キュヴェ タカ/cuvee taka 「椿庵酔哲湘南日記」

気儘な湘南暮し ー散歩に読書、映画、酒、そして時々釣り-

風の食いもの

2011年04月30日 | Weblog
北新地の淳久堂で旅の思い出に池部良さんの「風の食いもの」を買い求めました。色々な所へ行ってはその街の本屋に入って本を眺めるのが好きで、大概記念と称して何か買い求めますが、品揃えが充実しているので今一番気に入っている本屋がこのジュンク堂です。北新地は淳久堂となっておりましたが、神戸元町起源の本屋であり、大阪の地に何らかの思い入れがあって漢字名を使ってでもいるのでしょうか、店員に聞いてみりゃ良かったですね。

昨年亡くなられた映画俳優でエッセイに名手と謳われたのが、高嶺秀子さんと池部良さんですが、高峰さんの著書は文春文庫を中心に数多く出回っておりますが、池部さんのは知る限り文春文庫の二冊と新刊書が数冊のみで手に入りにくい部類になります。それでもネットで探せば古本を含めてすぐに入手可能なのですが、一昔前の人間としては本屋での出会いを楽しみにしていて、欲しけりゃすぐ手に入る安易軽薄な感じがしてどうもいけません。趣味ぐらい生産性や合理性から離れていたいじゃないですか。

池部さんは太平洋戦争中、南方の島を小隊長として部下70名を率いて守備したそうですが、こんな小さな島に合理性を重んじるアメリカ軍がやってきて攻撃するはずが無いとの判断で、ふんだんな食料を海岸線に保管してのんびりと熱帯の保養を楽しんでいたのですが、ある日突然銃爆撃を受け、食料が壊滅、以後一年半を蛇、蛙、ナマケモノ、トカゲなどで食いつなぎ仕舞にはそれらを撮り尽くしてミミズにも手を出し、何度茹でても泡が出て喰えたものではなく、その辺に生える雑草を海水で茹でて露命をしのいだそうです。

池部少尉の判断の甘さを反省しておられましたが、あの時点でアメリカの合理性に思いをはせたところが優れた読みで、それはもう大したものです。戦略上重要なところでなかったのは、その後上陸占領をされなかった事からも伺われ、行きがけの駄賃で爆弾を落としていった可能性が高いですね。幸いな事に70名の部下全員が帰還を果たしたとの事です。

酒類業者として気になるところですが、現地では「やし酒」を造って飲んでいたとの事です。不自由な環境の中でも工夫して何でも作っちゃう日本人の器用さ、感服に値します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 久し振りの北新地 | トップ | 出世したいかたは無駄毛の処理を »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事