなどの思惑が複雑に絡み合っており、今となっては事件の全容を完全に明らかにする事は不可能ですが、柴田さんの多年にわたる熱心な調査で事件の概要はほぼ明らかになったと思います。日本の構造的な欠陥は当時も今もそれほど変わっていないことに驚かされます。

昨日が長く引きづった昭和という時代の変わり目の日になるのかもしれません、だとすればきちんと昭和という時代がどのような時代であったかを知る事がより重要になります。ありがたい事にこの時期になると、昭和という時代を考えるための書物が8月15日の終戦記念日に向け沢山書店に並びます。暑気払いと称して外で飲んで夏バテになるくらいなら、早々に書斎に閉じこもりジンライムでもちびりちびりやりながら、それらの書物のページを繰っていたほうがどんなに有意義か知れません。

夏休み課題図書Ⅱ

2007-07-29 | Weblog
昨日から夏休みの好ましくない思い出、課題図書について書いておりますが、子供の頃は大の本嫌いで夏休みの最大憂鬱事でした。昼は蝉取り海水浴、夜は花火と夏休みの湘南は楽しいことが一杯あり、本なんか読んでる場合じゃなかったですね。今朝の湘南は曇っていますが蒸し暑く、朝の内に水浴びでもして午後はゆっくり昼寝でもして過ごそうかと考えるのがこのあたりの人の考え方です。

昨年は娘が学校の課題で吉本ばななを読めといわれて、「キッチン」を買わされました。そのおり、この人のお父さんは日本の思想界の中でユニークな仕事をした凄い人だぞ、読んでみたらどうだと薦めました。最近のインタビューや口述筆記のようなものはとても読みやすく高校生にも楽しく読めるようで、我が娘はお父さんのほうのファンになりました。シメシメといったところです。

さて、ある日の京都の料亭でのこと。吉本隆明の席に女将が挨拶におとずれ、馴染みの同席者が女将にこちら吉本隆明さんと紹介したが反応がなく、吉本ばななのお父さんだと言いなおしたら、女将はピンと来て、それは左団扇でようございますねと言ったとか、大笑いになったというお話し。

ことほど左様に世間の認識は移り変わっているんです。村上春樹→第三の新人、よしもとばなな→吉本隆明。このベクトルで説明をしたほうが今の人を説得しやすいならやはりそのようにしてゆくべきでしょう。ちなみに村上春樹さんも吉本ばななさんもほとんど読んだ事がありませんがね。


夏休み課題図書

2007-07-28 | Weblog
第三の新人というのはその初期の段階で随分と馬鹿にされたようです。だいたいこの命名からして期待されなかったようなところがあります。1953年から1955年にかけて芥川賞を採った作家を一括りにした命名らしいのですが、戦争を学生時代に斜に構えて視てた方が多いようで、天下国家を論じるのがばかばかしく、政治的な発言をあまりなさらなかったのが低く見られた原因なんでしょうか。

特に吉行さんは高校時代から大学時代にかけて、当時一般的に手に入ったものは全て読んだような気がします。遠藤さんのものはいわゆるユーモア小説というやつを若い頃読み、最近は随筆を読んでいます。安岡さんは随筆を若い頃読み、また最近になっても随筆を読んでおります。阿川さんは大人になってから随筆を、庄野潤三さんは若い頃に短編を読みました。こう考えてみると、人より遅い読書年齢に達してから今までずっと読んできたような気がしますし、きっと一番影響を受けた方たちでもあります。

昨年の事、娘が学校で村上春樹のものを何か読めといわれ、古書店に行ったついでに「若い読者のための短編小説案内」1997年10月 文藝春秋を購入し与えました。後で中をちらっと見ると選ばれている作家が第三の新人なんですね。村上春樹も若い人向けに第三の新人を薦めるんだなあと意外な感じでした。内容も見ずに買い与えたのですが少し嬉しかったですね。私が直接娘にこれ読めといって吉行さんや遠藤さんの本を薦めても読まなかったでしょう。しかし今の高校生には絶対的に人気の高い村上さんのお薦めなら、かなり肯定的に受け止めるはずです。村上春樹に導かれ、第三の新人を娘が今後読むようになったら多少なりとも彼女との共通の話題や認識が生まれるうようになるかも知れません。

さて今年の夏休み、彼女は何を読んでいるのでしょう。


喰いたい放題

2007-07-27 | Weblog
色川武大さんがなくなられたからもう十八年も経っている事に「喰いたい放題」の著者略歴を読んでいて気付かされました。この本はだいぶ前に買って少し読んで、そのまま枕元に積読になっておりましたが、昨日崩れ落ちてきたため最後まで読みきりました。

食い物の事が書いてある本は大好きな上に、この「喰いたい放題」は粋人の美食エッセイとは一線を画し、その辺にある“美味そうだ、喰いたい”と思われるものを無茶苦茶喰いまくる姿勢で書かれたもので、饅頭からラーメン、ハヤシライスにいたるまで何でも出てきます。その辺りが私の食い意地と似通っているためか大いに楽しめ、読んでいて唾が出てきて、明日はこいつを喰ってやろうかと思わせる優れた著作です。

とにかく色川さんは興が乗ると食べる量が半端でなく、食いが足りないから太るんだ、ダイエットには大食いが一番有効だとの耳ざわりの良い説も開陳されております。しかしながら晩年の色川さんの太鼓腹を見るとそう簡単に信じられる説ではありません。私も人後に落ちず大食いではありますが、どなたからも「お痩せになっていますね」という快い言葉を掛けられた事はありません。

昨日この書の後半三分の一くらいを読んだのですが、酒について書かれたところがあり、石川県の菊姫を丁寧に造られた良い酒と評価されております。ちょうどその頃越の寒梅が引っ張った80年代前半の越後の酒のブームが終わり、北陸の酒が注目された頃だったのかもしれません。越の寒梅がもてはやされたのは、ついこの間だったと思っていたら、あれから20年以上が経っているのですね。色川さんが菊姫を愛でていた頃から少し経って、会社の上司に連れられ名古屋のビストロで、美味い酒と奢っていただいたのが私にとって初めての菊姫でした。飲んだのが冷やした吟醸だったためか、フルーティーで綺麗な酒だなとは感じましたが、奥行きを感じる事が無くそれ以来長い間避けていた銘柄です。

今は色川さんも奢ってくれた会社の上司もこの世には無く、菊姫だけが残りました。今晩あたり、菊姫の純米を燗につけて味わってみる事にいたしましょうか、深みのある懐かしい味がするような気がいたします。

梅雨明けに飲むワイン

2007-07-26 | Weblog
毎度古書の話ばかりでいったいワインの話はどうなったんだと思われるでしょうが、先週まで随分試飲をやり、ほとほと草臥れました。また来週月曜日には20本ほどサンプル試飲をしなければなりません。火曜日には恒例の“横浜ワイン会”で「夏、中華街で白ワインとスパークリングワイン」があります。

凍結ワインが手元に無い以上現在入手可能な“横浜ワインコレクション”からの選択になりますと、ありきたりの事しかお薦めできないのが残念です。まあそれでも何とか美味そうだ、飲みたいと思われるようなご案内をいたしましょう。暑かった夏の一日の終わり、夕暮れ時にギンギンに冷やしたヴァルファルモサ・ブリュット・ナチュレをあおるという手も中々のものですが、毎年この時期は社内の有志で小銭を出し合ってスイカを丸ごと一つ買い、冷蔵庫にぶち込んで、夕方冷えたところを切り分けて齧りつくことを行なっております。そのスイカと一緒にセミセコをいただくという手もあります。うす甘い泡物はスイカの甘さに良く合いそうで美味しそうでしょう。

これからの盛夏に気をつけなければならないのは、飲みすぎないことです。せっかく冷やしたワインを飲んでも、三十分も経つと汗はダクダク、身体はカッカと燃えるようです。かといってグラスに二杯や三杯飲まないことには飲んだ気がしないというあなた、甘口白ワインのオンザロックをお薦めします。“横浜ワインコレクション”からですと、シュミットゼーネ・ブルーリースリング・アウスレーゼがうってつけです。夏はワインといえども、せめてビールと同程度のアルコール度数まで下げて飲んでみては如何でしょう。まあこのご提案は今回が初めてではなく、もう5年前から同じことを繰り返しているのですが、世間は冷たく誰も聞いちゃくれません。世の中原理主義者が多く、ウイスキーはストレートでチェイサーが正統的だとか、バーボンはショットグラスに注いで一気に一口で飲み干すのが本式だとか、ワインは氷で冷やすべきで薄めるべきではないとか、シャンペインは女性と飲むべきだとか、そんな事はどうでもいいだろうがといいたいような事ばかりです。いえあなたのことを言ってるんじゃありませんので。

こんなことを考えていると余計熱くなりますので止めますが、皆さん勝手に好きなようにお飲み下さい。出来ればワインを。

土用の凍結ワイン

2007-07-25 | Weblog
今朝の湘南は曇りに逆戻り、どう見ても昨日の空は夏本番だったのに、最近の天気予報はかなり当りますね。というわけでこのあたりはしつこい梅雨が未だ明けないようです。

来週は土用の鰻らしいですが、昨夜一足お先に鰻丼をいただきました。私は相変わらず燗酒で茶豆、空豆、蛸、蝦、メジ、カンパチ、谷中、肝焼きといただき鰻丼で〆ましたが、土用が近いためか回りのお客も昨夜は鰻を召し上がっている方が多く、飲み物を観察しておりましたら、燗酒、冷酒、凍結梅酒、生ビール、芋焼酎で残念ながらワインは見当たりませんでした。此処のところ復権しているというウイスキーを飲んでおられる方もお見受けしませんでした。カウンターに座った私の目の前に「横浜」のボトルが置いてありましたが最後までさらのままでした。凍結梅酒は良く出ていて、冬場の鰭酒に匹敵する季節商品でなかなか良いもんですね。

夏枯れで困った鰻屋のどうにかしてくれとの要望を受けて「土用の鰻」のキャッチコピーを考えだした平賀源内、そのお陰で平成の鰻屋もこの時期大繁盛。同じく夏枯れで日照りが続くワイン屋のためにキャッチコピーを考えてくれる平成の平賀源内はどこかにいないものでしょうか。さもなくばいっそ凍結ワインでも売ってみましょうかね。

百合子さんは何色

2007-07-24 | Weblog
今朝の湘南は昨夜からの雨も上がり青空をのぞかせています。いよいよ梅雨明けでしょうか、当初の予測では短い梅雨、猛暑だったような気がしますが、だらだらと梅雨が続いてしまいました。この辺で気分転換と行きたいものです。でないとやけに短い夏になってしまいそうな気がしてなりません。

朝が涼しいせいかこのところやけに読書が捗っています。早起きしての読書はなかなか楽しいものです。表題の「百合子さんは何色」は随分古い本ですが、著者の村松友視さんを初めて知ったのはもう三十年前になると思います。「私、プロレスの味方です」を朝日新聞の書評欄で井上ひさしさんが紹介されていたのを読んで、早々に買い求めたのがきっかけでした。まだその頃の村松さんは中央公論の編集者だったはずで、その後「時代屋の女房」で直木賞、「鎌倉のおばさん」で泉鏡花賞を受賞なさって順調な作家人生を歩まれることになりました。私は熱心なプロレスファンでありましたので、「味方です」に続いて書かれたプロレスエッセイは熱心に読んだのですが、他の著書は最近になるまで読む機会がありませんでした。此処へ来て懐古趣味が強くなり古書店で名前を目にすると買い求めるようになりました。最近の作家の著書も読むようにしているのですが、気がつくと70年代、80年代に活躍された方のものを購入しては読んでいますね。

武田泰淳は高校生の頃「ひかりごけ」が新潮文庫で出ており読んだ記憶がありますが、奥様の百合子さんの著書は「富士日記」が中公文庫で出ているのを存じているだけでほとんどお二人についての知識がありませんでした。そのほとんど存じ上げないお二人の事を、村松友視さんに拠って詳しく紹介され大いなる興味を持つ事になりました。百合子さんの魅力、村松さんの語り、自分自身がその時代を生きていた懐かしさが重なって心の何処かしらを大きく揺さぶられました。70年代80年代をぼんやり生きてきて、自分自身の経験だけではつかみ所が無く感じる時代を、こうやって色々な方が明確化して重層的に確固たる時間にしてくれることの喜びはとても大きいものです。

さて村松さんが本書で考え続けた武田百合子さんの色ですが、その多様性から“玉虫色”として置くと気が楽になるような気がします。ちなみに百合子さんはお酒をかなり嗜まれたようです。

金瓶梅上巻読了

2007-07-23 | Weblog
中国の小説は長大な事と人物がやけに出てくることで読了に困難が多く、三国志演義など道半ばにして投げ出してしまい、心に傷を負っておりましたが、今回挑んだ金瓶梅はどうにか上巻を読了いたしました。訳者いわく淫の部分は一言一句略さず訳し、その間を粗筋で繋いだとの事で、大いなる期待をして読み始めたのですが、私のような記憶力に問題がある読者をしてどうにか最後まで導いてくれました。上巻読了といえども大いなる達成感を感じ、大変気分を良くしております。

淫の部分は工夫がされており、主人公西門慶の第五夫人金蓮は笛を吹くのが得意技、第六夫人瓶児は四足姿勢専門、使用人の妻六児は後門入竿で核を自分で嬲らないと昇天出来ないキャラクターに設定してあり、度重なる淫のシーンに変化とスパイスを効かせて読者を飽きさせないようになっております。西門慶は七つの淫具を常に持ち歩き、その場面では竿に淫具を装着させ、催淫薬を塗りこんでおり、男というものは当時も今もつまらぬ願望の虜であることを示しております。

西門慶の夫人六人の間の嫉妬や陰謀、役人に対しての賄賂など現代と同様な問題を抱え話は展開してゆきます。これらの問題は金瓶梅の頃から随分と経った今もなんら解決される事無く面々と続いており、この先千年経とうが変わらぬ人間の存在に根ざした問題として続いてゆくんだなあと悠久な時間を感じるばかりでした。この奇書が現在でも読むに値する古典として生き続けている所以です。

宴会シーンが多く、多種多様な酒が登場いたしますが、登場人物同様覚え切れません。紹興酒、フン酒、竹葉酒、菊の花のリキュールなどが有ったように思います。肴は羊、鶏、鵞鳥、鴨などの肉が頻出するのと、珍しい果物がご馳走であることが意外な気がいたしました。

たまたま昨日小谷野敦さんの「軟弱者の言い分」を読んでいたら、わたなべまさこさんの「金瓶梅」を紹介しており、“「金瓶梅」は名前を知っている人は多いが最後まで読んだことがある人は少ないのではないか、かつて、村上知行の抄訳で挫折、日下翠の「金瓶梅」を読んで再度完訳に挑戦したが挫折した。”との愛すべき事が書いてありました。

土屋英明編訳の我が金瓶梅下巻は二ヵ月後に発売されるということですが、せっかく覚えた登場人物をそれだけ時間が経ってから覚えているかどうかはなはだ心もとなく、すんなり物語りに入ってゆけるかどうかが心配ですが、ぜひ最後まで読んで達成感を感じてみたいものです。

知っておきたい「酒」の世界史

2007-07-22 | Weblog
このタイトルの本が角川文庫から出ております。業界人として読まないわけには行きませんよね。ニ、三千円する本なら一般の方が読む機会もそうは無いでしょうが、¥580の文庫本とあっては可也の方が手にとって読まれると想像されます。ましてやこの著者は「世界一受けたい授業」に出演なさっているようなので、普通の本の売れ方とは異なるでしょう。酒の歴史を一般の方が知っていて業界人の我々が知らないというばかげた現象が起こることだけは避けたいと思います。同じ著者で昨年暮には“知っておきたい「食」の世界史”という本も同じく角川文庫で上梓されています。若いオネエサンがイタ飯食べて“美味しかったわねえ”とはしゃいでいる時に、“元々トマトは中南米、パスタは中国、エスプレッソだってエチオピア原産で、イタリアじゃ高々ここ4、5百年の食いもんじゃないのか”と、たまにはオネエサンと一緒に食べてみたいなあと心の底で思いながら物知り顔で拗ねているわけですが、こんなことも書いてあるらしく、“そんなこと小学生でも知ってるわよ、がたがた抜かすんじゃないよジジイ”と、反撃される危険性が大きいという事です。

目次を見ますと、小冊とはいえ酒を縦糸に歴史を横糸にかなりきっちりエピソードが織り込んであるようで、とても興味深い項目が並んでおります。きっと最後まで面白く読まれる方が多いんでしょうね。そしてこの本に出でてくる内容は一般の方に対して知ったかぶりをして披露しないように注意をすることが必要です。“そんなことは百年前から知ってるよ、ジジイ”って言われないようにね。

ちなみに「シャンパン歴史物語―その栄光と受難―」というのもつい先日白水社からでております。こちらは訳書なので馴染みの少ないエピソードが多いはず、読み進めるのに困難が予想され、実際最初の数ページで足踏みをしています。ユーロ高で精神的に追い詰められている業界人にたいして、こう矢継ぎ早に必読書が出版されては息を抜く暇もありません。適度な間合いを保って出していただきたいものですが、この本は価格が高いということ、読みにくい書物であることから、そうそう一般の方が手に取ることはなさそうです。書いてあるエピソードは、次回オネエサンとシャンペインを飲む機会の格好の話題となるはず、そんなことを夢見ながら読み進めることにいたしましょう。