かっこうのつれづれ

麗夢同盟橿原支部の日記。日々の雑事や思いを並べる極私的テキスト

いまさらですが、偽セキュリティソフトに引っかかりかけました。

2006-11-19 20:32:46 | Weblog
 今日は小雨けぶるあいにくの天気の中、秋恒例の休日出勤で仕事してきました。さすがに仕事しながらサイト更新はできかねましたので、更新は23日以後の連休でやりたいと思います。22日にDVD-BOXが届けばひょっとしたらそれどころではなかったりするかもしれませんが、それはそれとしてちゃんと考えてはいるのです。

 さて、風邪もなかなか改善の兆しがなく、相変わらずのどが痛いままです。痛みだけをいうなら、かえって悪化しているといえないこともない面倒な状態。本当に、鼻の右側の奥あたりだけが引きつったような痛みを覚えるだけですので、ここだけに集中的に抗炎症剤をぶち込めばあっさりカタがつきそうにいつも思うのですが、多分そんな感嘆には行かないのでしょうね。でも下手をするとDVDを前にして連休は寝て過ごさなくてはならない、なんてことにもなりかねないですし、早く直したくてしょうがないのです。

 ところで、今日はあちこちネットを徘徊してましたら、突然まっきっきの見たことあるようなデザインのサイトが別ウインドウで勝手に現れてびっくりしました。なんでも重大なシステムエラーが検出された、と日本語で出てきたのです。この間からのトラブルなどいろいろ身に覚えがあるものですから、思わずスキャンボタンを押しそうになりましたが、よく見ると日本語がヘンです。これはおかしい、と直感した私は、それをそのままにしてすぐググって見ますと、案の定、偽セキュリティ対策ソフト、として注意が呼びかけられている悪質なソフトだと判明しました。いわれるままにクリックしたりすると、怪しげなサイトに誘導され、そこでクレジットカードの番号を盗まれたり、多額のお金を要求されたりするんだそうです。
 危ない危ない。本当に油断もすきもあったものではありません。ところが危うく虎口を逃れた、と安心してそのページを消そうと試みたのですが、消しても消してもまた現れるという面倒なことになりました。何度かやるうちに出なくなりましたが、ひょっとしたら何かやられたかも、と思ったもので、急いで作業をすべて中断し、ウィルススキャンをかけてみました。結果としてとりあえず感染は確認されませんでしたが、完全に安心しきるのはまだ早いかもしれません。それにしても日ごろこのことあるを予期してそれなりに心がけと対策を講じてきたつもりの私も、いざその場面に遭遇すると案外に役立たずというか、あっさり引っかかりかけてしまいました。今回は相手の日本語能力の不足のおかげで助かりましたけど、もっと磨きのかかった文章だったなら、はたして引っかかることなくすんだかどうか、正直心もとない気がいたします。
 それにしてもこの誘導サイト、いったいどういう形で私のところに表示されたのでしょう? 確かに絶対安全、とはいえないサイトを経めぐっていたのは確かですけど、そういうところのどこかでトラップが仕掛けてあったりしたのでしょうか? ネットの世界は一寸先は闇。無事泳ぐにはそれなりの経験と知恵が必要だと、今日改めて認識させられたしだいでした。


コメント   この記事についてブログを書く
« コミックトレジャー9に応募... | トップ | この不快感や痛みを一発で解... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事