キュヴェ タカ/cuvee taka 椿庵酔哲「湘南隠居日誌」

-湘南散歩に読書、映画、酒、そして時々釣り-

シャンパーニュ・コラン

2007-09-18 | Weblog
先週の試飲会は多くのメーカーが来日したもので、秋からの新商品が隙間に追いやられて影が薄くなってしまいました。今週はその隙間ワインから注意を引いたアイテムを取り上げてご紹介したいと思います。

自社で瓶詰めしたシャンパーニュを愛でる傾向が最近ありますが、確かにそのとおりで、シャンパーニュはコニャックに似ていて、大手のメーカーが農家から原料を買い上げ自社のブランドで製品化して市場に流しているやり方を長く続けてきましたので、本当に良いものは小さな造り手で、いまだ名の知られていないところに有りがちです。コニャックの例でいきますと、私ヘネシーやレミーマルタンなんて有名ブランドは飲みません、飲むならシャトー・ボーロンかレイラです。もう断然モノが違います。人気が無くなったコニャックでは、このような小さくて本物を造っている所を探し出して大騒ぎするということはありませんが、高い人気を維持しているシャンパーニュではその現象が起きており、日本のインポーターも血なまこになって小さな蔵を捜し求めているという次第です。

横浜ワインコレクションではシャンパーニュ・コランを初めて皆様に飲んでいただきました。今までは密かに私が楽しんで繊細優雅な気分に浸っておりましたが、どさくさの試飲会の中でも傑出したものは埋没しません、きちんと皆さん存在を確認して帰られたようです。人物と同じですね、才有る者は市井に身を潜めて隠れとおす事など出来ないものです。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ハーフボトルの造りかた  | トップ | ネクター  »

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事