生き甲斐の心理学

自分は何の為に生きているのか? 生き甲斐とは何か、自分の魂と成育史と身体を大事にしているか、を思索していきます。

魂を馬鹿にするとどうなるか?

2010年04月18日 | 第8章:心をのびやかにする方法
自分が魂を所持していると信じている人とそうでない人の違いについて暫く考えていきます。これは大きな問題ですが、魂の定義は人類の歴史始まって以来万とありますので、考えるほうも大変です。ここで大事なものは学問の対象になる定義が大事で、独断と偏見で自分勝手に解釈していくと奇人変人扱いされます。きちんとした大学でも議論に値すする内容の魂論である事が大事です。特に日本ではサリン事件以来、宗教に関する魂論はときとして異常なほど、神経質に扱われるようになり、健全な魂論ですら堂々と扱えない雰囲気があります。しかし大事な問題なので暫くこの魂論について考えてみましょう。欧米の一流の大学で論議される内容ですので安心して下さい。魂を馬鹿にすると自分の人生そのものが狂っていきますので慎重に考える習慣をつけましょう。:<魂:312-1>:

いつもクリックして下さり有難うございます。感謝いたします。
人気blogランキング

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 自分の良さに何故気付かない... | トップ | 何故、症状が表出されるか? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

第8章:心をのびやかにする方法」カテゴリの最新記事