生き甲斐の心理学

自分は何の為に生きているのか? 生き甲斐とは何か、自分の魂と成育史と身体を大事にしているか、を思索していきます。

自分は何処へ旅しているのだろう?:幸福な日々の為の自問自答

2018年10月12日 | 第15章自分は何処へ旅してるのか?
「あら、どりらへ?」、「ちょっと、パリへ」というお話。近所の方で必ず<あら、どちらへ?>と聞く人がいます。<ええ、ちょっと>と答えてパン屋さんに買い物に行く人、<ええ、ちょっと>と答えてパリーへ出かける人、様々です。人の行動は気になります。余計な事をいちいち聞かないで、とも思いますが日常生活でのこの種の質問が人の心の健康を維持している事を案外、人は知りません。人々がこの会話を互いにしない場合、どうなるか、を考えてみましょう。それぞれの人の自然体(思考、感情、行動)はとても重要です。個性の違い、心の病、身体の病気、考え方と感受性の違い、色々の違いが人生を形成していきます。自然体になればなるほど、人はのびのびと長生き出来ます。<憎まればあさん世にはびこる>と言う酷い言葉があるくらい、自然体でのびのびと生きた方が勝ち。抑圧抑制などの心の防衛機制はとかく病理を生みます。のびのびと心を自由にさせようとすると<あら、どちらへ?>と言う言葉が出てしまいます。さあ、あなたはどちらを選びますか?、また変に質問をする人、と思う人と、この質問は、人との交わりをさせてくれる大事な自問自答の質問だと解釈する人、どちらが人生を豊かにしてくれる自問自答でしょう?


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 自分は何処へ旅しているのだ... | トップ | 自分は何処へ旅しているのだ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

第15章自分は何処へ旅してるのか?」カテゴリの最新記事