ここはここ

大雑把な日常雑記・感想等はネタバレ含みます

「リアル・スティール」

2011年12月31日 23時57分35秒 | 映画テレビ他
映画「リアル・スティール」 REAL STEEL を観ました

ショーン・レヴィ監督 スティーヴン・スピルバーグ/ロバート・ゼメキス製作総指揮 2011年 アメリカ

 

ロボット・ボクシングはものすごく興奮した。
スポーツとか見ながら興奮しやすい性質なので、まわりが大人しいと自分を抑えるのに大変だったわ(少し弾けたけど^^;)
沢山のロボット・ファイターが出てきます。それがみんな味があって個性があるの♪
機械だと分かりながらも愛しくなるv
ロボットが、がっちゃんがっちゃん動き回っていながらも、人間世界は現代と変わらず、めちゃ素朴な生活の世界観なのも、身近にかんじられて凄く好き。
何だか色んな映画やアニメやゲーム(ほとんどやったことないけど)などから、味付けされた様~大味ながらマニアック?
大団円で元気の出る映画でした・大好き♪

(注意:ネタバレしてる)

思いつくまま書き出し。
アメリカは、こういったエンターテイメント司会の盛り上げ方がすっごく上手いね!
 
結構、日本の影響があるのかしら?名前がアトムだし、ゼウスの製作者タク・マシドは日系役ですか?アトム~手塚氏のアトムからかな?もしそうだと何だかうれしいですね。
鏡で自分を見つめてる・・・ただそれだけなのに~アトム自我が目覚めるかと一瞬おもった。
 
壊れたら処分・・・ロボットはロボットか。ツインシティかゼウスとの戦いでもうアトムが壊れる!と思われたとき、タオルをいつ投げるんだ~と思った私^^;)

     
父と子でボクシング。でマックスのルックスで映画『チャンプ』が浮かぶ(本編は観てないけど)
低い下馬評を覆す、どんでん返しのスカッと感で映画『ロッキー』(本編ちゃんと観てないけど、最後はロッキーの方は勝つの?)
ラウンドガールのスタイルが映画『メトロポリス』を髣髴させる(・・・って、やはり本編観てません^^;)
ダメ親父とその子供で~映画『レスラー』の明るいバージョン。
『レスラー』は娘、こちらは息子。そしてその関係の修復を図れた時の年齢の差が、その後の明暗の違いになったのかな・・・。

 
「やる前に考えた事ある?」
と11歳の息子に言われちゃう、父親チャーリー。
人はいいが自分のことしか考えてないチャーリー。ダメ男でいい奴というのはやっかいですねぇ。
物語では亡くなったマックスの母親の事は何も触れないなあと不思議だったが、父親が何も尋ねないので、マックスは言えなかったんだな。(ほんとチャーリー酷い男だ)
父親の自覚。大人になる自覚~その人にとってそれぞれ時期があるのか。
チャーリーは遅すぎたが、ぎりぎり間に合って息子と絆が出来てよかったよ(良く出来た息子のおかげだね)
でも予想としてチャーリーの生活は今までとそう変えられないのだろう。マックスも父親のその性格を分かっている。それとチャーリーと彼女のその後はどうなるかしら(ところで彼女・ごめん名前が出てこない~の家の屋上庭が好きでしたv)
物事客観的に考えられる息子のマックス大人だわ~。しかし、地道に慎重かと思った息子も、やるときゃ大博打(このへん親子)

 

(後日、老父を連れて日本語吹替版で再度観ました。
ノイジーボーイの時に日本語によるギャグはどうするんだと思ったら逆に英語になって面白みがなかったよ。
セリフの情報は吹替えが多いかもしれないが、今回は、盛り上げや乗りの良さの雰囲気がある原語の方がお勧めだと思いました。)

   

【解説: シネマトゥデイ より】
 スティーヴン・スピルバーグ率いるドリームワークスが、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』のヒュー・ジャックマン主演で手掛けた、ロボットとの出会いを通じて親子のきずなを描く感動のストーリー。ボクシングの主役が生身の人間からロボットに移行した時代、リングにすべてを懸けた父と息子の起死回生のドラマを描く。監督は『ナイト ミュージアム』シリーズのショーン・レヴィ。心が通い合わない父と息子が遭遇する奇跡の物語と、圧巻の格闘技ロボットたちの熱い戦いぶりに引き込まれる。
 かつて優秀なボクサーだったチャーリー(ヒュー・ジャックマン)は妻子と離れ、ただ自分の夢だけに没頭してきた。だが、西暦2020年の今では人間に代わり、格闘技ロボットたちがボクサーとして活躍していた。ある日、どうにかロボット格闘技のプロモーターとして生活していた彼の前に、母を亡くした息子(ダコタ・ゴヨ)が姿を現わし……。


 ■eiga.com
 ■allcinema
 リアル・スティール - goo 映画

 

♪♪♪♪+(2011.12.13)
『映画(お出かけ)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
« かうんとだうん・らいぶ | トップ | 1/01 平成二十四年 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たお)
2012-01-02 13:51:43
明けましておめでとーございます!
王道ならではの安心感と言うか、予定調和の美学ってのを堪能できた作品でしたねぇ。アトムの武骨さもさることながら、イイ顔したロボの多さもお気に入りのポイントで。
たおさんへ♪ (りどる)
2012-01-02 22:09:40
明けましておめでとうございます♪
たおさんの言葉で、安心感の王道の予定調和の美学って、『私好きなんだ』と今更自覚しましたぁ^^)
はい!アトムを筆頭にロボたち皆良かったですv

コメントを投稿

映画テレビ他」カテゴリの最新記事

9 トラックバック

ショーン・レヴィ監督 「リアル・スティール」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
先月、あまりにTVCMで予告が流れてたので、公開しているものと思って映画館に行ったら今月からでした。 すぐ観たいと思ってたのですが、仕事の出番とか、ちょいちょい忙しく今日(12月15日)になってしまいました。 まぁ平日で良かった。 朝一番、空いてました...
リアル・スティール (本と映画、ときどき日常)
監督 ショーン・レヴィ 出演 ヒュー・ジャックマン     ダコタ・ゴヨ     エヴァンジェリン・リリー これは面白かった☆ 正直、ロボット同士のボクシングなんて… と高をくくってたとこもあって(汗 ところがドッコイ(感動 ロボット格闘技を通じて親と...
リアル・スティール (Real Steel) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ショーン・レヴィ 主演 ヒュー・ジャックマン 2011年 アメリカ/インド映画 127分 ドラマ 採点★★★★ 捨てられてる子猫や子犬って、なんであんなにも愛くるしく見えるんでしょうねぇ。同じのがペットショップのケージに入ってても、多分あそこまでの愛らし...
リアル・スティール (映画と本の『たんぽぽ館』)
立て! 立つんだ、ATOM!!                  * * * * * * * * 近未来、2020年。 プロボクサーから身を転じ、ロボット格闘技の世界に身を置くチャーリー。 しかし、資金がなくてはいいマシンも手に入らず、借金まみれのいわば“負け...
リアル・スティール (試写会) (風に吹かれて)
子役が可愛すぎる~~~ [E:heart04]ダコタくんを見るべし [E:punch] 公式サイト http://disney-studio.jp/movies/realsteel12月9日公開原作:
リアル・スティール (新・映画鑑賞★日記・・・)
【REAL STEEL】 2011/12/09公開 アメリカ 128分監督:ショーン・レヴィ出演:ヒュー・ジャックマン、ダコタ・ゴヨ、エヴァンジェリン・リリー、アンソニー・マッキー、ケヴィン・デュランド、カール・ユーン、オルガ・フォンダ、ホープ・デイヴィス 「リアル・スティー...
『リアル・スティール』・・・繰り出せ三連コンボ! (SOARのパストラーレ♪)
往年の名作『ロッキー』の興奮と感動を思い起こさずにはいられない情感あふれる人間ドラマと劇的なクライマックス。 それぞれに生きる気力を少しずつ見失っていたチャーリーとマックスが、廃工場で見つけたロボットATOMとの出会いを通して活気を取り戻し、同時に互いの絆...
リアル・スティール (いやいやえん)
ハリウッドらしい娯楽作、多少の突っ込みどころはあるにせよ、迫力ある映像とディズニー仕様という事で安心してみられる作品になっていたと思う。 元ボクサーの父親が、息子と向き合い絆を深めていくという展開、ロ
リアル・スティール  この冬最高のアクションムーヴィー (RISING STEEL)
今年初の映画レビューをようやくアップ! もうそろそろ公開終了かもしれませんが、オススメ!! リアル・スティール / REAL STEEL 2020年、近未来のアメリカではロボットによる過激な格闘技が人気を...