青い星のささやき

日々感じたことを心のままに
耳寄り情報などもお届けします
心を優しく、生活を豊に

菅総理の延命策?

2011-06-14 | 日記
菅総理が岡田財務相に
1.5次補正予算とも言うべき案の策定を命じたとの報道がありましたが、
それに対して自民、公明両党は足並みをそろえるように
菅総理に延命策だと批判していたようです。
私の考えは・・・・・
こいつらこの期に及んでまだそんな事を言っている。

自民も公明も今の日本に必要ない必要ない!

何故なら・・・・・

それが実際に菅総理の延命策であろうが無かろうが
大切なのはその処置が今必要かどうかという議論であって、

菅総理の延命かどうかという議論ではないはず。

事実被災地では二重ローンに苦しむ農家の人が多くいる訳だし

それに対して早急に何らかの手を打たなければ

自殺した酪農家の方の様な人が次々に出ないとも限らないのだ。

それを、又、震災の復興案そっちのけで
何の柵もなく罵るだけの自民党や公明党は日本にはもはや政党としての存在意義はない

今すぐ、税金により支払われた給料を返上して国会を去るべきだ。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 国民から不信任を突き付ける時 | トップ | 何か勘違いしている人がいる... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (通りすがり)
2011-06-15 05:04:38
何もできない総理に何ができますか?
協力しても断った総理に?

もうすぐにでもやめていただきたい。
日本の為に

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事